タグ:アジアカップ ( 5 ) タグの人気記事

2007年 07月 30日
サッカー:アジアカップ 決勝 3位決定戦
■ 決勝

○ イラク 1 --- 0 サウジアラビア ●


■ 3位決定戦

○ 韓国 0 --- 0 日本 ●
  (PK 6 --- 5)



 地上波の各局が選挙速報をこぞって放映する中、非国民のようにBS2にチャンネル合わせてアジアカップの決勝を観戦w
 ここまで勝ちあがってきたイラクの実力がフロックでないことを証明して見せた試合だった。

 試合はほぼ互角の内容。
 ただ、実績を考えればサウジが圧倒的に上だし、イラクは国内情勢を踏まえればサッカーどころではないはず。
 
 しかし、勝負にかける情熱は、歴史を作ったイラクの方が上だった。
 日本戦を見た後に、この試合を見たからと言うのもあるかもしれないが、まさに"見せ付けられた"感じ。勝負にこだわるとはこうだ!!といわんばかりの気迫に満ち溢れたサッカーだった。

 この試合を見た日本代表の選手はどれくらいいただろうか。
 この試合を見て少しはインスパイアされて欲しいものである。



 その3位決定戦。
 試合内容や精神論は、多くのブロガー様が取り上げられていると思うのでここでは割愛して、大会全体を通しての、日本代表の問題点を考えて見たい。



◇ 問題点1 脆弱なDFライン

 今回のDFラインは正直言って守備力が低すぎた。
 中沢以外に守備のスペシャリストがいなかったのが、不用意な失点や何度も危ない場面を招いた大きな理由だろう。
 何度も言うように、阿部はCBが専門ではない。
 このまま彼が良いように使われれば、器用貧乏になって大成しないだろう。ポリバレントなんて横文字使えば聞こえが良いが、要は何でも屋さんでしかもスペシャリストがいないがために、穴埋めのように使っただけのことである。
 トゥーリオが戻れば阿部はLSBに回るのだろうか。それとも中村憲剛を外してボランチで使うのか?オシムはどう考えているのだろうか。

 また、SBも残念ながら守備力は低いとしか言いようがない。
 現在のフットボールにおいては、SBに求められるのは、タッチラインを何度もアップダウンできるスタミナ、瞬発力、守備力、出来ればフィジカル、そしてついで攻撃力である。
 チームカラー如何では攻撃力を優先することもあろうが、基本はディフェンダー、守備ありきなのだ。
 そういう意味では、駒野はフィジカルが弱く守備力も低い。セットプレーでは相手に振り切られ、ゴールも奪われてしまった。
 加地は論外。プレーが消極的過ぎるし、守備も当たりさわり無いプレーしか行わないので目立たないが、内容は最悪だ。
 今後は坪井をRSBで起用してみたり、今野を起用してみたりして欲しい。坪井はスピードもあり、CBもこなせるだけあってフィジカルもそこそこ。今野は身長が低く当たり負けしそうだが、プレーオン時のハードマークは定評があり、機を見たオーバーラップも悪くない。
 是非検討してもらいたい。



◇ その2 オシムのメンバー招集と起用に対する疑問

 今大会のメンバーを見たとき、殆どの方が試合に出られる選手はメンバーの2/3しかいないことを悟ったはずだ。事実、交代はいかにもワンパターンで更に悪いことに事態を打開できる選手はゼロだった。
 これはレギュラー組、ないし準レギュラー組みに信頼を置いているというオシムのメッセージなのかもしれないが、もっと色々な選手をテストマッチで試す必要があったと思う。
 特にFWの人選はあまりにも隔たりがありすぎた。誤解を恐れずに言えば、好き嫌いだけで選んだ感が強い。怪我で間に合わなかった田中達也や大久保あたりは、是非次回以降の候補に挙げて欲しい。矢野も使うならじっくり使ってみて欲しい。
 中盤は頭数が沢山いたわりに、使える選手はごく僅か。経験を積ませるつもりで呼べるほど、今の台所事情は潤沢ではないはず。この暑さやコンディションを考えれば総力戦と言う位置づけで、小野のような実力者や家永、松井と言ったサイドのスペシャリストを呼んで欲しかった。
 少なくとも山岸や羽生よりは素晴らしい活躍を見せてくれたはず。

