2007年 04月 06日 ( 4 )

2007年 04月 06日
サッカー:イングランド代表の問題点
 ユーロ08予選。06年W杯では優勝候補にも推された(八百屋も推していた)スリーライオンズが、早くも敗退の危機を迎えている。
 これは同時に、W杯後、エリクソンの後を引き継いだマクラーレン政権が更迭の危機を迎えているのと同じ意味合いも持つ。
 3/24にアウェーでのイスラエル戦を観戦し、現状のイングランド代表の問題点を考察したい。
 

■ 効果的なパスを配給できる中盤の不在

 今回、見ていた中での最大の問題点は、中盤でゲームを構築できる人物が不在だったと言うこと、これに尽きる。
 個人個人で見れば、なかなかいい動きを見せている選手もいたが(レノンなど)、攻撃の形と言う部分で見ると、組織的な動きはゼロに近かかった。
 バックラインから、中盤にボールを回しても、その先に回し所が無く、まだバックラインにボールが戻る。
 その繰り返しを何度かした挙句、最後には最終ラインからのロングフィード…昔のイングランドの"キック&ラッシュ"のスタイルが戻ってしまったかのようだ。
 しかし、キック&ラッシュにうってつけの選手がピッチにいると言うわけでもなく、このフィードは闇雲にボールを前に蹴りだすだけの苦し紛れのプレーに過ぎない。
 確かに、両サイドバックの故障で、フィリップ・ネビルとジェイミー・キャラガーと言う守備的な雰囲気が漂うサイドバックが代役だった為、攻め上がりに乏しく中盤からのボールの配給先に苦労したと言う一面はある。
 それにしても、ハーグリーブスはボール捌きがうまいと言うわけでもなく、ランパードもポジショニングと攻めあがりに長けたMF。ジェラードは右サイドに張り付かざるを得なかった為、その役目を果たす選手がピッチ上にいなかったのである。
 と、言うか今のイングランド代表にその役目が果たせる選手がいないに等しいと言うことなのだ。
 ロングボールを多用した結果、ルーニーが全く活きないと言う悪条件に陥った。プレミアでのマンUの試合運びを見ていれば明らかだが、彼は中盤に下がってボールを受け、チャンスメイクをしながらこれまたポジショニング巧みに前線に顔を出していくタイプである。ボールに触れないと彼の特徴は活きないのだ。
 これは、アンドリュー・ジョンソンの出来がどうとかいう問題以前の問題で、戦術が無いに等しい中で、各選手が悪戦苦闘しながら打開策を模索すると言う、信じられないような試合展開が続いていたのである。

 さて、それでは中盤のこの司令塔の適役は誰か?
 イングランド国籍なら誰でもOK、と言う条件ならポール・スコールズということになるだろう。
 昔は1.5列目からのフィニィッシャー的な役割が強かった彼も、今シーズンは中盤の底から巧みにボールを散らすと言う、プレーの新境地を切り開いている。マンUの攻撃は彼を経由して行われていると言っても過言ではなく、彼がボールを散らしながら中盤でバランスを取っているということからも、ギグス、ロナウド、ルーニー、サハと言った選手が守備を気にすることなく攻撃に専念できると言うメリットを生み出しているのだ。
 しかし、彼はマクラーレンからの代表復帰の打診を断っている。彼が代表に復帰する可能性は極めて低いと言わざるを得ないだろう。
 それに、イングランドのMFは、所謂"ランパードタイプ"や"ガットゥーゾタイプ"が多く、スコールズみたいな"ピルロタイプ"は希少価値である。
 と、言うのもプレミアでのその役回りは、所謂4強はスコールズを除いてイングランド国籍では無い選手が担っているのである。チェルシーからミケル・エッシェン・マケレレ、アーセナルはファブレガス、リバプールはシャビ・アロンソ、いずれもイングランド国籍ではない。
 マンUにいるキャリックが比較的それに近い役割を担っているが、スコールズが新境地を開拓してしまった為、彼が育たなくなったという弊害が生まれている。予想以上にスコールズが仕事をしてしまっているのである。
 これに近い役回りで、ニューカッスルのジェナスが辛うじて近いところにいるが、将来を渇望されながら、彼も完全に伸び悩んでいる。本当に適材がいないのだ。
 若い世代では、レオ・コーカーやカッターモール、ハドルストーンが取り沙汰されているが、彼らはいずれも"ピルロタイプ"では無い。どちらかといえば、ランパードやガットゥーゾタイプに属し、広い視野を活かしたパスが得意分野ではない。ともすれば、キャリックやジェナスが育たないとイングランドサッカーに活路は見出せないだろう。
 マクラーレン監督が辞任して、他の監督が就任したとしても(後任はボルトンのアラダイスが有力)、戦術の大きな路線転向をしないと好転しないだろう。両サイドハーフにそこそこ人材が育っているので、バレンシアのようなカウンタースタイルにするとか、ローマのようなゼロトップサッカーを目指すとか…現状の人材を考えると、プレミアで上位陣がやっているスタイルのサッカーを追随するのは不可能に近い。マクラーレン・もしくは後任監督がその辺を踏まえた改革に着手しないと今後も厳しい予選になりそうだ。最悪本当に予選落ちがありうる状況だ。


