カテゴリ:∟J League( 5 )

2007年 05月 08日
サッカー:Jリーグ 精神論だけでは監督は務まらない!!他
 Jリーグでは、早くも監督交代の話(噂)で盛り上がっている。
 J2のC大阪の都並監督が解任。他にも藤川コーチやGMも解任された。1年でのJ1復帰を目指すも14節終了で9位とふるわずついに解任の憂き目となった。後任は97年にもC大阪で指揮を取った現アトレティコ・ミネイロ監督のクルピ氏に決定している。

 また、なに振りかまわぬ補強で、序盤こそ4勝1分と好スタートを決めたもののそこから一気に7連敗で急降下の東京Vのラモス監督は前節京都に4-1で大勝し、解任濃厚の雰囲気から一転、続投が決まった。

 一方、昨年見事な采配で予想外の昇格を手に入れた、横浜FCの高木監督も、J1では1勝1分8敗のダントツ最下位で、こちらも解任の噂が飛び出している。しかし、横浜FCの場合、怪我人の多さが大きなネックとなっており、監督の手腕どうこうと言った話以前のような気もする。それに、それほど大きな戦力と言うわけでもなかった昨年の横浜FCにおいて、J1昇格させた手腕と言うのは、前述の2人とは大きく一線を画していることを付け加えておく。

 後個人的な話で恐縮だが、国営放送のスポーツニュース番組では、下らないギャグともいえないようなセンスのない冗談が鼻について仕方がなかった横浜Fマリノスの早野監督は、序盤の戦績を見ていると解任第一号かなぁ、と思っていたがここに来て7位と盛り返し、自分の椅子を確固たるモノにしようとしている。しかし、サポからこれほど受け入れられい監督も結構珍しいのではないか。(過去の実績やキャラクターを考えれば、そうなるかもしれないが)

 閑話休題。
 話を本題に戻して、今回はそんなJリーグの監督の中でも、解任が声高に叫ばれているラモス監督について少しとりあげつつ、その他のJの話題を少し触れたい。

 ブラジルから帰化後、日本代表で永きに渡って10番をつけたゲームメーカー、ラモス 瑠偉。Jリーグの草創期や、90年代前半の日本代表を支え、良し悪しはあるかもしれないが、日本のサッカーの発展に一役買ってくれていたのは紛れも無い事実である。
 しかし、名選手=名監督に非ず、の図式の通り、彼が監督として在籍したチームはこれと言った実績を上げていないと言う現実が存在する。彼の監督としての能力を考える必要があるのではないか。
 テレビ等のメディアには、熱い精神論を振りかざしそれなりの受けもあったが、監督ともなれば話は別。熱い精神論より結果である。どれだけ素晴らしいうんちくを並べても、結果が伴わなければ、"能力が無い"と言うレッテルを貼られて当然。
 何でもJFAとのつながりもあるとか無いとかで、行く行くは日本代表監督に…なんて話もあるとか無いとか、いやいや今の実績でそれは大いに困る。とにかくは東京VをJ1に導いてからの話だろう。何らかの実績を引っさげてきてもらわないと、その起用はジーコ以上に困惑モノである。
 東京Vもアシスタントも柱谷弟とか、チーム出身者ではなく外部からの冷静な判断が出来る人間を招くべきだ。だいたいラモスと柱谷弟ではキャラが被っている。選手としてはやりにくいんじゃないだろうか。
 

■ 我那覇、静脈注射(ドーピング)で出場停止6試合の処分決定

 ドーピング、と言っても禁止薬物の使用、と言う重篤な禁忌を犯した罪ではないので処分は軽微に済んでいるものの、それでも禁止行為をチームドクターの判断で行わせたチーム側の責任は非常に重いものがある。
 ただ、自主的に行っていたすでに4試合の出場自粛も考慮され、残りの出場停止試合数は「2」。この処遇をどう捉えるかは個人で様々だろうが、一外野からの意見としては軽いような気もする。
 我那覇は直近のACLに出場することが出来なくなり、またチームも1000万円の制裁金が課せられた。チームドクターの独断は、大きなツケを払わされることになった。


■ ワシントン、小野…オジェックの技量は如何に?

