<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2007年 08月 30日
日々の雑記:転勤になっちゃいました…
 いつもは毎日のように、と言うかほぼ毎日更新していたブログが8月になって途端に更新ペースが鈍ったのは…仕事のせいにはしたくないんですが仕事でした。

 まずはお盆商戦。これは想定内でした。
 年に2回の書き入れ時ですから。人様がお休みのときが我々の稼ぎ時。毎年恒例です。
 しかし、大どんでん返しはここからでした。

 お盆も終わった16日。
 嫁さんの実家で遅いお盆休み(1日だけど)を満喫していたら、携帯に電話が…
 会社関係者からの休日の電話は珍しくもなんでもないんですが、内容を聞いてびっくり。

「お前に内示(転勤内定の通知書、みたいなもんですかね)が出てるぞ」

 休日モードも吹っ飛びましたよ(苦笑)
 しかも新天地はまたしても新店!!新規オープンの店なんです。
 この業界に勤めて10年、新規オープンの店も3店舗目なんですが、新規オープンの店はやりがいもある反面、計画や部下の教育など結構大変な面もあります…

 とりあえず着任が29日なんで…と言うことで、残務整理から始めて引き継ぎ書やらなんやらかんやらとやりこなすには、必然早出残業の山山山…当然残業代なんかつきませんけど、何か?(しっかり会社に愚痴)

 F1も佳境、サッカーも開幕盛りと、お盆を過ぎたら趣味を満喫するはずの予定が…
 こんなはずじゃなかったぁあぁぁあぁぁ(涙)
 サッカーA代表vsカメルーン戦@九州石油ドーム(大分)の観戦計画も没。遅いお盆休み5連休計画も没。家族でプチ小旅行も没…
 くそ、呪ってやる(←だれを)

 昨日から新天地、と言ってもまだ店は出来ていないので店の近くの貸事務所の赴くと、まず言い渡されたことは「時間がないので大変です」と…。まーいいけどね。この会社っていつもこうだし、学習能力ゼロだし。

 子供の事情もあり、引越しはせず現状の家から車で30分通勤。運転は好きなんで苦になりませんが、オープンの怒涛の臨戦期間を車で往復する体力と気力があるのかが心配…
 そう言えば、前のブログも8月下旬にテンパっていきなり閉鎖、なんて暴挙やりましたけどあれから1年…また試練が襲いかかって来ております(苦笑)

 今回は細々とでもブログは続けていくので、なかなか更新されない日が続くと思いますが、気ながーに見守ってやってください(^^ゞ
 以上、近況報告でした。
 
 余裕があれば、番外編で、"スーパーができるまで"、なんてブログネタ作ろうかしら…
 無理だろうなぁ(^^ゞ
[PR]

by R-130 | 2007-08-30 08:11 | 日々の雑記
2007年 08月 30日
F1:第12戦 トルコGP決勝 ハミルトン謎のタイヤトラブル…
c0101167_7234174.jpg

■ 決勝
1 F・マッサ フェラーリ 1:26:42.161
2 K・ライコネン フェラーリ + 2.275
3 F・アロンソ マクラーレン + 26.181
4 N・ハイドフェルド BMW + 39.674
5 L・ハミルトン マクラーレン + 45.085
6 H・コヴァライネン ルノー + 46.169
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 55.778
8 R・クビサ BMW + 56.707
9 G・フィジケラ ルノー + 59.491
10 D・クルサード レッドブル + 1:11.009
11 A・ブルツ ウィリアムズ + 1:19.628
12 R・シューマッハ トヨタ + 1 laps
13 J・バトン ホンダ + 1 laps
14 A・デビッドソン スーパー アグリ + 1 laps
15 V・リウッツィ トロロッソ + 1 laps
16 J・トゥルーリ トヨタ + 1 laps
17 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
18 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 1 laps
19 S・ヴェッテル トロロッソ + 1 laps
20 山本 左近 スパイカー + 2 laps
21 A・スーティル スパイカー + 5 laps
Did not finish
22 M・ウェーバー レッドブル + 49 laps


 スタート。
c0101167_7264034.jpg

 レコードライン側の、マッサとライコネンが猛ダッシュを決めて2番手のハミルトンを置き去りに。4番手のアロンソはBMWの2台に先を越されて6番手までドロップアウト、しめしめ。
 予選好調のトゥルーリが他車と軽く接触してスピン、16番手でレースを終える不運。

 フェラーリ2台は目に見えない激しいタイムバトルを繰り広げるも、ライコネンが先にピットストップをしなければならない運命で勝負は半ば決まったようなものだった。

 アロンソは何とかリカバリーでBMWの2台を交わして4位がいっぱいいっぱいかと思われたところにアクシデントが勃発。
c0101167_7303641.jpg

 自分が20年近く見てきた中でも初めて見るタイヤトラブル。
 トレッドの剥離?バーストではこんな感じにはならないですから本当に不可解なトラブルです。このタイヤは原因追求のために日本に空輸された模様。3番手を走っていたハミルトンはハイドフェルドにも抜かれて5番手にダウン。その後もカーバランスに苦しみ、6番手のコヴァライネンにコンマ9秒まで肉薄される、後半は厳しいレースになりました。

