2007年 04月 25日 ( 2 )

2007年 04月 25日
【速報】:UEFAチャンピオンズリーグベスト4 1stleg①
日本時間の25日早朝に行われた、CLベスト4の1stlegの結果を記載しています。
結果を知りたくない方はこの先を読み進めないようにお願いします。
この先の内容は、"続きはこちらから"をクリックしてご覧頂きますよう、お願いします。

続きはこちらから
[PR]

by R-130 | 2007-04-25 06:54 | ∟UEFA CL 06-07
2007年 04月 25日
サッカー:UEFAチャンピオンズリーグ ベスト4の予想と願望
 もうすぐ始まるCLのベスト4。今年ももうここまで来たかぁ、早っっ!!と思いつつ、簡単に展望と願望と。いつも当たった試しがないので最近はするのを控えていたんですが、ちょっと開始まで時間もあるので簡単に。

◇ 4/24 1stleg マンチェスター・ユナイテッド vs ACミラン  at  オールド・トラッドフォード

-予想スタメン uefa.comより-

■ マンU 4-4-2

    ルーニー   スミス

ギグス            ロナウド

    スコールズ  キャリック

フレッチャー エインセ ブラウン オシェイ

       ファン・デルサール


■ ミラン 4-3-2-1

         インザーギ

     カカ         セードルフ

アンブロジーニ  ピルロ  ガットゥーゾ

ヤンクロフスキ マルディーニ ネスタ オッド

            ヂダ


 DFラインに怪我人多発で両SBが本職ではなく、攻撃面は良しとしても守備面に不安を残すマンUと、得点力不足に泣きながら抜群の守備力と中盤の制圧力でここまで勝ち進んできたミラン。好対照な両チームの戦いとなる。
 過去に98-99シーズン、マンUが「カンプ・ノウ」の奇跡で優勝した年、準決勝で当たったのがアンチェロッティ率いるユベントスだった。一方のミランは、ビッグコンペティションに過去11度準決勝まで勝ち上がり、その内9回が決勝まで駒を進めると言うデータが残っており、机上の空論ではミラン有利と言うことになりそうだ。

 ゲーム展開は、ミランはアウェーなので無理をせず守備的に徹し、カカの1撃やセットプレーにかけるスタイル。マンUはアウェーゴールはやりたくないからやはり守備的に行くのかなぁ、と言った中盤ガチガチのまったりとした(いや見ごたえのある中盤のせめぎ合いになるかも)展開が予想される。
 基本的に今までのミランはベスト8のバイエルン戦以外、アウェーではまったりやってきている。だから、バイエルン戦が彼らの本性なのか、バイエルンのルーズな中盤だったからあれだけ攻撃できたからなのかは何とも言えない所だ。
 マンUとしては、もう予想スタメン見ても攻めるしかない、と言うメンバーになっているが、今シーズンは本当にアウェーゴールに泣いているチームが多いだけに、Sir・Alexはどう考えているだろうか。
 マンUにとって警戒すべきは、カカとインザーギ、と言うことなのだろうが意外にやばいのがセードルフ。CLを3チームに渡り経験しているだけに老獪な1撃には要注意。キャリックとスコールズがどれだけ中盤を抑えられるか。彼らはどちらかといえば攻撃に持ち味を出すタイプ。ファーディナンドとヴィデッチの鉄壁CBが揃って不在で後ろを気にしながらのプレーでどれだけやれるだろうか。

■ 予想スコア … 0-0 もしくは 1-1でドロー スコアレスドローか1-1ドローは意味合いが大きく違うが…



◇ 4/25 1stleg  チェルシー vs リバプール  at スタンフォードブリッジ

-スタメン予想 八百屋個人的-

■ チェルシー 4-4-2

  シェフチェンコ    ドログバ

        ランパード

   J・コール       ミケウ

         マケレレ

A・コール テリー ブラルーズ フェレイラ

         ツェフ

■ リバプール 4-4-2

   ベラミー     カイト

リーセ             ジェラード

    アロンソ   シッソコ

アルベロア アッガー キャラガー フィナン

          レイナ

 
 …自分で予想しろ、といわれると結構難しい…
 チェルシーの場合、エッシェンがサスペンション、バラックとカルバーリョが怪我というこれまたマンUに負けず劣らず悲惨な状況。DFラインは適正で言えばCBの1枚はブラルーズなのだが、最近使っていないのでフェレイラを真ん中、RSBにディアッラと言う線もありそう。しかしフェレイラの出来もあんまりいいとは言いがたかった(ニューカッスル戦)だけに…頭が痛そうだ。
 バラックの離脱(?)も大きな痛手になりそうで、コンディションから考えればこの4人が中盤を任されそう。リバプールの分厚い攻撃にポゼッションで応戦するためにも最初から4-3-3は使わないだろう。あるとすれば後半のある程度の時間帯からだろう。
 一方のリバプールは、プレミアは4位以内確保、故障者もルイス・ガルシア以外は僅か。と言うことで一番CLに集中できる環境下にある。メディアの予想もリバプールが絶対的に有利、と報じているが、今まで絶対的に有利と言われたチームが敗退していった姿を何度と無く目にしているので、あまり参考にはならない。
 FWはクラウチを使う可能性も充分にある、が、多分クラウチはプレミアでテリーらに攻略されているので、速さで揺さぶるベラミーを持ってきたほうが得策ではないかと言う八百屋の個人的主観。まあ、後半のスーパーサブ的に使うという選択肢も充分有り、ベニテスとしてはニヤニヤしながら考えているのではないだろうか。

 試合展開は、守備に不安を抱え、アウェーゴールを気にしながら慎重に戦うチェルシーを、リバプールが追い立てまくる試合になりそう。と言っても前がかりと言うわけではなく、バルサ戦で見せたような、中盤からの積極的なプレスにボールを奪ったら徹底したサイドからの速攻、と言う形だろう。ただ、先ほども言ったがメディアが言うほどこの両チームに大きな差は無いんじゃないかと思う。カルバーリョとバラックが戻れば、チェルシーのほうが断然上だ。これまで、窮地に立たされつつも、何度となく逆境を撥ね返してきたモウリーニョ。ついに隠れた功労者バラックを失ったモウリーニョが今回も結果を残せるのかに注目したい。

■ 予想スコア  0-1 か 1-2 でリバプール 引き分けはなさそうな気がする。チェルシー勝利?1stlegでの勝利は難しそう。頑張ってドロー?         
[PR]

by R-130 | 2007-04-25 03:18 | ∟UEFA CL 06-07