2007年 02月 15日 ( 2 )

2007年 02月 15日
F1:トーロ・ロッソの新車はやはり"RB3"の赤牛ペイント
c0101167_85966.jpg

 やはりと言うか、当然と言うか、がっかりと言うべきか…STR2の新車発表会に訪れた人々はそう思ったはずだ。
 2月13日。予定通り、バルセロナで控えめに発表されたSTRの新車STR2。かねてからの噂どおり、STR2はRB3の赤牛ペインティングで発表された。フェラーリエンジンを積んでいるので細部は異なるかもしれないが、パッと見は全く一緒である。
 また、ドライバー人事はリウツツィのみの発表。セカンドドライバーは、スピードが一番近いが…と含みを持たせる形に留まった。正式な発表は、メルボルンの直前になるとも言われている。
 発表会当日の午後にシェイクダウン予定だったが、BMWのハイドフェルドの赤旗中断などで初日の走行はお預け。14日に初走行を行い、トップから5秒落ちの最下位のタイムながら、43周をトラブルフリーで走りきり、バルセロナを後にすることになった。
c0101167_87016.jpg

 一部噂された、ノンタイトルでの参戦やTV放映料の分配受け取りの放棄などについて、STRの首脳陣はきっぱり否定し、あくまで合法の範囲内であることを改めて主張している。
 コンペティティヴなマシンが2台増えた、と言う見方も無くはないがやはり、極めてイリーガルに近い形での参戦となるSTR。周囲の反発は避けられそうにないというのが正直なところか。

 近い将来はこのカスタマーシャーシが合法となるF1。チームのデザインは似通ったものとなり、所謂没個性を生み出すレギュレーションが、来年から施行される。

 回顧主義とか古い考えだとか指摘されるのを覚悟で言えば、1990年、八百屋が見始めたときのF1は実にユニークだった。30台以上を超えるマシンが参戦し、金曜日の午前中に、予備予選なる、予選の前に弱者がふるい落とされるセッションがあったほどF1は活況だった。エンジンも、当時は規制が緩く、V型だけでなくW型や、スバルの水平対抗12気筒エンジンも走り、多くのプライベーターが色々な個性を見せたマシンを走らせていた。故ハーベイ・ポストレスウエイトが手がけたティレル019はアンヘドラルウィングを採用、以降のハイノーズトレンドの基礎を作った。空力の鬼才、ニューウィーは当時レイトンハウス(マーチ)に在籍、非力なジャッドV8エンジンを搭載しながら、低μ(ミュー)サーキットでのみ強烈な個性を発揮したニューウィーのマシンは、当時ポールリカールが舞台だったフランスGPでイヴァン・カペリがあわや優勝の大激走を見せてくれた。ジョン・バーナードの置き土産となったセミ・オートマチックトランスミッションは、当時信頼性に泣いたがそれでもそれは以降のトレンドとして全てのチームが採用した、画期的デバイスだった…

 この他にも、大小問わず色々な個性のあるアイデアがF1では生み出されてきた。それも、プライベーターが無い資金や知恵を最大限に絞って生み出されたものであり、画期的であったり、痛快であったり、ただのギャグに終わったものもあったりもした。しかし、それが"F1"であったことは間違いない。

 今後は、カスタマーシャーシを使用した、メーカーのBチームがサーキットを走ることになる。個性は失われ、そのうち淘汰されて4-5の大きな自動車メーカーによる"寡占的な"トップ争いに変わることになるだろう。また、メーカーの撤退は、Bチームの存続の危機にも発展する。1メーカーの撤退が、2チームや3チームの撤退に発展しかねない危機的状況を孕んでいるのだ。
 遅かれ早かれ、このような時代になるとは言え、全チームがバラバラのシャーシを使うことになるはずであった最後の年が、このような形でなし崩し的にカスタマーシャーシが導入されてしまうことは本当に残念でならない。
 SuperAguriが日本の意地を見せて、オリジナルのSA07を発表してくれることを心より願っている。参戦2年目は内容も問われるだろうが、他人のふんどしでレースは戦ってほしくない。
 是非、自前のふんどしで土俵た上がってもらいたいものである。
[PR]

by R-130 | 2007-02-15 23:07 | ∟F1 2007 Other issue
2007年 02月 15日
サッカー:オシム監督、日本代表候補メンバー発表!!DF中沢が復帰
暫くちょい忙しくて更新が全く出来ませんでしたm(__)m
ご迷惑をおかけしました。
遅れた分はポツポツ取り戻そうと思いますので宜しくお願いしますm(__)m

