2007年 08月 25日 ( 2 )

2007年 08月 25日
F1:第12戦 トルコGPフリー走行1.2回目
■ フリー走行1回目
c0101167_1012478.jpg

1 K・ライコネン フェラーリ 1:27.988 22
2 F・マッサ フェラーリ 1:28.391 20
3 F・アロンソ マクラーレン 1:29.222 20
4 L・ハミルトン マクラーレン 1:29.261 10
5 H・コヴァライネン ルノー 1:29.346 19
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:29.403 23
7 R・シューマッハ トヨタ 1:29.414 24
8 G・フィジケラ ルノー 1:29.541 19
9 N・ハイドフェルド BMW 1:29.641 20
10 J・トゥルーリ トヨタ 1:29.685 26
11 R・クビサ BMW 1:29.710 23
12 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:30.384 17
13 D・クルサード レッドブル 1:30.398 23
14 J・バトン ホンダ 1:30.483 17
15 R・バリチェロ ホンダ 1:30.580 25
16 V・リウッツィ トロロッソ 1:30.612 21
17 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:30.624 15
18 A・ブルツ ウィリアムズ 1:30.876 12
19 M・ウェーバー レッドブル 1:30.917 22
20 S・ヴェッテル トロロッソ 1:31.383 22
21 A・スーティル スパイカー 1:31.445 31
22 山本 左近 スパイカー 1:32.270 35

■ フリー走行2回目
c0101167_10145655.jpg

1 L・ハミルトン マクラーレン 1:28.469 28
2 K・ライコネン フェラーリ 1:28.762 21
3 R・シューマッハ トヨタ 1:28.773 23
4 J・トゥルーリ トヨタ 1:28.874 28
5 F・マッサ フェラーリ 1:28.884 25
6 F・アロンソ マクラーレン 1:28.947 24
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:28.995 27
8 H・コヴァライネン ルノー 1:29.025 28
9 A・ブルツ ウィリアムズ 1:29.093 27
10 R・クビサ BMW 1:29.368 31
11 D・クルサード レッドブル 1:29.435 12
12 G・フィジケラ ルノー 1:29.456 28
13 N・ハイドフェルド BMW 1:29.792 30
14 J・バトン ホンダ 1:29.945 26
15 R・バリチェロ ホンダ 1:30.055 31
16 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:30.104 27
17 M・ウェーバー レッドブル 1:30.315 25
18 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:30.530 24
19 V・リウッツィ トロロッソ 1:30.702 24
20 S・ヴェッテル トロロッソ 1:30.801 16
21 A・スーティル スパイカー 1:31.153 32
22 山本 左近 スパイカー 1:31.175 32


 始まりました第12戦トルコGP。
 FP2でこそハミルトンがトップタイムでしたが、FP1のフェラーリのぶっちぎりのタイムを見るとフェラーリがかなり優勢な位置にいるかもしれません。マクラーレンが本気を出していなければ別ですが…

 この辺は今日の走りを見て見ないと分かりませんねー。
 また、ガスコインお得意のBバージョンマシンは遅れているとのことで、スパイカーのニューマシンはデビューお預けとなりました。左近はFP2でスーティルに迫るタイムを見せているのが明るい材料です。
 最近Q1落ちが定例化しつつあるSuperAguri、深刻な資金難も囁かれていますが後半戦でもうひと花さかせてもらいたいものですね。  
[PR]

by R-130 | 2007-08-25 12:04 | ∟F1 2007 Practice
2007年 08月 25日
F1:第12戦 トルコGPプレビュー
c0101167_1032759.jpg

■ ウエブサイト  http://www.msoisutanbul.com
■ アドレス  34959 Tuzia-isutanbul Turkey
■ コース全長  5.338km
■ 周回数(レース距離)  58周(309.396km)
■ コースレコード  1'24"770/2005年 J-P.モントーヤ(マクラーレン)
■ 決勝ベストラップ  1'24"770/2005年 J-P.モントーヤ(マクラーレン)
■ 2006年 リザルト
  ・ポールポジション  F・マッサ(フェラーリ)/1'26"907
  ・優勝  F・マッサ(フェラーリ)/1h28'51"082
  ・ファステストラップ  M・シューマッハー(フェラーリ)/1'28"005


 短い夏休みを経て、F1が帰ってきました!!
 今年も早いもので第12戦、トルコGPです。
 最近出来たサーキットの中ではなかなか面白いレイアウトで、ダブルヘアピンあり、4個の複合コーナーで構成された8コーナー、高速コーナーで繋がれたストレート、大きなアップダウン、そしてヨーロッパでは珍しい反時計回りのレイアウトと、見所満載です。

 それでは短い夏休みの間のニュースを、チラッと振り返りましょう。



■ トーロ・ロッソの来期のラインナップは、ヴェッテルとボーデ

 現職は二人共職を失います…シビアですね。
 今季修行地のBMWから戻ってきたヴェッテルに、2003年現GP2の旧F3000でワールドチャンピオンになり、その後チャンプカーで3年連続チャンピオン、今年もタイトルに届きそうなボーデと言う若生2人の才能が、来期のトーロ・ロッソのステアリングを握ることになりました。
 意外だったのはスピードだけでなくリウッツィもシートを失ったこと。リウッツィは、TOYOTAやウイリアムズと既に接触、テストドライバーでの残留の道を探っているようです。スピードは…アメリカでレースの道を探すことになりそうな気配です。



■ BMWの来期のラインナップもハイドフェルドとクビカで!!

 こちらも来期のシートが決定。現状の成績を考えれば変更する必要もないというのが実情でしょう。
 ドライバーを早めに確定させ、来期以降の開発に集中できる環境を整えつつあるBMW。しかし、3番手の位置を確保しつつある今季のパフォーマンスを来期も継続させることは容易ではないと思います。来期には初優勝を目論むBMWですが、まずはパフォーマンスの安定が今後の最優先課題でしょう。



■ プロドライブ参戦、発表!?暗礁!?

 12番目のF1参戦チームとして昨年承認されたプロドライブチーム。しかしその具体的な参戦内容は、いまだ我々の前に姿を現していない。
 噂では、実質のマクラーレンチームのナンバー2的位置関係だという内容が流れていたが、7月いっぱいを交渉期限としてデッドラインを設けていたマクラーレンからは何の発表もなく、ひょっとすると参戦は立ち消えになるのでは…と言う噂もありました。
 しかし、チームオーナーのリチャーズは参戦に自信を覗かせているようで、"近いうちに発表できる"と豪語しております。
 ドライバーの噂としては、マクラーレン所属のテストドライバーのデ・ラ・ロサやパフェットの他に、ヴルツ、フィジケラ、ラルフと噂は豊富です。特にベテランドライバーで現職を失いそうなドライバーには、格好の移籍先となりそう…
 果たしてプロドライブの全貌とは如何に???
[PR]

by R-130 | 2007-08-25 10:00 | ∟F1 2007 GP Preview