タグ:マクラーレン ( 53 ) タグの人気記事

2007年 01月 31日
F1:1/30 バレンシアテスト初日、初日は雨天、トラブルもボチボチ
c0101167_18301649.jpg

 スパイカーとトーロ・ロッソの2チームを除く9チームで30日からバレンシアで合同テストが開催された。ニューマシンを発表したチームが一堂に会するの最初の合同テストなだけに注目が集まった。尚、ウイリアムズとSuperAguriは暫定マシンでのテストとなった。

 初日はウェットセッションで雨は上がってもドライタイヤに履き替えるほどには回復しなかったようだ。タイムは以下のとおり。F1-Live.comより抜粋。

1. フェルナンド・アロンソ - マクラーレン・メルセデスMP4-22 - 1:12.538(+0.000) - 96周
2. キミ・ライコネン - フェラーリF2007 - 1:13.533(+0.995) - 48周
3. ネルソン・ピケJr. - ルノーR27 - 1:13.550(+1.012) - 31周
4. フランク・モンタニー - トヨタTF107 - 1:13.672(+1.134) - 38周
5. ヤルノ・トゥルーリ - トヨタTF107 - 1:13.722(+1.184) - 54周
6. ニック・ハイドフェルド - BMWザウバーF1.07 - 1:13.863(+1.325) - 56周
7. ジャンカルロ・フィジケラ - ルノーR27 - 1:13.871(+1.333) - 37周
8. ルーベンス・バリチェロ - Honda RA107 - 1:14.018(+1.480) - 35周
9. セバスチャン・ベッテル - BMWザウバーF1.07 - 1:14.047(+1.509) - 81周
10. 中嶋一貴 - ウィリアムズ・トヨタFW28 B - 1:14.527(+1.989) - 79周
11. ジェームズ・ロシター - Honda RA106 - 1:14.638(+2.100) - 43周
12. 佐藤琢磨 - SUPER AGURI Honda RA106 - 1:15.684(+3.146) - 31周
13. マーク・ウェバー - レッドブル・ルノーRB3 - 1:15.729(+3.191) - 32周
14. ルカ・バドエル - フェラーリ248 F1 - 1:16.388(+3.850) - 48周


 ハイドフェルドやウェバーはトラブルに見舞われた模様。また、ライコネンはF2007を初ドライブし2位とまずまずのタイムを記録している。トップタイムは、マクラーレンのアロンソ。ただ、路面状況などが見えてこないので何とも言えない所だ。
 ドライセッションでの力比べは明日以降に持ち越しとなった。
 今日は、他に2点の取り上げたい。


■ SuperAguri、東京で新車発表。タイミングは開幕戦の直前

 どうやら日程が3月12日(月)に決まったようだ。これは開幕戦のオーストラリアGPの4日前と言うぎりぎりのタイミング。カスタマーシャーシ問題で注目されているSuperAguriとSRSだが、SuperAguriはギリギリまで発表を先送りにしたのか、それともギリギリまでマシンの完成に時間がかかっているのか…いずれにしても開幕戦までには僅かな時間しか走れないことは間違いなさそうだ。
 HONDAの昨年型マシンのモディファイバージョンなのか、それてもまったくのブランニューマシンなのか、非常に気になるところだ。


■ ウイリアムズ、中嶋一貴を高評価。
c0101167_2111395.jpg

 TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プロジェクト)のF1候補生3人の中で、ウイリアムズが選択した中嶋一貴が密かに注目を集めている。
 中嶋一貴は日本人初のフルタイムF1ドライバー、中嶋悟の息子であることは富に有名。他にも、ネルソン・ピケやケケ・ロスベルグやマイケル・アンドレッティの息子らも続々とF1で走っており、2世ドライバーブームが巻き起こりつつある。
 ちなみに、ウイリアムズは中嶋一貴を3人の中から"テスト選抜"した。それは筆記や語学力と言ったテストで、その結果からウイリアムズは中嶋一貴を選択したという。事実、この3人の中で中嶋一貴が一番語学力が上と言う評価だ。
 しかもウイリアムズが中嶋を評価しているのは語学力などのコミュニケーションだけではない。チーム初のテストでもウエッコンディション明けの難しいシチュエーションにもチームがリクエストするテストを淡々とこなし、フィードバックも正確、ラップタイムも安定していたという。その評価としてチームは、テスト最終日には中嶋一貴に"タイムアタック"のご褒美が出たほど。これはテストドライバーに厳しいウイリアムズには極めて"異例"の出来事だそうだ。
 今回もウェットセッションながら、テスト1年生の中嶋をドライブさせている。これはチームから信頼を勝ち得ている証拠である。もし、技術に難のあるドライバーなら、ウイリアムズは中嶋にテストを任せなかったはず。しかし初日からステアリングを握っているのは如何に首脳陣や技術陣やクルーから評価されているかをうかがい知ることが出来る。TOYOTAエンジンの見返りとも言われていた中嶋一貴が、今や自分のポテンシャルをチームに認めさせ、F1への階段をまた1歩上ったようだ。彼の今後に期待したい。
[PR]

by R-130 | 2007-01-31 21:10 | ∟F1 2007 Test
2007年 01月 25日
F1:各チーム、続々新車を発表!!
本当は、TOYOTAとフェラーリが発表した時点でエントリーにしたかったんですが書きそびれちゃって…(^^ゞ今週ぞくぞく新車がデビューしているのでこれを機に前の分も含めて取り扱います。
 ちなみに写真はF1-Live.comより引用しています。