それでは久しぶりに発表されたサッカー日本代表の話から。
オシム監督が発表した代表候補メンバー28名は以下の通り。


GK
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)
川島永嗣(川崎/※)
林彰洋(流通経済大/※)

DF
中澤佑二(横浜FM)
坪井慶介(浦和)
田中マルクス闘莉王(浦和)
阿部勇樹(浦和)
今野泰幸(FC東京)

MF
橋本英郎(G大阪/※)
羽生直剛(千葉)
加地亮(G大阪)
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎)
鈴木啓太(浦和)
駒野友一(広島)
野沢拓也(鹿島)
相馬崇人(浦和/※)
佐藤勇人(千葉)
田中隼磨(横浜FM)
山岸智(千葉)
藤本淳吾(清水/※)

FW
播戸竜二(G大阪)
巻誠一郎(千葉)
我那覇和樹(川崎)
高松大樹(大分)
佐藤寿人(広島)
矢野貴章(新潟/※)

※印は初招集


 サプライズ人事とはDF中沢の復帰、と言うことなのかそれともGK林の抜擢と言うことなのか?
 欧州組は、「ジョーカーをいきなり使うのは宜しくない」と言うことで召集を見送る予定…
 どうやら3/24のペルー戦はこの中から絞込みが行われる模様だ。

 こうやって眺めると大体オシム監督が考えるJリーグで考える日本代表、と言うのが見えてきつつある。色々試しているけど、基本、こんな感じなのね、というのが今回の発表で浮かび上がってきたように感じる。
 DFの中沢の復帰は歓迎すべきだろう。世界に渡り合えるDFの不在は声高に叫ばれており、フィジカル的にも実績的にも中沢は条件を満たしていると思われる。トゥーリオと中沢の2枚看板なら連携が取れればそれなりに効果を発揮するだろう。ただ、阿部が相変わらずDFとして招集されているのが、ものすごく気になるが…
 MFとFWに関してはメンバー的には、もうこの辺が国内組の限界かなぁ、と思ってしまう。清水の藤本など去年の実績を買っての代表入りだが、今までのオシム監督の考えから見れば、代表に残る可能性は少ないような気がする。何となく前任者同様の決め撃ち、の感が拭えない。

 さて、アジアカップまで恐らくあと3試合くらいしかテストの機会が無い日本代表。
 果たしてこれで大丈夫なのだろうか。
 オシム監督は、照準はW杯南アフリカ大会予選と言っているようだが、いやいや本選のほうに照準絞ってくださいと声高に言いたいし、それってアジアカップは結果が出ないかもしれないと予防線張っているんですか?と問いたい。
 3/24は国際Aマッチデーだ。呼べる海外組は呼んで融合を図るべきではないだろうか。未だ収集経験の無い彼らにとってオシムの考え方は理解に苦しむはずだ。早めに呼んで理解させるべきである。それとも、ギリギリまで海外組を呼ばずにアジアカップを戦って負けた場合は海外組のせいにしてしまうのか?そんなカペッロのような言い訳は聞きたくない。
 アジアカップに優勝して、是非コンフェデの出場権を獲得してもらいたいと思うのは八百屋だけだろうか。コンフェデは数少ない国際大会の経験の舞台である。出場国がどれだけ本気でくるかは解らないが、きっといい経験になるはずである。まあ、前回の様に「ひょっとしたら世界でもやれるのか?」と勘違いしてはいけないが(笑)
 
 まだまだ見えてこない、オシム監督の取り組み。国内組の大筋は見えてきたが、海外組の融合は棚上げされたまま、ペルー戦に臨むのか。これが国内組の最終的テストと言う位置づけなら、是非実りあるAマッチにしてもらいたいものだ。
[PR]

by R-130 | 2007-02-15 07:57 | ∟サッカー日本代表