カテゴリ:∟Premierleage 07-08( 3 )

2007年 09月 24日
サッカー:モウリーニョ監督電撃退任
c0101167_627219.jpg

 自分がこの一報を知ったのは、20日の昼飯時。丁度、飯を食いながら携帯サイトをポチポチ見ていたときのことだった。

"モウリーニョ監督電撃退団"

 思わず飯を噴出してしまった。
 自分は、チェルシーと言うチームに思い入れはないが、モウリーニョ監督が好きというだけの理由でチェルシーを応援していた。
 その、モウリーニョが監督に就任してからのチェルシーは"常勝軍団"に生まれ変わった。
 就任初年と2年目に、プレミアリーグ連覇の偉業を達成。3年目の去年は、プレミアは"出来すぎ"のマンUの後塵を拝して2位だったものの、FAカップとカーリングカップのW制覇を達成。CLも準決勝でリバプールにPKで敗れたが、故障者続出の中での采配は見事だった。
 いやいや、チェルシーは脂モビッチの資本注入で変わった、と揶揄される方もいるかもしれないが、資本だけでチームが強くなるのであれば、レアル・マドリーはリーガ5連覇を成し遂げていてもおかしくなかっただろう。金で選手を買い集めれば強くなれるような、足し算の世界ではないことは、周知の事実である。さらに付け加えれば、チェルシーに所属する前のポルトでも、波乱含みではあったがCLを制覇したと言う事実も、彼の手腕の確かな部分を後押しする事実でもある。

 そんなモウリーニョ政権4年目のチェルシーは、確かに波乱含みの幕開けだった、
 補強では、モウリーニョが望むとされる補強が殆どなされなかったと言える。DF陣では、今期の補強の目玉とされるD・アウベスノ獲得に失敗、これはチェルシーが悪いと言うわけではないが、PSVからアレックスをレンタルバックで呼び戻すことに成功したものの、もう1人望んでいたLSBの実力者を得ることは出来なかった。フリー・トランスファーでベン・ハイムを獲得したが今のところ、評価できるパフォーマンスは披露していない。
 中盤もマルダは獲得したものの、ロッベンは結局放出。この辺もモウリーニョの意思が反映されたとは言いがたい人事に思える。
 前線も、ドログバの負担を軽くすべく、即戦力を要望したようだがこちらもフリートランスファーで獲得したピサロのみと、昨年の選手層の薄さから来るパフォーマンスの不安定さを解消できるとは言いがたい補強に、モウリーニョも閉口していたのではないだろうか。

 戦績も、プレミアは6試合を終えて3勝1敗2分。決してほめられた数字ではないが、落第と言う数字でもない。昨年の覇者ユナイテッドが躓いているのを受けても、まだ十分に立て直せる数字のように思える。そして、退団の決定的な引き金になったであろう、CLグループリーグ、ローゼンボリとの引き分け。超格下相手への不覚は、確かに無様だが、まだシーズンは始まったばかり。このような好・不調の波が激しいのは、特にコンディションをシーズン後半に照準を向けざるを得ないビッグチームにはありがちな話である。

 かような理由と、今までの実績を考えても、モウリーニョが退団するのは、どうしても腑に落ちない。ここでの決断はあまりに早すぎるように思う。

 しかし、ここからは自分の邪推でしかないが、と言う断りを入れて、やはりオーナーの脂モビッチとモウリーニョの不仲説が、我々が考えている以上に根深かったのだろうと推測してしまう。
 一時、この二人は今シーズン前に、ひざを交えて話し合い、和解したと言う報道が流れた。モウリーニョも、オーナーとの間に蟠りがあったことを認めつつも、話し合いをもってそれを解消し、チーム・フロントとも団結して今シーズンを戦うと言う前向きなコメントを出していた。
 にもかかわらず、この時期に退団してしまうと言うことは、やはり脂モビッチが一方的に三行半を突きつけたと言うのが、妥当な線かもしれない。

 ただ、一方でモウリーニョがチームやオーナーからかかっくる、強大なプレッシャーにうんざりしていたと言う話もあった。特に、脂モビッチオーナーは、ど派手なサッカーを好むそうで路線はレアル系に近かったと言えなくもない。バラックやシェバを引き抜いてきたのは、モウリーニョの意向というよりは間違いなく脂モビッチの趣味であろう。昨年はまがいなりにもその2選手を使いこなそうと、モウリーニョなりに工夫したがその2人がなかなか応えてくれず、今年コンディションの上がらない2人を冷遇しているのも、もっともと言えばもっともな話だ。
 そんなやり方に、脂モビッチも快く思うはずもないだろう。蟠りはそんなに簡単に解けるはずがないのだ。これは、2人のサッカーに対するフィロソフィーの違いである。一見地味とも思える勝負強いサッカー、現有戦力の中でも、コンディションの優劣をしっかり見極め、結果を確実に出すと言うモウリーニョサッカーを、結局脂モビッチは拒んだことになるだろう。

