2007年 04月 01日 ( 2 )

2007年 04月 01日
サッカー:がんばる北アイルランド!!ユーロ08予選
 3/24と28の予選が終了してひと段落。順位を整理してみたい。尚、詳しい結果や順位はスポーツナビのサイトを参照させてもらった。

■ グループA
 実力的には頂上決戦と見られていたポルトガルとセルビアの1戦はドロー。両チームとも抜け出すにはいたらず。好調を維持していたフィンランドは格下アゼルバイジャンにまさかの敗戦。2強との差をつける絶好の機会を逃した。
 首位は欧州では強さを見せるポーランドが勝ち点16でトップ。2位でポルトガル、セルビア、フィンランドが勝ち点11で並ぶ。ポーランドは2位集団より1試合消化が多いが、勝ち点差は5ある。


■ グループB
 大混戦のグループBの大一番。イタリアvsスコットランドは2-0でイタリアの快勝。勝ち点10の4位に留まった。首位は勝ち点12でウクライナ、スコットランド、フランスの順。勝ち点10でイタリアが4位で追う。しかし、スコットランドは消化試合数が1試合多いので実質、ウクライナとフランスをイタリアとスコットランドが追う展開となっている。


■ グループC
 W杯06予選でスイスとのプレーオフでの乱闘が記憶に新しいトルコと、未だレーハーゲルの1-0サッカーが崇拝されているギリシャが雄と見所の少ないグループCはトルコ・ギリシャが共に勝ち点を伸ばして1位と2位の座を固めつつある。ちなみに3/24の首位攻防戦は4-1でトルコの圧勝。レーハーゲルのやり方には限界があると思うのだが、ギリシャ国民はそれで満足なのだろうか。それとも過去の栄光は今尚まだ根強く国民を支配しているのだろうか。


■ グループD
 ドイツがチェコとの首位攻防戦を制して、頭一つ抜けた印象。ドイツは、その後の親善試合で主力を軒並み休ませたデンマークにも快勝している。デンマークの監督から「テストマッチに主力を使うと言う約束を違反している」と批判されたらしいが、その主力を大量に抜いたドイツに負けたデンマーク…批判するだけ寂しいと言うもの。
 チェコは、ドイツのとの敗戦の夜にパーティを開いて大目玉を食らうという危機感にかけている印象。ブリュックナーも解任論が渦巻いておりチェコの評価は宜しくない。
 形式上、勝ち点13でドイツ、チェコ、アイルランドと並んでいるが、チェコはドイツより1試合、アイルランドはドイツより2試合消化が多い。


■ グループE
 イングランドに予選敗退の危機が訪れているが、この2試合を1勝1分と最低限の成績で乗り切り、マクラーレンも首がつながったようだ。しかし、上位はそろって勝ち点を上積み。
 首位はクロアチアが勝ち点13。2位にイスラエル、ロシア、イングランドが勝ち点11で並ぶ。しかしクロアチア、ロシアは消化試合数が1試合少ないため、イングランドにとっては2位もまだまだ遠いポジションだ。


■ グループF
 こちらはイングランド以上に敗退の危機が迫っていたスペインは内容的には拙い物のデンマークとアイスランドに連勝してとりあえず当面の危機は去った。
 最大の驚きは北アイルランド。ヒーリーの大活躍で、アイスランドを4-1で破るばかりか、それまで首位独走中だったスウェーデンに2-1で競り勝ち、初の土をつけて北アイルランドが首位に躍り出た。
 首位は勝ち点13で北アイルランド。2位に勝ち点12でスウェーデン。3位に勝ち点9でスペイン。4位に勝ち点7でデンマーク。
 ただし、スウェーデンとスペインは北アイルランドより1試合消化が少なく、デンマークは2試合消化が少ない。このグループもまだまだ混戦だ。


■ グループG
 ピリッとしないオランダはスロベニアに何とか1-0で勝利。あれだけの攻撃陣を擁していながら点が取れないなんて…なんともリズムの悪いサッカーが続いている。
 対照的にルーマニアは、好調を維持。ルクセンブルクに3-0で圧勝。
 ブルガリアは何ともお粗末な試合でアルバニアにドロー。このグループはオランダとルーマニアで決まりそう。


最後に、有名どころの怪我情報。
オランダ代表のロッベン(チェルシー)は、ひざの怪我で手術に踏み切るそうで今季絶望。
イングランド代表のランパード(チェルシー)は、練習中にルーニーのシュートを手首に受けて骨折。しかし、今節のプレミアには出場している。今出ているし(^^ゞ

しかし、こうもチェルシーに選手が集中するとは…モウリーニョも頭が痛いだろうなぁ。
 
[PR]

by R-130 | 2007-04-01 02:03 | ∟UEFA Euro 2008
2007年 04月 01日
F1:3/29,30 マレーシアテスト3,4日目
3/29 マレーシア3日目
c0101167_035164.jpg

