タグ:コパアメリカ ( 4 ) タグの人気記事

2007年 07月 18日
サッカー:アジアカップとコパ・アメリカ決勝
■ アジアカップ ベトナムvs日本
 
 アジアカップ、グループリーグ最終節、ベトナムvs日本戦…
を見逃しました(^^ゞまた例によってビデオの仕込み間違い…最近これ多いですね。決して予約録画も出来ない時代遅れの人間、と言うわけではないです(苦笑)。
 ダイジェストで見たんで、滅多なことは言えないんですが、O.G.とは言え先制点を献上していたとは驚きました。超アウェー状態の中、さぞかしプレッシャーがかかったと思いますがその後4点を取り返したことは評価できると思います。巻が得点したというのも大きいですね。高原だけではやはり何かあったときに問題があるのでここで得点が取れたことは本人にとっても代表にとっても大きかったと思います。

 そして大健闘を見せているベトナムですがなんと!!決勝Tへと駒を進めることが出来ました。すごいことだと思います。もう1つの最終節でUAEがカタールを破ったために実現したもの。地元が盛り上がって、大変結構なことじゃないでしょうか。決してアジア各国のサッカーのレベルが縮まって来たと言うつもりはありませんが…
 ホスト国では、インドネシアも決勝T進出の可能性があると言うことで頑張ってもらいたいものです。韓国は崖っぷち。どうなっちゃうかは今夜決まります。

 その決勝Tの日本の初戦はオーストラリアに決まりました。
 各メディアで1年前の再戦だの、雪辱を果たせだの、変な煽り方をしていますが、そういうのは抜きにして共に監督も変わった新生代表同士、ガチンコ勝負をしてもらいたいものです。オーストラリアも、欧州組の不振や慣れない気候に苦しみ、あわやの予選落ちの危機でした。特に日本vsUAE戦の後にBS1で続けてイラクvsオーストラリア戦があってたので続けて観戦したんですが、どうにも勝ちきれないオーストラリアとイラクの痛快カウンターが決まる好対照のシーンで1-3で完敗したのを見たときには"どうしたのか?"と思っちゃいましたが、最終節はタイを圧倒していたので、やはり強敵であることに変わりありません。オシムJAPAN、初の同等かそれ以上の相手との真剣勝負。代表だけでなく監督としても真価が問われると思います。



■ コパ・アメリカ決勝

 CSの日テレG+でずーっと放映していたのは知っていたんですが、チャンネルに加入していないので見れずじまい、かと思いきや、注意深く地上波の深夜枠を覗いていたら、ありました!!決勝は録画放送してくれと言うことで、早速見させて頂きました。

 主力をバリバリ召集し本気モードのバシーレ監督率いるアルゼンチン代表と、カカとロナウヂーニョは辞退されたものの、層の厚さでコパ・アメリカ連覇を狙う若きドゥンガ監督率いるブラジル代表。この2チームの勝ちあがりは対照的でした。

 アルゼンチンは圧倒的な強さを見せ付けての勝ちあがり。
 ベテランのFWクレスポが負傷して離脱しても、メッシー・テベスがその不在を感じさせないような活躍で快進撃と言っていい内容で決勝進出。
 方やブラジルは苦戦続き。PKやら1点差やら薄氷を踏む思いで何とか勝ち進み、ロビーニョの決定力頼みでの決勝進出。

 戦前の下馬評は

"圧倒的アルゼンチン有利"

 逆にドゥンガ監督は「コパ・アメリカで優勝しなければ解任」的な記事が地元メディアを騒がしており、雰囲気的にもブラジルにはかなりのプレッシャーがあったと思います。


 しかし結果は3-0でブラジルの圧勝。
 これだから、サッカーはわかりません。だから面白いんだと改めて実感しました。
 内容的にはブラジルがすべてにおいて勝っていたとは言いがたいものがありました。
 メッシーの突破は相変わらず迫力があり、リケルメの前半の惜しい2本のシュートをポストとドニが防がなければアルゼンチンがペースを握っていただろう。

