2007年 07月 18日
サッカー:ジュリがローマへ!!リバプールは新スタジアム建設!?、他
■ バルセロナFWジュリ、ローマへの移籍が決定

 以前在籍していたASモナコからもラブコールを受けていたバルセロナ所属のFWジュリだが、この度ASローマに移籍することが決まった。移籍金は約5億とのこと。
 個人的にジュリは好きな選手だし、何より昨年バルサではメッシーの欠いた穴をしっかり埋めていた"実力者"である。これまた嫌いではないローマへの加入は嬉しい話である。
 これで、ローマのサイドアタッカーは、ジュリを加えマンシーニ、ダッデイ、ペッロッタ、エスポジートと層が厚くなった。ペッロッタは4-2-3-1の「3」の真ん中が主戦場なので彼を真ん中に固定して使えるのも大きいし、セリエA、コッパ・イタリア、CLと試合数を多くこなす上で、チームのレベルを落とさない選手層の厚さは重要である。
 来シーズンはローマの右サイドでプレーするジュリの姿が見られるかもしれない。

 またローマがらみでは、マンシーニにリバプールが興味、なんて記事があったけど流石にもういいんじゃないの?って気がするけど。
 またローマのテクニカルスポンサーに「Kappa」が決定。これは以前にもサポートしていたんでなんら違和感は無いですね。



■ リバプール、新スタジアム建設へ

 外資がついて、鬼のような補強を行っているリバプール。その補強は、選手だけでなく"スタジアム"にも投資されるようである。
 何でも現在のアンフィールド6万人収容を8万人に増設するとか。
 そしてその建設費は驚愕の約950億!!もう1000億って言ってもいい位の金額である。
 市民がこの建設計画を受けれいれれば年内にも施工が始まるとのこと。
 しかしこんなにふんだんに金使ってて大丈夫なんでしょうか?余計な心配だわな。
 プレミアのチームってホント金持ちが多いですよね。



■ トッテナムのFWアーメド・ホッサム、バーミンガムへ1年間のレンタルへ

 この前、ダレン・ベントがトッテナム入りしたとき、ワールドクラスのFWが4人になったと自身のブログで騒いでおりましたが、アーメド・ホッサムの存在をすっかり忘れていました(^^ゞ
 彼もエジプト代表(でしたよね?)として将来を期待されているんですが、いまいち伸び悩み昨年はヨル監督との確執もあり出場機会に恵まれなかった。
 それでもレンタルと言うことは、バーミンガムが買取に積極的でなかったということだろうか?しかし買い取りオプションの移籍金額は12億。うーん、高いかも。2の足踏むのも当然か。



■ チェルシーDFのブリッジ、腰の手術で復帰までに3ヶ月

 貴重なLSBのバックアッパーを失うことになったチェルシー。
 ブリッジが腰痛の手術のため戦線離脱。復帰までに3ヶ月との見通しが伝えられた。
 A・コールも怪我しがち、ブリッジも怪我が多いとのことでLSBの人材不足に陥る可能背もあるかも。P・フェレイラで凌げるほど彼のコンディションが今季上向けばいいのだが。それとも、またエッシェンをまわしたりするのだろうか。



■ チェルシーFWのロッベン、レアル・マドリー移籍の可能性が…

 来週のキャンプまでに何とか加入させたいと言うカルデロン会長の意向もあってか、今週中にまとまる可能性もある、とマルカの電子版が伝えている。
 両者の金額の開きは約10億円。どの辺で決着を見るかだが、ロッベンが移籍すればその金でD・アウベス、と言う線が出来つつあるため出来るだけ高く売りたいというのがチェルシーの本音だろう。
 果たしでいくらで決着するのか。いずれにしても移籍の可能性は高まったといえるだろう。



■ アジャラ、アルゼンチン代表から引退を表明

 バレンシアからビジャレアル移籍のはずが、突然コパアメリカ大会中にサラゴサへの移籍が報じられ本人もびっくりだったアジャラが、サラゴサ移籍の会見に臨み、同時に代表からの引退も表明した。
 後進も沢山いるし、クラブチームで現役を長く努めたければ、懸命な判断だと思われる。特に南米の選手は移動なども大変なため、クラブチームへ専念したいと言う気持ちも当然だと思う。
 代表引退がらみとして最近の話では、バイエルンに復帰したゼ・ロベルト。彼の契約書には「バイエルン復帰に当たって、代表を引退すること」と言う条項が盛り込まれていたとか。これに彼は喜んでサインし代表を引退発表した。こういうクラブは今後増えてくるかもしれない。



 
[PR]

by R-130 | 2007-07-18 14:36 | ∟Football otherissue


<< F1:第10戦 ヨーロッパGP...      サッカー:アジアカップとコパ・... >>