<   2006年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2006年 11月 13日
サッカー:プレミア12節 リバプール、リーグ優勝は絶望!?
 例によって順位表はこちらから。
 前節、痛い星を落としたチェルシーは今回はワトフォードを4-0で下し大勝。この試合は攻撃陣も意図のあるプレーを展開し、チーム状態が上向きつつあることを感じさせる試合だった。勝ち点は28。
 マンUは、アウェーでブラックバーンに1-0で競り勝ち、首位をキープ。勝ち点は31。
 3位は、アーセナル、アストン・ヴィラ、ボルトンが並ぶ。勝ち点は21。3位以下が首位から勝ち点10も離されており、今シーズンは事実上、マンUとチェルシーのマッチレースになりそうだ。
 アストン・ヴィラは好調のようだ。順位もずいずい3位タイまで浮上。チーム状態は良好のようだ。

 そして、今節の注目カードは、アーセナルvsリバプール。好ゲームを期待したが、結果は意外にも大差に。
 怪我人が多い両チームだが、リバプールはここに来て、守備の要のシッソコが負傷離脱。今回は、ジェラードは右のまま、ゼンデンをCHで起用。カップ戦なんかではよく見る形だが…アーセナル相手にどうなのか?2トップは、カイトとクラウチ。現状はこれが1番マシ。
 アーセナルは、CBにギャラスとクリシ。やはりギャラスの獲得はアーセナルにとって非常に大きかっただろう。MFは右にフレブ、左にフラミニが入った。ジェラード対策か?フラミニは今シーズン初先発。2トップは、ファン・ペルシーとアンリ。ファン・ペルシーの進境が著しいと感じるのは八百屋だけだろうか。

 試合はホームのアーセナルペース。と、言うか、リバプールに攻撃の姿勢が感じられない。どうもリーグ戦ではチグハグしっぱなし。ゼンデンもやはりCHの動きとしてはイマイチ。そして、やはりジェラードの不振が大きい。昨年のような切れがイマイチ感じられない。
 結局、フレブに右サイドを崩され、縦に突進するセスクにパス。セスクがインサイドに折り返し、走りこんできたフラミニにパスしてフラミニが押し込み1点目。2点目は、アーセナルカウンター。スティールしたボールをファン・ペルシーに繋ぎ、このファン・ペルシーが絶妙なためをつくり、うまいタイミングでコロ・トゥーレにパス。トゥーレが流し込む。3点目は、ファン・ペルシーのCKをフリーのギャラスが叩き込む。伏兵の思わぬ得点でアーセナルが快勝。3位に留まった。
 一方リバプールは12節で早くも5敗目。首位との勝ち点は14差の9位。これまでのプレミアの優勝チームの成績を見ても、5敗での優勝はかなり厳しい。4位のCL圏内にはとどめないと、今年の補強具合からすれば、ベニテスの更迭やジェラードを初めとする主力の流出は避けられない状況になりそう。CLのようなそこそこのゲーム運びがプレミアでは出来ないのが厳しい。

 リバプールの今後は厳しそうだ。
 13節はそれほど好カードがないが、14節はいよいよ、マンUとチェルシーの直接対決。また、アーセナルvsボルトンの上位対決もある。前半戦のヤマ場にむけて、プレミアがますます面白くなりそうだ。 
[PR]

by R-130 | 2006-11-13 23:44 | ∟Premierleague 06-07
2006年 11月 13日
サッカー:セリエA11節 ACミラン痛恨の3連敗
 セリエAは11節に。ほぼ新チームの陣容も固まり、補強の良し悪しやチームの優劣が段々見えてきた。順位表はこちら。
 上位3チームは順当に勝利。インテルとパレルモが首位に並び、勝ち点4差でローマがこれを追う構図はこのところ変わっていない。4位以降は団子。そして、カルチョスキャンダルの裁定で勝ち点減も5まで軽減されたACミランは、貧打に喘ぎ、3連敗、16位にまで転落した。4勝4敗3分、得点11失点12。得点力は下から数えた方が早く、失点も決して少なくない。やはり、カルチョスキャンダルで補強が思うように進まなかったのが最大の要因だろう。