 ハミルトンには申し訳ないけど、これでトップ4のポイント差は縮まってますます面白い環境に。

  ハミルトン 84
  アロンソ  79
  マッサ   69
  ライコネン 68

 まだ数字上ではどのドライバーにもチャンピオンの可能性があると思います。
 その一方でCS放送で川合氏が言っていた、フェラーリはドライバーがポイントを分け合ってしまいマクラーレンの2人にこのままではポイントで追いつかないのでは、と言う指摘も。合わせてどちらかにプライオリティーを置かないとドライバーズタイトルは厳しいだろう、とも付加しておりました。
 確かにそうかも。ライコネンは2回のトラブルによるリタイアがあったとはいえ、マッサとこんなに接戦になるとは思っても見なかった。序盤は接戦であれ、後半はライコネンがぐんぐん引き離すと思っていたから、マッサがすごいのか、ライコネンが乗れていないのか…この辺もフェラーリ陣営としては微妙なんでしょうねぇ。どちらかが引き離せばプライオリティーどっちかに置くんだろうけど、こうも接戦だと譲れとは言えませんもんねぇ。

 絵になるマッサの写真をアップ。
 この男の喜び方は清々しくて、八百屋は個人的には好きです。
c0101167_7393381.jpg
c0101167_740415.jpg
c0101167_7401114.jpg

 後は、サーキットを選ばない速さがあれば、この喜びをより多くのサーキットで表現できると思うんですけどねー。
 
 あ、TOYOTAにフランク・ダーニーの加入が発表されました。
 この空力のベテランの加入はTOYOTAに大きな恩恵をもたらしそうですね。
 HONDAさん、スパイカーと接戦演じてちゃあダメですよぉ…
 今年のHONDAは本当に切ないです。

 ニック・フライ代表は
「来期はアース・カラーにするかどうかは分からない」
なんてコメントしていました。今年の成績鑑みても、カラーリングのせいじゃないことは百も承知だけどしないだろうなぁ。これで、来期もカラーリング継続して、速いマシン作ってくれればカッコいいんだけど…がんばってくれー、HONDAァ!!
[PR]

by R-130 | 2007-08-30 07:44 | ∟F1 2007 Final
2007年 08月 30日
F1:第12戦 トルコGP予選
c0101167_78821.jpg

■ フリー走行3回目
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:27.325 12
2 F・マッサ フェラーリ 1:27.366 15
3 K・ライコネン フェラーリ 1:27.506 16
4 F・アロンソ マクラーレン 1:27.743 13
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:28.056 16
6 N・ハイドフェルド BMW 1:28.184 18
7 R・クビサ BMW 1:28.224 21
8 G・フィジケラ ルノー 1:28.261 20
9 M・ウェーバー レッドブル 1:28.337 15
10 H・コヴァライネン ルノー 1:28.364 17
11 A・ブルツ ウィリアムズ 1:28.413 16
12 D・クルサード レッドブル 1:28.448 14
13 R・シューマッハ トヨタ 1:28.481 20
14 J・トゥルーリ トヨタ 1:28.520 21
15 J・バトン ホンダ 1:28.548 16
16 R・バリチェロ ホンダ 1:28.715 18
17 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:28.755 16
18 V・リウッツィ トロロッソ 1:28.937 20
19 S・ヴェッテル トロロッソ 1:29.408 19
20 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:29.436 14
21 A・スーティル スパイカー 1:30.044 22
22 山本 左近 スパイカー 1:30.712 21

■ 公式予選
Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 F・マッサ フェラーリ 1:27.329
2 L・ハミルトン マクラーレン 1:27.373
3 K・ライコネン フェラーリ 1:27.546
4 F・アロンソ マクラーレン 1:27.574
5 R・クビサ BMW 1:27.722
6 N・ハイドフェルド BMW 1:28.037
7 H・コヴァライネン ルノー 1:28.491
8 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:28.501
9 J・トゥルーリ トヨタ 1:28.740
10 G・フィジケラ ルノー 1:29.322
11 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:28.002
12 M・ウェーバー レッドブル 1:28.013
13 D・クルサード レッドブル 1:28.100
14 R・バリチェロ ホンダ 1:28.188
15 J・バトン ホンダ 1:28.220
16 A・ブルツ ウィリアムズ 1:28.390
17 V・リウッツィ トロロッソ 1:28.798
18 R・シューマッハ トヨタ 1:28.809
19 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:28.953
20 S・ヴェッテル トロロッソ 1:29.408
21 A・スーティル スパイカー 1:29.861
22 山本 左近 スパイカー 1:31.479


 決勝も終わった週半ばに予選のことをアップするのもどうかと思いましたが、とりあえず慣例なのでアップさせていただきます…(^^ゞ

 中継が20:50からだと思い込み、ギリギリまで仕事してテレビに滑り込んだら…Q3の直前の映像が飛び込んできて悲嘆(苦笑)。ちゃんとチェックしていなかった自分が悪い。

 一生懸命流れをつかもうと解説陣の話に耳を傾けていたら、どうやらやはりフェラーリの方が地力で一歩リードしているような口ぶりだったのでほっ(←なにが?)。しかしQ2最速はFP2まではタイムを出していなかったアロンソ。今年のこの男のやり方は定着しつつあります。

