2007年 06月 08日
News:コムスン、関連会社に事業譲渡
 最近、人が殺されただの自殺しただの物騒な事件が多かったが、今日はちょっと目先の変わった事件と言うか出来事があったので取り上げてみたい。

 まずは、親会社がグッドウィルである介護事業最大手、コムスンの裏技から。

 介護事業所の指定を不正に取得したとして、厚労省は"最後の切り札"として、全ての事業所の新規指定や更新を認めないとする審判を下したのに対し、グッドウィルは、コムスンの事業を子会社の日本シルバーサービスに譲渡するという裏技を炸裂。これで、厚労省の処分を交わしてこれまで通り事業を続けるという"奇策"に打って出た。

 これは間違いなく以前から練っていた対策だと個人的には思わずにいられない。

 24hの介護サービスを売りに爆発的に事業を拡大してきたコムスン。この親会社のグッドウィル社長の折口氏は、防衛大卒業後あのバブル時代の象徴ともいえる"ジュリアナ東京"を企画し、ジュリアナ亡き後も、ヴェルファーレとして復活させた人間であるという。そんなある意味"切れ者"がやりくりしている会社である。転ばぬ先の杖は持っていたということか。

 しかし、この裏技に対して違法性が無い為、厚労省は容認するしか手立てがないという。
 しかも介護事業は、ここ10年でクローズアップされ、急速に市場が拡大している。法整備が追いついていないという現状もあり、このようなパイオニアが、色々な抜け道を作り出すのはある意味当然の帰結とも言える。
 24h介護が売りの裏には、莫大な経費を抱えながらも大きな利益を出すために、架空の書類や申請をすることで水増し請求などを行い、結果、今日のような急激な成長を作り出してきたのだろう。

 ただ、都市部を中心に、コムスンの事業が継続できないとなると、コムスンのヘルパーを必要とされる多くの方々が途方にくれることになっただろうが、この裏技による回避で、評価されるという皮肉な一面も浮かび上がった。

 介護事業を食い物にしているグッドウィルのやり方は許せないが、多くの介護を必要としている人間を支えている事実は揺ぎ無い事実で、今後はこれまで欺いてきた監査を、政府(と言うよりは自治体になるのかな)としてはより厳しく行っていくと共に、法の抜け穴を作らせないような更なる法整備が必要と言うことだろう。

 不正は不正として糾弾してしかるべきだが、なんかいつものように強い口調で糾弾できない不思議な感覚にとらわれたニュースだったので、ちょっと取り上げることにした。
 後日時間があれば、陸自の監視問題についても取り上げたいと思う。
[PR]

by R-130 | 2007-06-08 00:17 | News


<< F1:第6戦 カナダGPプレビュー      サッカー:ユーロ08予選、6/... >>