カテゴリ:∟F1 2006 Practice( 3 )

2006年 08月 04日
F1:第13戦ハンガリーGP フリー走行2回目
フリー走行2結果 . .
順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回 平均速度(km/h)
1 6 F.マッサ フェラーリ 1'21.778 12 192.858
2 1 F.アロンソ ルノー 1'23.097 15 189.797
3 2 G.フィジケラ ルノー 1'23.189 14 189.587
4 37 R.ドーンボス RBRフェラーリ 1'23.195 30 189.573
5 36 A.デビッドソン Honda 1'23.498 31 288.885
6 7 R.シューマッハ トヨタ 1'23.747 19 188.324
7 8 J.トゥルーリ トヨタ 1'23.771 18 188.270
8 5 M.シューマッハ フェラーリ 1'23.931 19 187.911
9 16 N.ハイドフェルド ザウバーBMW 1'23.934 11 187.904
10 17 ロバート・クビカ ザウバーBMW 1'24.106 11 187.520
11 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン・メルセデス 1'24.252 11 187.195
12 39 M.ヴィンケルホック MF1トヨタ 1'24.381 28 186.909
13 11 R.バリチェッロ Honda 1'24.445 17 186.767
14 12 J.バトン Honda 1'24.465 15 186.723
15 18 T.モンテイロ MF1トヨタ 1'24.508 8 186.628
16 35 A.ブルツ ウィリアムズ・コスワース 1'24.609 31 186.405
17 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda 1'24.623 23 186.374
18 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース 1'24.793 12 186.001
19 40 N.ジャニ STRコスワース 1'24.854 33 185.867
20 19 C.アルバース MF1トヨタ 1'25.038 7 185.465
21 21 S.スピード STRコスワース 1'25.152 16 185.217
22 9 M.ウェーバー ウィリアムズ・コスワース 1'25.393 8 184.694
23 15 C.クリエン RBRフェラーリ 1'25.647 14 184.146
24 14 D.クルサード RBRフェラーリ 1'25.843 12 183.726
25 3 K.ライッコネン マクラーレン・メルセデス 1'25.968 11 183.458
26 20 V.リウッツィ STRコスワース 1'26.198 16 182.969
27 23 山本左近 SUPER AGURI Honda 1'26.877 20 181.539
 
結果・及び文中のリンク先については、F1-Live.comを参照


 フリー走行の結果をお伝えする前に、2つの案件をご紹介したい。

■ ルノー、マス・ダンパーを使用せず

 結局、マス・ダンパーの使用に再度FIAが"待った"をかけた状態になり、ルノーはしぶしぶ外す決断を下したようだ。
 木曜日の車検で、トーロ・ロッソのマス・ダンパー仕様車がひっかかったという情報が流れ、ルノーも大人しくこれに倣ったようである。しかし、この猫の目のようにくるくる変わる状況に、いささか八百屋ももたれ気味。ファンは、お互いが最高の状態でのバトルを望んでいるはず(熱狂的なファンはそうも言えないかも知れませんが…(^^ゞ)。八百屋としても、マス・ダンパー仕様のRS26がフェラーリに何処まで挑めるかを楽しみにしていたので残念だ。
 以前の項目でもうだうだ喋ったので、手短に結論を言えば、マス・ダンパーの使用は認めるべきである。


■ オファーを考慮中のウェバー

 意外な形でウイリアムズを放出されて、来期のシート探しが急務のウェバーだが、どうやら本人を含む父親やマネージャー筋は、それほど悲観的ではないようだ。
 この記事を遡ってみれば、どうやら、ルノーにライコネンが乗らなければウェバーのルノー入りがあるみたいで、これも全ては「ミハエルの去就次第」と言うことになりそうだ。
 しかし、「ミハエル・ライコネンのシート次第」とももらしており、やはりライコネンの動きを差し置いてウェバーがルノーに入る見込みは低そう。パドックの噂を総合すれば、美味しい契約状態にあるライコネン(ミハエルが引退すればフェラーリ、引退しなければ他チームへの移籍可能(ここで言うところの他チーム=ルノー))の動き次第で、ウェバーがルノーかレッドブルになりそうな気配である。



