タグ:アトレティコ・マドリー ( 1 ) タグの人気記事

2007年 06月 29日
サッカー:カペッロは解任へ…、クーペルはベティスへ?ジオはフェイエに復帰、他
■ カペッロ、やはり解任へ

 本日発表だそうで。
 ミヤトビッチが決断した、とのことだが恐らく幹部の殆どが賛同したんじゃないだろうか。あれだけ攻撃的なタレントを揃えながら、あれだけ守備的なサッカーやられたら、マドリスタはやはり我慢できなかったようだ。結果を出してこれほど批判を受け、しかも辞任に追い込まれる監督も珍しいものと思われるが(しかも2回目!!)、よくよく考えれば、このシナリオは充分に考えられる筋書きで、とにかくは結果を!!と言う腹づもりでカペッロを呼んだ筈なのだろうから、あっさり解任してしまうのも浅はかかなぁ、と。まあ、喜んでいるファンは非常に多いと思いますが。
 以前のエントリーでも述べたように、チームを荒らすだけ荒らして、1年で去ったカペッロ。呼んできた選手も含め、果たしてどれだけ無駄遣いが行われたものなのか…まあ優勝したから良いか、的な考え方なのか…
 
 カペッロはメディアの攻勢にもうんざりしているだろうからしばらく休職だろうか?
 まさか、カンナ連れてユーベに出戻り!?なんて仰天シナリオがあったりするんだろうか、そんな節操の無い話はないわな。
 後任は間違いなくシュスターだろう。

 シュスターが抜けるヘタフェは、M・ラウドルップが指揮を取る可能性が高いそうな。まだ正式発表は行われていないが、細部の詰めの段階だと言う情報が。


 リーガ絡みの監督人事で、おっ、と思ったのは、クーペルが来期からベティスで指揮を執ると言う情報が。クーペルと言うとどうしても"悲劇の監督"と言うイメージが強いんだが、手腕は確かなものだと思う。このところ凋落著しいベティスをどう再建してくれるのか、注目したい。



■ ジオがフェイエノールトに移籍へ

 雑誌の対談で「キャリアの最後はオランダ(フェイエ)で締めくくりたい」というコメントが妙に頭の中に残っていたのだが、このタイミングで移籍だそうで。本当に残念。
 バルサ移籍後、不動のLSBとして攻守にわたり活躍した"ミスターオレンジ"も母国に帰還を決意。本当にバルサの1時代が終わろうとしているような気が…
 アビダルの獲得も秒読み、キヴも移籍か、と言う感じでLSBの後進も整いつつある環境で、ジオも今が潮時、と読んだのかもしれません。

 ジオ、4年間お疲れ様でした(←なぜやたらにジオに好意的かって?好きな選手だからですかね)



■ ルイス・ガルシアがアトレティコへ移籍か?

 トーレスより先にこっちの話が具体化してしまうとはびっくり。
 何とも10億のオファーとかで後はベニテスのゴーサイン待ち。
 本人は在籍したことのある古巣への移籍に前向き、って書いてあったけど本当のところはどうなのよ?
 アトレティコはガジェッティをオリンピアコスに放出したので、両サイドもできてSTも出来るルイガルにターゲットを絞ったとのこと。果たしてこの移籍がらみでトーレスもリバプールに移籍するのだろうか。
 もっともトーレスの移籍に関しては首脳陣は"本人次第"とのこと。
 どこまでが本当で、どこまで三味線なのか見えなくなってきました…

サッカーについてのブログを表示する.

[PR]

by R-130 | 2007-06-29 04:05 | ∟Football otherissue