■ 悩める2トップ ルーニーの相方問題

 今回、アンドリュー・ジョンソンとデフォーの2名がルーニーとコンビを組んだ。どちらも悪いということ無いのだが、どちらに可能性があるかと聞かれれば、後半、イングランド最大の得点チャンスを生み出したデフォーのほうに可能性を感じるというのが大方の意見では無いだろうか。
 やはり、ルーニーの相方はデフォーと怪我のダレン・ベント、そして鼻を骨折しているクラウチが一番近いところにいるようだ。この中でも現状だとクラウチということにもなるだろう。リーグ戦やCLでもいい動きを見せている。これを代表レベルでもコンスタントに維持できれば、彼が代表に定着するのも時間の問題と言うことになる。(←八百屋はクラウチに懐疑的なので、100%自信を持って推せないが現状は消去法で彼になるだろう)
 また、これは完全に構想外かもしれないが、今年のレディングの大躍進の一翼を担う、リロイ・リタも是非召集してほしい選手である。彼の代表でのプレーを見てみたいと思うのは八百屋だけではないはず。
 鳴り物入りでU-21から飛び級召集を受けたニュージェントも是非試してほしい逸材である。彼もなかなかの逸材だと聞く。2部リーグ所属ということに臆することなく、もし出場機会を得られたら是非頑張ってもらいたい。


 次回は最大のライバルになりそうなロシアとの試合が控えている。この試合でもし負けるようなことになれば、予選突破はほぼ絶望的となり、マクラーレン監督の更迭は避けられないだろう。
 一部報道でルーニーと大喧嘩などが報じられているが、基本的にそれ以前の問題である。
 イングランド代表の長いトンネルは何時抜けるのだろうか。とりあえず戦術やシステムに、一つの筋を通すことが大前提になるだろう。
[PR]

by R-130 | 2007-04-06 22:44 | ∟UEFA Euro 2008
2007年 04月 06日
サッカー:モウリーニョ考察
 今年はチェルシーに怪我人が続出したと言うこともあるが、モウリーニョに対する風当たりが近年にないほど強まっている。まあ、モウリーニョの場合彼の性格的な部分によるものも大きいと思うが。断っておくが彼が全ての人に対して攻撃的であるといっているわけではない。1部のイングランドの心無いメディアが執拗に騒ぎ立てていることに、モウリーニョも歯に衣を着せぬ発言で応戦しているのが、過剰に取り上げられているだけだと八百屋は考えている。
 さて、その今年のモウリーニョのシステムは、昨年の4-3-3メインから4-4-2との併用と言う形を取っている。パターンとして、前半は4-4-2、後半の途中から4-3-3にシフト、と言う形が良く見受けられる。この2年で完成の域に近づいていた4-3-3をあえて置いておいて、4-4-2を使用し続ける理由はどこにあるのだろうか。今回はこの辺を考察したい。尚、アブラモビッチにシェバとバラックの起用を義務付けられたから、と言う理由については、もちろんそれもあるかもしれないが、今年プレミアを観戦していて明らかに昨年と違う部分を自分なりに感じ取った部分を敢えて主文とさせていただくことを御理解いただきたい。