 さて、それではFP2の結果をお伝えしたい。
 金曜朝までレインコンディションだったハンガロリンク。FP1の頃には雨も上がり、コースも所々ドライになったようだが、気温が低いまんまでの推移に、タイヤメーカーも驚きを隠せない様子だ。
 FP2のコンディションも、気温20度、路面温度27度と低いまま。ただ、このコンディションが日曜まで続くとは考えにくく、逆に「今日だけ」のコンディションになりそうな気配だ。
 やはり、このチャンピオンを争う2チームが本気になったのだろう。今までFP2は軒並み3rdドライバーの天下だったが、今回は、マッサ・アロンソ・フィジケラのトップスリーとなった。マッサは、どうやらパフォーマンスチェックをやったようで、1人タイムがズバ抜けている。ただ、考えようによっては、ひょっとすると比較のためにタイヤを2セット使ったかもしれないので(あくまで推測)FP3の動向を確かめたい。
 マス・ダンパー不使用のルノーがしっかり2番手・3番手にいるのも立派。マス・ダンパーがなくてもやれるということをチームは証明しようとしているのか。
 FP1でトップだったライコネンは下位に沈んでいる。今のところトラブルなどの情報は入っておらず、上位陣としても平均やや少なめの11周をこなしており、タイヤ温存の構えかもしれない。
また、SuperAguriの琢磨が17番手とこちらも、予選に向けて期待の持てる順位に収まっている。
 
 明日のFP3、Qualifyが楽しみだ!!
 
[PR]

by R-130 | 2006-08-04 01:04 | ∟F1 2006 Practice
2006年 07月 29日
F1:第12戦ドイツGP フリー走行2回目
f0058896_2341974.jpg

P. No ドライバー チーム - エンジン タイヤ タイム 平均速度/Gaps
1. 38 R.クビカ BMWザウバー M 1'16"225 216.024 Km/h
2. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'16"502 + 0'00"277
3. 37 R.ドーンボス レッドブルフェラーリ M 1'16"549 + 0'00"324
4. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'17"040 + 0'00"815
5. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'17"205 + 0'00"980
6. 36 A.デビッドソン Honda M 1'17"294 + 0'01"069
7. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'17"344 + 0'01"119
8. 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレンメルセデス M 1'17"516 + 0'01"291
9. 11 R.バリチェロ Honda M 1'17"519 + 0'01"294
10. 12 J.バトン Honda M 1'17"542 + 0'01"317
11. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'17"672 + 0'01"447
12. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'17"844 + 0'01"619
13. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'17"895 + 0'01"670
14. 39 M.ビンケルホック ミッドランドトヨタ B 1'17"962 + 0'01"737
15. 1 F.アロンソ ルノー M 1'18"082 + 0'01"857
16. 35 A.ブルツ ウィリアムズコスワース B 1'18"164 + 0'01"939
17. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'18"223 + 0'01"998
18. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'18"366 + 0'02"141
19. 40 N.ヤニ トロ・ロッソコスワース M 1'18"460 + 0'02"235
20. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'18"616 + 0'02"391
21. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'18"636 + 0'02"411
22. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'18"643 + 0'02"418
23. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'18"991 + 0'02"766
24. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'19"113 + 0'02"888
25. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'19"232 + 0'03"007
26. 22 佐藤琢磨 SAF1 Honda B 1'19"365 + 0'03"140

写真と結果については、F1-Live.comより引用


 フランスGPから、今回のドイツGPまでの2週間の間に、また様々な出来事があったのでこの2週間の動きを追いかけてから、FP2の順位を確認してみたいと思います。
(エントリー中の外部リンクは全てF1-Live.comより)

