2007年 07月 23日
サッカー:アジアカップ ベスト8
■ アジアカップ 決勝トーナメントベスト8

○ 日本 1 --- 1 オーストラリア ●
  (PK 4 --- 3)

○ イラク 2 --- 0 ベトナム ●

● イラン 0 --- 0 韓国 ○
  (PK  2 --- 4)

○ サウジアラビア 2 --- 1 ウズベキスタン ●


 アジアカップも決勝トーナメントがスタート。
 大会前には、オーストラリアやサウジアラビアと並んで優勝候補だったイランが、ピリッとしない韓国にスコアレスドローに持ち込まれてPKで敗退するという波乱がありました。向こうのトーナメントはてっきりイランが決勝まで勝ちあがるものだとばかり思っていたのでかなり意外です。

 後は順当に勝ち上がったと思います。
 サウジアラビアとウズベキスタン戦は、F1終了後後半だけ見ていたんですが、やはりサウジは試合巧者。頑張るウズベキスタンをのらりくらりと交わしてカウンター一閃!!攻撃時、特に遅攻時にボランチが前がかりになりやすい日本にとって、サウジのカウンターは要注意だと思います。チームコンディションもオーストラリアとは比べ物にならないくらい良い。決勝まで、気の抜ける相手はまったくいませんね。


 さて、その日本vsオーストラリア戦。
 個人的にはかなり審判に助けられた試合だと思っています。

 川口がPKで2本止めたことが勝ちを引き寄せた最大の要因であることは認めますが、そんなの運否天賦だし、だいたいヨーロッパでフルシーズン戦って疲れている選手が多く、コンディションが悪く監督も凡庸なチームに、Jリーグシーズン途中に中断して臨むというコンディション良好、しかも相手が10名になったにもかかわらず120分で決着がつけられなかったのは、最悪の結果になってもおかしくなかったと思います。
 失点もいただけない。ニアサイドに蹴りこまれたCKからの失点は、以前の教訓が活かされているとはとても思えません。相手のミスを見逃さなかった高原の1発がなければ、1-0で敗れていてもおかしくなかった。この結果は厳粛に受けとめて、ベスト4以降も気を引き締めて戦ってもらいたいものです。

 まあ相手がベタ引きになったときの戦い方もまだ稚拙さが否めません。
 佐藤はもっと早く投入すべきでした。
 教え子の巻が予選3戦目に活躍したものだから期待したのもあると思いますが、今日の巻は点が取れる雰囲気がなかった。速めに見限って当たらし流れを作るのも、監督の役目。今日はその動きが遅すぎたように思えます。

 
 次戦はサウジアラビア戦。
 先ほども言ったとおり、ボランチはバランスに充分気を配らないといけません。中村憲剛はただでさえ攻め好きなので、鈴木はより一層攻めの自重が求められます。オーストラリア戦は、サイドに流れたりするシーンがあったので、本当に気をつけてもらいたい。
 今のままだと、カウンターの格好の餌食になりそうで怖いです。
 阿部と中沢のマークの受け渡しもしっかりして、守りには慎重を期してベスト4に臨んでもらいたいものです。


  
[PR]

by R-130 | 2007-07-23 02:12 | ∟Football otherissue


<< F1:GP2第6戦 ニュル第2...      F1:第10戦 ヨーロッパGP... >>