■ 考察その1 ポゼッションの向上と、中盤の活用

 チェルシーで非常に選手のクオリティーの高いブロックはどこかと問われれば、まずMFということになるだろう。ライト・フィリップス、ロッベン、カルーをFWと捉えればFWも素晴らしいブロックだが彼らは戦術やシステム上中盤としても機能するので攻撃的MFと言う位置づけでも捉えることが可能だと思われる。
 そして、今期ベストの布陣といわれている、マケレレ、エッシェン、ランパード、バラックのロンボ型は個々の能力も非常に高く、更にマケレレの守備力の高さで前3人が攻撃に集中できると言うメリットがある。
 フィジカルと強さと攻撃の組み立てに貢献するエッシェン、キープもある程度可能で何より超高精度のミドルを装備するバラック、運動量が豊富で打点の高いヘッドは攻撃にも守備にも貢献し、何よりその視野の広さをモウリーニョが買っているバラックを同時に並び立たせるには、中盤を4枚使う必要があると言うことになる。本来はここに、J・コールと言う貴重なオプションが存在するはずなのだが今期は怪我でシーズンの殆どを棒に振ることになるだろう。
 この4枚を同時に起用することのメリットは、ズバリポゼッションの向上が上げられる。両サイドにワイドに広がるウイングが不在のこのシステムは、方々からサイドからの流れるような攻撃が激減した、との指摘が上がったが、これはモウリーニョは敢えて織り込み済みではなかったのだろうか。それよりも、中盤でポゼッションを高めることで相手を守勢に回らせることに時間を割かせ、守備ブロックの疲弊を誘っているように思える。言うなれば、遅攻を有効的に使っているのだ。もちろん、遅攻は足元の技術が確かな選手とここぞと言うときに攻めのスピードを上げられる選手を擁しないと成り立たない戦術だが、チェルシーにはそういった選手が揃っているのでその辺の心配は少ない。
 今シーズンのチェルシーはドログバの神がかり的ゴールに救われている、と言う論調が極めて強い。その点について否定はしないが、ドログバがこれだけゴールを決められるのもやはりチームが一丸となって相手チームの守備ブロックに大きなプレッシャーをかけ続け、そのプレッシャーに耐えられずに集中が切れて失点しているケースが少なくない。チェルシーが先制されながら、同点、逆転の試合が多いのはこれが理由だと思う、これは先制逃げ切りが多いマンUとは大きく異なっている。


■ 考察その2 後半4-3-3による攻撃のシフトアップで相手守備陣を翻弄する

 前半はポゼッションを優位に進めて相手の守備陣にプレッシャーをかける。遅攻を有効に活用することで相手守備陣の疲弊を誘う。
 しかし、このポゼッションを高め時折遅攻を織り交ぜ攻撃を展開するのは、後半の戦い方の布石でもある。
 後半の然るべき時間帯に4-4-2を選手の交代と同時に4-3-3へシフトする。それは、それまでポゼッション+遅攻と言う形から、サイド攻撃+速攻という戦術にシフトチェンジする合図でもある。これまでの攻めとはうって変わった、サイドにボールを集め尚且つスピード溢れる個人技での突破を図られ、それまでのディフェンスとはおよそ違うやり方を強いられ、相手DFは混乱をきたす。それに目が、体が相手の攻撃になれるのに時間を要する、もしくは対応できないまま試合が経過していくかもしれない。それは、過去2年で完成の域に達した4-3-3システムであるからこそ出来る芸当であるともいえる。最初からこのお家芸にもなりつつある4-3-3をわざと起用せずに、4-4-2でスタートする理由は上記の2点によるものと八百屋は考えている。