■ FIA、"マスダンパー"禁止令を発令
 技術的な話をするとものすごく長くなるので割愛しますが、簡単に言えばダンパーにバラストみたいなものを取り付けることで、マシンの振動を抑え挙動を安定させてラップタイムを稼ぐ、新型のダンパーの使用禁止をFIAが通達。これにより、開発の先駆者でラップ当たり、コンマ2~3秒の恩恵を受けていたと推測されるルノーは、大ピンチに!!例年、トップを独走するチームはこのように上からの"いじめ"にあいますが、どうやらルノーも例年の伝統を受け継いでしまったようで…見てるものにとっては楽しくなりそうな気配ですが、やはりこの"基準"が毎度のごとく曖昧です。フレキシブル・ウイングは良いの?


■ FIA、"ツインタワー"を使用禁止
 続いて、一度は合法と判断されたはずの、BMWザウバーのツインタワーこと垂直ウィングも使用禁止のお達しが…フェラーリ、ウィリアムズが具体的にこのウイングの導入を検討し始めたということで、"あんなブサイクなウイングが横行したら困る"とでもFIAが思ったかどうかは分かりませんが、とにかく1戦限りでお蔵入りとなってしまいました…


■ トヨタとウィリアムズ、エンジン供給で合意
 ようやく発表されました。3年契約で両チーム同一スペック使用の合意だそうで、前に自身のブログでも触れましたが、シャーシなどの各方面での技術提携も含まれているそうです。来期は、ウィリアムズ・レクサス(トヨタ)と本家トヨタの両チームの躍進が見られる「かも」知れないです(^^ゞ 


■ トゥルーリ、トヨタと契約更新!
 その立場がかなり危ういと噂されていたトゥルーリが、2009年までのトヨタとの契約延長に合意。トゥルーリは多分引退までトヨタで走る公算が高くなったんじゃないでしょうか。
 非常に多くのドライバーが虎視眈々と、トヨタのシートを狙っていただけに、トゥルーリとしてはホッとしただろう、他のドライバーにしては悔しい決定だったでしょう。トゥルーリもこれでレースに集中できると思いますし、ポテンシャルの上がってきたトヨタにますます期待が持てそうです。


■ スチュワード、ルノーのダンパーは合法 
 ホッケンハイムの金曜日当日に、スチュワードはマスダンパーの合意性を主張。驚くべき展開にパドックは大混乱です。果たして、ルノーはマスダンパーを使用したマシンでレースを戦うのでしょうか?そもそも、マスダンパーをグランプリウイーク中に"付け替え"することは可能なんでしょうか?そして、FIAとレース・スチュワードのどちらの言い分が正しいのか、ジャッジに注目が集まります。


 さて、その他にも細かいニュースはたくさんありましたが、とりあえずドイツGPのFP2の結果を見てみましょう!!
 ツインタワーウイングがなくとも、クビカがトップタイム。素晴らしいです。地元ドイツでBMWも取り敢えずは面目が保たれたのではないでしょうか?2位に、3タテを狙うミハエルがつけています。
 さて、マス・ダンパーも禁止され弱り目に祟り目のルノーは不調。フィジケラ11位、アロンソは15位に沈みます。
 期待のSuperAguriのニューマシンSA06Aは、琢磨が最下位の26位、左近はノータイムで終わっています。
 もっともこのFP2。ウェットコンディションでスタートし、ドライに回復したのは残り時間10分少々のとき。本格的な実力を測れるセッションではなかったようです。

 明日のFP3でチームがどのような位置にいるのかが大枠分かってくると思います。SuperAguriのSA06Aも気になるところですね。あすの予選は気張ってみないといけませんね(^^ゞ
 FP3は明日の日本時間18時から、予選は21時からでっす!!
 ルノーのマズ・ダンパーはどうなるのでしょうか???
 