 特に羽生。PK外した挙句にメディアに「蹴りたくなかった」なんて言うヤツは二度と代表に呼ぶべきではない。もうこの時点で、代表失格である。



◇ 高原を活かすなら2トップを

 高原はCFのタイプとしてはペナルティエリアに張っているタイプ。たまーにサイドに流れたりもするが、基本的にはゴールゲッターである。
 このタイプを活かす場合、高原を1トップにしてしまうと2列目以降の攻撃の組み立てに非常に工夫がいる。しかし、今大会の2列目を担った遠藤、中村、山岸の場合仕掛けられる選手が山岸しかいないためどうしても最後の崩しが閉塞的になりがちだ。
 高原にトッティのようなうまい具合に引いてきてチャンスメイク…を求めるのはコクなので、やはりトップのマークをバラけさせる意味でも2トップにするのが良いだろう。高原の相棒は、大久保や佐藤のように裏に飛び出すのを得意とするタイプが良いだろう。
 2列目のゲームメーカーのパスの受けては、必然的にSBかアンカーの1枚になる。この流れは今大会でもそこそこ構築されていたので、より一層の成熟と最後の詰めの形を作れるようになってもらいたいものである。



 トルシエやジーコがアジアカップ勝てて、オシムは勝てなかったという現実は重く受け止めなくてはならない。続投するにしろ、交代するにしろ、今大会の結果を厳粛に受け止めて課題を確実に克服してW杯予選に取り組んでもらいたいものである。
[PR]

by R-130 | 2007-07-30 03:35 | ∟サッカー日本代表
2007年 07月 26日
サッカー:アジアカップ 準決勝
■ アジアカップ準決勝

○ イラク 0 --- 0 韓国 ●
   (PK 4 --- 2)

○ サウジアラビア 3 --- 2 日本 ●



 イラクと韓国の試合は、なかなかゴールが決まりそうで決まらない、良く言えば1点を争う好ゲーム、悪く言えば決定力にかけたグダグダゲームと言った感じだった。個人的には圧倒的に後者の感じがしたが…なんとも雰囲気が締まらない試合だった。

 韓国はそれでもPKまで持ち込めば勝てるという自身があったように感じた。
 特に、GKのイ・ウンジェのPK戦に入ったときの、意味不明の自信顔がそれを物語っていたと思う。イラクをPKで下してきたという自信もあったのだろうか。

 しかしその自信顔のイ・ウンジェはイラクのPKを1本も止める事が出来ず(触れることはできたが…)4-2で韓国が敗退。イラン、韓国と言う強豪を押しのけてイラクが決勝に勝ち名乗りを上げた。



 その後すぐに行われた日本vsサウジアラビア戦。
 結果は誰もが知っておりくどくど書いても仕方ないので、問題点だけを簡潔にまとめたい。



◇ パスにこだわりすぎているきらいがある

 これはアジアカップの本戦全てにいえることだが、パスを意識するあまりか妙に繋ぎすぎるきらいがあるように思えた。もっと強引に言っていい気がするシーンが幾度となくあった。サウジ戦も然り。うまくやれば流れの中から1-2点取れたように思える。特に追わなければならないときはシュートを意識することも必要かと。妙なパスがミスに繋がってカウンターを喰らったりするシーンも少なくなかった。攻撃の形は悪くないが、最後の詰めは再考の余地があるように思える。



◇ CBとしての阿部の能力の限界

 サウジ戦ではミスを帳消しにするゴールも生まれ、オフェンス面ではそれなりに評価される部分があるが、同じくサウジ戦の2点目3点目は阿部のミスも大きい。
 特に3点目は消さなければならないニアポストのシュートコースを阿部が開けてしまい、確かに角度の無い難しいシュートではあったが、ある程度の技術と今回のようにトーキックで川口のタイミングを外されるようなシュートを打たれれば、いかなキーパーでも対応は難しい。彼をそれでもCBとして使うようならそれ相応の経験が必要になるだろう。



◇ ボランチの守備能力とカバーリング

 攻撃大好き中村憲剛は、3列目からの飛び出しを武器とするだけあって、攻撃面にはなかなかいいアクセントをつけれるが、守備力ははっきり言って並以下である。
 そうすると必然鈴木に守備の負担が増えるわけだが、たまにー前がかりになるこの両者が自陣から消えることがあるので要注意である。鈴木の守備能力は、特に運動量の多さで相手のチャンスを未然に防ぐ活躍と言う意味では貢献しているが、如何せん非常に多い運動量を要求されているため、後半も半分を過ぎる頃には流石に序盤の動きは鈍ってしまう。その時の守備のバランスも再考の余地がありそう。ちなみに遠藤は、スピードと得点能力が無いので(FKを除く)中村憲剛と入れ替えるのもありかと。



