2007年 03月 10日 ( 2 )

2007年 03月 10日
スポーツ:プロ野球、またしても不正スカウト 西武が2選手に1300万円授与
 現楽天の一場選手に、巨人・横浜・阪神が裏金を渡していた問題が記憶に新しいが、その後もスカウトは、この問題がなかったかのように裏金を使っていたのだろうか。
 西武のスカウトは、早稲田大の選手と東京ガスの選手に二人で計1300万円の金銭を譲渡していたことを発表した。
 いわゆる冒頭の件の"一場問題"以降倫理行動宣言が採択され、改めてプロとの契約に絡んで金品の授受を禁止したはずだが…このような裏金というファンを失望しかさせない手口になぜ球団は手を染めてしまうのか、ちょっと考えてみたい。

 諸悪の根源は、いつの間にかに採用されていた「希望入団枠」だろう。八百屋がそれまで知っていたドラフトは、社会人・学生関係なく一発ドラフトで、一巡目から純粋な指名競争だった。他球団と指名が被れば、即くじ引きで指名権が決まる。くじ引きに敗れた球団は、一巡目に指名された選手は指名できないので、必然球団が欲する選手を獲得できづらくなる。それでも競争率を省みず理想の選手を指名しようとするか、ある程度競走の薄く獲得しやすいであろう選手で妥協するか、この駆け引きが非常に楽しくあり且つ、重要であった。
 しかし、いつの時代からか学生と社会人のドラフトが別れ、いつの間にか逆指名制度というものが導入され、それが名称を変えて現在の希望入団枠が投入されるに至っている。
 昔は、球団に指名された選手、自分の希望にかなわないためには、泣く泣く入団するか、浪人して来年のドラフトを待つしか手段がなかった。有名な話では、当時PL学園に在籍していた桑田と清原。二人とも巨人への入団を望んでいたが…巨人に入団できたのは桑田。清原は指名権を西武が獲得し、泣く泣く西武入りしたいきさつは有名な話だ。
 また、すでに引退した元巨人の元木は、最初のドラフトで当時のダイエーホークスから1位指名を受けたが、どうしても巨人入りしたくて指名を拒み1年浪人、翌年晴れて?巨人入りした経緯もあった。この元木がとった行動にも当時非難轟々だったが、その当時本人が希望の球団に入るにはそれしか方法がなかったのである。
 
 さて、この逆指名制度。ほくそ笑んだのは、巨人などの俗っぽい言い方をすれば、金と人気のあるごくごく一部の球団だけである。他の多数の球団にとっては非常にアンフェアーな規則であった。そりゃ人気のある球団に入れば、実力が伴えばちょっとしたアイドル扱いである。特に巨人戦は当時ホームゲームはほぼ毎日生中継。必然注目も高まる。巨人に行きたがる学生が後を絶たないのは当たり前の土台が整っていた。

 …そこで、逆指名してもらうために各球団が考えたのは…そう、裏金という手段に行き着くことになる。
 自球団が決して行きたい球団ではないかもしれないが、まあこれでも収めてもらってひとつ納得してください…と言う話は誰でも思いつく、安易ではあるが確実な方法だ。一場問題や、今回の西武の問題はたまたま表面化したが、おそらくこれは氷山の一角でしかないだろう。多くの球団が、この何十倍と言う金額が、裏で動いていたと八百屋は勝手に一人で思っている。


 もう一つの問題として、学生のレベルが上がったのか、プロ野球のレベルが下がったのかは定かではないが、学生選手が1軍としての即戦力になりうる可能性を秘めた選手が多くなってきていること、そしてその学生時代有名な話題性のある選手を入団させると、球団の人気や観客動員数に大きなプラスをもたらすと言う背景である。
 最近のベタねたで恐縮だが、早稲田代付属高のハンカチ王子こと斉藤投手と、その斉藤投手と熾烈な投げ合いを演じた、駒大苫小牧高の田中投手の動向が非常にいい例だろう。
 ハンカチ王子は進学を宣言するも、早稲田大の練習場は連日大賑わい。もしプロ野球に進んでいればその球団は、観客動員だけでなくそれまでプロ野球ファンではないファン層の獲得や関連グッズの売り上げも好調で、莫大な利益を得ていただろう。
 田中投手は楽天入りを決め、シーズン前から非常に評判が高い。球団発足以来常に最下位を独走しているが、いろいろな話題づくりなども事欠かず、地元以外からの注目も高いのはこのような選手面も多少なりとも貢献しているはずだ。