 上位陣は2回アタックと言うことで、1回目はライコネンがトップに。1コーナーでラインを乱すというアクシデントもなんのその。ポールの期待が高まります。
 しかし、2回目ではそのライコネンが周回後半で細かいミスを出して(自分が目視できたのはWヘアピンのふらつきでしたが、他でもミスがあったみたいです)1回目のタイムを更新できず!!あちゃー、と思う間もなくハミルトンがトップタイム!!むむ、予想外の展開だ。
 ハミルトンのタイムに沸き返るマクラーレンピットを尻目に、マッサが猛然とアタック。昨年のPtoWの弦のよさを武器にノリノリのアタックでポール奪還!!マッサ、やる時はやるぅ!!
 そして最後のトリを務めたアロンソは…なんとハードタイヤでアタック!?アロンソもタイム更新はならずこれで上位4人の順位が確定。好調フェラーリにマクラーレンがどのように挑みかかるが注目でした…

 AD11番手だったのね、GJ!!
[PR]

by R-130 | 2007-08-30 07:18 | ∟F1 2007 Quaurify
2007年 08月 25日
F1:第12戦 トルコGPフリー走行1.2回目
■ フリー走行1回目
c0101167_1012478.jpg

1 K・ライコネン フェラーリ 1:27.988 22
2 F・マッサ フェラーリ 1:28.391 20
3 F・アロンソ マクラーレン 1:29.222 20
4 L・ハミルトン マクラーレン 1:29.261 10
5 H・コヴァライネン ルノー 1:29.346 19
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:29.403 23
7 R・シューマッハ トヨタ 1:29.414 24
8 G・フィジケラ ルノー 1:29.541 19
9 N・ハイドフェルド BMW 1:29.641 20
10 J・トゥルーリ トヨタ 1:29.685 26
11 R・クビサ BMW 1:29.710 23
12 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:30.384 17
13 D・クルサード レッドブル 1:30.398 23
14 J・バトン ホンダ 1:30.483 17
15 R・バリチェロ ホンダ 1:30.580 25
16 V・リウッツィ トロロッソ 1:30.612 21
17 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:30.624 15
18 A・ブルツ ウィリアムズ 1:30.876 12
19 M・ウェーバー レッドブル 1:30.917 22
20 S・ヴェッテル トロロッソ 1:31.383 22
21 A・スーティル スパイカー 1:31.445 31
22 山本 左近 スパイカー 1:32.270 35

■ フリー走行2回目
c0101167_10145655.jpg

1 L・ハミルトン マクラーレン 1:28.469 28
2 K・ライコネン フェラーリ 1:28.762 21
3 R・シューマッハ トヨタ 1:28.773 23
4 J・トゥルーリ トヨタ 1:28.874 28
5 F・マッサ フェラーリ 1:28.884 25
6 F・アロンソ マクラーレン 1:28.947 24
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:28.995 27
8 H・コヴァライネン ルノー 1:29.025 28
9 A・ブルツ ウィリアムズ 1:29.093 27
10 R・クビサ BMW 1:29.368 31
11 D・クルサード レッドブル 1:29.435 12
12 G・フィジケラ ルノー 1:29.456 28
13 N・ハイドフェルド BMW 1:29.792 30
14 J・バトン ホンダ 1:29.945 26
15 R・バリチェロ ホンダ 1:30.055 31
16 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:30.104 27
17 M・ウェーバー レッドブル 1:30.315 25
18 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:30.530 24
19 V・リウッツィ トロロッソ 1:30.702 24
20 S・ヴェッテル トロロッソ 1:30.801 16
21 A・スーティル スパイカー 1:31.153 32
22 山本 左近 スパイカー 1:31.175 32


 始まりました第12戦トルコGP。
 FP2でこそハミルトンがトップタイムでしたが、FP1のフェラーリのぶっちぎりのタイムを見るとフェラーリがかなり優勢な位置にいるかもしれません。マクラーレンが本気を出していなければ別ですが…

 この辺は今日の走りを見て見ないと分かりませんねー。
 また、ガスコインお得意のBバージョンマシンは遅れているとのことで、スパイカーのニューマシンはデビューお預けとなりました。左近はFP2でスーティルに迫るタイムを見せているのが明るい材料です。
 最近Q1落ちが定例化しつつあるSuperAguri、深刻な資金難も囁かれていますが後半戦でもうひと花さかせてもらいたいものですね。  
[PR]

by R-130 | 2007-08-25 12:04 | ∟F1 2007 Practice
2007年 08月 25日
F1:第12戦 トルコGPプレビュー
c0101167_1032759.jpg

■ ウエブサイト  http://www.msoisutanbul.com
■ アドレス  34959 Tuzia-isutanbul Turkey
■ コース全長  5.338km
■ 周回数(レース距離)  58周(309.396km)
■ コースレコード  1'24"770/2005年 J-P.モントーヤ(マクラーレン)
■ 決勝ベストラップ  1'24"770/2005年 J-P.モントーヤ(マクラーレン)
■ 2006年 リザルト
  ・ポールポジション  F・マッサ(フェラーリ)/1'26"907
  ・優勝  F・マッサ(フェラーリ)/1h28'51"082
  ・ファステストラップ  M・シューマッハー(フェラーリ)/1'28"005


