2007年 04月 18日 ( 3 )

2007年 04月 18日
スポーツ:専大北上高野球部解散へ、-西武裏金問題-
 西武に続き、先日横浜も裏金問題が発覚しこの余波がプロ・アマ問わずあちこちに波及しているが、ついに高校の野球部が責任を取って"解散"することとなった。
 専大北上高、早大の元選手が西武から裏金を受け取っていた問題で、選手の母校に当たり、また更に問題になったのは、中学校の野球の成績などにより、高校の授業料が免除される"特待生制度"があったことだ。

 色々と問題を整理したい。
 まず、球団や一部の選手のエゴが、ついに多くの全く関係のない、野球を志す青年に多大なる迷惑をかけた、と言う由々しき事態である。新聞の表現上は"自主解散"となっているが、高校の野球部に所属している選手たちが自主的に行っているわけでは当然ない。あくまで自主的なのは、風当たりがけじめをつけるために学校側が取った行動であり、部員である彼らにしてみれば、青天の霹靂、第三者により可能性が大きく踏みにじられたと言っても過言ではない。
 ただ、解散を受け、一旦日本高野連からは除名されるが、
1.再発防止策を講じること
2.指導者を新しく立てる事
3.特待生制度を廃止すること
4.特待生制度の廃止を現状の関係者や保護者に説明し同意を得ること
と、言う条件が満たされれば高野連への再登録もありうるという"再生への道"は一応作られた。夏の甲子園の予選である県大会に出場するためには、6月中旬までに上記の条件を満たすことが必要となり、期間的にも不可能な話ではないらしい。この辺は、加入している部員たちにとって唯一の希望といえるだろうか。
 解散後は"野球同好会"と言う形で再スタートを切り、諸々の問題がクリアできれば、再登録に向けて動き出しことになるという。

 次に特待生制度。
 これは大きな声で言っていいのか知らないが、八百屋の身の回りでも普通にあった事だ。入学金だけでなく、授業料の免除を"非公式に"掲げているスポーツが盛んな私立高校にはあった話だ。野球やバスケの盛んな某私立高校(当時)に入学が決まっていた知人が、
「ただで高校に行ける」
と話してくれたのを八百屋は今でも覚えている。中体連で輝かしい成果を収めれば、その辺の費用は全て高校持ちだと言う。高校からその知人に接触してきたと言う話だった。
 当時、八百屋は"それが普通なんだ"と思っていた。
 しかし、それは大きなルール違反だったのだ(かつては合法でここ10年くらいでルール違反となったのだったらごめんなさい)。そういうことをしている高校、結構あると思うんだけど身に覚えのある高校はこれを機に一切辞めるべきである。

 そして、西武に続き横浜、そして次に続く球団が出てきてももう驚かないであろう裏金問題。この根幹は、希望枠制度であることは前述したとおりだが、補足として、"契約金1億円+出来高5千万の計1億5千万の契約金の規則が実質的な拘束力を持っていなかった"ことを付け加えておきたい。

 希望枠制度の導入で、契約金がうなぎ登りになることは誰の眼から見ても明らかだった。それに歯止めをかけるために93年に、上記の1億5千万を上限とする線引きが成されたかに見えた。
 しかし、これに噛み付いたのはあの"巨人"。「契約金の上限を設けることは独占禁止法に違反する」と言い放ち、更には「ドラフトそのものが独禁法違反だ」とまでぶちまげたのだ。
 …しかしそれから10年。金に糸目をつけず有名選手をFAを利用して買い漁り、趣旨こそ違うが、違った意味で巨人が独占禁止法に違反している様な気がしてならない。彼らに結果が残っていないから我々もまだ静観できるが、これでプロ野球界を席捲していたら大ブーイングものだっただろう。
 この巨人の発言が、紙の上での約束事である1億5千万にプラスして、見えないところでの金銭供与と言う"裏金問題"に発展したのである。

 決め付けはよくないが、多くの大物選手を買い漁り、また最後まで希望枠制度にこだわり続けていた巨人が、裏金を使っていないはずがないと八百屋は思っている。また他の球団も、経営を圧迫するほどの裏金を使っている可能性日今もって否定できない。現在は表に出すこともタブーとされているが、あの現レッドソックスの松坂にも裏金疑惑が向けられている。これだけの大物である。可能性を疑わない方がおかしい。

 まだまだ物議をかもしそうな裏金問題。膿を出すだけ出し切って、ウエーバー制度やサラリーキャップ制度(これは裏金問題とはあまり関係ないが、金持ちが絶対的に優位な立場にいる、と言うのはおかしいと思うので導入されてもいいと思っている、自由競争との兼ね合いが大きな問題になると思うが)の導入への議論を活発にし、より健全なプロ野球界を構築していくべきだと思う。とにかく今のままでは、ファンも納得できないと思うし、西武が1位でも何処かこう、釈然としないものを感じるのは八百屋だけではないはずだ。
 
