2007年 07月 14日
サッカー:ダニエウ・アウベスはチェルシー入りできるか?他
■ ローマのキヴ、インテルとの交渉決裂で残留が濃厚に

 実はインテル以外、移籍するつもりが無いと言うことがこのところ判明した(サラリー次第と言うのもあったかもしれないが)キヴは、代理人が再びインテルとの交渉のテーブルについたが、お互いのクラブの主張を譲らず結局物別れに終わった。
 大筋の見方では、あと1年キヴがローマでプレーして移籍金ゼロで他のクラブ(インテル?)に移籍するだろうと見られている。

 …結局レアルだバルサだと騒がれたキヴの周囲だったが、当の本人がスペインでのプレーで乗り気でなく(あくまで報道の中での推測だが)移籍するならインテル、と言うのが彼の本音だったようだ。ただ、国内の直接のライバルに売りたくないと言う思惑と、売るなら少しでも高く売りたいという二つの思惑が重い足枷となってしまい、最悪移籍金ゼロで出て行くというシナリオが出てきた。キヴの移籍に関する"奇跡"は起こるだろうか?



■ ダニエウ・アウベス、チェルシー移籍かセビージャ残留か

 ついにD・アウベスの行き先がチェルシーか残留カの二つに絞られた。
 この獲得競争においては他の有力クラブも手を引いた模様。交渉のテーブルにはチェルシーのみが残っている。
 移籍金50億は絶対に譲らないセビージャ側と何とか30億前半で蹴りをつけたいチェルシー側の駆け引きが続いているが、セビージャ側の周囲の声としては、少々妥協しても売却すべき、との声が高まっている。
理由として

・本人がセビージャでのプレーのモチベーションが下がっている
・SBで30億以上出してくれるチームなんてそうざらにはいない

 と言うことで、後はセビージャが何処まで妥協してそれにチェルシーが首を縦に振るかどうかにかかっているだろう。

 …リバプールのバベルみたいに"間を取って40億円!!"見たいな風には…ならないだろうなぁ

 尚、昨年チェルシーに移籍してシェバやバラック以上に失望を買ったハリド・ブラルースは、セビージャに1年レンタル移籍と相成った。D・アウベスの交渉材料に使われるかと思われたが、そこは相手が1枚上手。それとこれとは別とはっきり言い切ったそうである。



■ リバプールの第2GKデュデク、レアル・マドリーに移籍

 この所レイナにレギュラーを奪われた後、たまーに試合に出ても大ポカが多くて干されっぱなしだった、元ポーランド代表リバプール所属のGKデュデクがレアル・マドリーに移籍することと相成った。
 表面上はカシージャスとポジション争いをすることになるだろうが、カシージャスが絶対的な存在である以上、デュデクのポジションは第2GKと言うことになるだろう。

 何でもレアルはインテルのトルドにも手を出していたとかで、意外にGKを注視していたんだなぁとびっくり。ただデュデクに出番があるのかと聞かれると…沈黙。



■ ローマのFWモンテッラ、サンプドリア移籍か?

 決まれば98-99シーズン以来の古巣に返り咲き、と言うことになる。
 今年の冬からフルアムに半年間レンタルで出ていたモンテッラ。
 当の本人もイギリスの水は合わなかったという事で、イタリアでの移籍先を探していた。
 身長こそ低いものの決定力の高さは折り紙つきで、インザーギに似たタイプのモンテッラ。古巣での活躍に期待したい。
[PR]

by R-130 | 2007-07-14 15:34 | ∟Football otherissue


<< サッカー:アジャラがビジャレア...      サッカー:アジアカップ 日本v... >>