2007年 09月 17日
F1:第14戦 ベルギーGP決勝 フェラーリ、ノルマの1-2フィニィッシュを達成
c0101167_20595629.jpg

■ 決勝
1 K・ライコネン フェラーリ 1:20:39.066
2 F・マッサ フェラーリ + 4.695
3 F・アロンソ マクラーレン + 14.343
4 L・ハミルトン マクラーレン + 23.615
5 N・ハイドフェルド BMW + 51.879
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1:16.876
7 M・ウェーバー レッドブル + 1:20.639
8 H・コヴァライネン ルノー + 1:25.106
9 R・クビサ BMW + 1:25.661
10 R・シューマッハ トヨタ + 1:28.574
11 J・トゥルーリ トヨタ + 1:43.653
12 V・リウッツィ トロロッソ + 1 laps
13 R・バリチェロ ホンダ + 1 laps
14 A・スーティル スパイカー + 1 laps
15 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 1 laps
16 A・デビッドソン スーパー アグリ + 1 laps
17 山本 左近 スパイカー + 1 laps
Did not finish
18 J・バトン ホンダ + 8 laps
19 A・ブルツ ウィリアムズ + 10 laps
20 D・クルサード レッドブル + 15 laps
21 S・ヴェッテル トロロッソ + 36 laps
22 G・フィジケラ ルノー + 43 laps

 第14戦ベルギーGPの決勝は、フェラーリがノルマである1-2フィニィッシュを決めて、チャンピオンシップの行方を盛り上げてくれました。フェラーリとしては今後は1-2フィニィッシュを続けて、アロンソとハミルトンに大量ポイントを獲得させないことが絶対条件です。
 下世話なシミュレーションで恐縮ですが、残り3戦、1位ライコネン、2位マッサ、3位アロンソ、4位ハミルトンが最後まで続いたときのポイントテーブルは以下のとおりです。

ハミルトン 97 + 15 = 112
アロンソ  95 + 18 = 113
ライコネン 84 + 30 = 114

 ………
間違いなく史上もつれにもつれたチャンピオンシップとして後世に語り継がれることになるでしょうし、ライコネンは伝説になるでしょう…
って、まあこんなにうまくはいかないでしょうが、裏を返せばこうでもしない限りフェラーリ・ライコネンに逆転のチャンスは無いということです。マクラーレンに先行を許した時点で、フェラーリのドライバーズチャンピオン輩出はほぼノーチャンスになると思います。

 今回はいつものレースの振り返りと言う趣向から変えて、自分なりに思う事を少し書きたいと思います。
 
c0101167_21121322.jpg

 アロンソは流石2年連続ワールドチャンピオン、と言わんばかりの走りをこの所披露しています。他のドライバーに負けない絶対的な強みを持ったコーナリング、そしてミスの少なさ、そして素早い判断力、そして強い精神力…残念ながら現状コース上にその全てを凌ぐドライバーは存在しません。ライコネンにはライコネンの良さがありますが、アロンソと対等になるにはあと少しの努力が必要だと感じます。いまやハミルトンとアロンソのポイント差は無いに等しいような気がします。
c0101167_21151658.jpg

 一方のハミルトンは、レース後半に入るにつれて、ツキも勢いも無くした様に感じます。ハンガリーのように自分でつまらないいさかいの種を作ったりしたのも、余計に勢いをなくしてしまったように感じます。
 スパの決勝後のコメントに、アロンソの1コーナーのライン取りに不満をぶち曲げていましたが、しかし彼がそこまで固執したのも、1コーナーで前に出られなければノーチャンスであることを本人自身が良く理解していたからだと思います。その結果を受けての不満だったと思いますし、事実彼はオー・ルージュの競り合いに負けて以降はまったくのノーチャンス。しかもレース終盤に些細なミスからコースアウトしてあわやレースを棒に振り兼ねない結末でした。しかし、オールジュに並走して突入する2人は迫力満点のシーンでしたが…

 しかし、CS解説で森脇さんが言うように、彼はまだF1の1年生です。今が学習のときなんだと思います。ここで先輩たちに大いに揉まれて、これを糧に成長すれば、ライコネンやマッサ、アロンソを超える偉大なドライバーになる可能性だって秘めていると思います。


 いずれにしろ残り3戦。
 アロンソ、ハミルトン、そしてライコネンの三つ巴のチャンピオンシップ争いがますます目が離せなくなったのは言うまでもありません。
c0101167_21251161.jpg

 そして次戦は、1977年以来の富士でのF1開催。ロングストレートの攻防を今から楽しみでならない今日この頃です。


 最後に。
 Bシャーシ+ソフトタイヤで序盤レッドブルに負けるとも劣らない速さを見せていたスーティルと、ワークスのバトンを抜いた琢磨、

 GJ!!
[PR]

by R-130 | 2007-09-17 21:26 | ∟F1 2007 Final


<< サッカー:モウリーニョ監督電撃退任      F1:第14戦 ベルギーGP予... >>