 短い夏休みを経て、F1が帰ってきました!!
 今年も早いもので第12戦、トルコGPです。
 最近出来たサーキットの中ではなかなか面白いレイアウトで、ダブルヘアピンあり、4個の複合コーナーで構成された8コーナー、高速コーナーで繋がれたストレート、大きなアップダウン、そしてヨーロッパでは珍しい反時計回りのレイアウトと、見所満載です。

 それでは短い夏休みの間のニュースを、チラッと振り返りましょう。



■ トーロ・ロッソの来期のラインナップは、ヴェッテルとボーデ

 現職は二人共職を失います…シビアですね。
 今季修行地のBMWから戻ってきたヴェッテルに、2003年現GP2の旧F3000でワールドチャンピオンになり、その後チャンプカーで3年連続チャンピオン、今年もタイトルに届きそうなボーデと言う若生2人の才能が、来期のトーロ・ロッソのステアリングを握ることになりました。
 意外だったのはスピードだけでなくリウッツィもシートを失ったこと。リウッツィは、TOYOTAやウイリアムズと既に接触、テストドライバーでの残留の道を探っているようです。スピードは…アメリカでレースの道を探すことになりそうな気配です。



■ BMWの来期のラインナップもハイドフェルドとクビカで!!

 こちらも来期のシートが決定。現状の成績を考えれば変更する必要もないというのが実情でしょう。
 ドライバーを早めに確定させ、来期以降の開発に集中できる環境を整えつつあるBMW。しかし、3番手の位置を確保しつつある今季のパフォーマンスを来期も継続させることは容易ではないと思います。来期には初優勝を目論むBMWですが、まずはパフォーマンスの安定が今後の最優先課題でしょう。



■ プロドライブ参戦、発表!?暗礁!?

 12番目のF1参戦チームとして昨年承認されたプロドライブチーム。しかしその具体的な参戦内容は、いまだ我々の前に姿を現していない。
 噂では、実質のマクラーレンチームのナンバー2的位置関係だという内容が流れていたが、7月いっぱいを交渉期限としてデッドラインを設けていたマクラーレンからは何の発表もなく、ひょっとすると参戦は立ち消えになるのでは…と言う噂もありました。
 しかし、チームオーナーのリチャーズは参戦に自信を覗かせているようで、"近いうちに発表できる"と豪語しております。
 ドライバーの噂としては、マクラーレン所属のテストドライバーのデ・ラ・ロサやパフェットの他に、ヴルツ、フィジケラ、ラルフと噂は豊富です。特にベテランドライバーで現職を失いそうなドライバーには、格好の移籍先となりそう…
 果たしてプロドライブの全貌とは如何に???
[PR]

by R-130 | 2007-08-25 10:00 | ∟F1 2007 GP Preview
2007年 08月 23日
サッカー:まだまだ選手を買い漁り続けるレアル・マドリー…
■ レアル・マドリーのMFエメルソン、ACミランへ移籍

 一度はご破算になったとされたエメルソンのミラン移籍がここで急展開を見せて決定。移籍金は8億だと言うことです。
 昨シーズン後半の3CHシステムを継承するならば、エメルソンの獲得は朗報ですね。ただ、補強を急ぐべきそれより前のポジションだと思います…



■ ナポリ、ユベントスからFWサラジェタとMFブラージを獲得

 昇格組で、金に糸目をつけず補強しまくっているナポリが、ユベントスからサラジェタとブラージを共同保有で獲得したと報じられています。
 ナポリ、地味ながらも各国のA代表選手を補強してそれなりに味のあるチームに仕上がりそう。うまく行けばUEFACup圏くらい狙えそうな気がします。



■ マンUのDFエインセ、レアル・マドリーへ移籍

 リバプールのエインセ移籍にマンUが待ったをかけ、交渉が泥沼化していましたが、レアル・マドリーが高額オファーでエインセをあっさりゲットしてしまいした。
 これはファーガソン監督が、エインセのライバルチームへの移籍を絶対に縦に振らなかったことに端を発したものです。エインセ本人はリバプール移籍に合意していましたが…リバプールは欲しかった逸材を逃してしまいました。
 移籍金は約19億円。レアルはかね出しますね~。



■ レアル・マドリーのDFシシーニョ、ASローマへ移籍

 ローマはまたいい買い物をしましたね。
 第2のカフーになる予感も充分します。
 移籍金は14億円。ローマはこれを3年分割でレアル・マドリーに払うそうです。
 今年もセリエAは更にローマを応援したくなりましたw



■ チェルシーのFWロッベン、レアル・マドリーに移籍

 本人の合意がまだ伝えられていないようですが、どうやら決まりのようです。
 移籍金などは現状明らかになっていません。
 しっかし、レアルは本当に選手を買い漁っていますねー。
 さっきのエインセの獲得の件ですが、CBはペペ、カンナ、メッツェルダーがいるから、RSBにラモス、LSBにマルセロ、トーレス、エインセ…トーレスは右も出来ますかね。ラモスとエインセはCBも出来ますね。一気に実力者で厚みがましたなぁ。
 サルガドはどうするんだろ?

