2007年 01月 14日 ( 1 )

2007年 01月 14日
サッカー:プレミア23節 4強揃って勝利!!
 久しぶりに生でプレミアを見ました(^^ゞ年末・年始もプレミアは関係なく進行していたので、生で見るのは3週間ぶりでしょうか?昨日は、ワトフォードvsリバプール戦を皮切りに、チェルシーvsウィガン、ブラックバーンvsアーセナルの6時間ぶつ続け観戦!!満足しました(^^ゞ

 順位表はこちらから。

 マンU戦、試合の中継は無かったけどウエストハムに順当勝ち。復帰のパク・チソンもゴールを決めて中盤の層を厚くしている。
 
 リーグ戦はいよいよ好調になってきたかと思いきや、カップ戦×2でアーセナルに連敗し、ルイス・ガルシアが今季絶望、M・ゴンサレスも負傷と、エマージェンシー状態のリバプール。今節最下位のワトフォード相手に、ついにクラウチ・カイト・ベラミーを同時にピッチに送り込む3-4-3の布陣で3-0で快勝。クラウチ2得点と試合にコンスタントに出られなくとも好調を持続しており、攻撃面では非常に収穫のある布陣だった。クラウチのポストプレーに、ベラミー、カイトがどんどんスペースに走りこむ。また、ベラミーはサイドをえぐるチャンスメイク、カイトは引いてセカンドトップ的なチャンスメイクが出来て、タイプの異なる3選手が素晴らしいサッカーを見せてくれた、まあワトフォード相手なので試金石になるかどうかは微妙だが…
 ただ、3バックと言うことで守備は不安定。リバプールのCBがスピード不足と言うこともあり、ワトフォード相手だったから無失点ですんだものの、トップコンペティションでの無失点は難しいだろう。ベニテスはこの布陣を今後どのように使ってくるだろうか。おそらく相手に対して優位に試合を進めるという確証が無い限り使わないだろう。個人的にはCLでも見てみたい気もするが…守備が厳しいだろうなぁ。

 そして、この所いろいろなゴシップでお騒がせのチェルシー。バラックが孤立しているだ、モウリーニョは今シーズン限りだ、後任はヒディングだ…出るわ出るわ噂の数々。テリー負傷後、失点が多くて勝てる試合を数戦落としただけで、蜂の巣をつついたような大騒ぎ。これだから強豪チームは大変だ。
 試合はウィガン相手に4-0で圧勝。12月の試合はウィガン頑張ってたけどこの試合は全くの別チーム。ランザートベンチスタート、選手もどこか元気なく、4失点の内3失点が自チームのミスと言うこともあり、踏んだり蹴ったりの試合だった。
 チェルシーはとりあえず大勝してマスコミを黙らせることが出来るか。ツェフは復帰間近ながら、シェフチェンコは怪我でベンチにも入れず、テリーももう少し時間がかかりそう。J・コールは今季の復帰の目処が立たってないとか。エッシェンがCB、ミケルやカリューと言った、今一歩信頼のおけないサブしかおらず、苦しい台所事情が続いている。今後どのような試合運びで勝ち点を積み上げるか、注目だ。個人的には4-3-3に戻したことで、試合の流れは良くなってきているんじゃないかと思う。今のメンバーでは、ドログバとロッベンをしっかり活用できるシステムでないと活路を見出せそうにない気がする。
 ちなみにチェルシーはこの冬の補強はなしだとか。DFライン大丈夫か?エッシェンを中盤で使えるように、またテリーの不測の事態に備えてCBを1枚補強すべきだと思うけど…

 若手中心の布陣で戦績が安定しないアーセナル。ようやくアンリも復帰してさあこれからと言ったところか。
 ところが前半いきなりジウベルト・シウバがファールで一発退場になり10人と厳しい展開になりそうな気配が漂ったが、コロ・トゥーレとアンリが復帰弾を決めて2-0で勝利。4強がしっかり勝利して4強がトップ4を占めた。

 状況としては、マンUはラーションの加入とパク・チソンの復帰で層を厚くし、プラス。
 チェルシーは、マンUの取りこぼしに付き合ってしまい勝ち点差を縮められず、J・コール、シェフチェンコ、テリー、ツェフという主力を欠いてマイナス。おまけに冬の補強は無しと名言。
 リバプールは、キューウェル、ルイス・ガルシア、M・ゴンサレスを故障で欠き守備面はヒーピアの老朽化、キーパーの不安定さなど守備面に大きく不安を残しマイナス。
 アーセナルは若手中心で試合運びが不安定なのと、アンリの復調にもう少し時間がかかりそうなのがマイナス。

 チェルシーとアーセナルは時間の経過と共に問題点が解決されそうなので深刻ではないが(チェルシーは守備面が深刻、あとドログバがいなくなるとどうなってしまうのかも不安)、リバプールはシーズン前から危惧されている守備ブロックを整備しないと後半失速の可能性もある。
 マンUが4強の中ではマイナス要素があまり見当たらない。が、DFラインはCBの2枚看板の内1枚がなくなると不安か。まあ、エインセやブラウンがいるので大きく戦力ダウンするわけではないが…

 中盤を過ぎて若干マンUがリードしているプレミア。来週はファンもよだれ物のカード、リバプールvsチェルシー、アーセナルvsマンUが控えている。できれば3位4位チームが上位を叩いて少しでも面白くなるような展開を期待したい。
 

 
[PR]

by R-130 | 2007-01-14 23:58 | ∟Premierleague 06-07