 そんな中、今週見た試合は、3位ローマと16位ACミランの好カード。サン・シーロにローマを迎え撃ったミランが、何とか3連敗を阻止しようとした試合だったが…
 ミランはFWのやりくりに苦労しているみたいだ。オリベイラとジラルディーノは、もう10試合消化しているのに、リーガでのゴールは僅か「1」ずつ。貧打に喘ぐミランの実情がここに集約されている。
 中盤の組み立てまでは、良いとは言わないが悪くもなく、そこそこの形を作るのだが、問題はフィニィッシュ。オリベイラはことごとく決定機を外し、ジラルディーノは殆ど試合を通じて生きた場面が見られず。得点も、ブロッキのミドル一発のみ。他の決定機もセードルフのミドルなど、あまりFWが活躍する場もなく、アンチェロッティは後半、FWを2枚替え(インザーギ、ボッリエッロ)するほど、今日もFWのパフォーマンスは低調だった。
 一方のローマは、好調を維持している。昨年のシステム4-2-3-1に徐々にダビド・ピサロも慣れてきたようで、攻撃陣は昨年と同様好調だ。
 トッティの1トップも、特性を考えればミスマッチのような気がするが、1トップながら、ちょっと引き気味にパスを受けて相手のマークを外し、2列目(マンシーニ・タッディ・ペッロッタ)のゴール前の走りこみにあわせるようなチャンスメイクを展開。4-2-3-1の1トップにに求められるポストプレーヤータイプ、タメを作るタイプとはちょっと異質だが、これはこれで、充分に機能しているローマの陣容だ。特に、トッティのチャンスメイクは、以前より磨きがかかった印象。動きそのものは全盛期に比べて随分落ちたが、その分老獪さや正確性は増している、ある意味、デル・ピエロにすこーし似てきたことがなくもない。
 ただ、破壊的なキック力を武器にした得点能力と、繊細な技術を武器にした得点力の2面性は相変わらず保持しており、ポジショニングも秀逸。動きは少ないが、頭で戦況を判断できる力は相変わらずで、派手な動きこそないものの、いい位置取りと抜群の決定力でチームに貢献している。2得点はいずれもトッティが取った物で、ボレーとヘッドだが、ポジショニングセンスと決定力が抜群に活かされた得点だった。
 守備も、CBのメクセスとキヴが安定した守りを披露。控えにはフェッラーリもおり、CBは磐石だ。
 ただ、ローマは選手層に不安がある。替えの利かない選手を多く保有しており、もし怪我などで戦線離脱した場合、間違いなくチーム力は大きく下がるだろう。

 ただ、この試合でも感じたことだが、ミランのように主力にベテランが多いと、やはり好・不調の波は激しくなってしまうのは否めない。特にベテランは1年を通しての安定的なパフォーマンスに期待できない事が、長期を通じた星勘定の計算に悪影響を及ぼすことは間違いないだろう。そういう意味では、カルチョスキャンダルの影響で満足に補強が出来なかったミランはこれから後半にかけて苦しむ可能性大だ。

 これでミランハ3連敗。このまま終わってしまうミランでないことはわかっているが、勝ち点減が5に縮まっても現在16位。このままでは、CL圏内も厳しくなりそうな気配が漂ってきた。ただ、現状4位との勝ち点差は9。まだまだ巻き返しは充分可能なだけに、これからのアンチェロッティの采配に注目したい。
 とにかくFWが覚醒しないと厳しいミランの現状である。
[PR]

by R-130 | 2006-11-13 10:20 | ∟Serie A 06-07
2006年 11月 10日
スポーツ:日米野球について考える
 日本の5戦全敗で終わった日米野球。
 八百屋は野球のことは詳しくわからないので、何ともいえないが、ホントに素人ながらに思ったことがあった。


"そもそも、日米野球って必要なのか?"


世界最強リーグ決定戦、と唄いながらも日本人選手の辞退者は25名に上ったそうな。特に中日は、早くから辞退の意向を伝えており、ハナから本気で取り組もうという姿勢が、選手側から感じられない。それで、世界最強リーグ決定戦!?オーダー見ればその真意がわかるというものだ。
しかも、今はコナミカップもあり、今年からはWBCも始まった。WBCは、アメリカが辞退者続出で存在意義が疑問視されたが、これもそれと同じなんじゃと思ってしまった。
日米野球って大リーガーの日本観光にしかなっていないような気がしてならない。と思うのは八百屋だけだろうか?