 これで、ロッベンを放出したチェルシーは…っと、言うことはアウベスを獲得するんでしょうか…
 しかしこれについても大どんでん返しが…



■ セビージャのアウベス移籍問題が暗礁に

 48億まで譲歩した脂モビッチさんでしたが、なんとセビージャのデル・ニド会長が62億!!なんて言ったもんだから、流石に脂モビッチさんも切れたようです。
 RSBに48億でもものすごい高額だと思うんですが、62億まで吊り上げてくるとは…商魂逞しいと言うべきか、金の亡者と言うべきか…まだ1週間あるのでこれから両者が譲歩していき、最終的にはアウベスが移籍するものだと思ったんですが…



■ チェルシー、バルセロナのDFベレッチを獲得

 なんと9億の移籍金でチェルシーが電撃獲得!?みたいです。
 バルセロナにとっても、RSBにプジョルを戻す案を温めており、来年で契約を満了するベレッチを移籍金込みで移籍させることが出来るのはまさに"渡りに船"。ベレッチ本人も移籍に前向きのようです。
 これ、正式発表ではないらしいんで、アウベス獲得に向けての陽動かも知れませんが、本当に呆れてベレッチを獲得したのかもしれません。
 しかし、モウリーニョは守備の出来ないベレッチが欲しかったんでしょうか?
 ただ、フェレイラが今年もピリッとし無さそうなのと、ベン・ハイムもモウリーニョの信頼を得るに足りないと判断して、やはりRSBを獲りたい、と言う思惑からの妥協の産物かもしれませんが…本当にベレッチがチェルシーに来ちゃうんでしょうか?
 年齢考えても、ベレッチは要らないと思うんで、要道作戦であることを願いたいですね。



■ マテラッツィ太もも負傷で全治数ヶ月!?

 先の親善試合(ハンガリー戦)で太ももを負傷したイタリア代表、インテル所属のDFマテラッツィが、なんと全治数ヶ月の重傷。開幕絶望となりました。
 キヴ獲得が活きましたね~。
 転ばぬ先の杖、とはよく言ったものです。
 まあ、コルドバ、キヴ、サムエルと何とか3枚いるのでダメージは最小限に抑えられたと思いますが…しかしいまや世界屈指のCBに成長したマテラッツィだけにダメージも大きいでしょうねぇ。

 …まあ、これくらいハンデが無いと面白くないかw
[PR]

by R-130 | 2007-08-23 23:32 | ∟Football otherissue
2007年 08月 23日
サッカー:A代表はカメルーンに勝利、五輪代表はベトナムに辛勝…
 プレミアに続き今度は日本代表ダブルヘッダー(苦笑)

 カメルーン、来日メンバー豪華でした。
 さすが中津江村効果でしょうか。彼らも、大分で試合しなかったら来なかったでしょうね。エトーは、バルセロナに続き今月2度目の来日ですw絶対中津江村効果だと思います。
 地方の新聞では、カメルーン代表の訪問に対して、坂本代表を初めとする中津江村の面々が盛大におもてなしをしたと報じられています。
 02年W杯の時にも報じられた、編み笠の舞踊に、今回もカメルーン選手が飛び入りしているシーンが放送されていましたwなんか心が温まるシーンでした。

 その中津江村のメンバーは、九州石油ドームにカメルーンを応援にカメルーンカラーに身をまとってスタンドで声援を送っていました。日韓W杯が終わってもこんな絆の強い国とキャンプ地ってここだけじゃないでしょうか。

 しかーし、やはりヨーロッパはシーズン開幕間もない、もしくは開幕前とあってか選手のコンディションは良くなく、また所属チームにきつく言われてきたのか、肉体が躍動するようなアフリカの選手特有のプレーは見られぬまま90分が終わってしまいました。それでも、あっさり振り切られる日本代表の両SBや、未だにゴール前で思いっきり打てない問題は、まだまだ解決されそうにもありません。
 遠藤のFKからトゥーリオのゴール、山瀬のミドルなど得点シーンはきれいでしたが、しかしそれでも「なんだかなー」と思われた方は少なくないはず。田中達也や大久保など、それなりの収穫もありましたが、後半はあーあ、と言う展開だっただけに、もっと現状の問題点を解きほぐして、ブラッシュアップしてもらいたいものです。


 実はこの試合、大分と言うこともあって近いので、密かに生観戦を企てていたんですが、転勤命令が会社から叩きつけられて泣く泣く中止…
 ブログの更新が滞っているのもこのせいです(←しれーっと言い訳(^^ゞ)



 モヤモヤ感が失望に変わったのは五輪代表の試合。
 格下ベトナム相手にホームで1点じゃ、五輪には出られそうにもありません。
 しかも、得点シーンは、もはやこれしかないのではないかと思ってしまうセットプレーのみ。
 反町監督が期待を込めて使い続ける平山は不発で大ブーイングを浴び、後半はベトナムに押し込まれるシーンも目立ちました。

 翌日の新聞で、ベトナムの躍進は国内リーグの更盛にある、と言うような記事を見ましたが、サッカー後進国のベトナムに辛勝してそういう論調しか書けない日本のジャーナリズムにうんざり。もっと批判しろよ。今年は五輪代表は諦めた方が良さそうです。
 谷間の世代といわれ続けた彼らのより一層の奮起に期待するしかありませんね。
[PR]

by R-130 | 2007-08-23 22:54 | ∟サッカー日本代表
2007年 08月 23日
サッカー:ユーロ08予選、ポルトガルがまさかの足踏み
■ ユーロ08予選 8月22日の結果と次節の対戦カード