 しかし試合は開始早々に、ブラジルが中盤でアルゼンチンのミス(メッシーのパスミス)をすかさず奪ってエラーノのつなぎそれを大きく左サイドのバプティスタに展開。バプティスタが中に切れ込みながらDFとの対峙で、ワンクイックでボールを右に流してそのままシュート。これが見事に巻き込みながらゴール右枠上に決まり、まさに南米の個人技!!と言った感じのゴールでブラジルが先制しました。

 2点目は、インテルで更にスキルを上げたRSBマイコンの攻め上がりからのクロスをアジャラがO.G.してしまうアンラッキーもありました。

 後半にはダメ押しの3点目。
 カンビアッソのファールを受けて負傷したエラーノに代わって入ったD・アウベスがカウンターから見事にゴール右隅にゴールを流し込みこれで勝負あり。
 ブラジルは、ジウベルト・シウバの代わりに入ったミネイロに、リケルメのマンマークを貼り付けて、試合ではカウンターを執拗に狙い、スタメンもバティスタやワグネル・ラヴなどフィジカル中心のメンバーで構成した所謂"現代における当たり前すぎるぐらいスタンダードなフットボール"で強豪アルゼンチンを粉砕しました。

 王国ブラジルの面目は保ったが、個人的には94年や02年のW杯同様、現実的な采配をふるう監督に率いられたセレソンは強い、と言うイメージを更に強くしたように感じます。


 ただ、アルゼンチンのバシーレ監督の手腕もそれなりに評価しなければならないでしょう。
 監督就任時には懐疑的な声も少なくなかったですが、就任と同時にバランスよくメンバーを招集。ペケルマンはどうしてもユースを率いていたので世代が若手に偏りがちでしたが、アルゼンチンに帰還したヴェロンを代表に呼び戻して若手の手本にさせた他、代表の引退を表明していたリケルメをも復帰させて代表を活気付かせ、ブラジルのロナウヂーニョやカカのような"辞退"をさせない雰囲気作りに尽力し、大会へのモチベーションを高めました。
 決勝こそ、セレソンの現実的な作戦に敗れましたが、それまでの快進撃は流石アルゼンチン!!と思わせるような戦いぶりで、敗れこそしましたが、八百屋的には評価してしかるべきだと思います。

 ブラジルの連覇で幕を閉じたコパ・アメリカ。
 アジアカップも是非このような盛り上がりを見せてもらいたいものです。 
[PR]

by R-130 | 2007-07-18 13:55 | ∟Football otherissue
2007年 07月 12日
サッカー:コパアメリカ 準決勝 世界の期待通り決勝はブラジルvsアルゼンチン!!
■ 準決勝第1試合

○ ブラジル 2 --- 2 ウルグアイ ●
     (PK 5 --- 4)
【得点者】 マイコン('13) フォルラン('36) バプティスタ('40) アブレウ('70) 

(以下、スポーツ・ナビの記事より抜粋)

 試合序盤は、前線の高い位置からプレッシャーを掛けるブラジルペース。迎えた13分には、ミネイロのドリブルシュートがはじかれたところを、攻撃参加していたサイドバックのマイコンが蹴り込んで、ブラジルが先制する。しかしこの直後、スタジアムの照明が落ちるハプニングがあり、試合は中断。再開されてからはウルグアイが調子を取り戻す。
 再開後ブラジルを攻め立てるウルグアイは、29分にフォルラン、続いてレコバがシュートを放つも、ブラジルのGKドーニが好セーブ。しかし、36分には右CKのチャンスをつかむと、GKドーニがクリアしたボールを拾ったフォルランが、ゴール右下に蹴り込み同点とする。
 お互いに攻め合う展開の中で、ブラジルも40分に右サイドからFKのチャンス。ゴール前の混戦から、マイコンの蹴ったボールにうまくバプティスタが足で合わせて、ブラジルが1点リードで前半を終えた。