 練習方針に反発したワシントン、起用法に不満をぶちまげた小野、現状ではオジェックは両者とも和解したようだが、それでもこれだけの不満が飛びたす実態に、オジェックの監督としての技量が改めて問われようとしている。
 もっとも、この両者にも問題が無くはない。ワシントンは昨年のような神通力が影を潜めている。コンディションがなかなか上がってこない証拠だろう。小野の場合、昨年は怪我に泣き、浦和復帰後の実績に欠けている。確かにフェイエに渡る前、そしてフェイエ在籍時は素晴らしい技量を披露し、チームに貢献した。しかし、厳しい言い方をすれば復帰後は怪我の状態も思わしくなく昨年も、ほとんど小野の力は借りずにチャンピオンに…小野にもお山の大将にならず、チームプレーに徹する必要もあると思う。チームにとって変な影響力を行使してはならない。
 しかし、これらの事情を考慮しても、オジェック、どうなの?と思ってしまう。
 基本的なコミュニケーションがとれているのかどうかすら怪しく感じる。
 確かにチャンピオンを取った翌年に、チームがいい成績を収められないと、こういった不満などはよくある話だ。しかし、いい成績を収められるだけのスカッドを有しつつ、詰めの甘さで成績がピリッとしない(ACL含む)のは、過密日程だけが言い訳にならないだろう。
 オジェックもしっかり"試合内容"で周囲を満足させる必要がありそうだ。
[PR]

by R-130 | 2007-05-08 23:21 | ∟J League
2007年 04月 23日
サッカー:Jリーグ7節 浦和"ホーム不敗神話"崩壊…G大阪が首位へ
 Jリーグは7節が終了した。
 上位陣では、名古屋は神戸を下して連敗を2でストップ。勝ち点を15に伸ばした。後半、3トップで挑む神戸を4バックで受け止めるなど、戦術的にもなかなか見ごたえのある1戦だった。
 G大阪は磐田を5-2で退けた。一時は3-2と1点差まで詰め寄られ、いやなムードが漂ったが最後は2点を奪い突き放した。

 今節の目玉は、ACLという2足の草鞋に苦しむ、浦和と川崎の1戦。浦和としては、不敗神話の続くホームで川崎を叩いて、首位を固めたいところだったが…
 前半は浦和ペース。これまでどうにか勝ち点を拾ってきた戦いぶりから一転、有機的な動きを重ねて川崎陣内に何度も詰め寄る。小野も復調してきており、チームにアクセントを添えていた。これだと得点は時間の問題…かと思われた後半。川崎は数少ないチャンスをものにする。
 FW登録の黒津がこの試合はLSHで先発し、左からの折り返しのクロスに、病み上がりの我那覇がゴールし、川崎が先制!!阿部のややまずい守備も悔やまれる。
 更には、ジュニーニョの意表をついた正確なクロスをマギヌンがヘッド合わせて川崎が追加点。あらら、という間に川崎が2点を挙げて、追う浦和も苦しい展開に。
 浦和もトゥーリオの代役で出場したDF堀之内がワシントンのパスに見事に答えて1点を返すがそこまで。後は川崎がまんまと逃げ切り1-2で川崎勝利。浦和は1年以上続いた不敗神話は「25」で途切れることとなった。

 "記録は記録。それほど気にしてはいない。"
 オジェック監督の言葉である。言葉の意味はそのとおりだと思う。記録なんて未来永劫続くわけではない。いつかどこかで途切れるもの。それがたまたま4月21日だった、ということだ。
 しかし、怪我人に悩まされているとは言えオジェックの用兵や資質には疑問を呈してしまう。例えば小野の交代は必要だったのか。あそこで小野を替える事がチームの起爆となりえたのか。確かに拙い内容なりにも勝ち点を積み重ねてきている浦和だが、今シーズンは失点も多くこの辺の不安定さにオジェックの資質に疑問を感じる。勝ち点も、選手個々の能力で積み重ねているようなもので、そこに監督の光る采配が見え隠れしているわけでもない。
 まあ、7節の時点で監督批判をするのもどうかと思うのでこれくらいでとどめておくが、シーズンが進むにつれ、どのように転がっていくのかを注視したい。

