<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2006年 10月 31日
サッカー:セリエA 9節 興奮のミラノダービー!!
 …なーんて、仰々しく見出しを打ちましたが、実際に興奮したのは後半だけでした(^^ゞ
 さて、セリエAは第9節。今節の注目カードは、前述のミラノダービーと、フィオレンティーナvsパレルモ。フィオレンティーナの試合は残念ながら中継無しと言うことで、結果のみ。結果は好調アマウリの2ゴールなどで、アウェーで貴重な勝点3をもぎ取り、インテルに並走の首位をキープした。是非とも見たい試合だった。
 眠たい目をこすりながら見た、ミラノダービーは、結果こそ拮抗した数字になっているが、前半を見る限りではインテルの圧勝かと思われた試合内容だった。
 ミランは、貧打解消の為なのか、インザーギの1トップにカカ、セードルフのW司令塔、ガットゥーゾ、ピルロ、アンブロジーニを3枚並べた3センターハーフの、4-3-2-1と言う慣れない布陣で臨んだのが大きな裏目。もともとインザーギが1トップに適したFWで無いのに加え、カカとセードルフは被るようなポジショニングが多く、まったくチームとして機能していなかった。得点が生まれる予感は皆無だった。更に、今年の悪い癖であるセットプレーからの失点を皮切りに、スタンコビッチの強烈ミドルで早くも2点差。インテルはウハウハ、ミランは早くも暗雲立ち込める前半となった。
 ここで、さすがは名将アンチェロッティ。このシステムが機能していないと見切ると、後半開始と同時に異例の交代同時3枚切り!!この人3枚同時切りなんて1年に1回するかしないかと言う人だけに、ここでの3枚切りは勝負をかけたという意気込みを、チームに伝えるのに充分な采配だった。
 しかし、この采配で後半スタートから鼻息荒く飛ばしたミランがまたしても裏目に。カウンターを喰らい、ズラタンにばっさりやられて3-0に。さすがズラタン、同点や1点差の接戦ではまったくゴールが産まれそうに無いが、2点差以上だと俄然決定率が上がるのは今年も相変わらず。テクニックあるんだから、もっと勝負強くなれば、今年はインテルが実力でスクデットを勝ち取ると思うんだが…
 その後、めげずにセードルフが1点を返しその後10分くらいミランの一方的な攻勢に。この押せ押せムードの中でミランが1点を取れなかったのが勝敗を決めた。ジラルディーノのゴールも残念ながらオフサイド。このミランの攻勢を、マンチーニ監督が、ブルディッソとフィーゴを入れることで流れを断ち切ったところで勝負あった。
 マテラッツィが、ミランの虎の穴、セットプレーをついてゴールを決め、4-1に。その後マテラッツィはユニフォームを脱いで喜びを表現したため2枚目のイエローで退場。この後ミランが怒涛の攻めを見せるが、カカが3点目を決めたのが後半46分。残念ながら後1点足りずにミランは痛い敗北。インテルは首位キープの6勝目で勝点は21に伸ばした。一方のミランは7のまま。4位CL圏内までの勝点差は8。ミランの苦悩はまだまだ続きそうだ。
 それにしても得点力不足は深刻。総得点10点は、リーガ10位タイの成績。期待のオリベイラも最初だけ。そして飛躍を誓ったはずのジラルディーノに至ってはようやくリーガ初ゴール…彼らのエンジンがかからないと、CL圏内浮上も険しい道のりとなりそうだ。
 ちなみに順位表はこちら
 勝点マイナス組が4チームもあるので順位表もいびつだ。それにしてもレッジーナ。減点が無ければ勝点12の大躍進のはずなのに…カルチョ・スキャンダルの暗い影はフィオレンティーナは特にだが、これからも大きく影響しそうだ。
 
[PR]

by R-130 | 2006-10-31 23:17 | ∟Serie A 06-07
2006年 10月 30日
サッカー:プレミアリーグ10節 調子の上がらないアーセナル・リバプール
 プレミアはもう10節。早くもリーグの1/4が終了した。順位表はこちら。
 マンUとチェルシーは10節も勝利し、勝点25で並走。特にマンUは好調ボルトンを4-0で蹴散らして快勝。ルーニーがハットトリックとマンUには昨年には無かった勢いが戻ってきた。
 チェルシーは、ランパードとバラックが得点してシェフィールド・Uに貫録勝ち。この2強の11月の直接対決が今から楽しみだ。