◇ 加地はもう限界、巻も格下のみしか得点できない

 加地もう駄目だろう。いたずらにリズムを悪くし、ドリブルも出来ない、クロスの精度も低い、守備も出来ないでダメダメ。駒野を右に回して左に今野や、トゥーリオが帰ってきたら阿部をLSBに使って(この起用もワールドクラスでは無理がありすぎるがアジアレベルなら何とかなるかも)やはり右に駒野と言う選択肢が良さそう。加地はもう無理だと思う。
 巻はJでもさして実績を残しているわけでもなく、アジアカップでもベトナム相手にしか得点が出来なかった。実力を物語っているようなものである。
 佐藤や、今代表に呼ばれていない田中達也や大久保あたりを使ったほうがいいだろう。


 
◇ もっと身のあるフレンドリーマッチを組むように協会に求む

 核下ばかりの相手で、守備面の問題が一切浮かび上がらないまま1年が経ち、この大会は守備の問題が浮き彫りにされる試合になる、と公言したとおり守備に問題点が発覚した。それもこれも、協会がどうしようもない国しか日本に引っ張って来れないため。それがダメなら自分たちから出向け。もっと相手が格上とも言えるような相手と試合をしないと問題点は浮かび上がらない。格下相手に点を取っても、それは問題解決にはつながらない。



◇ そろそろGK川口も替えるべき

 ベスト8のオーストラリア戦は神がかり的なセーブで日本を救ったが、やはり不用意な飛び出しが多く、パフォーマンス的には極めて不安定といわざるを得ない。W杯のオーストラリアへの失点も、川口の飛び出しのまずさが原因で生まれたものもあった。
 それそろ後進に道を譲る時代なのかもしれない。


 まあそれでもサウジ戦は取ったらすぐ取り返した執念と、最後の15分くらいの何が何でも得点してやるという気迫だけは評価したい。厳しく言えばもっと前から気迫出して点を取っておけ、と言うことも出来るが内容は悪くはなかったので、よしとしよう。
 攻めて3位決定戦は、ぐだぐだの韓国をきっちり沈めて3位確保し、アジアカップの予備予選を免除してもらいたいものである。


  
[PR]

by R-130 | 2007-07-26 00:55 | ∟サッカー日本代表
2007年 07月 23日
サッカー:アジアカップ ベスト8
■ アジアカップ 決勝トーナメントベスト8

○ 日本 1 --- 1 オーストラリア ●
  (PK 4 --- 3)

○ イラク 2 --- 0 ベトナム ●

● イラン 0 --- 0 韓国 ○
  (PK  2 --- 4)

○ サウジアラビア 2 --- 1 ウズベキスタン ●


 アジアカップも決勝トーナメントがスタート。
 大会前には、オーストラリアやサウジアラビアと並んで優勝候補だったイランが、ピリッとしない韓国にスコアレスドローに持ち込まれてPKで敗退するという波乱がありました。向こうのトーナメントはてっきりイランが決勝まで勝ちあがるものだとばかり思っていたのでかなり意外です。

 後は順当に勝ち上がったと思います。
 サウジアラビアとウズベキスタン戦は、F1終了後後半だけ見ていたんですが、やはりサウジは試合巧者。頑張るウズベキスタンをのらりくらりと交わしてカウンター一閃!!攻撃時、特に遅攻時にボランチが前がかりになりやすい日本にとって、サウジのカウンターは要注意だと思います。チームコンディションもオーストラリアとは比べ物にならないくらい良い。決勝まで、気の抜ける相手はまったくいませんね。


 さて、その日本vsオーストラリア戦。
 個人的にはかなり審判に助けられた試合だと思っています。

 川口がPKで2本止めたことが勝ちを引き寄せた最大の要因であることは認めますが、そんなの運否天賦だし、だいたいヨーロッパでフルシーズン戦って疲れている選手が多く、コンディションが悪く監督も凡庸なチームに、Jリーグシーズン途中に中断して臨むというコンディション良好、しかも相手が10名になったにもかかわらず120分で決着がつけられなかったのは、最悪の結果になってもおかしくなかったと思います。
 失点もいただけない。ニアサイドに蹴りこまれたCKからの失点は、以前の教訓が活かされているとはとても思えません。相手のミスを見逃さなかった高原の1発がなければ、1-0で敗れていてもおかしくなかった。この結果は厳粛に受けとめて、ベスト4以降も気を引き締めて戦ってもらいたいものです。

