2007年 03月 28日 ( 2 )

2007年 03月 28日
F1:3/27 マレーシアテスト2日目
c0101167_2210175.jpg

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 K・ライコネン フェラーリ 01:35.268 61
2 A・ブルツ ウィリアムズ 01:35.705 114
3 D・クルサード レッドブル 01:35.712 87
4 R・シューマッハ トヨタ 01:35.751 81
5 R・クビサ BMW 01:35.887 111
6 L・ハミルトン マクラーレン 01:36.115 69
7 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 01:36.306 63
8 R・バリチェロ ホンダ 01:36.563 36
9 H・コヴァライネン ルノー 01:36.578 86
10 J・バトン ホンダ 01:36.617 24
11 A・デビッドソン スーパー アグリ 01:37.876 39
12 S・スピード トロロッソ 01:37.910 36
13 V・リウッツィ トロロッソ 01:37.971 32

(文中のタイムや写真はF1-Live.com及びGPUpdate.netを参照)

 10台走行…でもタイムチャートは13台…HONDA、SuperAguri、STRはドライバー交代で走ったのでしょうか。まだ2日目のテスト情報が出ていない段階でのアップなので、状況がよくわかっていません。
 2日目のトップはライコネン。インダクションポッド上の車載カメラなんでしょうけど偉いごついですね。タイムも1秒ほど昨日より上がってまいりました。2番手以降は、ウイリアムズ、レッドブル、TOYOTAと続きます。この辺の集団の真のポテンシャルがまだ計りかねますね。どうなんでしょうか?


■ BS、新たなタイヤマーキングを用意
c0101167_2219794.jpg

 開幕戦は、ソフトタイヤに急造の白いマーキングを施していましたがなかなか見えづらくて微妙な感じでした。まあ、これは、FIAが直前に「やっぱりなんかわかるように入れて」というお達しがあったからと言うことでまあドタバタだったらしいんですが、今回は写真のように赤いまるの大きなマーキングとタイヤに白線を入れる言う試みをウイリアムズと共に取り組んでいます。赤まるは2つに増えるかもしれないとのことです。
 ちなみにこのマーキングは"オプション"にいれられるとの事。
 一般的にはオプション(=ソフト)、プライム(=ハード)らしいですが、この辺は初心者にはとっつきにくいですね。ソフト、とハード、で良いんじゃないでしょうか。もしくはかつてグッドイヤーが分けていたA・B・C・D(順番が進むに連れて柔らかくなる)で良いんじゃないですかね。オプションとプライムのどっちがソフトでどっちがハード、と言う明確な定義は無いらしいですから…
 この辺はもう少し、間口を広げるような表現でお願いしたいものですね…
[PR]

by R-130 | 2007-03-28 22:29 | ∟F1 2007 Test
2007年 03月 28日
サッカー:北京五輪2次予選 vsシリア戦「ぴちぴち感」で快勝!?
○ U22日本代表 3 - 0 U-22シリア代表 ●  東京・国立


 今までの2次予選の中では一番良い出来だったと思う。
 シリアがゾーンディフェンスだったということもあり、動き回る日本にとっては好都合の相手だった。
 前半、いきなり先制されたかと思いきや、これは相手のファールでノーゴール。これに救われた。
 その後前半は日本ペース。家永のミドルを皮切りに、セットプレーから平山のヘッドで2-0。平山はその後もミドルをバーに直撃させるなど、なかなか調子が良さそうなところをアピール。
 後半も序盤はシリアに攻め込まれたがそれを落ち着いて交わすと後は日本のペース。カウンターから平山が3点目。その後も得点につながりそうなシーンが続出し、(得点できない、と言うところが何とも日本らしいが、今回は3点取ったからまあ…)観客も満足の1戦ではなかっただろうか。

 ぴちぴち感ってこういう事ですか、川淵さん???

 ただ、2次予選最大の難敵と言われていたシリアもやる気が無いのか、特に守備がザル。ゾーンといえば聞こえが良いが、皆ボールウオッチャーになってて中盤の激しいプレスが無い。これでは日本もやりたい放題である。ただ、比較的フリーでボールをもてたというのもあるのか、精度の高いパスも多く、非常に多くのチャンスメイクが出来ていたことは素晴らしい。平山も、真ん中に構えるだけでなくポジションチェンジしてサイドに流れたりして、リズムを作ろうとしていた動きは評価できると思う。
 しかし、楽観できないのがこの五輪予選。開催国中国は無条件で出場するため、アジア枠は3つ。これを、韓国、オーストラリア、イランなどと争うことになる。最終予選は3つのグループに分かれるため、必然的に1グループは上記の3チーム+日本のうちの2チームが入るという死のグループが出来上がる。五輪代表の真価はそこで問われるだろう。

 しかし、五輪代表は3バック。A代表は4バック(3バックもやるけど)。これって統一した方が良いような…反町監督はサイドバックに適材がいないと言い切って3バック固定。これは正解だと思う。1トップでも2トップでも、決め事作れば3バックで対応できるはず。
 オシムさん、どう思います?  
[PR]

by R-130 | 2007-03-28 21:53 | ∟サッカー日本代表