 順位表を見れば面白いことになっている。
 1位に勝ち点16でG大阪。伏兵の名古屋が勝ち点15で2位。3位タイで、浦和と川崎が勝ち点14。序盤にサプライズを見せた柏が勝ち点13で5位。清水・新潟・磐田が勝ち点12で続く。どこも星の取りこぼしなどで抜け出せず、序盤はこのままだんごが続きそうな気配である。

 スカッドで言えば、浦和とG大阪が抜けている感があるので、ACLとの2足のわらじを履く浦和が今後どのようなゲームを続けていくのかに注目したい。
[PR]

by R-130 | 2007-04-23 11:33 | ∟J League
2007年 03月 04日
サッカー:Jリーグ開幕!!
 Jリーグが3日に開幕!!八百屋はスカパーのパスは購入していないが、地上波中心に今年はなるべく見ようと思っている。(^^ゞやはり国内選手をもっとよく見ないといけないナァと思うようになった。よく知りもしないのに、オシムのことを批判するのもいけないかなぁ、と思い、今年は国内の試合も可能な限り(土・日と言うことで非常に限られそうだけど…(^^ゞ)見ようと思う。
 幸い開幕戦は、スカパーが無料放送してくれたので見たい放題。その中で八百屋は、復帰した原監督に期待してるFC東京の試合と、昨年のチャンピオン浦和レッズの試合を観戦することにした。


● FC東京 2 --- 4 サンフレッチェ広島 ○
【得点者】 佐藤('13)('18) ウェズレイ('27) ルーカス('49) ウェズレイ('52) ルーカス('61)
【警告・退場】 今野(b) 森崎和(b) ウェズレイ(b) 青山(b)


 1年でFC東京の監督に返り咲いた原監督の手腕に注目している八百屋としては、この試合を見ずにはいられなかった。また、サンフレッチェ広島も負けず劣らずの好チームだ。特にFW佐藤が今年もやってくれるのか、期待が高まる。

 FC東京はワンチョペがコンディションが上がらずベンチスタート。広島はほぼベストだろうか。
 前半、激しく攻め立てるのは広島。駒野の自陣からのチャンスメイクが光る。また佐藤の鋭い飛び出しにFC東京DFがついていけない。1点目は駒野のロングボールに鋭く反応した佐藤のゴール。2点目も今野から引き気味になったDFラインをうまく撹乱するパスに佐藤が見事に反応し最後はDFをかわしてシュート。3点目はウェズレイが叩き込んで前半で試合を決めてしまった。
 後半、ルーカスが2点を返すもウェズレイが更に1点追加して万事休す。FC東京は前がかりになってはいたが攻撃の連携がいまひとつ。平山もパッとせず。ルーカスが1人気を吐き、守備に至っては佐藤の素早い動き出しについていけず、いいようにやられていた。福西や今野のボランチにも課題が残った。



○ 浦和レッズ 2 --- 1 横浜FC ●
【得点者】 オウンゴール('25) 久保('44) 永井('85)
【警告・退場】 小野(浦和)(b) 小野(横浜)(b) 奥(b) 

 片や昨年のJリーグチャンピオン。
 片や、予想を覆してJ1昇格を決めてきた昇格組。
 この2チームの試合が大きくクローズアップされたのは2つの理由がある。
 浦和は先週のゼロックスカップの大敗で報道に火がついた。大丈夫なのか?と。ブッフバルトが勇退し後任はオジェック。この辺の采配も注目が集まっている。また、千葉から阿部が移籍。小野の復活も期待されている。
 一方の横浜FC。久保や奥や山口と言った元日本代表を補強し、J1でも戦えるチームを作り上げた。特に監督の高木監督は久保とも広島のチーム内での面識があり言わば師弟関係と言っても過言ではない。高木監督が久保の獲得を熱望しそれがかなえられたわけで、そういう意味でも期待が高まる。また、高木監督の監督の手腕も非常に評価が高い。この辺も注目だ。

 浦和はトゥーリオが発熱でベンチにも入らず、長谷部・田中達也は怪我。
 ワシントン、永井の2トップにCBに阿部が入り、3-5-2のシステムで臨む。
 横浜FCは4-4-1-1。久保ワントップに、その下が奥。後はラインを2本形成しコンパクトに守備をしながらプレスを掛けて、浦和攻撃陣を迎え撃つ作戦だろうか。

