2007年 07月 12日
サッカー:コパアメリカ 準決勝 世界の期待通り決勝はブラジルvsアルゼンチン!!
■ 準決勝第1試合

○ ブラジル 2 --- 2 ウルグアイ ●
     (PK 5 --- 4)
【得点者】 マイコン('13) フォルラン('36) バプティスタ('40) アブレウ('70) 

(以下、スポーツ・ナビの記事より抜粋)

 試合序盤は、前線の高い位置からプレッシャーを掛けるブラジルペース。迎えた13分には、ミネイロのドリブルシュートがはじかれたところを、攻撃参加していたサイドバックのマイコンが蹴り込んで、ブラジルが先制する。しかしこの直後、スタジアムの照明が落ちるハプニングがあり、試合は中断。再開されてからはウルグアイが調子を取り戻す。
 再開後ブラジルを攻め立てるウルグアイは、29分にフォルラン、続いてレコバがシュートを放つも、ブラジルのGKドーニが好セーブ。しかし、36分には右CKのチャンスをつかむと、GKドーニがクリアしたボールを拾ったフォルランが、ゴール右下に蹴り込み同点とする。
 お互いに攻め合う展開の中で、ブラジルも40分に右サイドからFKのチャンス。ゴール前の混戦から、マイコンの蹴ったボールにうまくバプティスタが足で合わせて、ブラジルが1点リードで前半を終えた。

 個人技に優れる両者の対戦は、後半も1対1の多い白熱した好ゲームに。そして後半25分、ウルグアイはニアサイドのフォルランが左サイドからのクロスに頭で合わせるもジャストミートせず。しかし、ファーに流れたボールを途中出場のアブレウが押し込み、気迫の同点弾を決めた。
 ブラジルはジエゴ、アフォンソ・アウベスらを投入して最後までゴールを狙いにいくが、アフォンソがペナルティーエリア内で倒されたプレーはノーホイッスル。ドゥンガ監督の「2回目だぞ、2回目」のアピールも受け入れられず、試合は90分を戦い2-2の同点で終了。そのまま、今大会初のPK戦に突入した。

 PK戦では1人目のフォルランが失敗したウルグアイに対し、ブラジルは4人目アフォンソが失敗。5人が蹴っても4-4と決着がつかず、サドンデスに突入する激戦となった。そして、ブラジルは6人目のフェルナンドが失敗。絶体絶命かと思われたが、ウルグアイ6人目のパブロ・ガルシアもまさかの失敗。最後はブラジル7人目のジウベルト・シウバが決めたのに対して、ウルグアイ7人目のルガーノが失敗し、ブラジルが決勝進出となった。

 PK戦が終わった瞬間、ウルグアイMFクリスティアン・ロドリゲスがロビーニョに迫ったため、ピッチの上は一触即発の雰囲気となったが、そこは最後にPKを失敗したルガーノが場を収める役目を果たし、失意の中でも主将らしい一面を見せた。

 コパ・アメリカで、これまでにアルゼンチンと最多タイの14回の優勝を誇るウルグアイだが、今まで3度決勝でブラジルに敗れており、今回もブラジルによって制覇の夢を絶たれることとなった。なお、ブラジルは翌日に行われる準決勝、アルゼンチン対メキシコ戦の勝者と対戦することになる。

-Kazuhiro Morimoto from Venezuela-
 

 うーん、なかなか白熱した試合、といえば聞こえがいいんだけど、なかなか調子の上がらなかったウルグアイに付き合うかのように調子の上がらなかったブラジル。PKの展開如何ではブラジルが負けてもおかしくなかっただけに、まさに薄氷を踏む思いの勝利だっただろう。
 この試合に関しては攻め合いの好ゲームだったようだが、ブラジル国民のドゥンガの評価は多少は上向いているのだろうか。 



○ アルゼンチン 3 --- 0 メキシコ ●
【得点者】 

(以下、スポーツ・ナビの記事より抜粋)

 アルゼンチンは今大会初めてFWテベスをスタートから起用。一方のメキシコは、ここまでチームを引っ張ってきたFWネリー・カスティージョが左ひざじん帯に炎症を起こし出場は微妙な状態だったが、結局スタメンに名を連ねた。

 アルゼンチンは試合開始直後、メッシのパスからテベスがDFを振り払い、フリーでシュート。しかし、これはメキシコGKオズワルド・サンチェスがセーブして事なきを得る。その後もボールを支配するアルゼンチンが立て続けにシュートを放つも、マルケスを中心とするメキシコの組織的な守備を崩すことができなかった。
 メキシコもセットプレーから何度かチャンスをつかんだものの、35分にアルセから絶好のパスを受けたグアルダードのシュートがDFにブロックされるなど、両者共に得点を奪えないまま時間が過ぎていく。そして勢いを増したアルゼンチンは前半終了間際、リケルメの浮き球のFKをゴール前でエインセが合わせて、待望の先制点を獲得。アルゼンチンが1点をリードして前半を終えた。

 後半に入り、54分にはメキシコが絶好機をつかむ。マルケスのパスからネリー・カスティージョがディフェンスラインの裏に走り込みシュートを放つが、ポストにはじかれノーゴール。これ以降、メキシコにチャンスが訪れることはなかった。
 アルゼンチンは61分、中央でテベスがためて右サイドのスペースに出したパスを、メッシが絶妙なループシュートで決めて追加点。その4分後にはテベスが得たPKをリケルメがチップキックで決めて、3-0とメキシコを突き放す。最後までメキシコもあきらめずに戦ったが、攻守に強さを発揮したアルゼンチンがそのまま3-0で勝利。
 これで決勝は2大会連続ブラジル対アルゼンチンの好カードとなった。

-Kazuhiro Morimoto from Venezuela-


 難敵メキシコにもアルゼンチンは動じず。出場国の中で1番安定したパフォーマンスを披露している。バシーレが本気で優勝を狙っているのも理解できる。
 この試合も役者がしっかり決めて、メキシコを退けて決勝に勝ち名乗り。
 決勝戦は、ブラジルvsアルゼンチンの南部の雄が激突する好カードとなった。
 実力やコンディションはアルゼンチンがが抜けているが、ブラジルが本気モードのアルゼンチにどう立ち向かうかにも注目したい。
[PR]

by R-130 | 2007-07-12 20:00 | ∟Football otherissue


<< サッカー:アヤックスのバベル、...      サッカー:コネホがレアル・マド... >>