2007年 07月 12日
サッカー:コネホがレアル・マドリーへ!!
■ サビオラがレアル・マドリーへ移籍!!

 実は6/30に既に決定していたらしいのだが、シュスター監督の就任を待っての発表と相成ったらしい。
 レアル・マドリーとしては2トップの布陣をも叶える実績あるFWを獲得できたといえるだろう。ただ、ニステルとコネホの2トップを採用した場合…ラウールの居場所が何処になるのかと言うのがひとつの問題になりそうだが…ラウールを取り巻く環境はひょっとすれば今年以上に厳しくなるかもしれない。

 直近でバルサからレアル・マドリーへ移籍した選手として有名なのは現・インテル所属のルイス・フィーゴ。この時はものすごいセンセーショナルな話題として世論を2分したものである。
 しかし今回のサビオラの場合、サラリーの問題などでバルサがこれ以上抱えられないという事情もあり放出が濃厚だったという背景がある。(全てはサビオラがバルサに入団したときに、サビオラの代理人と当時のバルセロナの会長のガスパールとの間に交わされた契約に問題があったとされている)。サビオラがフィーゴのように"極悪人"とクコから非難されることは無いと思うが…でもやはり宿命のライバルチームへの移籍は衝撃的である。



■ リュングベリがフィオレンティーナと交渉?

 アーセナルのリュングベリの代理人がフィオレンティーナと交渉したのではないかと言うことで話題になっている。今年はリュングベリもアーセナルの構想外となっており、移籍に関しては容認の意向と言うのが大筋の見方である。
 しかし、アーセナルが更に若がえる方向に向かっているのには疑問を呈する声も少なくない。
 今やベテランの域に達し、溢れる闘志でチームを牽引することも出来るフレディはアーセナルに残留すべきと言う声も少なくなく、自身も放出しなくてもいいのではないかと思う。
 まあこの噂が何処まで信憑性があるのか疑問だが、このスウェーデンのベテランの動向に注目が集まるのは事実だ。
[PR]

by R-130 | 2007-07-12 09:05 | ∟Football otherissue


<< サッカー:コパアメリカ 準決勝...      サッカー:アジアカップ 日本v... >>