 まずTOYOTA。
c0101167_1559598.jpg
 
 1月12日発表。正直、昨年から外観そんなに変わっていない感じ。早々にデビューさせるチームは正常進化型が多いのがこれまでの常識なだけに今年のTOYOTAはどうだろうか。
 体制は近々変更がありそう。本社役員を迎え、日本人色が強まるような気配。



 次いでフェラーリ。
c0101167_1682185.jpg

 1月14日発表。ペーター・ザウバー曰く、「リア周りがユニークだ」とのこと。現在バレルンガでテスト中。マッサがF2007=新車をドライブ。ライコネンは248F1=昨年型をドライブしてフェラーリマシンを学習中。F2007に乗るのは次回のテストからだそうだ。
 また、マイクロソフト社とのスポンサー契約も発表されている。



 次にマクラーレン。
c0101167_162304.jpg

 1月15日発表。マシンが宙を浮いています。
 フロントウィングの横の形状が面白いですね。また、エアインテイクから後方の3次元処理もかなり複雑。空気の流れをうまく活用しようとするとこうなってしまうのでしょうか。もう、素人には全然わからない世界です。
 そして…マクラーレンでいただけなかったのはこのレーシングスーツ…
c0101167_16265354.jpg

 ボーダフォン、腹巻き仕様…アロンソも頭を丸めたのがさらに間抜けな構図に拍車をかけています(^^ゞ今年のマクラーレンは、この丸刈り腹巻き隊が努める模様です…



 次いでBMW。
c0101167_16294248.jpg

 1月16日発表。正面は昨年のHONDA似で、ウィングあたりはマクラーレンに少し似ているかな。でもなんかこの写真の中で一番速そうに見えるのは八百屋だけだろうか。クビカにも期待したい。




 次はルノー。
c0101167_16175354.jpg

 1月24日発表。INGをメインスポンサーに迎えてカラーリングも一新。もうちょっと黄色っぽくなるのかと思っていたけど、そうでもなかった。フィンの形が複雑で超3次元なのと、リアウイングの形状も面白い。この辺は今後のテストでのパフォーマンスに注目したい。



 まだ正式に発表されていないけどHONDA。
c0101167_1637979.jpg

 バルセロナでレッドブル(こちらも新車!!26日に発表会)とシェイクダウンした模様。HONDAも25日に発表の予定だ。ぱっと見、ノーズがマクラーレン風の絞った感じになっているのと、エアインテイクより後ろの処理がなんかすごい。よく見えないんですけどでかいボードが沢山ついてます。スポンサー探しも難航しており、まさかこのまま黒で今シーズンを迎えるんでしょうか?黒はカッコいいのはカッコいいんですけど、スポンサーがつかないのはファンとしては心配で心配で…まさか、グリーンなんて変な噂が立ってるけど、よもや緑ではあるまいな!?それも心配で心配で…

 また、新しく出たら取り上げようと思います(^^ゞ
[PR]

by R-130 | 2007-01-25 16:42 | ∟F1 2007 Other issue
2006年 11月 25日
F1:ルイス・ハミルトン、マクラーレンNo.2ドライバーに、他
■ マクラーレン、来季レースドライバーにハミルトンを起用…AUTOSPORT web

■ SAF1、オフシーズンテストでホンダRA106を使用へ 第3ドライバーは左近?…AUTOSPORT web

■ 中嶋一貴、ウイリアムズで走った! 立川祐路もトヨタF1をドライブ!…AUTOSPORT web



 今日は、ハミルトンネタを含む3点をピックアップ。

 やはりマクラーレンのセカンドシートに、ハミルトンが納まった。マクラーレン内でも、ハミルトン派とデ・ラ・ロサ派に2分されていたが、ハミルトン勢が優勢だった模様。そして、スポンサーの意向などもあり、話題性に富むハミルトンをセカンドに収める決定をチームが下した格好だ。
 GP2で実績充分のハミルトンだが、07年シーズンは3rdドライバーでよかったのではないかと個人的に八百屋は思うのだが、ミハエルの引退などで世代交代が急速に進んでおり、この転換期というゼンドライバーの経験値が若干下がる来シーズンにあわせてデビューすると言う方法も悪くもない。ただ、デ・ラ・ロサも決して遅くは無く確実なドライバーだっただけに、アロンソ、ハミルトンと言うドライバー総替えが吉と出るか凶と出るかは、何ともいえないだろう。

 2点目は、SAF1が来期RA106を使用する「かも」知れないと言う噂。よくよく読めば、現状は来週のテストでRA106を使用してテストに望むと言うこと。来期はSA06Bの正常進化ではなく、全くコンセプトの異なるマシンを使用する、との事だが、ここでSA06を使わずHONDAのRA106を使用する言うことは、来期のマシンは今年のHONDA色を色濃く繁栄したマシンでアルと言うことを事実上アナウンスしたようなものだ。流石に、RA106をそのまま使用することは無いだろうが、現状にモディファイを加えたRA106もどきが来期のSAF1のニューマシンになることは間違いないだろう。
 ディヴィッドソンの見返りはやはり大きいようだ…

 3点目は、26日のTOYOTAモータースポーツフェスティバルにウィリアムズ・TOYOTAのテストドライバー、中嶋一貴がドライブする「かもしれない」、と言う話。このフェスティバルには、ウイリアムズ・TOYOTAのマシンが持ち込まれている模様で、一足早く本日富士で、中嶋一貴はウィリアムズ・TOYOTAをドライブした模様。明日の、サプライズとして走る可能性が大きいようだ。
 公の場での中嶋一貴のF1ドライブは初との事で、もし実現すればファンとしても嬉しい1日になりそうだ。
[PR]

by R-130 | 2006-11-25 23:23 | ∟F1 2006 other issue