2007年 06月 08日
F1:第6戦 カナダGPプレビュー
c0101167_2329798.jpg

■ ウエブサイト  http://www.grandprix.ca
■ アドレス  lle Notre-Dame Montreal Quebec HC3 1AO Canada
■ コース全長  4.361km
■ 周回数(レース距離)  70周(305.270km)
■ コースレコード  1'12"275/2004年 R・シューマッハー(ウイリアムズ)
■ 決勝ベストラップ  1'13"622/2004年 R・バリチェロ(フェラーリ)
■ 2006年 リザルト
  ・ポールポジション  F・アロンソ(ルノー)/1'14"942
  ・優勝  F・アロンソ(ルノー)/1h34'37"308
  ・ファステストラップ  K・ライコネン(マクラーレン)/1'15"841
c0101167_23292436.jpg

 生観戦派には非常に辛い、北米2連戦が始まります。今年もカナダGPからスタートです。
 モントリオールを流れるセント・ローレンス川沿いに作られた、人工島「ノートルダム島」にある周回路を利用して作られたサーキットです。
 ストレートをシケインやヘアピンで繋いだレイアウトは、完全なる"stop and go"サーキットで、エンジンパワーとブレーキとタイヤのトラクションがポイントになるサーキットです。
 …が、今年はエンジンホモロゲの影響で、回転数は19000回転リミットになっているので、よりブレーキへのファクターが大きくなっている点が挙げられる。毎年、ブレーキを巡るドラマが起きやすいサーキット。どりゃあぁああぁっとアクセル吹かして、ドカーンとブレーキ、だけでは駄目なサーキットです。

 また、ちょっと隠れたポイントとしてはランオフエリアが少なく、コースを外れるとすぐカードレール、みたいな箇所もあるので、クラッシュするとすぐにSC、なんて場面も少なくありません。このサーキットもSC介入率は非常に高いです。
 また、川沿いで周りに障害物がないことから、風が強いことでも知られています。追い風・向かい風を把握してセッティングに活かす能力も問われます。

 さて、肝心の2強の争いについてですが、アロンソはこの2戦はフェラーリが強いだろうと、控えめな発言をしていますが心の奥底では、この2戦も取って大きなアドバンテージを築こうと思っているに違いありません。
 一方のマッサやライコネンは再起を誓っています。ここでフェラーリが巻き返せるか、それともマクラーレンが突き放すかで今シーズンのタイトル争いの行方が大きく変わってきそうなだけに、高速サーキットはフェラーリ有利、と言う下馬評が本当なのかどうか、注目したいところです。

 尚、ハミルトンの発言などで物議を醸した事を受けて、マクラーレンはドライバーに緘口令を敷きました。あまり多くは語らせない模様です。しかし、この緘口令。それだけチームにとっては不都合なことを喋られたから統制している、と言う風にしか受け取れないように思えるんですが、いかがなものでしょうか。
 それでは、気になる話題を1つだけ。


■ フランス、2009年は"ベルサイユGP"で復帰!?

 今年でマニ・クールでのフランスGPが終わりになるのはほぼ間違いない"規定路線"でその1年後、どこのサーキットで復帰するのかが話題を呼んでいるが、新たな候補として"ベルサイユGP"案が浮上した。

 これまで、老舗のポール・リカールやパリの中心部(市街地かな?)やディズニーランドが候補として挙げられていたが、新たな候補地に、なんとベルサイユが挙げられたと、レキップ誌は報じている。
 何でもベルサイユは過去に、パリ・ダカのスタート地点に3度なった経歴を持ち、モータースポーツにまったく縁も所縁もないわけではない。ただ、恐らく開催されるとすれば郊外になる可能性が高く、かつてベルサイユ宮殿の責任者を務めていたアルバネル文化大臣は好ましくないのではないと、と言う声明を出している。
 果たして、フランスGPはどこで復帰するのか。ルノーもリザルトが急降下でこのままではフランスGPが消滅する危険も出て来ただけに…何か打開策が欲しいものです。

 
[PR]

by R-130 | 2007-06-08 23:51 | ∟F1 2007 GP Preview


<< サッカー:気になる大物の今夏の...      News:コムスン、関連会社に... >>