 いっそのこと、サッカーみたいに日本代表強化試合みたいにしたらどうか?WBCにむけての位置づけみたいな。サッカーのキリンチャレンジカップみたいな。
 でも、最大の問題は選手の意識かも。サッカーじゃ、代表辞退者25名なんて考えられないし。まあ、野球とサッカーのバッグラウンドが違いすぎるので、比較すること事態がナンセンスなんだろうけど。日程的にも、辞退者が増えますわなぁ。もうちょっと考えて、もっと面白いものにしてもらいたい。親善試合で、アメリカだけじゃなくて、キューバ代表なんかも呼んで、4つ巴リーグ戦やるとか。


後、全然関係ない話だけど、巨人。オリックスから谷をとって、更に小笠原にも手を出そうとしている。
何が「誠心誠意尽くして獲得に努めたい」なんだろうか!?もっと自分のチームで育てようと言う意識がないのだろうか?金積んで、大物選手を呼んで…ってやってもう何年失敗してるよ?頼むから、金積んで場を乱すのはやめていただきたい。
また、選手のピークを過ぎた(と断定しちゃいけないだろうけど)小久保は放出の構え。何ともドライすぎて、ついていけません。そんな姿勢が、一般のファンの野球離れを加速させているような気がしてならないの八百屋だけだろうか?

あんまり知らないのに偉そうなことを書いてしまった(^^ゞ
でも、巨人みたいな考え方はどうも好きになれないなぁ。まだ、結果が出てないから我慢できるけど、これで独走になっちゃったら、本当にプロ野球はつまらなくなるだろうなぁ…
[PR]

by R-130 | 2006-11-10 23:43 | Sports
2006年 11月 10日
サッカー:JFAがW杯の敗因を分析!?
■ 敗因は調整の失敗、初戦のダメージ=サッカー協会がW杯分析…時事通信
■ <サッカーW杯>日本敗因は対独親善試合での善戦 協会分析




 何故今頃に…と思ってしまったが、どうやら同じタイミングで何かしらの発行物を出した模様で(テクニカルレポート?DVD?すみません、よく調べてないです、ごめんなさい)そのタイミングにあわせての分析と言うことらしい。
 PCのニュースや、朝日新聞の朝刊の記事を要約すると、箇条書きになるが、以下のことについての分析があったようだ。

・DFの高さ不足(フィジカル不足?)
・コンディションのピーグドイツ戦
・暑さにやられた
・初戦の敗因が大きかった

また、会場からの質問への抜粋もあわせて。

Q 柳沢がクロアチア戦で、好機を外したが…
A ボールが股を抜けて足元に収まったので、決して簡単なシュートではなかった

Q ジーコ監督の評価について
A 100%パフォーマンスを引き出したとは言わないが、最大の結果を出そうと努力した


…(-"-;)
なんめんとのか、コラァ!!

とにかく、まずJFAのお偉方には全員辞めていただいて、全員総替えして頂きたい。
いや、ホントに。
DFの高さ不足?それって、日本人は背が低いから世界には通用しないってこと?じゃあメキシコはどーなの、メキシコは?それに、そんな理由がまかり通るなら、W杯に出場するなと言いたい。(まあ、暗に宮本でよかったのか?と言うことが言いたいのかなぁと思ったりもするんだけど)。
ピークは親善試合のドイツ戦。うーん、まさにそうかも。あれが本番出来てりゃ、敗退していたにしても、もうちょっとましな結果は出ただろうね。ドイツ戦を境に多くの主力がコンディションを落として言った理由を考えてもそうだろうね。
でも、評論家が指摘するならわかるけど、コンディション云々て、まるっきりJFAの責任じゃん。何で他人事の様にいえるんだろう。本当にそう分析しているんだったら、今いる人たちは責任を取って辞職してもらいたい。

ジーコと柳沢の擁護はもう論外。まあ、擁護しないと責任問題になるからなんだろうけど。
でも、何でこんな他人事なんだ?協会よ、代表を強くするのはあんたらの使命だろうが!!
これじゃあ何年経っても同じことの繰り返しなんじゃ…監督がどーとか言う問題だけじゃないし、こんな連中が選んでくる監督なんだから…ってやっぱり思ってしまう。

もう少し、いやもっと、サッカーのことが好きな人たちでJFAを構成していただきたい。
ホント、宜しくお願いしますよ。
[PR]

by R-130 | 2006-11-10 23:05 | ∟サッカー日本代表
2006年 11月 08日
F1:2006年シーズン総括 その1
 八百屋がこのブログを開設したときには既にF1の2006年シーズンは終わっていました。(^^ゞ前回のブログのハンガリーGP以来、レビューはやっておりませんが、その後も全レース予選・決勝ともビデオに収めて見ていました。
 波乱の展開や、一つの時代の終幕など、今年のF1は色々な意味で大きな変動があった1年でした。いくつかの項目に分けつつ、今年を振り返りたいと思います。



■ ミハエル・シューマッハーの引退

 今年は何と言ってもこれに尽きるだろう。正直、アロンソの2年連続ドライバーズタイトルも色褪せてしまうほどの衝撃だった(アロンソファンの方ごめんなさい)。 
 遅かれ早かれ、この状況がやってくるのは予想できたものの、やはり現実のものとなると大きな動揺が走った。1990年からF1を見ている八百屋としては、ミハエルのデビュー戦から最後までを見届けたことになり、来期のグリッドに、ミハエルがいないことは何とも思い浮かべにくい。