 チェルシーで指揮を執るモウリーニョが見られないかと思うと、残念で仕方がない。
 選手からも、一様に失望や落胆の声しか聞かれない。
 ひょっとすれば、モウリーニョをこの時期に切ったのも、ランパードとテリーの契約更新を引き出すためだけの"道具"だったのではないかと邪推してしまうほどだ。

 モウリーニョの今後の活躍を期待したいところである。
 早くもサイトでは、今後の職についての憶測が飛び交っているが、22日22時現在の情報を総合すると、

・ポルトガル代表のコーチングスタッフに加入(フェリペ監督不在の代行)する噂は本人が一蹴
・プレミアの監督は興味を示しつつも、今はその時期ではないと明言
・他のリーグの監督業に興味

 と、いうことになりそうだ。
 チェルシーファンには申し訳ないが、チェルシーの次期監督にはあまり興味がない。
 モウリーニョが、また欧州サッカーシーンに戻ってくる日を心待ちにしている。
[PR]

by R-130 | 2007-09-24 06:28 | ∟Premierleage 07-08
2007年 08月 23日
サッカー:プレミア3節 マンUやばいかも…
 本来なら第2週、という表現が正しいのかもしれないけどとりあえず3節と言う表現にしておきます。
 3節は、J-Sportsさんも5試合放送と言う大盤振る舞いだったんですが、自分が見たのはリバプール-チェルシー戦とマンチェスターダービーの連続観戦。今年もプレミアの季節を無事迎えることが出来て嬉しい限りです。プレミアを生観戦できる喜びを噛みしめながら観戦したんですが…



 まずは、マンチェスターダービー。
 しかし、マンCのスタメンを見てびっくり。去年の面影を探す方が難しくなりましたね。
 リチャーズ、ダン、ハマンくらいでしょうか(汗)
 MF、FWはなかなか魅力的ですね。エリクソンの戦術が浸透すれば、4強を脅かす戦力になりうると思います(今年のプレミアはそんなチームが沢山いますね)。エラーノ、ボジノフ、ビアンキ、そしてペトロフ…ツボにはまれば手がつけられなさそうです。欲を言えば、DFラインにもう少し核となり得る補強があればいいと思います。

 一方のマンUはご案内のように、ルーニーが骨折で長期離脱、クリロナもサスペンションを消化中でチーム力は大幅ダウン。
 新戦力のハーグリーブスとナニをスタメンに入れて何とか体裁を整えようとしましたが…

 しかし、試合はまだシーズン序盤と言うこともあってか残念ながらスペクタクルな試合とはいえませんでした。
 この試合唯一のジオバンニのゴールは、ヴィディッチに当たってコースが変わって入ったラッキーな代物で、それ以外にマンCがマンUゴールを脅かしたシーンはゼロ。まだまだ入れ替えが激しいだけに、連携や監督の指示の浸透には相当時間がかかりそうです。
 また、これがデビュー戦のボジノフはいきなり負傷で、復帰までに半年かかるそうです…まだビアンキ、エラーノ、ムペンザといますが…はっきり言って大誤算でしょうねぇ。

 一方のマンUは、昨年のような攻撃にスムースさと破壊力が感じられません。まあ、主力2枚+ネビルを欠き、テベスもコパ・アメリカ明けでコンディション悪と言うことを踏まえれば仕方がないんでしょうが、それにしても今回は両SBの出来が酷かった。エヴラもまだまだ、ブラウンに至ってはRSBはまるでダメですね。ハーグリーブスを回した方が良い様な気がする。

 そのハーグリーブスが加入した中盤ですが、守備に関してはまずまず機能するものの攻撃に関すると全員の位置取りが中途半端なんですよね。スコルジーも思い切って前に行くわけでもなく、キャリックも前に行っていいのかどうか迷っている感じで…この辺も連携ももっともっと深める必要がありそうですね。

 結局マンUの拙攻も手伝って、棚ぼたの1点を守りきったマンCが92-93シーズン以来の3連勝で首位。一方のマンUも92-93シーズン以来の2分1敗という予想外の低空飛行…
 しかし、この92-93シーズン、2分1敗だったマンUはリーグ優勝しているんですよね。歴史って意外と…ってそんな奇跡はないかw