 個人技に優れる両者の対戦は、後半も1対1の多い白熱した好ゲームに。そして後半25分、ウルグアイはニアサイドのフォルランが左サイドからのクロスに頭で合わせるもジャストミートせず。しかし、ファーに流れたボールを途中出場のアブレウが押し込み、気迫の同点弾を決めた。
 ブラジルはジエゴ、アフォンソ・アウベスらを投入して最後までゴールを狙いにいくが、アフォンソがペナルティーエリア内で倒されたプレーはノーホイッスル。ドゥンガ監督の「2回目だぞ、2回目」のアピールも受け入れられず、試合は90分を戦い2-2の同点で終了。そのまま、今大会初のPK戦に突入した。

 PK戦では1人目のフォルランが失敗したウルグアイに対し、ブラジルは4人目アフォンソが失敗。5人が蹴っても4-4と決着がつかず、サドンデスに突入する激戦となった。そして、ブラジルは6人目のフェルナンドが失敗。絶体絶命かと思われたが、ウルグアイ6人目のパブロ・ガルシアもまさかの失敗。最後はブラジル7人目のジウベルト・シウバが決めたのに対して、ウルグアイ7人目のルガーノが失敗し、ブラジルが決勝進出となった。

 PK戦が終わった瞬間、ウルグアイMFクリスティアン・ロドリゲスがロビーニョに迫ったため、ピッチの上は一触即発の雰囲気となったが、そこは最後にPKを失敗したルガーノが場を収める役目を果たし、失意の中でも主将らしい一面を見せた。

 コパ・アメリカで、これまでにアルゼンチンと最多タイの14回の優勝を誇るウルグアイだが、今まで3度決勝でブラジルに敗れており、今回もブラジルによって制覇の夢を絶たれることとなった。なお、ブラジルは翌日に行われる準決勝、アルゼンチン対メキシコ戦の勝者と対戦することになる。

-Kazuhiro Morimoto from Venezuela-
 

 うーん、なかなか白熱した試合、といえば聞こえがいいんだけど、なかなか調子の上がらなかったウルグアイに付き合うかのように調子の上がらなかったブラジル。PKの展開如何ではブラジルが負けてもおかしくなかっただけに、まさに薄氷を踏む思いの勝利だっただろう。
 この試合に関しては攻め合いの好ゲームだったようだが、ブラジル国民のドゥンガの評価は多少は上向いているのだろうか。 



○ アルゼンチン 3 --- 0 メキシコ ●
【得点者】 

(以下、スポーツ・ナビの記事より抜粋)

 アルゼンチンは今大会初めてFWテベスをスタートから起用。一方のメキシコは、ここまでチームを引っ張ってきたFWネリー・カスティージョが左ひざじん帯に炎症を起こし出場は微妙な状態だったが、結局スタメンに名を連ねた。

 アルゼンチンは試合開始直後、メッシのパスからテベスがDFを振り払い、フリーでシュート。しかし、これはメキシコGKオズワルド・サンチェスがセーブして事なきを得る。その後もボールを支配するアルゼンチンが立て続けにシュートを放つも、マルケスを中心とするメキシコの組織的な守備を崩すことができなかった。
 メキシコもセットプレーから何度かチャンスをつかんだものの、35分にアルセから絶好のパスを受けたグアルダードのシュートがDFにブロックされるなど、両者共に得点を奪えないまま時間が過ぎていく。そして勢いを増したアルゼンチンは前半終了間際、リケルメの浮き球のFKをゴール前でエインセが合わせて、待望の先制点を獲得。アルゼンチンが1点をリードして前半を終えた。

