2007年 07月 04日 ( 3 )

2007年 07月 04日
サッカー:コパアメリカ グループリーグ第2節
■ グループA

○ ウルグアイ 1 --- 0 ボリビア ●
△ ベネズエラ 2 --- 2 ペルー △

順位 1位 ペルー 勝点4  2位 ウルグアイ 勝点3
    3位 ベネズエラ 勝点2  4位 ボリビア 勝点1

 初戦でペルーに大敗したウルグアイはボリビアに1-0で辛勝。決勝トーナメントへの希望を繋いだ。ホスト国ベネズエラは、勢いに乗るペルーを2-2のドローに押さえて勝点1を獲得。こちらもホスト国の意地を見せて決勝T進出なるか!?
 未だ全チームに決勝T進出の可能性があるだけに目が離せない。
 数字や実力差を考えればペルーがかなり有利ではあるが…

--グループリーグ最終節--  
 ・ベネズエラ --- ウルグアイ   ・ペルー --- ボリビア 



■ グループB

○ ブラジル 3 --- 0 チリ ●
○ メキシコ 2 --- 1 エクアドル ●

※ メキシコの決勝T進出が決定!!

順位 1位 メキシコ 勝点6  2位 ブラジル 勝点3
    3位 エクアドル 勝点3  4位 チリ 勝点0

 初戦でメキシコに0-2で完敗したブラジルは、フレッヂの骨折と言う重苦しい雰囲気もロビーニョのハットトリックで快勝。連敗のチリは滑り込み3位枠での決勝T進出の道があるが、かなり難しくなったことは間違いない。 
 メキシコはエクアドルを破り連勝。決勝T進出1番乗りを決めた。

--グループリーグ最終節--  
 ・ブラジル --- エクアドル   ・メキシコ --- チリ



■ グループC

○ アルゼンチン 4 --- 2 コロンビア ●
○ パラグアイ 3 --- 1 アメリカ ●

※ アルゼンチン、パラグアイの決勝T進出が決定!!

順位 1位 パラグアイ 勝点6  2位 アルゼンチン 勝点6
    3位 アメリカ 勝点0  4位 コロンビア 勝点0

 アルゼンチン、パラグアイが大勝し2位以上が確定。この2チームは最終節に直接対決が待っている。ただ、アルゼンチンは絶好調だったクレスポが負傷交代。残りの試合の出場が絶望になったと報じられている。
 アメリカはゴールドカップの疲れからか不調を囲う。グループCはアルゼンチンとパラグアイが大量得点しているため、滑り込み3位が非常に難しいグループとなってしまった。

--グループリーグ最終節--  
 ・アルゼンチン --- パラグアイ   ・アメリカ --- コロンビア


サッカーについてのブログを表示する.

  
[PR]

by R-130 | 2007-07-04 23:30 | ∟Football otherissue
2007年 07月 04日
F1:第9戦 イギリスGPプレビュー
c0101167_7241782.jpg

■ ウエブサイト  http://www.silverstone-circuit.co.uk
■ アドレス  Silverstone Towcester Northamptonshire NN12 8TN England
■ コース全長  5.141km
■ 周回数(レース距離)  60周(308.355km)
■ コースレコード  1'18"233/2004年 K・ライコネン(マクラーレン)
■ 決勝ベストラップ  1'18"739/2004年 M・シューマッハー(フェラーリ)
■ 2006年 リザルト
  ・ポールポジション  F・アロンソ(ルノー)/1'20"253
  ・優勝  F・アロンソ(ルノー)/1h25'51"927
  ・ファステストラップ  F・アロンソ(ルノー)/1'21"599


c0101167_8442077.jpg

 かの有名な渋滞の激しいシルバーストーンへと続く道…

 さて、いよいよ2007年シーズンも折り返し。第9戦イギリスGPatシルバーストーンです。
 シルバーストーンの最新映像にもありましたが、雨が降っていました。そう、シルバーストーンは結構雨が降ることがあるんですね。"ブリティッシュウェザー"なんて言いますし。マニクールは結局雨が降りませんでしたが、今レースでのウエットはあるのでしょうか。

 鈴鹿がグランプリカレンダーから消滅した今、もっとも路面が粗いサーキットになったこのシルバーストーン。タイヤの磨耗が異常に早く、恐らく固めのコンパウンドが投入されることが予想されます。また、燃料effectが大きいのですが、ピットレーンが長いのでピットインでのロスタイムを結構強いられることでも有名で、ピット戦略が物を言いそうな気配がします。ベストは2ストップなんでしょうが、中位陣はソフト側のタイヤでのロングラン性能が悪くなければ1ストップもあると思います。


 昨年はアロンソが独走してしまい、少々退屈なレースだったイギリスGP。
 昨年もミハエルが巻き返しムードの中で、アロンソがそれを阻止したレースになりました。
 マクラーレンファンやアロンソファンには申し訳ないんですが、今年はそうならないことを願いたいですね。


  また、グランプリとは直接の関係は無い話なんですが、イギリスの相次ぐテロ未遂事件を受けて、イギリスGP期間中の警官の大幅増員が決められました。グランプリがテロに狙われるなんて最悪な事態は起こらないで欲しいですが、実際グランプリには多くの人間が集まるわけで…今年のイギリスGPが無事開催され、終了することを心から願う次第です。


追伸:

 フランスGPで久々にフェラーリが優勝しましたが、数多くのF1ブログを見てて思ったことが

"フェラーリが優勝するとコメント数がぐっと増える"

と言うこと。まあ久々優勝したから、と言うのもあるのでしょうがマクラーレンが席捲していたときより、かなり多くのブログでコメント数が急増していました(^^ゞやはりフェラーリには不思議な力、と言うか人を惹きつける魅力、見たいなものがあるのかもしれません。
 今年がマクラーレンの独走にならないようにフェラーリにはここで是非とも踏ん張ってもらいたいものです。
c0101167_96762.jpg
 
F1についてのブログを表示する.