■ 考察その3 バラックのチームへの貢献度合い

 今シーズン新加入したバラックについての評価は、厳しいものが多い。CSのプレミア放送で「バラックが消えている」と特に実況の西岡氏が盛んに言いふらしているが、この辺についても考察したい。
 まず、モウリーニョはバラックについて、最初に何を期待し、そして今は何を期待しているのかについて考察したい。
 当初は、バイエルンでのプレーそのままのトップ下。決定的なパスの配給だけでなく、ミドルやヘッドでの得点やフィニィッシュに絡むと言う所謂トップ下の役割を期待していた。
 しかし、プレミア加入当時のバラックは、W杯の疲労を引きずっていたと言うだけでなく、プレミアのテンポにも馴染めなかったのか、速いパス回しに水を差すかのような球離れの悪さを露呈したり、周囲との連携の拙さもさらけ出してしまった。
 ここで、バラックは若干自分のプレースタイルを変える。
 それは、中盤を精力的に動き回ることで、守備陣をつり出し他の選手へのマークを希薄にすること。そして、W杯でも見せた積極的な守備である。
 特に中盤の前目の位置で精力的に動き回ることで、FW陣のマークの軽減、と言うよりはランパードへのマークの軽減に一役買った。シーズン序盤はあまり見られなかったミドルが、月を追うごとに増えたのはランパードのコンディションが上がったからと言うだけではない。彼が消えているのは、テレビが映っている枠の外で、貴重な動きをしているからである。
 そして、セットプレーや自陣が押されている場面では積極的に守備をしている。バイタルエリアで積極的に守備をしているわけではないが、やや前目に陣取りマケレレ同様2列目やサイドからの飛び出しをケアするような動きを再三にわたり見せている。もちろんセットプレーではマーカーとしての役割も果たしている。
 もちろんバラック自身、求められている本分も遂行しようと努力している。しかし、現状の自分のスキルで貢献できないと見るや否や自分のプレースタイルを修正し別の形でチームへの貢献を目指したのである。
 もちろん、彼なりの良さを全面に出したプレーも忘れてはならない。
 シーズン後半に入ってからは、ランパードとは違ったスタイルのミドルや、お得意のヘディングによる得点も増加傾向である。彼なりにプレミアにフィットしようと自分のスタイルに修正を加え、若干時間を要したかもしれないがそれが今開花しつつある。今までのチェルシーには無かったキャラクターとして、バラックは自分自身の存在価値を確立しようとしていると言っても過言ではないだろう。

 モウリーニョが、あまり良くない、馴染んでいない、とメディアからこき下ろされているバラックを使い続ける理由は上記のような理由だからではないかと思う。当初の役割とはやや違ったものになっているが、それでもチームへの貢献度合いはきわめて高いと判断し、モウリーニョは起用し続けているものと思われる。決してアブラモビッチのプレッシャーが強いから、と言うわけではない。現によりアブラモビッチが寵愛しているシェフチェンコについては、ベンチに帯同しないことも少なくないのだから。
 CSの実況の西岡氏が、チェルシーの解説をするたびに「バラックが…」「バラックが…」と苦言を呈しているが、消える理由は上記のようなことであり、決して馴染まず消えているわけではないということを八百屋は強調したい。



 長くなったので、続きは次回と言うことで。次回(機会があれば)はモウリーニョの用兵の考察と、監督交代論について少し触れたいと思う。
[PR]

by R-130 | 2007-04-06 22:39 | ∟Premierleague 06-07
2007年 04月 06日
F1:第2戦 マレーシアGP フリー走行1.2.
c0101167_21585242.jpg

■ フリー走行1回目
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 1:34.972 17
2 F・アロンソ マクラーレン 1:35.220 24
3 L・ハミルトン マクラーレン 1:35.712 22
4 K・ライコネン フェラーリ 1:35.779 20
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:36.308 21
6 M・ウェーバー レッドブル 1:36.522 20
7 J・トゥルーリ トヨタ 1:36.597 25
8 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:36.885 15
9 R・シューマッハ トヨタ 1:37.052 22
10 R・クビサ BMW 1:37.121 12
11 D・クルサード レッドブル 1:37.484 7
12 S・ヴェッテル BMW 1:37.837 39
13 V・リウッツィ トロロッソ 1:37.882 20
14 H・コヴァライネン ルノー 1:38.143 24
15 G・フィジケラ ルノー 1:38.300 26
16 A・スーティル スパイカー 1:38.720 29
17 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:38.966 10
18 S・スピード トロロッソ 1:39.130 9
19 R・バリチェロ ホンダ 1:39.234 21
20 J・バトン ホンダ 1:39.331 17
21 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:39.357 9
22 C・アルバース スパイカー 1:40.074 25