◇ グループA

8月22日(水) フィンランド 2 - 1 カザフスタン
8月22日(水) アルメニア 1 - 1 ポルトガル
8月22日(水) ベルギー 3 - 2 セルビア

9月8日(土) アゼルバイジャン - アルメニア
9月8日(土) セルビア - フィンランド
9月8日(土) ポルトガル - ポーランド
9月12日(水) アルメニア - アゼルバイジャン
9月12日(水) フィンランド - ポーランド
9月12日(水) カザフスタン - ベルギー
9月12日(水) ポルトガル - セルビア

 なんとポルトガルがアルメニアに引き分けると言う波乱が…
 これでこのグループが少し難解になってしまいました。
 4位で首位より2試合消化の少ないセルビアまで目がありそう。
 このグループ4強が9月の8日と12日にガチンコ勝負を繰り広げます。
 かなり注目の2日間です。


◇ グループB

8月22日の試合はなし

9月8日(土) グルジア - ウクライナ
9月8日(土) スコットランド - リトアニア
9月8日(土) イタリア - フランス
9月12日(水) ウクライナ - イタリア
9月12日(水) フランス - スコットランド
9月12日(水) リトアニア - フェロー諸島

 ここも9月の2日間に、イタリアvsフランスの天王山をはじめ2強が強国とかち合います。
 イタリア代表は親善試合でハンガリー代表に1-3で敗北…
 大丈夫でしょうか?


◇ グループC

8月22日の試合はなし

9月8日(土) モルドバ - ノルウェー
9月8日(土) ハンガリー - ボスニア・ヘルツェゴビナ
9月8日(土) マルタ - トルコ
9月12日(水) ノルウェー - ギリシャ
9月12日(水) トルコ - ハンガリー
9月12日(水) ボスニア・ヘルツェゴビナ - モルドバ

 ちょっと花に欠ける、と言うと失礼かもしれないこのグループ。ギリシアが頭1つ抜けて後3チームがだんごです。ノルウェーがギリシアに土を付ければ、また混戦になりそう…


◇ グループD

8月22日(水) サンマリノ 0 - 1 キプロス

9月8日(土) サンマリノ - チェコ
9月8日(土) ウェールズ - ドイツ
9月8日(土) スロバキア - アイルランド
9月12日(水) チェコ - アイルランド
9月12日(水) スロバキア - ウェールズ
9月12日(水) キプロス - サンマリノ

 ドイツの首位通過は固そうで、2位チェコを3位アイルランドが勝点1差で追いかける展開。
 その2位と3位の直接対決が12日に控えています。
 首位ドイツは、ウエンブリーで行われたイングランドとの親善試合に2-1で勝利。今のところドイツに問題らしい問題は無さそうです。


◇ グループE

8月22日(水) エストニア 2 - 1 アンドラ

9月8日(土) イングランド - イスラエル
9月8日(土) ロシア - マケドニア
9月8日(土) クロアチア - エストニア
9月12日(水) アンドラ - クロアチア
9月12日(水) マケドニア - エストニア
9月12日(水) イングランド - ロシア

 大混戦のグループE。注目はやはりイングランド。ルーニーを初めとする怪我人も多く、ジェラード、ランパード問題もケリがつかないまま、出場権をかけてイスラエル、ロシアをホームに迎える崖っぷち決戦です。
 裏を返せば、このカードが組まれる前までにイングランドはもっと勝点を稼いでおきたかったはず。ホームが多少なりとも救いかと思いましたが、ウエンブリーでドイツに敗れたところを見る限り、ホームもあまりアドバンテージにはなりそうにないです。
 まさに正念場のイングランド、ぐふふ。


◇ グループF

8月22日(水) 北アイルランド 3 - 1 リヒテンシュタイン

9月8日(土) スウェーデン - デンマーク
9月8日(土) ラトビア - 北アイルランド
9月8日(土) アイスランド - スペイン
9月12日(水) アイスランド - 北アイルランド
9月12日(水) スペイン - ラトビア
9月12日(水) デンマーク - リヒテンシュタイン

 絶好調アイルランドは、下位国にしっかり勝点3を稼いでまた本大会に一歩近づきました。
 首位スウェーデンは因縁のデンマークと。北アイルランドとスペインは下位国との2試合が控えています。まかり間違ってスウェーデンが負けると一気に泥沼化。スペインはスウェーデンにのろいをかけたい気持ちでしょうねw


◇ グループG

8月22日の試合はなし

9月8日(土) ベラルーシ - ルーマニア
9月8日(土) オランダ - ブルガリア
9月8日(土) ルクセンブルク - スロベニア
9月12日(水) スロベニア - ベラルーシ
9月12日(水) ブルガリア - ルクセンブルク
9月12日(水) アルバニア - オランダ