 まあ相手がベタ引きになったときの戦い方もまだ稚拙さが否めません。
 佐藤はもっと早く投入すべきでした。
 教え子の巻が予選3戦目に活躍したものだから期待したのもあると思いますが、今日の巻は点が取れる雰囲気がなかった。速めに見限って当たらし流れを作るのも、監督の役目。今日はその動きが遅すぎたように思えます。

 
 次戦はサウジアラビア戦。
 先ほども言ったとおり、ボランチはバランスに充分気を配らないといけません。中村憲剛はただでさえ攻め好きなので、鈴木はより一層攻めの自重が求められます。オーストラリア戦は、サイドに流れたりするシーンがあったので、本当に気をつけてもらいたい。
 今のままだと、カウンターの格好の餌食になりそうで怖いです。
 阿部と中沢のマークの受け渡しもしっかりして、守りには慎重を期してベスト4に臨んでもらいたいものです。


  
[PR]

by R-130 | 2007-07-23 02:12 | ∟Football otherissue
2007年 07月 14日
サッカー:アジアカップ 日本vsUAE 守備にまだ課題ありか
 得点は3点と申し分なく、しかも前半で試合を決めた(?)という意味では評価できる。
 高原が2得点と決定力の高さを見せつけ、今や代表には欠かせない存在になった。
 俊輔も流れの中での見せ場は決して多くなかったが、PKも決め、左足のキックフェイントからの惜しいシュートなど見せ場が無かったわけではない。

 
 攻撃の形としては、2トップで成果が出たから2トップが良い、と言う安易な言い方はしたくないが1トップよりは攻撃の可能性を感じるし、DFの枚数でトップの枚数を決めるとか下手な流動性を追及して連携を軽んじるくらいなら2トップでの連携を深めるべきである。少なくとも、山岸をスタメンで使うよりは内容も結果も出るような気がする。


 これは守備についても同様。4バックに固定することで連携を深めるべきだ。
 試合の中でアンカーの鈴木がDFラインに入る3バックの形もあったがそれは試合の中の流れの中で約束事。基本は4バック、にしたほうが約束事も明確になり連携が深まるはずだ。ただ、加地は2005年のような輝きが失せている。守備が出来るという訳でもないので(後半、マタルにさんざん狙われていた、見ていて一番守備が下手だから当然だろう)RSBに駒野、LSBに今野でも面白いかもしれない。


 ただ、以前から指摘していたようにこの大会はむしろ守備面の不安が顕著になるだろうという予想通り、守備面においての不安と言うか課題と言うか、はまだ残っているなぁと言う印象を受けた。


 やはり阿部と中沢の連携がうまくいっていないのか、それとも阿部が前回のファールを気にして消極的になりすぎたのか、妙な位置関係が多かった。はっきり言えばちくはぐ。アンカーの鈴木のカバーリングが光っていたので必要以上の危機には陥らなかったが、それでも後半は相手が1人減ったにもかかわらず後1点入ってもおかしくないシーンが目立った。


 特に中村憲剛が攻め上がった後のカウンターには注意が必要。
 後半の失点は彼が攻めあがってしまい中盤に大きくスペースを作ってしまったことと、中沢のポジショニングが中途半端だったことと阿部のマークが稚拙だったことが失点を招いている。


 阿部のDFとしての技量と中沢やボランチとの連携に不安を残す守備面。
 グループリーグではこれでも何とかなりそうだが、オーストラリアやサウジアラビアやイランと言った、フィジカルが強く攻撃もしたたかな国を相手にした場合、崩壊の危険を尚はらんでいるといって良いだろう。


 ただ、3得点して勝利したことで、総得点でベトナムを上回って首位に躍り出たことは好材料。これで最終節は最悪引き分けでも突破が決まる。
 しかし、1位通過をすれば準決勝までベトナムで試合をすることが出来るため、是非首位で試合を通過してもらいたいものである。
 過去の戦績も、負けた事の無いベトナムが最終節の相手。
 超アウェー状態での試合になるだろうが、試合は内容結果ともしっかり残して首位通過を果たしてもらいたいものである。
[PR]

by R-130 | 2007-07-14 00:54 | ∟Football otherissue
2007年 07月 04日
サッカー:もうすぐアジアカップ!!
 7月7日よりいよいよアジアカップが始まります!!
 文字通り、アジアナンバー1を決める大会とあって、やっぱり見るほうとしても、こぶしをムムムっ、と握り締めながら毎日見ちゃうと思います。