[PR]

by R-130 | 2006-07-29 16:55 | ∟F1 2006 Practice
2006年 07月 15日
F1:第11戦フランスGP フリー走行2回目
f0058896_23515290.jpg

P. No ドライバー チーム - エンジン タイヤ タイム 平均速度/Gaps
1. 38 R.クビカ BMWザウバー M 1'16"902 206.491 Km/h
2. 1 F.アロンソ ルノー M 1'17"498 + 0'00"596
3. 36 A.デビッドソン Honda M 1'17"750 + 0'00"848
4. 35 A.ブルツ ウィリアムズコスワース B 1'17"859 + 0'00"957
5. 2 G.フィジケラ ルノー M 1'17"916 + 0'01"014
6. 5 M.シューマッハ フェラーリ B 1'17"938 + 0'01"036
7. 39 A.スティール ミッドランドトヨタ B 1'18"049 + 0'01"147
8. 37 R.ドーンボス レッドブルフェラーリ M 1'18"175 + 0'01"273
9. 7 R.シューマッハ トヨタ B 1'18"274 + 0'01"372
10. 40 N.ヤニ トロ・ロッソコスワース M 1'18"639 + 0'01"737
11. 8 J.トゥルーリ トヨタ B 1'18"721 + 0'01"819
12. 12 J.バトン Honda M 1'19"005 + 0'02"103
13. 6 F.マッサ フェラーリ B 1'19"013 + 0'02"111
14. 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー M 1'19"108 + 0'02"206
15. 3 K.ライコネン マクラーレンメルセデス M 1'19"140 + 0'02"238
16. 19 C.アルバース ミッドランドトヨタ B 1'19"183 + 0'02"281
17. 11 R.バリチェロ Honda M 1'19"259 + 0'02"357
18. 9 M.ウェバー ウィリアムズコスワース B 1'19"413 + 0'02"511
19. 20 V.リウッツィ トロ・ロッソコスワース M 1'19"589 + 0'02"687
20. 10 N.ロズベルグ ウィリアムズコスワース B 1'19"692 + 0'02"790
21. 18 T.モンテイロ ミッドランドトヨタ B 1'19"701 + 0'02"799
22. 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレンメルセデス M 1'19"809 + 0'02"907
23. 22 佐藤琢磨 SAF1 Honda B 1'19"996 + 0'03"094
24. 21 S.スピード トロ・ロッソコスワース M 1'20"003 + 0'03"101
25. 14 D.クルサード レッドブルフェラーリ M 1'20"135 + 0'03"233
26. 17 J.ビルヌーブ BMWザウバー M 1'20"154 + 0'03"252
27. 15 C.クリエン レッドブルフェラーリ M 1'20"409 + 0'03"507
28. 23 F.モンタニー SAF1 Honda B 1'21"132 + 0'04"230
29. 41 山本左近 SAF1 Honda B 1'21"969 + 0'05"067

**備考
■ ウィリアムズのロズベルグが、エンジン交換で10グリッド降格が決定

結果については、F1-Live.comを参照


 F1シーンもヨーロッパに戻ってまいりました。第11戦はフランスGP、マニクールサーキット。1990年までのポールリカール(←テストでもおなじみですね)から替わり、1991年よりずーっとこのサーキット。八百屋は個人的にポールリカールが大好きだったのでこのサーキットが不満です…

 さて、この2週間、実にいろいろなことがありましたのでちょっと簡単にまとめておきたいと思います。

■アロンソとミハエルのポイント差が19に!!
 アメリカGPはアロンソが5位に沈み、ミハエルが優勝してのでポイント差が久しぶりに縮まって19になりました。正直、この後ミハエルがずーっと1位でも、アロンソがずーっと2位ならチャンピオンはアロンソなので優位性は変わりませんが、それでもF1は何があるかわからない!?ひょっとしたらの大番狂わせに期待が持てるポイント差です。

■ 予選第3ピリオドの時間が15分に短縮
 極めて妥当な判断だと思います。ストラテジーとしては、第1スティントが若干短くなる可能性があるくらいで、大勢に影響は無いと思います。それより、ほんのごく僅かではありますが化石燃料の"無駄な"消費に歯止めがかかったのはよかったかと…
これまで第1ピリオド~第3ピリオドと呼ばれていた呼称がQ1~Q3に変更になるようです。