 3位オランダはホームで2位ブルガリアを迎え撃ちます。これは両国にとって絶対負けられない戦いです。しかしオランダは先日の親善試合でスイスに敗北。相変わらずDFラインを固定できない苦しさが敗北の原因のようです…
 この所、評判をぐっと上げているルーマニアは予選当確をつけるジャーナリストもちらほら。果たして…
[PR]

by R-130 | 2007-08-23 22:35 | ∟UEFA Euro 2008
2007年 08月 23日
サッカー:プレミア3節 マンUやばいかも…
 本来なら第2週、という表現が正しいのかもしれないけどとりあえず3節と言う表現にしておきます。
 3節は、J-Sportsさんも5試合放送と言う大盤振る舞いだったんですが、自分が見たのはリバプール-チェルシー戦とマンチェスターダービーの連続観戦。今年もプレミアの季節を無事迎えることが出来て嬉しい限りです。プレミアを生観戦できる喜びを噛みしめながら観戦したんですが…



 まずは、マンチェスターダービー。
 しかし、マンCのスタメンを見てびっくり。去年の面影を探す方が難しくなりましたね。
 リチャーズ、ダン、ハマンくらいでしょうか(汗)
 MF、FWはなかなか魅力的ですね。エリクソンの戦術が浸透すれば、4強を脅かす戦力になりうると思います(今年のプレミアはそんなチームが沢山いますね)。エラーノ、ボジノフ、ビアンキ、そしてペトロフ…ツボにはまれば手がつけられなさそうです。欲を言えば、DFラインにもう少し核となり得る補強があればいいと思います。

 一方のマンUはご案内のように、ルーニーが骨折で長期離脱、クリロナもサスペンションを消化中でチーム力は大幅ダウン。
 新戦力のハーグリーブスとナニをスタメンに入れて何とか体裁を整えようとしましたが…

 しかし、試合はまだシーズン序盤と言うこともあってか残念ながらスペクタクルな試合とはいえませんでした。
 この試合唯一のジオバンニのゴールは、ヴィディッチに当たってコースが変わって入ったラッキーな代物で、それ以外にマンCがマンUゴールを脅かしたシーンはゼロ。まだまだ入れ替えが激しいだけに、連携や監督の指示の浸透には相当時間がかかりそうです。
 また、これがデビュー戦のボジノフはいきなり負傷で、復帰までに半年かかるそうです…まだビアンキ、エラーノ、ムペンザといますが…はっきり言って大誤算でしょうねぇ。

 一方のマンUは、昨年のような攻撃にスムースさと破壊力が感じられません。まあ、主力2枚+ネビルを欠き、テベスもコパ・アメリカ明けでコンディション悪と言うことを踏まえれば仕方がないんでしょうが、それにしても今回は両SBの出来が酷かった。エヴラもまだまだ、ブラウンに至ってはRSBはまるでダメですね。ハーグリーブスを回した方が良い様な気がする。

 そのハーグリーブスが加入した中盤ですが、守備に関してはまずまず機能するものの攻撃に関すると全員の位置取りが中途半端なんですよね。スコルジーも思い切って前に行くわけでもなく、キャリックも前に行っていいのかどうか迷っている感じで…この辺も連携ももっともっと深める必要がありそうですね。

 結局マンUの拙攻も手伝って、棚ぼたの1点を守りきったマンCが92-93シーズン以来の3連勝で首位。一方のマンUも92-93シーズン以来の2分1敗という予想外の低空飛行…
 しかし、この92-93シーズン、2分1敗だったマンUはリーグ優勝しているんですよね。歴史って意外と…ってそんな奇跡はないかw



 リバプールvsチェルシー戦は、ジェラードの素晴らしいバックスピンのかかったスルーパスに、トーレスが反応して、ベン・ハイムを一瞬の駆け引きで置き去りにして、素晴らしい右足のシュート!!反応がよかったツェフのボール1個分右を抜けて右ポストに当たってゴールと言う、美しいスタートで幕が上がりました。
 すごいです、トーレス。これで気をよくして活躍を続ければ、リバプールがマジで優勝してしまいそうな気がします。
 チェルシーは、前半は支配率こそ高かったものの攻撃面では今一歩。プレシーズンマッチでも試された、ライト・フィリップスを中盤の1角で使う4-3-3を使ってきましたが、LWGで起用されたマルダも周囲との連携が今一歩で、機能しているとは言いがたかったですね。

 後半は支配率もリバプールが高め、いよいよ防戦一方のチェルシーでしたが主審のロブ・スタイルズが、自身も誤審と認めるPKをチェルシーに与えてしまい、1-1の同点に。その後、リバプールは選手をガンガン入れ替えて反撃を試みるも、今回は打つ手無しと見たモウリーニョが逃げ切り采配を敷いてまんまと逃げ切り、リバプールが勝点3の内容のドローでした。
 しかしこのスタイルズと言う審判、あまりにもレフェリングがお粗末でした。(・_・)ノ□ イエローカード10枚が乱れ飛び、しかも後半、PKの誤審に続き、エッシェンに2枚目のカードを出したような仕草を見せて我々を混乱。結局あのカードはテリーに出されたものでしたが、あのような誤解を招くレフェリングは問題外です。好カードにはやはり審判もプレッシャーがかかるのか、誤審もついつい多くなるそうですがやはり、あの捌き方はプロフェッショナルとはいえませんでした。