 今年はミハエルの進退に大きな注目が集まっていた。シーズン半ばで発表があるだろうといわれていたミハエルの去就は結局モンツァまでずれ込んだ。現在の噂を総合すると、引退の意向を伝えていたミハエルを、フェラーリ側が何としても引き止めたかった、と言うのが通説になっている。
 加えて、ライコネンの加入を早期に知らされていたミハエルとしては、フェラーリ残留を考えにくかった側面があるかもしれない。これまで、絶対的なナンバーワン待遇を受けていたミハエルが、ライコネンの加入により事実上ジョイントナンバーワン制に移行。こういった長年の体制と決別しなければならないと言うリスクも、ミハエルには受け入れがたかったものかもしれない。

 引退の裏側をつつくのはこれくらいにして、今年のミハエルは、本当にポイント、もっと端的に言えば優勝にこだわったドライビングが多かった。この辺も、察しのいいファンは"今年で引退するかも"と思われたかも知れない。モナコGPの予選のアクシデントは、良し悪しは別として意地でもアロンソを阻止して流れを変えたいという、本当にリスクのある行為だったと思う(ミハエルのとった行動を擁護しているわけではありません、悪しからず)。以前、チャンピオンを争ったヒルやヴィルヌーブに対しても"前科"を持つミハエルだが、今年の勝負へのこだわり・執着心は今までのものとは異質な感じがした。あまりにもリスクが大きく、今までのセーフティーでクレバーなミハエルのドライブとは一線を画していた。
 とにかく、勝負に、ポイントにこだわった1年だったと思う。ハンガリーのインターミディエイトを履き続けて、コースにステイしたギャンブルも、見るものにとっては、「なんて馬鹿な真似を」と言った批判も多かったが、八百屋としては、単純だからかもしれないけど感動してしまった。これがレースの醍醐味なんだと…

 そう、ミハエルは今年、本当にレースを楽しみたかったんだと思う。回りの喧騒や、政治的圧力なんかも多々あったと思うが、F1パイロットの、ミハエル・シューマッハーが自分のF1人生の最終章は、納得のいくレースがしたい、そんな気持ちが伝わる走りだった。モナコGPやブラジルGPの驚異的な追い上げなどは、見ていて鳥肌が立つほど素晴らしかった。とても、今年で引退する人が見せるパフォーマンスとは思えなかった。

 それでも、ミハエルが引退する事実に変わりは無い。ミハエルの今後について、色々な発表がなされているが、恐らく彼がF1に復帰することは考えられないと思うし、関り方もこれまでのような表立ったものではなくなるのではないだろうか?そんな気がする八百屋だ。(一説では彼のパーソナルスポンサーとの契約の絡みで、本当に隠居、と言うことは出来ないらしい)

 セナ亡き後、F1と言う世界を1人で背負ってきたミハエル。出場記録以外の殆どの名誉あるレコードを塗り替えた彼が、今ヘルメットを脱ぐ。
 これまで我々に素晴らしいドライビングを魅せてくれたミハエルに本当に感謝したいし、F1ドライバーをリタイアした後の第2の人生に幸多からんことを願いたい。

 最後に、かのデビューしたジョーダン時代での有名なエピソードを紹介して締めくくりたい。
 1991年、ベルトラン・ガショーの代役でベルギーGPよりデビューした、ミハエル・シューマッハーは、当時、その年に発足したばかりのジョーダン・フォードチームからデビューした。ジョーダンは、数年前まで、エディ・ジョーダンがチームオーナーとして黄色いマシンを走らせていたことでも記憶に新しい。佐藤琢磨も1年間ジョーダンでドライブしている。そんな、発足1年目のチームでミハエルは、予選7番グリッドと言う、とてつもない快挙を達成する。当時、ジョーダンのチームメイトだった、ベテランのチェザリスが11番手だったことを考えても素晴らしい結果だ。
 そんなミハエルが、ジョーダンでのフリー走行の際、エンジニアにこんなことを言われたという。
「ペースが速すぎる。エンジンの回転数を落として走れ!!」
と。ところがミハエルは
「指示されたとおり、エンジンの回転数は落として走っている!!」
と反論。エンジニアがテレメトリーで確認したところ、本当にミハエルはレブをセーブして走っていたのだ。つまり、それほど彼のラップはフリー走行から際立って早かったということだ。