 前半は浦和がボールをキープするも、攻めあぐねる展開。横浜の守備も最後の最後で浦和を撥ね返し、力強くさえ感じた。横浜はオウンゴールで痛い失点を喫したがそれでも、浦和が攻撃に勢いづくには至らず。
 逆に前半終了間際に、久保が右45度、距離にして35-40mくらいあるところから豪快なロングシュートが炸裂して同点。100本打って1-2本しか入らないシュートだろうが、あの位置から狙う貪欲さと、久保の左足から繰り出される強烈なキック力には舌を巻いた。解説の元浦和出身の福田が「レッズファンには申し訳ないが、素晴らしいものを見させてもらった」と感嘆していたのが印象的だった。

 後半も浦和が攻めて横浜が守る構図は変わらないが、浦和に勢いが出てきた。と、言うのもボールを中盤で奪うことが出来るようになってきて、素早いカウンターを仕掛けられるようになった。中盤でボールを奪えば相手に守備を整えさせる時間を与えないので、スキにつけ込みやすい。小野も効果的にボールを配給できるようになった。
 それでも横浜は守り抜き、いきなりチャンピオン相手にアウェーで勝ち点1をもぎ取るのかと思われた85分。ゴール前の混戦を永井がドリブルで強引に抜け出してシュート。キーパーに当たったがそれでもボールの勢いは衰えず横浜ゴールを突き刺して勝ち越し。前半はワシントンとかぶったりしてやや動きに精彩を欠いたが、後半の気迫のドリブルシュート、これが決勝点となり浦和は2-1で横浜を退けた。

 横浜FCは監督の戦術が良く浸透していた。攻撃に関しては守備ありきのためアクションに時間がかかり、奥や薮田との連携もイマイチだった。薮田はわが町のクラブチームアビスパ福岡に在籍していた選手だが、攻撃の格となる選手だっただけに、新天地での活躍を心から祈りたい。
 また、横浜は外国人3人をベンチに温めていた。コンディションが整っていないとの理由だが、後半終了間際に出てきたジウマール・シウバはなかなか良さそうな選手だ。今後に期待したい。

 浦和はまだまだオジェックの戦術が浸透していない雰囲気か。オジェックはポゼッションを志向しているようだが、まだボールを持っても崩しにかかる糸口がつかめずにいたようだ。むしろ後半の相手のボールを奪ってからカウンターの方が、慣れた戦術なのかスムーズに機能しており、この辺の移行が今後どのようになるのかは注視していきたい。また、今回は2トップと言うシステムを採用したが2トップの場合はFWにも連携が求められる。この日はワシントンと永井が両方ニアやファーに被るシーンが目立った。どちらか一方がDF背負うとか、ひきつけてつぶれるとかして、相手役を引き立てる必要もある。この辺が今後の課題かもしれない。

 いずれにしても、八百屋が見た2試合はいずれも内容的に濃く満足できる内容だった。
 次節以降も白熱した試合展開を期待したい。
[PR]

by R-130 | 2007-03-04 22:04 | ∟J League
2007年 03月 03日
サッカー:Jリーグ、欧州に合わせて秋に開幕!?
 今日から2007年のJリーグがスタートするが、それに先駆け2月27日の朝日新聞の朝刊に面白い記事が載っていたので、八百屋も便乗して考察したい。

 記事の内容は、Jリーグを欧州に合わせて秋に開幕するにあたってのアンケートを、J1・J2の31クラブに送り、その内20チームからの返答を基に構成されていた。まず、表題の質問の答えを賛成、反対、判断できない(どちらでもない)の3グループに分かれたそのチーム名を公表してみよう。

○ 賛成 … 5クラブ
J1=浦和・柏・清水・名古屋 J2=湘南

× 反対 … 6クラブ
J1=G大阪 J2=仙台・山形・愛媛・福岡・匿名希望

△ 判断できない … 9クラブ
J1=千葉・鹿島・川崎・甲府・横浜マ・FC東京・神戸
J2=草津・徳島

 また、紙面の賛成の主論と、反対の主論は以下のとおりであった。

【賛成】…欧州の開幕にあわせることで、移籍話がスムーズに進む
【反対】…練習・集客に悪影響(特に東北・北海道地方のチームは影響甚大)