 しかし、リバプールの今年の布陣は改めてすごいですね。
 後半左サイドで出てきたバベルも、ものすごいミドルがありました。あれたしか20歳ぐらいですよね。末恐ろしいですね。きちんと指導を受ければいい選手になりそう。
 昨年は危なっかしかったペナントもベナユンの移籍で奮起しているのか今年は序盤から好調そうです。中盤から前は申し分なく厚くなりました。
 …それだけにDFラインは相変わらず物足りなさ爆発です。ピーピアも移籍の話が出ていますが、現状の層では放出できるわけもありません。エインセもレアル・マドリーに奪われて尚も厳しい状態が続きそうですね。



 さて、3節を終わって首位は前述のシチズンズ。3連勝無失点!!またしてもエリクソンの株が上がってしまいそうです。たまたまだと思うんですけどねー。
 2位には負け試合濃厚を審判によって救われ大きな勝点1を稼ぎ2勝1分勝ち点7のチェルシー。運も実力の内、この勝ち点1は後々物を言いそうな気がしますねー。
 八百屋の気になるチームとしては、個人的に応援しているエバートンがとりあえず2勝1敗。いいですねー。FWのヤクブも獲得して、UEFACupに向けての補強も着々。今年もやってくれそうです、頑張れ!!アルテタ!!
 後、キーンが率いるサンダーランドは1勝1分1敗で11位。ダービーやバーミンガムら残りの昇格組みがいきなり降格圏にさまよっていることを考えれば見事ですね。

 後、超豪華なFWで話題沸騰だったスパーズは1勝2敗で、早くもヨル監督は更迭の危機です。なんと後任にリッピ監督の噂が出ています。後、レドナップも噂されていますね。果たしてスパーズはヨル監督が立て直すのか、それともいきなり監督更迭劇が飛び出すのか…こちらも早くも見物になってきました。

 今年もプレミアが楽しみですね~(^^ゞ
 
[PR]

by R-130 | 2007-08-23 21:52 | ∟Premierleage 07-08
2007年 08月 17日
TV-Game:みんなのGOLF5オンライン
 なかなかパワーコンテンツが無くてハードの売上が伸び悩むPS3ですが(SONYのグループ企業でゲーム分野は大赤字ですよ…)、ようやくPSシリーズからロングセラーのみんゴル5(みんGOL5?)ことみんなのGOLF5が7月26日に発売されました。
c0101167_7334074.jpg

 もう発売当初から予想されていたことですが、みんなのゴルフかグランツーリスモとハードのパック販売が1年もしないうちにあるだろうなと言う読みどおり、この夏みんゴルパックでハード50GB+ソフトで6万ちょっとの価格で売り出されています。それでもまだまだ高いですねー。Wiiとは偉い違いです。まあ、取り込もうとしているユーザーに違いがあるので一概に比較は出来ませんが。

 実は八百屋も大のみんゴルファンで、1からずーっとシリーズを買ってはプレーしているヘビーユーザーです。
 昔からそうでしたが、それ程操作性も難しくなく、サクサク出来るところがこのソフトのウリじゃないでしょうか。しかも結構奥が深い。ライトユーザーにもヘビーユーザーにも誰にでも楽しめるのも良いと思います。

 前作の4に比べて、コースやキャラクターは減りましたが、むしろ前作の4は多すぎた感じがするのでこれぐらいがスッキリしていていいと思います。またコースに関してはひょっとすればお得意のオンラインストアで追加配信があるかもしれません。

 オンラインといえば今回、オンラインモードが復活しました。実はオンラインモードは八百屋初めてプレーしたんですがこれがなかなか面白い。単純に大会にエントリーして(最大50人)同じ条件のホールをハーフないし18ホール回るんですが、それだけなんだけど結構熱くなっちゃいます。最初はキャラ2種類しか選べませんでしたが、現在は選べるキャラも5種類に増える大会もあり、条件ではギアも選べるようになりました。また、ホールシャッフルやデカカップなど色々な条件(所謂色物ルールですね)の大会も出来ましたのでそれなりに楽しめます。8月の下旬にはまったく趣旨の異なった大会が新設されるみたいでこちらも楽しみです。

 オンラインは今後のPS3の浮沈を握るキーになりそうですねー。同じ7月26日に発売された湾岸MIDNIGHTもオンラインがすごく熱そうでした(ゲームも熱そうでしたけどw)。ウイイレなんか発売されちゃった日にゃアもうオンラインにはまりまくる自分が容易に想像できます。一体いくつなんだ、俺は…
c0101167_4244338.jpg

 さて、話をみんゴル5に戻しますが、八百屋もたまーにオンラインに参戦しています(^^ゞ
 ハンドルネームも、ずばり"八百屋"(^^ゞブログの感覚で参加しています。
 ロビーは人の集まるところが嫌いなので、人のいないところにひっそりいます。
 八百屋のIDは"yaoya"なので、もしよかったらID検索から話しかけてください。
 自分から話しかけるのは苦手なので宜しくお願いしまーす(^^ゞ
c0101167_4272612.jpg

 大会では、だいたい"早い"か"普通"の時間速度の大会にいることが多いです。
 コナンとクリスをよく使っています(←結構アウトローだなw)。

 ロビーでお会いしたときは、みんゴル談義で盛り上がりましょう!!
 大会でも見かけたら気軽に声をかけてください(^^ゞ
[PR]

by R-130 | 2007-08-17 04:30 | TV-Game