2007年 07月 12日
サッカー:アヤックスのバベル、リバプール移籍が決定!!他
■ リバプール、ウエストハムのベナユンに続きアヤックスのバベルも獲得

 トーレス獲得後も動きが活発なのがリバプールだ。
 今週に入って、ウエストハムからイスラエル代表ベナユンを獲得。移籍金は約19億円とのこと。貴重なサイドハーフを補強した。
 と、思ったのも束の間!!噂の域かと思われたバベルもアヤックスから引き抜くことに成功。移籍金はアヤックスが35億程度でラインを引いたかに見えたが30億程度で合意に至ったようである。
 …すごいスカッドになっていますが、FWは一体どうなってしまうのでしょうか。
 ひょっとしてバベルにサイドなんかやらせちゃうのでしょうか?



■ ロッベンはチェルシー残留を希望

 でも、本人はレアルで実力を試したいともコメントしており、クラブ間で合意すればあっさり放出の可能性もあるかもしれない。
 なんせ、怪我が多いですからね。これだけ計算できないとチーム側としても扱いにくいと思う。マルダを獲得したので高く売れるときに売っちゃえみたいな考えが頭をもたげるかも…



■ ミランがロナウヂーニョに210億を用意

 …そこまでするならそれなりの選手を3-4人集めた方がよっぽど戦力が上がりそうな気がすねが、ミランはそこまでしてロナウヂーニョが欲しいようである。カカやロナウドと言ったセレソン軍団が多いため、ロナウヂーニョを呼んでブラジルトライアングルを形成したいとでも思っているのかもしれない。
 また、悉くFWに振られ続けている移籍市場だが、今後はロッシの獲得を狙いつつシェフチェンコの復帰を模索し続けることになるだろう。
 ロナウヂーニョの獲得にシェバの復帰…即戦力としては悪くないかもしれないが、特にシェバの場合は後先長くないため、復帰は慎重に検討すべきだろう。



■ セビージャの選手獲得の話

 セビージャは、アヤックスからMFデ・ムール、ランスからMFS・ケイタの獲得を発表した。移籍金はいずれも5億から-10億程度と見込まれている。
 抜群のスカウト網と選手発掘眼で、安く買っては高く売るのに長けているセビージャ。この2人も、ファン・デ・ラモス監督の元でどのような成長を遂げてビッグクラブに旅立つのであろうか。
 また、移籍市場で注目を集めているFWのフレデリック・カヌーテは契約期間が満了していないにもかかわらず賃上げをクラブ側に要求し、大目玉を食らっている。
 カヌーテはプレミアへの復帰を夢見ているようで、今のところセビージャも放出の意向は見せていないが、内容如何では放出もありうるかもしれない。
[PR]

by R-130 | 2007-07-12 21:07 | ∟Football otherissue


<< F1:スパ・フランコルシャンテ...      サッカー:コパアメリカ 準決勝... >>