 ちなみにこの話。何も今回初めて出た話ではなく、00年5月にはW杯に合わせて02年から秋開催、翌01年も06年からは秋開催しようと言う話しでまとまりつつあったが、やはりスタジアムの設備(スタンドの屋根増設や雪に対する運営方法等)で頓挫し、そのままお蔵入りになっているのが現状だ。

 それでは複数の角度から検証をして見たい。


【移籍面】 … 欧州との話し合いがスムーズに、欧州とのプレシーズンマッチを組める可能性間高まる
 
 以前のようにワールドクラス・もしくはワールドクラスの晩年選手がJに来なくなった背景には、もちろん資金面の厳しさもあるが、一つは交渉がまとまりにくいと言う背景もある。
 欧州の選手を日本に引っ張り込もうとすると、現状の日本のオフシーズンは欧州シーズンの中間点にあり話を持ちかけるタイミングが極めて難しい。逆に欧州シーズンが終わる頃(もしくは前)に話を持ちかけても、Jリーグではちょうどリーグの中間地点に当たり、外国人選手は疲労のたまったままそのままJのシーズン後半を戦わなければならなくなると言う大きなリスクを背負うことになる。これで選手の力を出し切ってもらうのには無理がある。
 日本人が欧州に移籍する場合も同様だ。どちらかにとってリーグの節目であるときは、どちらかがシーズンの最中である。移籍がスムーズに進むはずも無い。特に日本からの移籍の場合、優秀さを買っての移籍が多いだろうから、欧州のチームはシーズン初めから手元に置きたいだろうし、逆にJのチームもシーズンが終わるまで手放したくないはずだ。この辺の兼ね合いから考えれば、秋開幕は、選手の移籍面で大きなメリットがありそうだと言えるだろう。また、同じシーズンオフと言うことで興行面などの観点からも欧州のチームとプレシーズンマッチを組める可能性も高まりそうだ。


【選手面】 … 夏場の疲労のリスクをとるか、冬場の怪我発生率の高まるリスクをとるか

 夏場の湿度・気温が高まる時に、週1-2の日程が入ると間違いなく選手は暑さによる疲労の蓄積がたまることになり、プレーに精彩を欠く選手が出てくるだろう。現にこれまでもそのような状況が多く見受けられた。一方冬場に怪我の発生率が高まることも危惧する必要もある。ただ、これはどちらか一方のリスクは背負わなければならず、欧州でも-春開催が主流になっているので冬の怪我リスクはある程度仕方が無いと見るべきだろうか。
 また、東北や北海道のチームは冬場の練習や試合に大きな問題を抱える。グラウンドが万年雪で覆われることも珍しくないだけに、ドームのようなグラウンドを持っていれば話は別だが今のところコンサドーレ札幌ぐらいしかその設備を持ち合わせたチームはいない。除雪の労力や費用面を考えても馬鹿にならず、練習場も室内が珍しくない北国のチームにとって、冬開催は大きなハンデとなるだろう。冬場は常にアウェー、秋・春はずーっとホームと言う日程の組み方もあるがそれはそれで試合の条件がフェアーであるとは言えず、大きな批判を呼びそうである。


【観客面】 … 冬にスタジアムに足を運んでくれるお客さんがどれだけいるのか?

 熱心なサポーターの方々は、冬だろうが関係ないだろう。自分が好きなチームを応援するのに、季節は問わないものと思われる。
 問題はそうではない一見さんの場合。例えば家族でたまーに見に行ったりとか、気がむいたら言ってもいいなと言うそれほど熱心なファンでない方。この取り込みは死活問題になるだろう。恐らく寒さの厳しい冬の試合は、観客動員数が落ち込むことは必至だ。それが、チームの現状でありJリーグの現状だと切り捨てるのは簡単だが、チームにとって入場料金は大きな収入源である。特にこれも北国のチームにとっては大きな問題と言えるだろう。除雪費用を気にしながら、収入の減額も気にしなければならない…この意見に反対のチームに北国のチームが多いのは決して偶然ではないはずだ。
 また、夏休みに試合が無くなると言うのを危惧する声もある。子ども達の夏休み時期は、入場料の稼ぎ時だという意見だ。なるほど、確かに夏休みになると入場者数は殆どのチームでこの機会が無くなると収入面に影響が出るとのことだ。