■ フリー走行2回目
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 1:35.780 34
2 G・フィジケラ ルノー 1:35.910 36
3 H・コヴァライネン ルノー 1:36.106 37
4 K・ライコネン フェラーリ 1:36.160 33
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:36.523 31
6 A・ブルツ ウィリアムズ 1:36.621 21
7 R・クビサ BMW 1:36.717 18
8 R・シューマッハ トヨタ 1:36.760 28
9 L・ハミルトン マクラーレン 1:36.797 30
10 N・ハイドフェルド BMW 1:36.862 25
11 M・ウェーバー レッドブル 1:36.906 18
12 F・アロンソ マクラーレン 1:37.041 26
13 D・クルサード レッドブル 1:37.203 25
14 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:37.282 30
15 J・バトン ホンダ 1:37.578 29
16 J・トゥルーリ トヨタ 1:37.712 34
17 V・リウッツィ トロロッソ 1:37.855 26
18 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:38.334 27
19 A・スーティル スパイカー 1:38.419 28
20 S・スピード トロロッソ 1:38.650 20
21 R・バリチェロ ホンダ 1:38.713 20
22 C・アルバース スパイカー 1:39.807 23

(文中のタイムや写真はF1-Live.com及びGPUpdate.netを参照)


 いよいよマレーシアGPが始まりました!!
 懸念されていた雨も、金曜日は大丈夫だったようで、ドライコンディションでの走行となっています。
 噂どおり、フェラーリがここでも好調。マッサがP1、P2とトップを堅持しています。気になるライコネンのエンジン交換の噂ですが、今のところ積み替えられたというアナウンスはありません。
 それに続くのは新パーツが好調のルノー勢。メルボルンで好調だった、マクラーレンやBMW勢はマシンバランスに苦しんでいるみたいで中位に沈んでいます。その代わりウイリアムズ勢が台頭。彼らの快走はあるのでしょうか?
 SuperAguriも開幕戦ほどのインパクトはありませんがそれでもQ2進出は充分に狙える位置につけています。開幕戦で背中を負傷したディヴィッドソンは、まだ完治していないそうですが今グランプリは出走を決めたそうです。
 そしてまたもやSuperAguriの後塵を拝しているHONDA。TOYOTAもあまり芳しくありません。
 日本が世界に誇る自動車メーカーの迷走はまだまだ続きそうです…



■ コレス、今度はトーロ・ロッソに異議申し立て

 スパイカーのコリン・コレスは、SuperAguriに引き続きSTRにも異議申し立てを行った模様です。
 これを受けてレース・スチュワードはSTRのパーツを押収し精査された模様だが、金曜日のスチュワードの見解は"認められない"とのこと。
 STRは欧州各国の有能な弁護団を多数引き連れてきており、今回のスパイカーの意義に対する対策を万全に整えている模様だ。
 コレスは、SuperAguriに続きSTRも訴えたが、即効性のある回答はなんら得られることは出来なかった。しかし、最終的にはスポーツ裁判所の判断に委ねられることになり、楽観的に構えていられる、と言うわけではないようだ。



■ 今年の予算額トップは、マクラーレンの"593億円"

 表題の通り、去年のフェラーリやTOYOTAを抜いて、マクラーレンの予算がトップになったことが報じられている。アロンソとの契約が、予算額が増えた背景としてあるようだ。また、昨年の予算に対して増額されているチームにHONDAの名前も挙げられている。
 逆に昨年より予算額が減少しているチームは、フェラーリ、TOYOTA。特にTOYOTAは、昨年、投資額をポイントで割る"費用対効果"が非常に悪いチームとして、こき下ろされていたが、今年は若干減額されたという。それでも、フェラーリを超えて2位に座に留まっているということは想像に難くない。今年こそ、と言う言葉をTOYOTA首脳は口にするが、その悲願が達成される可能性は今のところ、非常に低いといわざるを得ないだろう。 
[PR]

by R-130 | 2007-04-06 22:25 | ∟F1 2007 Practice
2007年 04月 06日
F1:第2戦 マレーシアGPプレビュー
c0101167_0191993.jpg

