2006年 12月 31日 ( 1 )

2006年 12月 31日
年末企画:あなたのご当地お雑煮を教えてください!!
 どもども(^^ゞ八百屋です。
 いつもこのブログに来られている方も、たまたまこのブログに足を運ばれた方も…是非教えて頂きたいことがあります。

 それは…"お雑煮の中身と特徴"です(^^ゞ
 どれだけのコメントが集まるかわかりませんが、勉強のためにも是非ひと言コメントしていただければ幸いです。

 それでは、八百屋の実家と、嫁さんの実家、それからご当地のお雑煮を紹介しますね。


■ 八百屋の実家:長崎 白菜のあっさり雑煮

 だしはカツオ節で、醤油や調理酒などであっさり味付け。はくさい、鶏のムネ身にしいたけ・にんじん・もちとシンプルな雑煮です。雑煮と言うよりちょっと具の入ったお吸い物って感じです。


■ 嫁さんの実家:佐賀 茶碗蒸し風雑煮

 嫁さんの実家は佐賀なんですが、実際のルーツは福岡の甘木にあるようです。
 まさに表題のとおり、茶碗蒸し風雑煮です。これも初めて見たとき、ビビッてしまいました。
 初めて嫁さんの実家に御呼ばれしたときは、雑煮が茶碗蒸しだって知らなくて、「すみません、雑煮ってどれですか?」と大ボケかまして恥ずかしい思いをしました(^^ゞ茶碗蒸しのオーソドックな中身にお餅が入っています。お餅は容器の下にこびりつかないように、大根の輪切りが底に敷いてあります。この大根の輪切りは食べるものではないらしいんですが、これまで食べてしまって笑われてしまった八百屋です。


■ ご当地雑煮:福岡(博多) 博多雑煮

 以前のエントリーでも触れましたが、博多雑煮は、地方野菜のかつお菜(勝男菜)とぶりの入ったごてごての雑煮です。だしはあご(トビウオ)でとります。福岡のスーパーには、年末、トビウオの乾燥したやつがずラーっとぶら下がったものが普通に売られています。味付けは醤油ベースです。
 これに、ぶり・だいこん・さといも・にんじん・ごぼう・ネギなどを入れます。ボリューム感があり、これでご飯が進みます。シンプルな雑煮しか知らなかった八百屋には、カルチャーショックでした。


 簡単で良いんで、このエントリーを読まれた皆さん、是非コメント欄にマイお雑煮を教えてください。宜しくお願いしますm(__)m感動と驚きを分かち合いましょう!!
[PR]

by R-130 | 2006-12-31 23:59 | 野菜と果物(蘊蓄諸々)