 さて、以上の理由でスカウトの裏金が出回ってしまう土台はきっちり整っているのである。この悪しき流れを断ち切るためには…そう、昔のドラフト制度に戻せばいいのである。少なくとも希望枠制度は撤廃すべきだ。
 …ハイハイ、そうなんです巨人はモロに反対しているんですね。清武オーナーと言う名のナベツネが。この男、表舞台はふてぶてしく辞任したかと思えば白河上皇状態である。まあ清武が堀川天皇より灰汁が強いのも始末が悪い。こいつらが猛烈に反発しているから簡単に希望枠制度はなくならないだろう。
 しかし、健全化にはこれしかない。全てにおいて公平化すべきである。金や権力や名声のあるチームだけがおいしい思いをするのはいただけない。ただ、日本ハムのチームは選手が生き生きしていて共感を覚えた、とかロッテのバレンタイン監督の下でプレーしたい、とかかつての名選手王監督の下で指導を受けたいとか、そのような人気で球団が得をする場合はいいと思う。それは球団の努力だ。
 
 希望枠制度は廃止、そして獲得競争のの健全化、これが今日の趣旨である。

 西武は最悪、ドラフト権の剥奪の可能性がある。スカウトと監督は無関係。最悪監督の思うような補強が一切出来ないまま、西部は来期のシーズンを迎えなければならないかもしれない。
 監督や選手、そしてファンにとってははなはだ迷惑な話である。
[PR]

by R-130 | 2007-03-10 23:40 | Sports
2007年 03月 10日
日々の雑記:八百屋、インフルエンザ(A型)に襲われる!!
 どもども、インフルエンザA型を喰らって1日悶絶していた八百屋です…ぐぇぇ

 インフルエンザなんていつ振りだったんでしょうか?小学校の時以来じゃないでしょうか。
 体調がおかしくなり始めたのは、CLの2ndleg2日目。
 朝4時半におきたら、えらい寒い!!寒気がする。でも、この所異常な寒の戻りですごい冷えていた(この日の最低気温は福岡で2度)ので、単に外気温が寒いだけだ、と勝手に決めつけ、服を4枚着込んでジャージも重ね履きして、靴下も2枚履いてストーブつけてCL観戦。

 ハイ、ここで多くの突込みを入れられた方、正解です。もうこの時点で駄目なんですよね。体調悪いと思ったらビデオにとるなり、リピート見ればいいと諦めて寝ればよかった。しかーし、あほな八百屋はそのまま観戦に興じることに…
 7時15分、観戦終了。バイエルンvsレアル・マドリーの後に、ミランvsセルティックの延長戦を堪能し、サッカー観戦でドーパミンやらアドレナリンやらよくわからない興奮物質がどばどは分泌されてて観戦時はどーってことなかったんだけれど…
 
 観戦後興奮が収まると同時にやってきたのは、人生でも経験したことのないような強烈な寒気!!あまりの寒気に動くこともままならなくなるほどに。這うように布団にもぐりこみ、寒い寒い、と連呼して嫁さんに布団やら毛布やら被せて貰う事7枚!!こんなに重ねてもまだ寒いなんて異常なのはわかっていても、それでもまだ寒い。布団の中で手足を折り曲げて丸くなりながら、布団や毛布7枚着込んだ上に更に体温を確保しようとする情けない30代男(CL観戦直後)。その日が出勤でなくて本当に良かったよ。

 寒さに凍えつつ、布団にとどまること7時間。気がつけば寝ていたようで、会社の電話で目が覚める。とりあえず聞かれたことにそれなりに指示を出して電話切ってまず思ったのは、体の節々が痛い。のどが痛い。体がだるい。寒くはなくなっがねつっぽい。
 …風邪かよ(+_+ )//

