2007年 07月 26日 ( 1 )

2007年 07月 26日
サッカー:アジアカップ 準決勝
■ アジアカップ準決勝

○ イラク 0 --- 0 韓国 ●
   (PK 4 --- 2)

○ サウジアラビア 3 --- 2 日本 ●



 イラクと韓国の試合は、なかなかゴールが決まりそうで決まらない、良く言えば1点を争う好ゲーム、悪く言えば決定力にかけたグダグダゲームと言った感じだった。個人的には圧倒的に後者の感じがしたが…なんとも雰囲気が締まらない試合だった。

 韓国はそれでもPKまで持ち込めば勝てるという自身があったように感じた。
 特に、GKのイ・ウンジェのPK戦に入ったときの、意味不明の自信顔がそれを物語っていたと思う。イラクをPKで下してきたという自信もあったのだろうか。

 しかしその自信顔のイ・ウンジェはイラクのPKを1本も止める事が出来ず(触れることはできたが…)4-2で韓国が敗退。イラン、韓国と言う強豪を押しのけてイラクが決勝に勝ち名乗りを上げた。



 その後すぐに行われた日本vsサウジアラビア戦。
 結果は誰もが知っておりくどくど書いても仕方ないので、問題点だけを簡潔にまとめたい。



◇ パスにこだわりすぎているきらいがある

 これはアジアカップの本戦全てにいえることだが、パスを意識するあまりか妙に繋ぎすぎるきらいがあるように思えた。もっと強引に言っていい気がするシーンが幾度となくあった。サウジ戦も然り。うまくやれば流れの中から1-2点取れたように思える。特に追わなければならないときはシュートを意識することも必要かと。妙なパスがミスに繋がってカウンターを喰らったりするシーンも少なくなかった。攻撃の形は悪くないが、最後の詰めは再考の余地があるように思える。



◇ CBとしての阿部の能力の限界

 サウジ戦ではミスを帳消しにするゴールも生まれ、オフェンス面ではそれなりに評価される部分があるが、同じくサウジ戦の2点目3点目は阿部のミスも大きい。
 特に3点目は消さなければならないニアポストのシュートコースを阿部が開けてしまい、確かに角度の無い難しいシュートではあったが、ある程度の技術と今回のようにトーキックで川口のタイミングを外されるようなシュートを打たれれば、いかなキーパーでも対応は難しい。彼をそれでもCBとして使うようならそれ相応の経験が必要になるだろう。



◇ ボランチの守備能力とカバーリング

 攻撃大好き中村憲剛は、3列目からの飛び出しを武器とするだけあって、攻撃面にはなかなかいいアクセントをつけれるが、守備力ははっきり言って並以下である。
 そうすると必然鈴木に守備の負担が増えるわけだが、たまにー前がかりになるこの両者が自陣から消えることがあるので要注意である。鈴木の守備能力は、特に運動量の多さで相手のチャンスを未然に防ぐ活躍と言う意味では貢献しているが、如何せん非常に多い運動量を要求されているため、後半も半分を過ぎる頃には流石に序盤の動きは鈍ってしまう。その時の守備のバランスも再考の余地がありそう。ちなみに遠藤は、スピードと得点能力が無いので(FKを除く)中村憲剛と入れ替えるのもありかと。



◇ 加地はもう限界、巻も格下のみしか得点できない

 加地もう駄目だろう。いたずらにリズムを悪くし、ドリブルも出来ない、クロスの精度も低い、守備も出来ないでダメダメ。駒野を右に回して左に今野や、トゥーリオが帰ってきたら阿部をLSBに使って(この起用もワールドクラスでは無理がありすぎるがアジアレベルなら何とかなるかも)やはり右に駒野と言う選択肢が良さそう。加地はもう無理だと思う。
 巻はJでもさして実績を残しているわけでもなく、アジアカップでもベトナム相手にしか得点が出来なかった。実力を物語っているようなものである。
 佐藤や、今代表に呼ばれていない田中達也や大久保あたりを使ったほうがいいだろう。


 
◇ もっと身のあるフレンドリーマッチを組むように協会に求む

 核下ばかりの相手で、守備面の問題が一切浮かび上がらないまま1年が経ち、この大会は守備の問題が浮き彫りにされる試合になる、と公言したとおり守備に問題点が発覚した。それもこれも、協会がどうしようもない国しか日本に引っ張って来れないため。それがダメなら自分たちから出向け。もっと相手が格上とも言えるような相手と試合をしないと問題点は浮かび上がらない。格下相手に点を取っても、それは問題解決にはつながらない。



◇ そろそろGK川口も替えるべき

 ベスト8のオーストラリア戦は神がかり的なセーブで日本を救ったが、やはり不用意な飛び出しが多く、パフォーマンス的には極めて不安定といわざるを得ない。W杯のオーストラリアへの失点も、川口の飛び出しのまずさが原因で生まれたものもあった。
 それそろ後進に道を譲る時代なのかもしれない。


 まあそれでもサウジ戦は取ったらすぐ取り返した執念と、最後の15分くらいの何が何でも得点してやるという気迫だけは評価したい。厳しく言えばもっと前から気迫出して点を取っておけ、と言うことも出来るが内容は悪くはなかったので、よしとしよう。
 攻めて3位決定戦は、ぐだぐだの韓国をきっちり沈めて3位確保し、アジアカップの予備予選を免除してもらいたいものである。


  
[PR]

by R-130 | 2007-07-26 00:55 | ∟サッカー日本代表