2007年 08月 23日
サッカー:A代表はカメルーンに勝利、五輪代表はベトナムに辛勝…
 プレミアに続き今度は日本代表ダブルヘッダー(苦笑)

 カメルーン、来日メンバー豪華でした。
 さすが中津江村効果でしょうか。彼らも、大分で試合しなかったら来なかったでしょうね。エトーは、バルセロナに続き今月2度目の来日ですw絶対中津江村効果だと思います。
 地方の新聞では、カメルーン代表の訪問に対して、坂本代表を初めとする中津江村の面々が盛大におもてなしをしたと報じられています。
 02年W杯の時にも報じられた、編み笠の舞踊に、今回もカメルーン選手が飛び入りしているシーンが放送されていましたwなんか心が温まるシーンでした。

 その中津江村のメンバーは、九州石油ドームにカメルーンを応援にカメルーンカラーに身をまとってスタンドで声援を送っていました。日韓W杯が終わってもこんな絆の強い国とキャンプ地ってここだけじゃないでしょうか。

 しかーし、やはりヨーロッパはシーズン開幕間もない、もしくは開幕前とあってか選手のコンディションは良くなく、また所属チームにきつく言われてきたのか、肉体が躍動するようなアフリカの選手特有のプレーは見られぬまま90分が終わってしまいました。それでも、あっさり振り切られる日本代表の両SBや、未だにゴール前で思いっきり打てない問題は、まだまだ解決されそうにもありません。
 遠藤のFKからトゥーリオのゴール、山瀬のミドルなど得点シーンはきれいでしたが、しかしそれでも「なんだかなー」と思われた方は少なくないはず。田中達也や大久保など、それなりの収穫もありましたが、後半はあーあ、と言う展開だっただけに、もっと現状の問題点を解きほぐして、ブラッシュアップしてもらいたいものです。


 実はこの試合、大分と言うこともあって近いので、密かに生観戦を企てていたんですが、転勤命令が会社から叩きつけられて泣く泣く中止…
 ブログの更新が滞っているのもこのせいです(←しれーっと言い訳(^^ゞ)



 モヤモヤ感が失望に変わったのは五輪代表の試合。
 格下ベトナム相手にホームで1点じゃ、五輪には出られそうにもありません。
 しかも、得点シーンは、もはやこれしかないのではないかと思ってしまうセットプレーのみ。
 反町監督が期待を込めて使い続ける平山は不発で大ブーイングを浴び、後半はベトナムに押し込まれるシーンも目立ちました。

 翌日の新聞で、ベトナムの躍進は国内リーグの更盛にある、と言うような記事を見ましたが、サッカー後進国のベトナムに辛勝してそういう論調しか書けない日本のジャーナリズムにうんざり。もっと批判しろよ。今年は五輪代表は諦めた方が良さそうです。
 谷間の世代といわれ続けた彼らのより一層の奮起に期待するしかありませんね。
[PR]

by R-130 | 2007-08-23 22:54 | ∟サッカー日本代表


<< サッカー:まだまだ選手を買い漁...      サッカー:ユーロ08予選、ポル... >>