[PR]

by R-130 | 2007-04-18 23:37 | Sports
2007年 04月 18日
F1:誰だ!!こんなクソオープニング作ったのは…
 こんな夜中にアップする記事だからろくな記事ではない、と言うことを断った上で本題。
 F1の開幕戦から、多くのブログで取り上げられていた地上波のCXのオープニング。かなり酷い、と言うことは聞いていたんだけど、見ないまま3戦が過ぎ…はたと思い出して、
「よし、見よう」
と言うことで、You Tubeで検索…
しっかりアップされていました(^-^;やっぱり暇な人、いるんですねー。まあすごく助かるんですけど。

http://www.youtube.com/watch?v=ISAdU0NweQM


 なんだこゃ。今までの3DCGの方がよっほどいいじゃないかい。何、このアメコミ崩れの2Dアニメキャラは?設定は?理解に苦しむぞ…
 こういう風にすれば、初心者にもわかりやすい…わけないか。誰だこんなオープニング作ったのは、誰だOK出したディレクターは。多分スタッフF1のことそんなに好きじゃないでしょ。じゃなきゃ、こーはならないって。


 Queenが泣いてるぞ、マジで…
 だからCXは中途半端なミーハー局なんだよなぁ…
[PR]

by R-130 | 2007-04-18 02:54 | ∟F1 2007 Other issue
2007年 04月 18日
F1:第3戦 バーレーンGP決勝 3人が22ポイントで並ぶ!!
c0101167_0464317.jpg

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 F・マッサ フェラーリ 1:32:27.515
2 L・ハミルトン マクラーレン + 2.360
3 K・ライコネン フェラーリ + 10.839
4 N・ハイドフェルド BMW + 13.831
5 F・アロンソ マクラーレン + 14.426
6 R・クビサ BMW + 45.529
7 J・トゥルーリ トヨタ + 1:21.371
8 G・フィジケラ ルノー + 1:21.701
9 H・コヴァライネン ルノー + 1:29.411
10 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1:29.916
11 A・ブルツ ウィリアムズ + 1 laps
12 R・シューマッハ トヨタ + 1 laps
13 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
14 C・アルバース スパイカー + 2 laps
15 A・スーティル スパイカー + 4 laps
Did not finish
16 A・デビッドソン スーパー アグリ + 6 laps
17 M・ウェーバー レッドブル + 16 laps
18 D・クルサード レッドブル + 21 laps
19 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 23 laps
20 V・リウッツィ トロロッソ + 31 laps
21 J・バトン ホンダ + 57 laps
22 S・スピード トロロッソ + 57 laps
(文中のタイムや写真はF1-Live.com及びGPUpdate.netを参照)


 "えー?いまごろー?"
 とか言われそうですが、第3戦バーレーンGPの決勝のアップです(^^ゞ
 優勝は、フェラーリのフェリペ・マッサ。セパンの汚名を晴らす見事な走りでした。予選のQ2でもダントツのタイムを叩き出し、決勝の1stスティントでも実は結構重かったと言う、意外な事実で2ndスティント以降は他を寄せ付けない圧倒振りで今シーズン初勝利。マッサとしては、1stスティントが本当に勝負だったと思います。若干軽かったハミルトンにさんざんつつかれながらもミスせず走りぬいたところで勝負あり、と言う感じで2ndスティントでは見る見る引き離しまていきました。
 ポイントでは、面白いことに、アロンソ、ライコネン、ハミルトンが22ポイントで並び(順位の関係上、左から1-2-3位)今シーズン初優勝を遂げたマッサが17ポイントで続きます。そして大健闘はBMWのハイドフェルド。今回はアロンソを"実力"でパスして4位チェッカー。これで3戦連続4位フィニィッシュで15ポイントとこちらも数字の可能性上、タイトル争いに絡める位置につけています。この躍進振りはすごい。
 それでは、レースを簡単に振り返りたいと思います。


 スタート。
c0101167_055833.jpg

 レコードラインのアウト側のスタートが有利と言う定説をあざ笑うかのような、マクラーレン勢のロケットスタート。特にアロンソのスタートは秀逸。これはローンチコントロールがどうこうとかではなく、アロンソは"スタートがうまい"ということだろう。3位ライコネンのインを取りながら1コーナーへ。
 ライコネンもここでアロンソに出られたらレースシミュレーションが台無しになるだけに、踏ん張る。2-3コーナーをアウトベタ→インベタ→アウトベタで立ち上がりアロンソに抵抗。ライコネンのこの1コーナーでの大きくアウトに振ってのマシンコントロールは何気にすごかった。4コーナーにイン・アロンソ、アウト・ライコネンで並走するもインのアロンソに軍配…これでライコネンはアロンソに押さえ込まれる格好になる。
 バトンとスピードが接触し今シーズン初のSCが導入するも大きな波乱は無く、マッサがトップ。以下、ハミルトン、アロンソ、ライコネン、ハイドフェルドと続く。クビカはまたもハイドフェルドから置いていかれる。
c0101167_132585.jpg