1. ルイス・ハミルトン - マクラーレン・メルセデスMP4-22 - 1:35.918(+0.000) - 57周
2. マーク・ウェバー - レッドブル・ルノーRB3 - 1:36.138(+0.220) - 62周
3. ラルフ・シューマッハ - トヨタTF107 - 1:36.700(+0.782) - 69周
4. ビタントニオ・リウッツィ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR2 - 1:36.712(+0.794) - 56周
5. フェリペ・マッサ - フェラーリF2007 - 1:36.947(+1.029) - 65周
6. ニコ・ロズベルグ - ウィリアムズ・トヨタFW29 - 1:37.070(+1.152) - 71周
7. ジェンソン・バトン - Honda RA107 - 1:37.472(+1.554) - 93周
8. アンソニー・デビッドソン - SUPER AGURI Honda SA07 - 1:37.606(+1.688) - 44周
9. ニック・ハイドフェルド - BMWザウバーF1.07 - 1:38.551(+2.633) - 35周
10. ヘイッキ・コバライネン - ルノーR27 - 1:39.654(+3.736) - 20周

* タイムリザルトはウィリアムズより。


3/30 マレーシア4日目
c0101167_0351379.jpg

1. ヘイッキ・コバライネン - ルノーR27 - 1:35.757(+0.000) - 55周
2. フェリペ・マッサ - フェラーリF2007 - 1:35.808(+0.051) - 71周
3. アンソニー・デビッドソン - SUPER AGURI Honda SA07 - 1:36.787(+1.030) - 68周
4. ニコ・ロズベルグ - ウィリアムズ・トヨタFW29 - 1:37.002(+1.245) - 103周
5. フランク・モンタニー - トヨタTF107 - 1:37.206(+1.449) - 77周
6. ニック・ハイドフェルド - BMWザウバーF1.07 - 1:37.318(+1.561) - 69周
7. ジェンソン・バトン - Honda RA107 - 1:37.326(+1.569) - 37周
8. マーク・ウェバー - レッドブル・ルノーRB3 - 1:37.338(+1.581) - 43周
9. ルイス・ハミルトン - マクラーレン・メルセデスMP4-22 - 1:37.708(+1.951) - 42周
10. ビタントニオ・リウッツィ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR2 - 1:38.542(+2.785) - 55周
11. クリスチャン・クリエン - Honda RA107 - 1:39.175(+3.418) - 23周
12. ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン・メルセデスMP4-22 - 1:39.303(+3.546) - 24周

(文中のタイムや写真はF1-Live.com及びGPUpdate.netを参照)

 ちょっとこの所時間がなくて、今日は2日分まとめてアップです。
 3日間で終了だったはずのマレーシアテストは悪天候で4日目までセッションが延びました。これにより、新パーツ到着に待ちぼうけを食っていたルノーが4日目を有意義に使って、コヴァライネンがトップタイムをマークし。フラビオに酷評を受けたコヴァライネンですが、いやいや、そうやって悪態つかれている内はまだいいんです。まずいのは、何を言われなくなったとき。かつてのトゥルーリのように、あっさり解雇を宣告されますから。フィジコは大丈夫だろうか…
 さて、一部ではBシャーシも出るのではないかと噂されたルノーですが、大きなモディファイで今シーズンを乗り切る予定からの変更は無い模様です。実はこのパーツ、もう少し後でじっくり投入する予定だったらしいですが、あまりに開幕戦の出来が悪く、急遽前倒し投入が決まったとか。早くも「ルノーの時代は終わった」などと書くメディアも現れているだけに(八百屋もそのくちですが)ルノーも必死ですね。


■ トラクションコントロール、2008年より禁止へ
 いよいよトラクションコントロールも、2008年より禁止されることとなった。個人的にはこの禁止には賛成。TCSが無くなればそれだけドライバーの技量差が出ることになる。低速コーナーからの立ち上がりなんかは、微妙なアクセレーションが要求されるだろう。(今までどおり全開で踏めば、スピンが増えるでしょう)
 誰かさんが「TCSが無くなれば、上位に顔を出せないドライバーが結構いる」と言っていたのもあり、このTCSの禁止が勢力図を大きく変えるきっかけになるだろうか?


■ レッドブルとトーロ・ロッソ、速く「走る」のはヨーロッパラウンド以降?
 今年のニューマシンが「駄作」だと騒がれているニューウィー大先生のRB3。実はこのマシンに奇妙な噂が流れている。
 それは、「実は速く走れるポテンシャルを秘めているものの、その実力を隠している」とのこと。そんな噂誰が流すのか判らないが、その根拠は「STRとのカスタマーシャーシ問題」があると言う。
 つまり、開幕から鬼神のような速さを見せ付けると、コリン・コレスに絶対訴えられるため、最初は遅く見せかけといて合同テストでの走りこみを経て「ポテンシャルアップしたように見せかける」と言うシナリオがあると言うのである。
 しかし、ポイントは目立たないように渋く取っておく。開幕戦もウェバーが7位ポイントゲット。目立たないなりに?ポイントを稼いでいるのは、レッドブルの「シナリオ通り」とうことらしい。
 
 ところが日本の雑誌は、レッドブル(と言うかニューウィー大先生)の対応の遅さをほぼ全誌が指摘。ウェバーなど、リクエストしているにもかかわらず未だに狭いコックピットで四苦八苦していると報じており、マクラーレン時代からの対応の遅さは相変わらずだそうだ。これは、決してチームとしてうまく言っているとは言えないと思うのだが、それでもレッドブルは速く走れる力を隠しているのだろうか、今後に注目したい。 
[PR]

by R-130 | 2007-04-01 01:05 | ∟F1 2007 Test