■ ウエブサイト  http:www.malaysiangp.com.my
■ アドレス  Jalan Pekeliling 64000KLIA Selangor Malaysia
■ コース全長  5.543km
■ 周回数(レース距離)  56周(310.408km)
■ コースレコード  1'32"582/2005年 F・アロンソ(ルノー)
■ 決勝ベストラップ  1'34"223/2004年 J-P・モントーヤ(マクラーレン)
■ 2006年 リザルト
  ・ポールポジション  G・フィジケラ(ルノー)/1'33"840
  ・優勝  G・フィジケラ(ルノー)/1h30'40"529
  ・ファステストラップ  F・アロンソ(ルノー)/1'34"803
c0101167_0193390.jpg

 3週間のインターバルを置いて、いよいよ第2戦マレーシアGPが開催されます。
 フェラーリやBMWのフレキシブル・フロア問題や、ライコネンにはエンジン交換の可能性が示唆されており、特にこの3週間フェラーリの噂が多かったように思えます。
 マッサはF2007は今回アップデートはされていない、と公言しておりオーストラリアのままのマシンで行く模様。例のフロア問題は解決されたのでしょうか?
 
 先週の合同テストでは、新パーツが間に合ったルノーが最後にトップタイムをマーク。開幕戦の惨敗を払拭しようと躍起になっています。コヴァライネンも、ハミルトンの陰に隠れちゃっていますが、いやいや実力はこんなものじゃないと思います。フィットしてくれば、速さを見せ付けてくれると思います、多分、チームメイトよりも…
 また、その他に今回大掛かりなアップデートが予想されるのがHONDA・TOYOTAの日本のメーカーワークスチーム。果たしてどれだけのポテンシャルアップが望めるでしょうか。

 この所、マレーシアGPといえばルノー、見たいな構図が出来上がっていますが今年はどうでしょうか?開幕戦を見る限りルノーがフロントランナーに返り咲くには、非常に多くの改良が必要だと思われますし、何よりもこの週末、連日の雨が予想されています。この辺の対処をチームがどれだけやってこられるかが、成績を左右しそうです。ひょっとすれば、いきなりの本格的なウエットレースが見られるかもしれません。それはそれで、楽しみにしたいところです。


■ F1とサッカーがコラボする“スーパーリーグ”

(青字はすべてF1-Live.comより抜粋)
数年前に、F1とサッカーチームのコラボレーションというアイデアで注目を集めたものの、実現に至らなかった“プレミア1(P1)”シリーズ。しかし今回、同じような構想が発表され、世間の注目を集めている。
3日(火)、世界的に有名なサッカーリーグであるイタリア・セリエAの名門、ACミランの本拠地サン・シーロ・スタジアムで“スーパーリーグ・フォーミュラ”の発表会が開かれた。また、欧州サッカーのトップチームであるオランダのPSV・アイントホーフェン、ポルトガルのFCポルト、そしてギリシャのオリンピアコスも同シリーズと契約を結んでいる事を明らかにしている。
同チャンピオンシップは2008年にヨーロッパのサーキットでレースを開催する構想を明らかにしている。マシンは750馬力を発生するエンジンを搭載したF1と同じスタイルのシングルシーターマシンを使用、カラーリングはそれぞれのクラブチームカラーをペイントするようだ。


 この噂が本当だとしても、どれだけの経済効果を生み出すかははなはだ疑問ですね。欧州では、八百屋のようにF1好きでサッカー好きな人がわんさかいると思いますが、世界規模で考えた場合、興行として成り立つのか…難しいと思います。
 ちなみに上記3チームのチームカラーはそれぞれ赤・青・黄色…なんか信号機みたい…


■ マンセルの2人の息子、F3へ昇格

 F1とインディの両タイトルを獲得したナイジェル・マンセルの二人の息子がイギリスF3に今シーズンよりステップアップを果たしたそうです。
 マンセルも今年で53歳。息子さんは、レオが21歳とグレッグが19歳。プロゴルファーになってしまうんじゃないかって(特に次男)心配しましたが、ちゃーんとレーサーの道を歩んでいるようです。
 ちなみにGPマスターズでも猛威をふるっているマンセル。まだまだ息子には"負けられない"と言うか、負けていない、と思っているかもしれません。
[PR]

by R-130 | 2007-04-06 00:40 | ∟F1 2007 GP Preview