[PR]

by R-130 | 2007-07-04 09:06 | ∟F1 2007 GP Preview
2007年 07月 04日
サッカー:もうすぐアジアカップ!!
 7月7日よりいよいよアジアカップが始まります!!
 文字通り、アジアナンバー1を決める大会とあって、やっぱり見るほうとしても、こぶしをムムムっ、と握り締めながら毎日見ちゃうと思います。

 今回はインドネシア、マレーシア、ベトナム、タイの4カ国共催言うことでいきなり開催国が4つも埋まってしまうと言う珍しい大会でしたが、もちろん日本も実力で本大会出場を決めています。

 で、アジアカップに優勝すると漏れなくコンフェデレーションズカップの出場権がついてきます。これは、世界6大陸の覇者+前回優勝国+ホスト国の8カ国のナショナルチームが、世界一をかけて争うW杯の1年前に行われる前哨戦みたいなものです。世界の強豪と本気レベルで競り合うことが出来る数少ない国際大会なので、ぜひ優勝して参加してもらいたいものです(って本当はただ盛り上がって見たいだけなんですが…)。

 


■ 日本代表メンバー 23名


 それでは、日本代表の23人のメンバーを見て見ましょう。


GK
川口能活(磐田)
楢崎正剛(名古屋)
川島永嗣(川崎)

DF
中澤佑二(横浜FM)
坪井慶介(浦和)
加地亮(G大阪)
駒野友一(広島)

MF
中村俊輔(セルティック/スコットランド)
橋本英郎(G大阪)
羽生直剛(千葉)
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
鈴木啓太(浦和)
阿部勇樹(浦和)
今野泰幸(FC東京)
山岸智(千葉)
太田吉彰(磐田)
水野晃樹(千葉)

FW
高原直泰(フランクフルト/ドイツ)
播戸竜二(G大阪)
巻誠一郎(千葉)
佐藤寿人(広島)
矢野貴章(新潟)


 げげっ!!トゥーリオの名前が無い…何とも怪我で参戦できないそうです…これは日本のDFラインが心配ですね。阿部と坪井には頑張ってもらわないと…でもCBは3人と非常に頭数的にも心許無いです。これ以上怪我人が出るとやばいですよ…。

 今回、本田や家長、そして前評判の高かった前田を押しのけ、初選出された太田選手(磐田)。無尽蔵のスタミナで90分ピッチを所狭しと駆け回るプレースタイルをオシムも買っているようです。彼の活躍にも期待したいですね。

 全体的にMFの登録が多いのは、やはりオシムも中盤が試合の流れを変える"肝"であると言う認識をしているのでしょう。実に色々なタイプの選手を登録しており、あらゆる流れにも選手交代で対応出来る体制にしていると言ったところでしょうか。実際これまでのテストマッチでも、まずは中盤を変えてリズムを作り直す采配が非常に多かったです。この辺のオシム采配に、アジアカップ制覇がかかっているので、今回は本気モードの大会、必見です。

 後、昨日の速報で播戸選手が怪我で出場が危ぶまれているそうです。大丈夫でしょうか…


■ 日本が入っているグループBの展望


 それでは各グループのメンバーと日本が入っているグループBの展望を簡単に。


◇ グループA

オーストラリア
イラク
オマーン
タイ


◇ グループB

日本
カタール
UAE
ベトナム


◇グループC

中国
IRイラン
マレーシア
ウズベキスタン


◇グループD

バーレーン
インドネシア
韓国
サウジアラビア

 上位2カ国が勝ち抜けです。面子的にはグループDが一番悲惨でしょうか。はっきり言っちゃいますとインドネシアは蚊帳の外で、韓国・サウジの2強にバーレーンがどう肉薄するか、という感じだと思います。しかし、サウジと韓国が同居すると言うことは…どちらか片方はシード国ではなかったということですよね。何とも恐ろしい…
 さて、日本が属するグループBも組み合わせ的にはあまり恵まれていません。
 と、言うのは過去の対戦成績。

・対カタール       2敗 2分(!!)  アジアカップ 第1戦 7月9日 
・対UAE      3勝 2敗 6分    アジアカップ 第2戦 7月13日
・対ベトナム    3勝    1分    アジアカップ 第3戦 7月16日

 何と!!カタールに勝ったことが無い!!これが意外でした。UAEとも星取ではほぼ五分なんですね。実力的には日本のほうが抜けているとは思いますが油断は出来ないっす。気の抜けないグループに入ってしまいました…


 日本の初戦は7月9日にカタール戦、いきなり難敵と当たります。是非とも勝利して決勝トーナメント出場に弾みをつけてもらいたいものです。
c0101167_7122124.jpg

 AFCのアジアカップイメージイラスト。
 おお、俊輔が真ん中に!?やはりアジアを代表する選手と言うことなんでしょうか。
あ、代表にも入っていない三都主アレサンドロが、右の方に…

サッカーについてのブログを表示する.

[PR]

by R-130 | 2007-07-04 07:15 | ∟サッカー日本代表