 リバプールvsチェルシー戦は、ジェラードの素晴らしいバックスピンのかかったスルーパスに、トーレスが反応して、ベン・ハイムを一瞬の駆け引きで置き去りにして、素晴らしい右足のシュート!!反応がよかったツェフのボール1個分右を抜けて右ポストに当たってゴールと言う、美しいスタートで幕が上がりました。
 すごいです、トーレス。これで気をよくして活躍を続ければ、リバプールがマジで優勝してしまいそうな気がします。
 チェルシーは、前半は支配率こそ高かったものの攻撃面では今一歩。プレシーズンマッチでも試された、ライト・フィリップスを中盤の1角で使う4-3-3を使ってきましたが、LWGで起用されたマルダも周囲との連携が今一歩で、機能しているとは言いがたかったですね。

 後半は支配率もリバプールが高め、いよいよ防戦一方のチェルシーでしたが主審のロブ・スタイルズが、自身も誤審と認めるPKをチェルシーに与えてしまい、1-1の同点に。その後、リバプールは選手をガンガン入れ替えて反撃を試みるも、今回は打つ手無しと見たモウリーニョが逃げ切り采配を敷いてまんまと逃げ切り、リバプールが勝点3の内容のドローでした。
 しかしこのスタイルズと言う審判、あまりにもレフェリングがお粗末でした。(・_・)ノ□ イエローカード10枚が乱れ飛び、しかも後半、PKの誤審に続き、エッシェンに2枚目のカードを出したような仕草を見せて我々を混乱。結局あのカードはテリーに出されたものでしたが、あのような誤解を招くレフェリングは問題外です。好カードにはやはり審判もプレッシャーがかかるのか、誤審もついつい多くなるそうですがやはり、あの捌き方はプロフェッショナルとはいえませんでした。

 しかし、リバプールの今年の布陣は改めてすごいですね。
 後半左サイドで出てきたバベルも、ものすごいミドルがありました。あれたしか20歳ぐらいですよね。末恐ろしいですね。きちんと指導を受ければいい選手になりそう。
 昨年は危なっかしかったペナントもベナユンの移籍で奮起しているのか今年は序盤から好調そうです。中盤から前は申し分なく厚くなりました。
 …それだけにDFラインは相変わらず物足りなさ爆発です。ピーピアも移籍の話が出ていますが、現状の層では放出できるわけもありません。エインセもレアル・マドリーに奪われて尚も厳しい状態が続きそうですね。



 さて、3節を終わって首位は前述のシチズンズ。3連勝無失点!!またしてもエリクソンの株が上がってしまいそうです。たまたまだと思うんですけどねー。
 2位には負け試合濃厚を審判によって救われ大きな勝点1を稼ぎ2勝1分勝ち点7のチェルシー。運も実力の内、この勝ち点1は後々物を言いそうな気がしますねー。
 八百屋の気になるチームとしては、個人的に応援しているエバートンがとりあえず2勝1敗。いいですねー。FWのヤクブも獲得して、UEFACupに向けての補強も着々。今年もやってくれそうです、頑張れ!!アルテタ!!
 後、キーンが率いるサンダーランドは1勝1分1敗で11位。ダービーやバーミンガムら残りの昇格組みがいきなり降格圏にさまよっていることを考えれば見事ですね。

 後、超豪華なFWで話題沸騰だったスパーズは1勝2敗で、早くもヨル監督は更迭の危機です。なんと後任にリッピ監督の噂が出ています。後、レドナップも噂されていますね。果たしてスパーズはヨル監督が立て直すのか、それともいきなり監督更迭劇が飛び出すのか…こちらも早くも見物になってきました。

 今年もプレミアが楽しみですね~(^^ゞ
 
[PR]

by R-130 | 2007-08-23 21:52 | ∟Premierleage 07-08
2007年 08月 17日
サッカー:プレミア開幕も主力に怪我人、チェルシー最後の移籍話がついに…他
■ プレミア開幕!!チェルシーは相次ぐ逆転で2連勝!!マンUは2戦連続ドロー!!

 ってエラソーに書いていますけど、試合は1つも見てません(^^ゞ
 チェルシーは昨年同様、しっかり勝っていますねー。テリーの穴もベン・ハイムがしっかり埋めています。いい補強をしましたね。
 マンUに関しては、むしろこれが本当の実力ではないかと思っています(←暴言?)。昨年は歯車がうまく回りすぎていました。クリロナも一発退場みたいでまた次節のマンチェスターダービーが頭が痛そうですね。

 開幕戦では、マンUのルーニー、チェルシーのエッシェンとどちらも中心選手が故障してしまいました。ルーニーは足の甲を骨折で全治8週間。エッシェンは靭帯損傷でこちらは復帰についての情報を収集していません…ルーニーの骨折は、イングランド代表にも影響があるだけに…厳しいですね。ちなみに第2節ではテベスが早速スタメンを飾り、先制点をアシストしたそうです。テベスにかかる期待は大きい。

 ちなみにジェラードもプレミアではないですがCL予備予選3回戦で負傷して、第3節のチェルシー戦が微妙だとか?本当でしょうか?



