2007年 01月 20日 ( 1 )

2007年 01月 20日
News:あるある大事典で捏造放送!?納豆放送のお詫びが関西テレビHPに!!
 八百屋の職場の夕方のピークも落ち着こうかとしていた18時過ぎに一報が届いた。
「1月7日放送のあるある大事典の納豆の内容に、虚偽の内容あり」
スーパーの事務所にいた八百屋を含む人間は、それを聞いて一同唖然。"売場から納豆が消えた"…社会現象にもなった納豆が馬鹿売れして、需要に供給が追いつかない事態が続いていたが、この現象は情報の捏造と虚無の放送が作り出したものなのか…もう呆れるしかない事実だ。

「テレビの不二家問題版だな…こりゃ」
食品の課長がつぶやいていた。


詳しい内容は関西テレビのHPをご覧頂いて。この内容を整理すると以下のようになる。

■ 納豆を食べた後の効果を数値で公表していたが、この数値は測定されたものではなくでたらめ
■ 納豆を食べて痩せた写真が公開されていたがこの写真は納豆を食べたこととは全く無関係
■ アメリカのとある大学のチームが研究したような報道だったが、研究データは別の大学の個人のものであり、そのコメントに捏造部分が多くみられた


これで気になるのは、「じゃあ、今までの放送内容はどうなの?」
と、言うこと。全部捏造?でっちあげ?視聴者は何を信じればいいのだろうか?

そもそも、○○に効果あり、を訴えかける場合は明確なデータや研究の裏づけがないと、公表できない事になっている。我々もその辺はコンプライアンス・セミナーでいやと言うほど会社から叩き込まれており、売場でも安易な表現は出来ない。例えば、みかんに[ビタミンたっぷり]なんてセールスコピーをつけると、どのビタミンが豊富であり、それは何を平均として豊富と唄うのか?と問われても現状の法律では仕方がない状況らしい。本当に表現には気をつけなければならないのだ。ところが、その根拠となるデータ捏造。一体番組制作者はどういうつもりでこの番組を作ったのだろうか。
最近の健康志向番組の視聴率の高さは特に有名で、庶民の健康への関心が高くなってきていることを証明している。その、健康志向番組のリーダーとも言える存在だった「あるある大事典」。様々食材を取り上げ、数々の社会現象を巻き起こし、スーパーを品切れのどん底に叩き込んでいたこの番組も、結局何が本当でどこまでが嘘だったのか解らない状況になってしまった。
あるある大事典Ⅱも明日21日の放送は中止。今後継続するかどうかは、今までの放映内容が適切であったかどうかを過去に遡り調べなおして、判断するそうだ。

数字(視聴率)が取れればそれでいいのか?やらせ等で過去にも一度問題になった同番組。それにも懲りずに今度は捏造放映。民放の放送倫理が問われる1件になりそうだ。


八百屋個人として気になるのは…
明日から、納豆は売れなくなるのだろうか。
それにも注目したい(^^ゞ


後…
"納豆食ったから痩せた"
と言う事実は本当か?
と、疑うことも必要かもしれないと思った。
うちの店長は毎日納豆食べてるけど一向にやせない、って言っていたし(笑)それは納豆だけではない何かがあるんだろうけど(苦笑)
視聴者も、報道を鵜呑みにしちゃいけない、とは親父がよく言っていたがまさにそのとおりだと思ってしまった。
視聴者も賢くならないといけない時代なのかもしれないですね(^^ゞ
[PR]

by R-130 | 2007-01-20 23:52 | News