 実はそれなりに重かったマッサが必死にハミルトンを押さえる。一方ハミルトンについていけないアロンソ。ガソリン搭載量はハミルトンより多いので当然だが、このスローペースに付き合わされたライコネンは1stスティントは我慢のレース。後ろにBMWのハイドフェルドも続く。
 ピットインは、ハミルトン、ライコネン、アロンソ、マッサ、ハイドフェルドの順。2ndスティントで突然グリップ不足に襲われるマクラーレン。逆に軽いタンクで逃げるマッサに、ハミルトンは置いてけぼりに。
c0101167_145573.jpg

 同様の問題はアロンソにも起こり、ライコネンがついにアロンソを抜いて3位に浮上。
c0101167_154026.jpg
 
 更に圧巻はハイドフェルド。ホームストレートでピタリとアロンソの後ろにつくと、1コーナーでは無理に仕掛けず、早めのフレーキング→立ち上がり重視で4コーナーでアロンソを撃墜すべく照準を合わせる。この立ち上がり重視で4コーナーで勝負すると言う組み立て方が本当に素晴らしかった。
 アロンソは強引にインをキープして4コーナーに2台が並走するも、これまたアウトから素晴らしいマシンコントロールでアロンソをオーバーテイクしたハイドフェルド。更に自身の株を上げる4位にポジョンアップである。

 その後は、ペースアップしたライコネンが2ndスティント終盤でハミルトンに追いつくもオーバーテイクならず、結局この順位でチェッカー。
 6位に淡々とレースをしたBMWクビカ。7位に、ホームストレートで露骨なブロックが目立ちまくっていたTOYOTAのトゥルーリ。8位にしぶといと言えばしぶといがこんな位置にいてはいけないはずのルノーのフィジケラが入賞。
 ストレートスピード最速のウイリアムズは10位11位とふるわず。マシンの動きそのものは良さそうだったがレースマネージメントがお粗末過ぎてポイント獲得にはならなかった。

 日本勢は、SuperAguriの2台はエンジンブロー。ディヴィッドソンは完走扱い。
 TOYOTA・ラルフ12位。HONDA・バリチェロ13位。ラルフはトゥルーリに負けっぱなしで来期は減額オファーと報道。断れば、ラルフはF1界から消えることになるだろう。何とも寂しい日本勢である。ヨーロッパラウンドでの巻き返しに期待したいとろこだが、HONDAはどうやらモナコまでは現状のマシンで行くらしいので改良型は早くとも北米ラウンドから、と言うことだろうか。
c0101167_115639.jpg
 
BMWが好調を維持している。マクラーレンのマシンバランスが狂った2ndスティントの間隙を突いた、ハイドフェルドのオーバーテイクだが、展開如何では充分2強に迫れるポテンシャルを見せ付けてくれた。あとは、ハイドフェルドは髭を剃るだけである。剃ったほうがカッコいいと思うぞ、実際の話。後、タイヤがうまく使えていないクビカ。一発は速いがレースペースはまだまだハイドフェルドの足元にも及ばない。昨年のように、チーム御用達のスペシャルエディションならぶりぶり使えばよかったのだが、今年のようにある程度もたせなければならない、となるとどうも辛いようだ。ヴェッテルをチラつかせて2人の穴を叩くマリオ・タイセン。こいつもなかなかにしたたかな男である。

 さて、テストを挟み4週間のインターバルがあるF1。次回はヨーロッパラウンド突入、アロンソの母国、スペインGPである。最終コーナーが改修されて、高速コーナーが消えてシケイン増設と言う何とも味気ないレイアウトになってしまった。これでは更にオーバーテイクの可能性が減ってしまうだろう。まあ、安全性の確保には仕方がないということだろうか。
 この3戦で見えてきたのは、やはり、フェラーリ・マクラーレンの2強対決。その後ろにBMWが続くと言う構図。特に4人が似たようなポイントを取っているので、今後トラブルやリタイアでポイントを取り損ねたドライバーが脱落していくような構図になるだろう。ただいまのところ実力が拮抗しているので、レースが非常に面白いのが今年の特徴か。
 また、中段グループは団子状態。SuperAguriはこの3戦、ポイントを取る最大のチャンスだと思われたがポイントを取ることができなかった。HONDAやTOYOTAは豊富な資金力があるので次戦以降はポテンシャルが上がる可能性があるだけに、SuperAguriはこの間隙を突いてポイントを取ってほしかった。しかし、まだまだ可能性が無くなった訳ではないので、取り敢えずはQ2まではコンスタントに進んで、戦えるレースをしてもらいたいものだ。

 F1は5月まで暫しのお休み。
 次戦は、改修されたカタロニアサーキットでのスペインGP、ヨーロッパラウンド突入である。
[PR]

by R-130 | 2007-04-18 01:25 | ∟F1 2007 Final