■ レアル・マドリー、アヤックスからMFスナイデルを獲得

 うーん、獲得しちゃいました(笑)
 カペッロがいなくなっても選手の買い漁り方は相変わらずですね。
 まあカペッロのときよりはいくらかマシな補強をしていると思いますが…
 ただ、これだけ選手を寄せ集めてチームが機能するのかどうか…
 シュスター監督の手腕が問われそうですね。



■ セビージャのFWカヌーテは契約を1年延長、DFダニエウ・アウベスはチェルシー入り秒読み!?

 賃上げ要求で、チームとの不和が囁かれたカヌーテは結局1年契約を延長しました。
 そして、移籍市場でかなりの噂になったダニエウ・アウベスはチェルシー入りがどうやら決まったようです。これは、セビージャがアウベスをCL予備予選3回戦に連れて行かなかったことで、一層現実味を帯びてきました。セビージャからCLに出場してしまえば、チェルシーに移籍してもCLには出場できませんからね。
 気になる移籍金は、ソースによって異なりますが、52億から58億!!すごいですね。ただ、チェルシー側はこの報道を否定していますね。本当のところはまだ分からないのかもしれないです。
 しかしこの移籍が実現するとなると…ロッベンは放出されてしまうんでしょうか???



■ カッサーノはサンプドリアへレンタル移籍

 マンC入りも噂されたカッサーノは結局イタリアのサンプドリア移籍が決まりました。
 第2の出発点としてはなかなかいいチームを選んだのではないでしょうか?後は本人次第だと思いますが…
 何でもカッサーノはサンプドリアから1億、レアル・マドリーから4億のサラリーを今年もらうそうです。もらいすぎだろ!!



■ アドフォカートはオーストラリア代表監督、アンリ・ミッシェルはモロッコ代表監督へ

 あらら、オーストラリア代表監督はアドフォカートですか。
 これって韓国の路線と一緒のような…
 韓国もいまだヒディングの幻影を断ち切れていないような気がするし、オーストラリアもそうですよねー。
 ちなみにアドフォカート監督はロシアのクラブチームとの契約が9月まで残っているので、代表監督の業務はそれ以降と言うことになります。韓国の監督としてさしたるインパクトを残せなかったオランダ人監督がどれだけの手腕を発揮できるでしょうか。
 そして、1998年にもモロッコ代表を率いてW杯に出場し、2006年はコートジボワール代表を率いてこれまたW杯に出場したミッシエル監督はまたもモロッコ代表監督に就任するそうです。用兵のうまい監督と言うイメージがあるだけに、モロッコ代表をどう立て直すか注目ですね。



■ ACミラン、エメルソンの獲得は諦めるもバプティスタ、モッタを獲得か?

 レアル・マドリーで既に戦力外になっているエメルソンだが、ACミランへの移籍の道は断たれてしまった。どうやら金銭面で折り合いがつかなかった模様だ。しかし、戦力外なんだからうっぱらってしまえばいいのにねー。
 その代わりに、バルセロナで戦力外になっているモッタとこれまたレアルで戦力外になっているバプティスタを獲得する噂が出ています。
 モッタは要らないでしょ。もうこの手の選手はおなかいっぱいだと思います。
 バプティスタはいい補強かも。ブラジル人選手も多いし、この環境ならスペインでプレーしたいと言うバプティスタの気持ちを変えることが出来るかも。FWでもMFでもプレー出来るからミランにはなかなか良い様に思えますが…



■ プレミアリーグ、J-Sportsで放映決定!!

 何が嬉しいってこれが一番嬉しかった!!
 今年もプレミアが見れます、よかったよー。
 ブンデスリーガはその代わりに見られなくなったけど、プレミア見られるなら我慢します。
 第3節は5試合も放映予定がくまれていて大盤振る舞い。毎節5試合は難しいと思うけど、4強中心に興味ぶかいカードを是非放映してください。第3節の目玉はリバプールvsチェルシー!!これしかないでしょー。その他にもマンチェスター・ダービーや、連敗で早くも危機感の募るニューカッスル戦等見所は多いです。あー、今週末からテレビにかじりつきだぁ!!
(↑そんなひまあるのか?)
  
[PR]

by R-130 | 2007-08-17 04:03 | ∟Premierleage 07-08