 取りあえず病院に。風邪引いたんで会社休みます、なんて小学生みたいなことは死んでも言いたくないのと、でも治さずに出勤したら多くの人に迷惑をかけそうなので病院で注射打ってもらい強力な解熱剤をもらおうと決断。ふらふらする頭で車を転がし、近くの内科へ…

 っとそこで出くわした光景はおそらくしばらく忘れることの出来ない光景。
 八百屋が行った病院は小さい内科で車の駐車場も隣の薬局含め15台くらいのスペースがあるところなのだが、かるーく満車。しかも路上に車が5台ほど溢れ、しかも路上の車だけでなく駐車場の車の中にも、車中で苦しそうにしている人間を多く見かける。

 これって…もしかして…ミンナジュンバンマッテルノ???

 熱だけではないめまいを覚えながら、取りあえず路駐して順番だけでも確保しようと受付に行くと…やはり院内も長蛇の列。いや、列は作っていないが、"私、本当に具合が悪いんです"という表情を浮かべた風邪の猛者ども(←?)が所狭しと座っている。
 うへー、と思いつつとにかく待てばいつかは見てくれ、薬ももらえるだろうと思い、取りあえず診察の受付を済ますと、受付の人が
「5・10・15・20…23番目の診察となりますけどよろしいですか?」
と、聞いてきやがった。ハイハイ、いいですよもうこうなりゃ最後まで待ちますよ。
覚悟を決めると、それでは熱を測ってください、と電子体温計を渡される。
そういや熱も測っていなかったなぁ、と思い久しぶりに体温計を脇に挟む。すると1分後に

"39.1"

ハアァァァ、熱の数字を見て更に気力減退。そりゃきついわ、俺。
それから、過酷な23番の順番待ちが始まる。取りあえず、1つだけあいていた待合室のシートに腰掛けて、幸い本棚が近くにあり、暇つぶしの漫画がいくつかおいてある。八百屋が読めそうなのは名探偵コナンくらいだったが、コナンは20冊くらいあったのでこれなら暇もつぶれようと、飛び飛びにしか揃っていないのが気になったが、この際そんなこと言っている場合でないと自分に言い聞かせ、数字の少ない巻数から読み始める。
 幸い、この病院には1巻があり、コナンがどうして小さくなったかのエピソード知ることに成功。ほほー、こうして小さくなってしまったのかぁ、とぼーっとする頭の中にプチトリビアをぶち込むも、後は内容があまり頭に入らない。そりゃそうだ、漫画にしては活字が多いのと何といっても推理もの、考えながら読むのが面白いのに考えるという行為が出来ないのだから…
 そんな理屈を頭でこねつつ、読破すること8冊、時間にして2時間半後にようやく八百屋の名前がコールされる。

 フラフラになりながら診察室へ行き、一通り問診の後、インフルエンザの測定へ。綿棒の細いのを鼻の穴の奥にグジグジ突っ込まれ、10分後に結果が出るという。ふーん、と思い10分経ってまた呼ばれて行ってみたら、診断結果は
「インフルエンザのA型です」

はい、もう何でもいいですから薬ください、そんな心境でした(笑)
結局、最近話題のタミフルを処方してもらい、会社休みたくないから、と言ったらその他にも解熱剤やら鎮咳剤やら4種類の薬を処方してもらい、ヘロヘロになりながら帰宅。結局行って帰ってくるのに3時間半もかかったよ。
でも、なんと今のこの時期風邪が大流行らしく、インフルエンザもA、B問わず大流行なそうな。

そして、噂のタミフル摂取。一応嫁さんに奇行を始めたら、思いっきりひっぱたけ、とお願いして布団にもぐっていたら、1時間くらい経ってどあーっと汗が大量に噴出して、見事に解熱!!うーんタミフル素晴らしい。確かに副作用については、慎重に調査する必要があるが、特効薬であることは間違いない。
次の日、つまり今日なんだけど今朝もタミフル飲んで、また会社から帰ってきてタミフルのんだらもうほとんど通常と変わらない。元気元気。タミフル恐るべし、タミフルあっぱれ、である。

え?こんな長々とエントリー書かずに早く寝てインフルエンザ早く治せって?
仰るとおりですね(^^ゞ 
[PR]

by R-130 | 2007-03-10 00:40 | 日々の雑記