【結論】 … 日本のフットボールの質の向上を取るか、幅広いお客さんに楽しんでもらうようにするか、二者択一の選択に

 日本のフットボールのことのみを考えれば秋開催がいい。これは間違いなくいえる。欧州との選手やチーム間交流が活発になることは間違いなく、結果Jリーグの向上につながる可能性が高い。
 ただ、お客さんのことを思えば、秋開催は間違いなくお客さん本意の変更ではないと言える。一部の熱心なファンは受け入れられるだろうが、残念ながら日本には移り気なファンが多い。秋開催は、一般客の減少と言う問題を間違いなく抱え込むことになる。また、秋開催により、スタジアムの改築や除雪問題などクラブチームに負担を強いることも免れない変更になる。そう考えたとき、どれだけ健全なチームがいるかを考えた場合…それは非常に難しい注文であることが浮き彫りになってくる。
 
 現状ではやはり秋開催は物理的にも不可能だろう。これを実施することで倒産するクラブも現れるかもしれない。しかし、日本のサッカーの向上を考えた場合となれば…いち早く秋開催にすべきではないかと思う八百屋である。
[PR]

by R-130 | 2007-03-03 13:14 | ∟J League
2007年 02月 24日
サッカー:ゼロックススーパーカップはG大阪が初優勝
 浦和の状態がよくないとは聞いていたがまさかこれほどの大差になるとは思いもよらなかった。
 23日、J開幕の1週間前の恒例行事となったゼロックススーパーカップが国立で行われ、何とG大阪が4-0で浦和を下し、初優勝した。G大阪が浦和に勝利したのは2005年の11月以来。ちなみに昨年は4度対戦し、一度も勝利なし。

 今日の試合は、G大阪のサッカーがどうとか、マグノ・アウベスがどうとかそれ以前の問題。
 浦和の運動量が非常に少なかったこと、つまりシーズンを前に"疲弊しきっている"ことが問題だと思った。
 サッカーが行われている地域が狭すぎる。ワイドな攻撃や、大きな転換(サイドチェンジなど)、オープンスペースを突くような昨年のフィールドを広く使ったサッカーは今日は殆どみられなかった。ワシントンも一生懸命手を広げてボールを呼び込むのだが、ワシントンのところまでボールが来ることが少ない。
 聞けばオジェック監督は、シーズンオフをほぼ休み無しで練習させていると言う。オーストリアに"無意味な"遠征をし、長きにわたり練習をしているが、チームはまだオジェックがやろうとするサッカーが見えていないような状況…
 J開幕やACLを来月に控え、非常に危機的な状況にあるような気がした試合だった。

 一方のG大阪。実況も解説も、G大阪の攻撃サッカーを褒めていたが見ていて何となーく疑問。運動量の少ない浦和相手だったから遠藤や仁川がよく機能してパスが繋がったようなもののパスの制度や、攻守の切替には非常に疑問が残るし、何より浦和が去年のクオリティを保てていればG大阪は去年とそれほど変わっていないような気がする。この試合だけでG大阪を評価するのは危険だろう。もう少しJ開幕後の実情を見極める必要がある。確かに遠藤など出来はよかったが高評価を与えるのはちと早いと思う。

 去年の攻守のバランスの取れ、得点力も高かった強い浦和が見られないまま迎えそうな開幕。去年のゼックススーパーカップは、ああ今年は浦和の時代だなぁ、と思わせるような内容とは全く逆の展開に、今年の浦和に不安を覚えてしまう今日この頃である。
 オジェック氏は早くも難局にぶつかっている。王者が王者であり続けるのは非常に難しいこと。今年の浦和、そしてディフェンディングチャンピオンとしての、大きな課題であろう。


 余談だが、昨年まで浦和を率いていた元ドイツ代表のギド・ブッフバルト氏は、ブンデスリーガの監督オファーが多数舞い込んでいると言う。
[PR]

by R-130 | 2007-02-24 18:46 | ∟J League