2007年 01月 23日 ( 1 )

2007年 01月 23日
サッカー:プレミア24節 アーセナルvsマンU
 ビックマッチ2戦目は、アーセナルvsマンU。エミレーツスタジアムでマンUを迎え撃つホームアーセナル。最後にドラマが待っていた。

スタメン

■ アーセナル 4-4-2

       アンリ   アデバヨール

ロシツキー              フレブ

       フラミニ   セスク

クリシー センデロス  トゥーレ エブエ

          レーマン

 ジウベルト・シウバをサスペンショで欠き、4-4-2の布陣。エブエが久々スタメン。フラミニとセスクの中盤の連携が見所に。


■ マンチェスター・ユナイテッド 4-2-3-1

          ラーション

 ルーニー   ギグス     ロナウド

      キャリック  スコールズ

エブラ ファーディナンド ヴィディッチ ネビル

        ファン・デル・サール 

 2列目の3人は頻繁にポジションチェンジ。ルーニーはサイドからの切り崩しが目立った。



 アーセナルは、今季ホームで負けなし。一方のマンUはアウェーでホームで唯一の黒星がアーセナル戦。アーセナルは、勝って上位との差を少しでも縮めたいところだ。

 前半。
 最初の10分はマンUがボールを支配。ラーションを前線のくさびに、2列目のロナウド、ルーニーがサイドから切りくずしにかかる。ギグスはトップ下でボールを散らし、スコールズは掃除役とボール捌きの"アンカー"に徹する。勢いのあるマンUが試合を支配するかに見えた。
 一方のアーセナルは、ジウベルト・シウバの不在の不安がもろに出て中盤の守備がおぼつかない。しかし、ここでフラミニが中盤の掃除役に徹することで、セスクも効果的な上がりができるようになり、アーセナルもボールが落ち着いて回せるようになった。このあたりが10分過ぎたところ。
 この後はアーセナルペースで試合が進む。中盤でのポゼッションは非常に高いのだが決定機がなかなか作れない。マンUもペースが握れないとわかるや否やカウンターにスタイルを切り替える。アーセナルの上がったスペースを突く様なサッカーを見せ始める。すると、アーセナルのサイドバックはオーバーラップを自重。強豪同士にありがちな、中盤の潰しあいで前半戦を終える。全体的にはアーセナルペースと言えそうだが、マンUも守りだけでなく攻めへの切替が早く、なかなかスリリングな内容だった。

 後半。
 先制はユナイテッド。中盤でボールをキープしていたギグスを超高速でLSBのエブラが追い抜いていく。ギグスがエブラにスルー。エブラがサイドをえぐってダイレクトでセンタリング。トゥレの頭をかすめた先にルーニーが待ち受けており、フリーでルーニーが押し込んで先制!!エブラの動きとクロスは見事だった。トゥレは、あのボールを触っていなければゴールはなかったと思うが結果論、仕方がない。
 これでマンUが1点を守りきり、首位の座を固めるのかと思ったが…今日のアーセナルは死んでいなかった。
 ベンゲル、フレブに代えてファン・ペルシー、フラミニに代えてジュリオ・バプティスタ。超攻撃的布陣を敷いて点をとりに行く構え。サイドは右ロシツキー、左にファン・ペルシー。
 そしてさらに攻勢を強めるアーセナルに同点弾が生まれたのは後半38分。ロシツキーの右サイドからのクロスに、中央でアンリとCB1枚がつぶれて手薄になったファーサイドにファン・ペルシーが飛び込んでダイレクトで蹴りこみゴール!!同点!!エミレーツスタジアム沸き返る沸き返る。
 さらにドラマは続く。後半ロスタイム。RSBのエブエが攻め上がり、ロシツキーとの1-2で右サイドを攻略。絶妙のクロスを上げるとそこに待っていたのはアンリ!!見事なヘッドで逆転弾!!エミレーツスタジアムはお祭り騒ぎ!!マンUにとっては悪夢…

 後半のベンゲル采配が見事に的中してアーセナルが逆転で勝利。ちなみに200ゴール以上決めているアンリだが、ヘッドでのゴールは11ゴール目だとか…ユナイテッドはほぼベストを揃えながら完全に力負け。まあ、アウェーなので仕方ないか。もうちょっと守備に貢献できるパク・チソンをリードしているところに入れても良かったと思う。

 解説の加藤さんは、最後守備がためにロナウドに代えてハインツェを入れてしまい、左サイドの守備がSB2枚と言う形で連携がうまく取れなかったのが勝負のあやだったのではないか、と言っていた。確かにリプレイ見ると、エブラもエインセも中途半端な守備をしていた。この辺も、ユナイテッドが引き分けに持ち込めなかった要因かもしれない。

 多くのファンの望みどおり、トップ2が負けて4強の勝ち点差が縮まる構図になった。チェルシーはお気の毒と言うしかないチーム状況で、好調マンUもアーセナルに土をつけられプレミアの流れも変わるのだろうか?
アーセナルファンにとってはさあこれから!!と息巻きたいところだが何とファン・ペルシーが足の功を骨折して約6週間の離脱。CLにも間に合わないと言う緊急事態に。チームの得点王でもあり、チャンスメイカーを欠き、アーセナルにとってはアンリも復帰してうまく行きかけていただけに、厳しい主力の離脱となってしまった。  
[PR]

by R-130 | 2007-01-23 09:57 | ∟Premierleague 06-07