2007年 03月 06日 ( 1 )

2007年 03月 06日
サッカー:チャンピオンズリーグ ベスト16 2ndlegプレビュー③
 時間がなくなってきたので残りの4試合は軽くふれるにとどめたい。

■ ACミラン vs セルティック
【2ndlegの結果予想と勝ち上がり予想 2-0でACミランがベスト8進出(約80%の可能性)】
 まともに予想すればミランの優位はゆるぎない。徐々にリーグ戦での戦い方にも安定感が出てきて、後はFWの決定力次第という形になってきている。
 ミランの中盤が4枚でも5枚でも、機能性は高く、1stleg以上にセルティックの中盤は押さえ込まれてしまう可能性が高い。やはり、中村のFKとフェネゴールの高さが、唯一ミランの切り札になりえるポイントだろう。
 ただ、日本人だから、と言うわけでないがビッグサプライズを期待したいのも事実。中村俊輔のFKが全席解禁になったサンシーロの観客を失意のどん底に叩き込めるかに期待したい。


■ チェルシー vs ポルト
【2ndlegの結果予想と勝ち上がり予想 2-0でチェルシーがベスト8進出(約80%の可能性)】
 チェルシーは、復帰後も捻挫したり頭を蹴られたりと散々のテリーが欠場するのは痛いが、カーリングカップ決勝以降にA・コールが復帰してとりあえず緊急事態は避けられている。エッシェンをCBに回しても、4-3-3ならマケレレ・ランパード・バラックで問題なく、4-4-2にしてもミケウかディアッラを起用するオプションがあるので心配ないだろう。ホームでのアドバンテージを活かして、攻撃重視で行けば、失点以上の得点がついてくるだろう。
 エッシェンが中盤で使えない分、思い切って4-3-3でスタートし、勝負を決めに行くのも手かもしれない。
 ポルトはクアレスマが切れた動きを見せてくれていたが、良くも悪くも攻撃は彼次第と言う所があるので、厳しいマークをどりだけかいくぐってチャンスメイクできるかに全てがかかっていると言っていいだろう。しかし、現状の戦力でサプライズを起こせる可能性は低く、アップセットを望むのはこくだろう。


■ リヨン vs ローマ
【2ndlegの結果予想と勝ち上がり予想 3-2でリヨンがベスト8進出(約60%の可能性)】
 どちらもリーグ戦がそれ程好調ではないだけに予想が難しいが、実績を買ってリヨンを推したい。1stlegは中盤のつぶしあいという展開になったが、2ndlegは点の取り合いになるのではないかと予想している。ローマも好チームではあるのだが、内容の良し悪しが大きいため安定性ではリヨンに劣るだろう。しかし言葉を変えれば、つぼにはまればローマの方が良い結果を残す、と言うことも言えなくもないが…。


■ アーセナル vs PSV
【2ndlegの結果予想と勝ち上がり予想 2-0でアーセナルがベスト8進出(約60%の可能性)】
 アーセナルに怪我人が続出しており、ロシツキーが絶望、アンリが非常に厳しい、ファン・ペルシーもマダマダ時間がかかる、と言うことでベストをくむには程遠い状態だ。プレミアでも、怪我人とサスペンションで、デニウソンとウォルコットが先発するなど苦しい台所事情が伺える。それでも、決定力に欠きながら試合の主導権はほぼ握っていたので、1stleg同様決定力さえ備われば…と言うところではないだろうか。
 PSVは守備力の非常に高いチームであることはデータからも証明されている。事実、1stlegは大方の予想を覆して1-0で勝利を収めた。この守備力が2ndlegでも続けば、0-0でも勝ち抜けと言うことになるPSV。アーセナル相手にどこまで持ちこたえられるか…がこの試合の見所になりそうだ。
[PR]

by R-130 | 2007-03-06 23:00 | ∟UEFA CL 06-07