 八百屋が生で見た試合は、アーセナルvsエバートン。試合は、一方的に押し捲りながら点が取れないアーセナルと、逆にアンドリュー・ジョンソンやケーヒルの1撃に賭けて、後は頑なに守ったエバートンの構図で進む。
 エバートンは前半早々にセットプレーからケーヒルのゴールで先制すると、その後はアーセナルが猛攻をかけるも点が取れない。後半30分に、ファン・ペルシーのFKの1点がやっとだった。
 後半は、ウォルコットやアリアディエールも突っ込む超攻撃的布陣で臨んだアーセナルだったが、ファン・ペルシーのFK1発は何ともお粗末だった。
 前節レディング戦で4得点と貧打解消の傾向かと思われたアーセナルも、今回またしても攻撃陣が足踏み。センデロスが開幕から欠場している不安のDFラインは、ジュルーの成長とギャラスの加入で、リーグ最少失点(5点)に抑えているが、得点は首位のチェルシーと1点しか変わらないのに、勝点は7も引き離されている。この辺に勝負弱さを感じる。
 ベルカンプやピレスがチームを去り、かつての黄金時代から大きく世代交代を敢行しようとしているのは見て取れる。今は過渡期のチームだといえばそれまでだ。
 しかし、このところタイトルから遠ざかっているアーセナル。そろそろ何らかの結果を残したい。まだまだチームへのフィットに今一歩の、ロシツキーやジュリオ・バプティスタ、もう一皮剥けたい、フレブやファン・ペルシー。ダイヤモンドの原石を多数有しているアーセナル。ベンゲル監督が昨年同様、若手に経験を積ませながら能力を開花させることが出来るのかに注目していきたい。
 
 一方、オフに積極的な補強を敢行し、2強に迫れるスカッドを有したはずのリバプールはどうも調子が上がらない。
 前節、マンUに0-2で完敗。試合を見た限り、リバプールの戦術がまだ固まっていない+選手のコンディションが上がってこない(特にベラミ)様子が随所に窺える。
 ジェラードのサイドハーフ起用や、戦術・システムが固まっていない中でのターン・オーバー制の導入など、にわかにベニテス監督への批判が高まっているが、彼もまた最後に実績を挙げてメディアを黙らせファンを納得させる名将。今後の采配に注目したい。
 ただ、個人的に、一向にコンディションの上がらないベラミはスタメンからいったん外し、クラウチ、ルイス・ガルシア、カイトをゲームプランや相手によって使い分ける方策を採ったほうがベターだと思われるのだが…
 ジェラードのサイドハーフ起用には異議なし。シッソコ+シャビ・アロンソの中盤は守備面での安定に一役買っている。CBがやや心許無いことを考えても、この采配は的を得ていると思うし、ジェラードもプレーの質が落ちているとは思えない(昨年に比べてプレーに切れが無いのは、W杯に出場したから)。ただ、今後勝点を積み重ねて大きく順位を上げないと、これだけ補強して結果が出ないようなら、監督更迭もありうるだけに、ベニテス監督はここが正念場。頑張っていただきたい。
[PR]

by R-130 | 2006-10-30 23:15 | ∟Premierleague 06-07
2006年 10月 29日
自己紹介:八百屋1問1答(プロフィール)
f0058896_10541786.jpg■居住地:九州某県
■職業 :某スーパー八百屋勤務
■年齢  :自称「永遠の20代」
■血液型:B型
■家族  :嫁さんと娘3人  
■趣味  :サッカー F1 飲み食い ボーリング 車                  

【↑海に向かって吠える八百屋の図】

■座右の銘:「反省はしても後悔はするな」「能ある鷹は爪を隠す」
■ひと言:以前は"そして八百屋は今日も行く"と言うブログで、うだうだと自分の趣味の分野を中心に、思いつきで書いていました。
 今回は、ブログに埋もれないように自分のペースでのんびりと、しかし濃い内容のブログにしていきたいと思います。前回同様たくさんの方との趣味の分野の共有・共感、情報交換が出来たら、と思います。何でもいいのでどしどし書き込んでください。九州男児のご多分にもれず、「来るものは拒まず!!」リンクフリー、TB+コメント大歓迎です。
宜しくお願いしますm(__)m

~サッカーについて~
□見始めた年 :1997年~
□好きなチーム:バルセロナ 
□好きな選手  :ティエリ・アンリ アンドリー・シェフチェンコ デニス・ベルカンプ スティーブン・ジェラード ジェンナーロ・ガットゥーゾ アンジェロ・ペルッツイ(新旧ごちゃ混ぜですみませんm(__)m)
□好きな監督  :アルベルト・ザッケローニ ズデネク・ゼーマン


~F1について~
□見はじめた年:1990年~
□好きなチーム:HONDA
□好きなドライバー:佐藤琢磨 ファン・パブロ・モントーヤ ジャン・アレジ ナイジェル・マンセル 中嶋悟(こちらも新旧ごちゃ混ぜですみません) 


~ゲームについて~
□やり始めのハード:初代ファミコン四角のゴムボタンから
□ゲームのエピソード:
 小学生の頃あまりに夢中になりすぎて、夜中にこそっと起きて親の目を盗んでやっていたら、トイレに起きてきた父親に見つかり、タコ殴りにされた程好きだったし今もボチボチやってます。
□今までで1番ハマったゲーム:ウィザードリィ(ファミコン 元はアメリカのRPGだそうで)
□今1番ハマっているゲーム:ウイイレ10(サカゲーの王道 八百屋は3よりプレー)
□ゲームについてひと言:この歳になってもやめられないのが恥ずかしいがやはりストレス解消にはもってこい…だと思います(汗)


 
[PR]

by R-130 | 2006-10-29 19:53 | 自己紹介(最初にお読みください)