 後半に入り、54分にはメキシコが絶好機をつかむ。マルケスのパスからネリー・カスティージョがディフェンスラインの裏に走り込みシュートを放つが、ポストにはじかれノーゴール。これ以降、メキシコにチャンスが訪れることはなかった。
 アルゼンチンは61分、中央でテベスがためて右サイドのスペースに出したパスを、メッシが絶妙なループシュートで決めて追加点。その4分後にはテベスが得たPKをリケルメがチップキックで決めて、3-0とメキシコを突き放す。最後までメキシコもあきらめずに戦ったが、攻守に強さを発揮したアルゼンチンがそのまま3-0で勝利。
 これで決勝は2大会連続ブラジル対アルゼンチンの好カードとなった。

-Kazuhiro Morimoto from Venezuela-


 難敵メキシコにもアルゼンチンは動じず。出場国の中で1番安定したパフォーマンスを披露している。バシーレが本気で優勝を狙っているのも理解できる。
 この試合も役者がしっかり決めて、メキシコを退けて決勝に勝ち名乗り。
 決勝戦は、ブラジルvsアルゼンチンの南部の雄が激突する好カードとなった。
 実力やコンディションはアルゼンチンがが抜けているが、ブラジルが本気モードのアルゼンチにどう立ち向かうかにも注目したい。
[PR]

by R-130 | 2007-07-12 20:00 | ∟Football otherissue
2007年 07月 06日
サッカー:コパアメリカ グループリーグ第3節
■ グループA

△ ペルー 2 --- 2 ボリビア △
△ ベネズエラ 0 --- 0 ウルグアイ △

順位 1位 ペルー 勝点5  2位 ウルグアイ 勝点4
    3位 ベネズエラ 勝点3  4位 ボリビア 勝点2

 両試合ともドローと言う結果だったが、その試合内容には雲泥の差があった。
 ペルーとボリビアの1戦は、ボリビアが先制するという波乱の幕開け。一度はペルーも追いつくも再びボリビアが引き離し、決勝Tが見えたかに思われた。
 しかし最後にペルーが意地を見せてボリビアに追いついてタイムアップ。ボリビアの奇跡はならなかった。
 ウルグアイは相変わらずの拙攻ぶりでホスト国ベネズエラを陥落させることが出来ずにスコアレスドロー。スコアレスドローでも決勝Tの進出が約束されていたので慎重に戦ったといえばそれまでだが、不動のトップ候補と言われたウルグアイの拙攻振りが目立ったグループリーグだった。 



■ グループB

○ ブラジル 1 --- 0 エクアドル ●
△ チリ 0 --- 0 メキシコ △

※ メキシコに続き、ブラジル、チリの決勝T進出が決定!!

順位 1位 メキシコ 勝点7  2位 ブラジル 勝点6
    3位 チリ 勝点4  4位 エクアドル 勝点1

 ブラジルは、僅かながらに突破の可能性を残すエクアドルとの対戦。
 第2戦の快勝が嘘のような拙攻で、ロビーニョの演技力満点のPKに救われて1-0で辛勝。国内ではドゥンガ解任論が日増しに高まっており、メディアも"コパアメリカで優勝しないと首はつながらないのではないか"と言う論調になっているらしい。
 しかしクレスポを欠いても尚強しと言う印象を受けるアルゼンチンに勝つことができるのであろうか。 
 チリvsメキシコは引き分けてチリは貴重な勝点1を獲得し、3位枠で決勝T進出を決めた。
 


■ グループC

○ アルゼンチン 1 --- 0 パラグアイ ●
○ コロンビア 1 --- 0 アメリカ ●

※ アルゼンチン、パラグアイの決勝T進出が決定!!