 今回はインドネシア、マレーシア、ベトナム、タイの4カ国共催言うことでいきなり開催国が4つも埋まってしまうと言う珍しい大会でしたが、もちろん日本も実力で本大会出場を決めています。

 で、アジアカップに優勝すると漏れなくコンフェデレーションズカップの出場権がついてきます。これは、世界6大陸の覇者+前回優勝国+ホスト国の8カ国のナショナルチームが、世界一をかけて争うW杯の1年前に行われる前哨戦みたいなものです。世界の強豪と本気レベルで競り合うことが出来る数少ない国際大会なので、ぜひ優勝して参加してもらいたいものです(って本当はただ盛り上がって見たいだけなんですが…)。

 


■ 日本代表メンバー 23名


 それでは、日本代表の23人のメンバーを見て見ましょう。


GK
川口能活(磐田)
楢崎正剛(名古屋)
川島永嗣(川崎)

DF
中澤佑二(横浜FM)
坪井慶介(浦和)
加地亮(G大阪)
駒野友一(広島)

MF
中村俊輔(セルティック/スコットランド)
橋本英郎(G大阪)
羽生直剛(千葉)
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
鈴木啓太(浦和)
阿部勇樹(浦和)
今野泰幸(FC東京)
山岸智(千葉)
太田吉彰(磐田)
水野晃樹(千葉)

FW
高原直泰(フランクフルト/ドイツ)
播戸竜二(G大阪)
巻誠一郎(千葉)
佐藤寿人(広島)
矢野貴章(新潟)


 げげっ!!トゥーリオの名前が無い…何とも怪我で参戦できないそうです…これは日本のDFラインが心配ですね。阿部と坪井には頑張ってもらわないと…でもCBは3人と非常に頭数的にも心許無いです。これ以上怪我人が出るとやばいですよ…。

 今回、本田や家長、そして前評判の高かった前田を押しのけ、初選出された太田選手(磐田)。無尽蔵のスタミナで90分ピッチを所狭しと駆け回るプレースタイルをオシムも買っているようです。彼の活躍にも期待したいですね。

 全体的にMFの登録が多いのは、やはりオシムも中盤が試合の流れを変える"肝"であると言う認識をしているのでしょう。実に色々なタイプの選手を登録しており、あらゆる流れにも選手交代で対応出来る体制にしていると言ったところでしょうか。実際これまでのテストマッチでも、まずは中盤を変えてリズムを作り直す采配が非常に多かったです。この辺のオシム采配に、アジアカップ制覇がかかっているので、今回は本気モードの大会、必見です。

 後、昨日の速報で播戸選手が怪我で出場が危ぶまれているそうです。大丈夫でしょうか…


■ 日本が入っているグループBの展望


 それでは各グループのメンバーと日本が入っているグループBの展望を簡単に。


◇ グループA

オーストラリア
イラク
オマーン
タイ


◇ グループB

日本
カタール
UAE
ベトナム


◇グループC

中国
IRイラン
マレーシア
ウズベキスタン


◇グループD

バーレーン
インドネシア
韓国
サウジアラビア

 上位2カ国が勝ち抜けです。面子的にはグループDが一番悲惨でしょうか。はっきり言っちゃいますとインドネシアは蚊帳の外で、韓国・サウジの2強にバーレーンがどう肉薄するか、という感じだと思います。しかし、サウジと韓国が同居すると言うことは…どちらか片方はシード国ではなかったということですよね。何とも恐ろしい…
 さて、日本が属するグループBも組み合わせ的にはあまり恵まれていません。
 と、言うのは過去の対戦成績。

・対カタール       2敗 2分(!!)  アジアカップ 第1戦 7月9日 
・対UAE      3勝 2敗 6分    アジアカップ 第2戦 7月13日
・対ベトナム    3勝    1分    アジアカップ 第3戦 7月16日

 何と!!カタールに勝ったことが無い!!これが意外でした。UAEとも星取ではほぼ五分なんですね。実力的には日本のほうが抜けているとは思いますが油断は出来ないっす。気の抜けないグループに入ってしまいました…


 日本の初戦は7月9日にカタール戦、いきなり難敵と当たります。是非とも勝利して決勝トーナメント出場に弾みをつけてもらいたいものです。
c0101167_7122124.jpg

 AFCのアジアカップイメージイラスト。
 おお、俊輔が真ん中に!?やはりアジアを代表する選手と言うことなんでしょうか。
あ、代表にも入っていない三都主アレサンドロが、右の方に…

サッカーについてのブログを表示する.

[PR]

by R-130 | 2007-07-04 07:15 | ∟サッカー日本代表