そんな彼が、次戦のイタリアGPからフラビオ・ブリアトーレ率いる当時のベネトンに引き抜かれ、また当時のチームメイトだった、ネルソン・ピケを凌ぐ走りを見せつけ、彼のサクセス・ストーリーは始まっていく…同時に、ピケはミハエルに勝てないことを悟り引退を決意したとも言われている。


 これほどまでの記録を作ったドライバーが現われるとは今後考えにくい。アロンソが、ミハエルを凌駕することが出来るかは、また次の機会に考察するとして、これまで、数々の熱いシーンを我々に提供してくれたミハエルに本当に感謝したい。
 彼は、F1が続く以上、永遠に語り継がれるドライバーとして、その名を歴史に、記録に、記憶に残していくだろう。

 そして、惜しむらくは…
 A・セナとの、白熱のバトルを是非見てみたかったと今でも思う八百屋であった。
 
[PR]

by R-130 | 2006-11-08 14:45 | ∟F1 2006 other issue
2006年 11月 07日
サッカー:UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグ第4節 セルティック決勝T進出に暗雲
 すみません(^^ゞ久方ぶりの更新となってしまいました。
 今回はこんな感じになりそうなので、忘れ去られないように頑張りますので宜しくお願いしますm(__)m

 さて、もう1週間も前の話をアップするのもどうかと思いましたが、やはりサッカーはライフワークなので取り上げることにしました。
 順位表はこちらから。
 各グループを、さらっと(1部やや突っ込んで)総括します。

-グループA-
 バルサがチェルシーに引き分けてしまった(勝ちそうだったけど勝てなかったあたりに、今年のバルサの不安が見え隠れする…江藤…もといエトーさん不在は厳しい!?)ため、ブレーメンが勝点7で2位浮上!!バルサとの直接対決で、ブレーメンが引導を渡すことになるのか…

-グループB-
 インテルが敵地で辛うじて勝ち、何とか勝点6を確保。インテルとしてはあとは勝つのみ。この補強で、グループステージで敗退してしまうようだと、マンチーニ監督の進退に問題にも…

-グループC-
 CLでは安定して強いリバプールとPSVの決勝T進出が決定。ガラタサライの稲本は守りでミスしてしまい、良いとこなし。ガラタサライはUEFAカップに進出(=グループ3位)出来るのか!?

-グループD-
 安定して強い、バレンシアとローマで決まりそうな雰囲気。オリンピアコスもシャフタール・ドネツクもタレント的にも非常に厳しいといわざるをえない。

-グループE-
 地上波でも何度でも流された、ステアウア・ブカレストの痛恨のオウンゴールでレアル・マドリーが勝ちを拾い、レアルの決勝T進出が決定!!しかし、これでいいのか!?レアルは…

-グループF-
 セルティックはベンフィカに完敗。そして、あろうことかマンUがコペンハーゲンに敗れてしまったために、2位争いが混沌とした状況に…ベンフィカが通過するためには1勝1分が望まれるが、好調マンUにセルティックは引き分けられるのか…日本人初の決勝Tでのプレーが見たいが、ハードルも高い!!頑張れ!!セルティック!!

-グループG-
 なんとCESKモスクワがアーセナル相手に粘ってドローに持ち込み首位キープ!!ハンブルガーSVは予選脱落が決定し、三つ巴のまさかの結果があるのだろうか!?

-グループH-
 ミランが安定感抜群で頭ひとつ抜けている。気になる2位争いは…個人的にはベルギーの名門、アンデルレヒトにがんばってもらいたいが、いささか厳しいか…


 今年のグループステージのドローは、グループAこそ、「こりゃ大変だぁ!!」的な組み合わせだったが後はほぼ、サプライズが起こりにくい組み合わせ(端的に言えば、2強2弱か1強3弱の構図)だっただけに、正直見所がそれほど多くないのが八百屋的にはちょっと残念である。もちろん、リヨンvsレアル・マドリーやチェルシーvsバルセロナと言った因縁の対決再びは非常に熱いものがあるが、今年は予選リーグでの番狂わせも多く(あまり聞いた事の無いチームが多く出場しているのも今年の特徴。特に東欧勢の躍進が目立つ)、どうしても本大会で、常連チームに土を付ける事が出来るスカッドを有したチームがいないのは残念だ。
 そんな中で、インテルの自滅と、CSKAモスクワの躍進は非常に注目に値する。今後の動向を見守りたい。
 あと、やはりセルティック!!にわか日本人ファンとしては、やはり俊輔のプレーを1秒でも長く見ていたいと思う今日この頃だ。
[PR]

by R-130 | 2006-11-07 23:17 | ∟UEFA CL 06-07