■ モントーヤF1から引退!!しかもアメリカGPがラストランに!!
 これには正直あごが外れそうになりました。
 今年限りで引退と言うだけでも寂しかったのに、何とアメリカGPが彼のF1ラストランだったなんて…辛すぎる出来事でした。ここで、マクラーレンがどうとか、モントーヤがどうとか言うのは違うと思うので明言は避けますが…もっとモントーヤが見たかった…
 モントーヤは今後、アメリカのNASCARに活動の拠点を移すそうです。
 マクラーレンは、モントーヤの代役にテストドライバーのペデロ・デ・ラ・ロサを指名しました。彼は、05年のバーレーンGPの快走も記憶に新しいですが、テストドライバーなのが不思議な位の実力派ドライバーです。彼の走りに期待しつつ、マクラーレンの巻き返しがあるのか注目したいところです。

■ 山本左近、ドイツGPより2ndドライバー昇格へ
 これは何がホッとしたかって、モンタニーがフランスGPまでレギュラードライバーとしてレースに出場できることです。井出がF1を終われた後、モンタニーがいきなりチームに来た割には琢磨とそれほどそん色ないタイムをたたき出し、チームに大きな貢献をしていただけに、母国フランスGPまでモンタニーを出走させるジャッジを見せた亜久里代表には、拍手を送りたいです。やはり、国籍に関係なくドライバーは大事にして欲しい。今回は、スポンサーの絡み(レギュラードライバーは日本人2名でエントリー、と言う条件でスポンサーしている企業あり)もあり、難しい決断だったと思いますが、モンタニーを無碍にしなかった判断はよかったと思います。
 後は山本左近がどれだけ走れるか…井出問題でも取り上げましたが彼の責任は極めて重いものだと思います。プレッシャーに潰されず頑張ってもらいたいものです。

■ 2007年より3rdカー廃止
 表題の通り2007年からは3rdカーが廃止されます。
 良し悪しあると思いますが、八百屋的には若手がF1の経験を積むいい土俵だったのではと思います。もし来期BMWからクビカがレギュラードライバーとしてデビューすれば、相当いい経験になったのではないでしょうか?
 また、エンジンルールの足枷もあってレギュラードライバーはFP1~FP2をあまり走らない傾向がありましたが、来期からはエンジンのリスクを背負いながらレギュラードライバーがセッティングを模索することになります。
 そろそろFIAもこの変なルールを考え直す必要があるんじゃないでしょうか?


 
 それでは本題の予選の話に移りましょう!!

 気温35度、路面温度50度。真夏のコンディションとなったFP2。
 トップの写真(F1-Live.comから拝借(^^ゞ)にもあるように、先週のテストでBMWが持ち込んだ何とも奇抜なウイングがどうも好調のようでこのウイークエンドにも持ち込んできたようだ。
 そしてそして何とトップタイム!!垂直ウィング(←これもF1-Live.comから拝借(^^ゞ)恐るべしの仰天珍事だ!!
 それ以外だと、並み居る3rdドライバー勢を押しのけてアロンソが2位。ルノーの仕上がりも順調のようだ。やはりタイヤも含めてW母国GP。負けは許されない!!
 5位にフィジケラ、そして6位にフェラーリミハエル。マッサは13番手とやや厳しい。ミハエル援護のためにもマッサの動向には注目が集まるが果たして…

 ルノーが手ごわそうなフランスGPですが、明日以降の走りも目が離せません!!
 明日はヨーロッパ時刻に戻っての予選。我々も大分楽になりそうです。

 明日の予選は日本時間21時から。
 真夏のマニクール、ルノーがぶっちぎってしまうのか…注目です!!
[PR]

by R-130 | 2006-07-15 21:54 | ∟F1 2006 Practice