2007年 05月 23日 ( 2 )

2007年 05月 23日
サッカー:UEFACL06-07 Finalの予想
 当たった試しのない今夜のFinalの予想を簡単に…
 今年のCLをずーっと見てきた、"個人的な主観"は次の通り。

A 怪我人の多いチームは負けている(当たり前)
B 層が薄く、選手を固定せざるを得ないチームは負けている
C CL前節で激闘を演じたチームは次の試合負けている
D 今季"会心の試合"をしたチームは次の試合負けている

 あくまでそういう傾向にある、というだけで全試合そうなったというわけではない。
 これらのフィルターに、ACミランとリバプールをふるいにかけると、該当するのは

ACミラン … B,C,D
リバプール … A,C

 と、言うことになる。
 ここで気になるのは、ACミラン。何となく彼らのCLにおけるピークはマンU戦だったような気がする。あの、恐らく持てる力を100%以上発揮したハイテンションを、決勝でも持続するとは考えにくい。
 逆にリバプールは、まだ持てる力があるように思える。
 ルイス・ガルシアの離脱は確かに痛かったが、マスチェラーノの台頭で、中盤はオプションが増えた。また、ゼンデンの故障にあわせるようにキューウェルが復帰。ひょっとすれば、今シーズン2試合しかリーグ戦に出ていないキューウェルが、大舞台の決勝に、ユニフォームを着ている可能性も否定できないだろう。

 選手層の違いから、試合が膠着したときに打開を図れるのはリバプールが上手。ただ、逃げ切りを考えた場合、これまでの実績からミランが有利(イスタンブールの奇跡は例外)。
 
 ちなみに、決勝の主審に決まったドイツのファンデル氏。彼が笛を吹いた場合、リバプールは1点も取ったことがなく、ミランは5戦全勝、と言うデータも残っている。審判の相性は、結構関係ないようであるので無視できない…

 が、最後の結論としては、決勝は

2-1 でリバプールがビックイヤー

 と、予想。もし、ACミランが優勝すれば、カカは間違いなくバロンドールだろうが…優勝しなければバロンドールは混沌とするでしょうね。(それでもカカなのかなぁ、C.ロナウドの線もありそうだけど)。もし、ベニテスの雁字搦めの"カカ封じ"を打ち破って、カカが決勝点でも挙げようなら、カカは本当に歴史に名を残す選手になるでしょうね。
 後、大きな声では言えないけど八百屋が予想すると悉く反対の結果になるため、
この瞬間、ACミランの優勝が決定
との見方も…
 今夜を期待しましょう(^^ゞ
[PR]

by R-130 | 2007-05-23 07:53 | ∟UEFA CL 06-07
2007年 05月 23日
F1:第5戦 モナコGPプレビュー
■ ウエブサイト  http://www.amc.mc
■ アドレス  23 Boulevard Albert 1er BP 464 98000 MC Monaco
■ コース全長  3.340km
■ 周回数(レース距離)  78周(260.520km)
■ コースレコード  1'13"532/2006年 K・ライコネン(マクラーレン)
■ 決勝ベストラップ  1'14"439/2004年 M・シューマッハー(フェラーリ)
■ 2006年 リザルト
  ・ポールポジション  F・アロンソ(ルノー)/1'13"962
  ・優勝  F・アロンソ(ルノー)/1h43'43"116
  ・ファステストラップ  M・シューマッハー(フェラーリ)/1'15"143

 今週末は"モナコでの優勝は普通のコースの3勝分の価値がある"と言われているモナコGPです。
 ここは、普通のグランプリと違う点がいくつかあるので紹介しておきます。


◆ 開催日が、木・土・日と変則的

 いつものグランプリウイークは金・土・日ですが、モナコは木曜始まりで金曜日1日空いて土・日の開催となります。いつもより開始が1日早いですね。


◆ 決勝の走行距離が305kmに満たない

 普通のサーキットでの決勝は305km以上の走行が義務付けられていますが(フォーメーションラップの再走行などで減算はあり得るが)、モナコは最初から走行距離が260km 程しかありません。これはコースレイアウトが"超低速"であるため、305km走ろうとすると、もう1つのルールである"2時間ルール(グランプリの走行はどれだけ長くとも2時間を越えたらその周で打ち切り)"を超えるからです。


◆ 近年では唯一の純然たる"公道コース"ガードレールにコースが覆われている箇所が多い

 純然たる公道コースといえばここ最近ではモナコしかなくなりました。1部公道、となると、アルバートパーク、スパ・フランコルシャン、モントリオール(モントリオールはちょっと違うかな)等がありますが、全コース公道で、グランプリ期間中にグランプリのために封鎖されるのはモナコだけです。公道と言うことで、パーマネントサーキットにあるグラベルやランオフエリアは殆どありません。わずかにエスケープゾーンがあるだけで、殆どがガードレールに覆われているため、色々なドラマが巻き起こります。


 さて、モナコはそのコース特性ゆえ色々なドラマが起こることでも有名です。昨年では、ミハエルの予選時の"とうせんぼ事件"がありましたが今年はどうでしょうか。
 個人的には、雨の荒れたレースを制した1996年のパニスの優勝が思い出深いです。その他にも本当に色々なドラマを紡ぎだしているモナコGP。
 今年はどんなドラマが待っているのでしょうか? 
[PR]

by R-130 | 2007-05-23 07:31 | ∟F1 2007 GP Preview