順位 1位 アルゼンチン 勝点9  2位 パラグアイ 勝点6
    3位 コロンビア 勝点3  4位 アメリカ 勝点0

 グループCの首位争いはアルゼンチンに軍配。両チームとも控え中心のメンバーで望み、なかなかチャンスが生まれなかったが、後半にアルゼンチンはマスチェラーノとメッシーを入れてから流れを引き寄せ、マスチェラーノが貴重な決勝点を挙げた。
 グループAとBの3位が事実上3位枠を獲得してしまったことで、全くの消化試合となってしまった、コロンビアとアメリカの1戦は1-0でコロンビアが勝利。アメリカはゴールドカップの影響でメンバーが主力中心と言うわけでなく、コパアメリカは3敗と全くいいところなく敗退していった。



---準々決勝の組み合わせ---

1.チリvsブラジル
2.ベネズエラvsウルグアイ
3.アルゼンチンvsペルー
4.メキシコvsパラグアイ

 3位枠の絡みで、ベスト8で同じグループリーグの国同士が当たる試合が2試合出来てしまった。
 1のブラジル2のウルグアイは固いと思われるが(これがひっくり返れば大波乱)3と4はなかなかの好ゲームになりそう。特に4はどちらがってもおかしくないいい試合になりそうだ。
 多くのファンは決勝でアルゼンチンとブラジルが激突することを願っているが、ブラジルがそこまでたどり着けるかどうかが最大のポイントになりそうである。
[PR]

by R-130 | 2007-07-06 23:19 | ∟Football otherissue
2007年 07月 04日
サッカー:コパアメリカ グループリーグ第2節
■ グループA

○ ウルグアイ 1 --- 0 ボリビア ●
△ ベネズエラ 2 --- 2 ペルー △

順位 1位 ペルー 勝点4  2位 ウルグアイ 勝点3
    3位 ベネズエラ 勝点2  4位 ボリビア 勝点1

 初戦でペルーに大敗したウルグアイはボリビアに1-0で辛勝。決勝トーナメントへの希望を繋いだ。ホスト国ベネズエラは、勢いに乗るペルーを2-2のドローに押さえて勝点1を獲得。こちらもホスト国の意地を見せて決勝T進出なるか!?
 未だ全チームに決勝T進出の可能性があるだけに目が離せない。
 数字や実力差を考えればペルーがかなり有利ではあるが…

--グループリーグ最終節--  
 ・ベネズエラ --- ウルグアイ   ・ペルー --- ボリビア 



■ グループB

○ ブラジル 3 --- 0 チリ ●
○ メキシコ 2 --- 1 エクアドル ●

※ メキシコの決勝T進出が決定!!

順位 1位 メキシコ 勝点6  2位 ブラジル 勝点3
    3位 エクアドル 勝点3  4位 チリ 勝点0

 初戦でメキシコに0-2で完敗したブラジルは、フレッヂの骨折と言う重苦しい雰囲気もロビーニョのハットトリックで快勝。連敗のチリは滑り込み3位枠での決勝T進出の道があるが、かなり難しくなったことは間違いない。 
 メキシコはエクアドルを破り連勝。決勝T進出1番乗りを決めた。

--グループリーグ最終節--  
 ・ブラジル --- エクアドル   ・メキシコ --- チリ



■ グループC

○ アルゼンチン 4 --- 2 コロンビア ●
○ パラグアイ 3 --- 1 アメリカ ●

※ アルゼンチン、パラグアイの決勝T進出が決定!!

順位 1位 パラグアイ 勝点6  2位 アルゼンチン 勝点6
    3位 アメリカ 勝点0  4位 コロンビア 勝点0

 アルゼンチン、パラグアイが大勝し2位以上が確定。この2チームは最終節に直接対決が待っている。ただ、アルゼンチンは絶好調だったクレスポが負傷交代。残りの試合の出場が絶望になったと報じられている。
 アメリカはゴールドカップの疲れからか不調を囲う。グループCはアルゼンチンとパラグアイが大量得点しているため、滑り込み3位が非常に難しいグループとなってしまった。

--グループリーグ最終節--  
 ・アルゼンチン --- パラグアイ   ・アメリカ --- コロンビア


サッカーについてのブログを表示する.

  
[PR]

by R-130 | 2007-07-04 23:30 | ∟Football otherissue