2007年 06月 06日
サッカー:ユーベにラニエリ監督就任!!リベリーはバイエル移籍秒読み、他
■ ユベントス、デシャンの後任にラニエリ氏決定

 何でも3年契約だそうで…
 意中の相手、マルチェロ・リッピにさんざんラブコールを送ったものの袖にされたらしいので、ここに来てターゲットをラニエリに絞った結果のようです。前々から、ラニエリ氏の噂も無くは無かったんですが、リッピクラスの監督に比べればやはり、インパクトは薄いかと…
 今年は2月から途中交代でパルマを率いて、瀕死のチームをA残留に導くという大仕事をやってのけた他、セリエA以外では、バレンシアやチェルシーを率いた経験もあります。特にバレンシア時代のラニエリの功績(CLファイナル)は今でも印象に残っていますが…
 しかし、パルマを退団した後、てっきりマンCに行くのかと思われていたラニエリ。それだけに"電撃決定"だったのかもしれません。
 堅守+速攻と言うイタリアのスタイルを地で行くラニエリ。果たしてユーベでその手腕は活かされるのでしょうか…


■ リベリーのバイエルン移籍が秒読み!?

 噂になっていたリベリーのバイエルン移籍が間近に迫ったといっせいに報道がなされています。なんでも蓋を開けると、リベリー獲得を真剣にオファーしたのはバイエルンだけだったそうです…まあ今シーズン前半はよかったものの後半は怪我などでコンディションを崩しその後はいまひとつでしたからね…マルセイユも今年が売り時と踏んでメガクラブからのオファーを首を長くして待っているようですが、今のところバイエルンだけ…このまますんなり決まるでしょうか。
 ちなみに移籍金は40億円とか。これって、マンUにハーグリーブスを売り払ったカネをそのまま当てているみたいですね。そうすると価値的には"ハーグリーブス=リベリー"、ってことになるんでしょうか。うーん、微妙。
 しかし、トニに続きリベリーも獲得すればバイエルン的には一応オフの補強は成功なんじゃないでしょうか。ただ後はリベリーがシーズン通して使える算段が立つかどうか、ここがネックだと思います。


■ 元バイエルンのゼ・ロベルトが古巣復帰!?本人はローマ移籍希望???

 昨シーズンでバイエルンを退団したゼ・ロベルト。今年はブラジルのサントスに移籍していたが、僅か1シーズンで欧州に戻る可能性がでてきた。
 まず噂されているのが、バイエルンへの復帰。ハーグリーブスの抜けた穴を補強するには手っ取り早い人材と言うことになる。ゼ・ロベルトを構想外とした、フェリックス・マガトはもうチームにはおらず、今は昔のバイエルンを知るヒッツフェルト監督なだけに、ゼ・ロベルトがチームに復帰する障害は無い。
 ところが当の本人は、ASローマへの移籍を希望していると報じられてもいる。ただ、ローマに行っても彼のポジションはないでしょうね。せいぜいバックアッパーが関の山でしょう。それに、ローマ側としても外国人枠を1つ使ってでも、欲しい選手ではないと思いますが…


■ 激しいダニエウ・アウベス争奪戦

 セビージャのRSB、ダニエウ・アウベスを巡って、メガクラブの引き合いが激化しているようだ。
 まだ若干守備力には難があるも、豊富な運動量と果敢な攻撃参加とその攻撃力が魅力的のこのライトサイドバックに、現在、ACミラン、チェルシー、レアル・マドリーなどのメガクラブが触手を伸ばしている。
 中でもレアル・マドリーは、ジュリオ・バティスタ+金銭、という破格の条件で調整する模様。今季アーセナルにレンタルされたバティスタだが、働きの割りに買い取り金額が高いことにヴェンゲルが"要らない"意思を示したため、来期はレアル・マドリーに帰還することになる。ところがもうバティスタにレアルでの居場所は無いだろう.と、言うことであっさり古巣復帰が実現するかもしれない。
 しかし、サイトに載っていた話だが、かつてリバプールが31億で、ダニエウ・アウベスをセビージャにオファーしたとき、セビージャの会長の言った言葉が、
"そんな金額では、彼の靴紐しか買えない"
だったとか。相当強気です。
メガクラブが価格を吊り上げ、相当な値段が付きそうな気がします。


■ 来期はギリシャ・リーグが面白い!?

 つい最近、ギリシア・リーグのオリンピアコスに在籍していた元ブラジル代表のリバウドが、オリンピアコスとの契約交渉が決裂すると、なんとライバルチームのAEKアテネに移籍するという傍若無人ぶりで話題になったギリシャ・リーグですが(これって、バルサ→レアル、ミラン→インテルみたいな節操の無さですよね)、なんとリバウドを振ったオリンピアコスがリケルメを獲得するという噂が出来ました。リケルメのパスを持っているビジャレアルの要求金額、24億をオリンピアコスが払えるかどうかですが…
 しかし両チームともCLの出場権は持っているので、もし移籍が決定すればこの2チームの予備予選からの戦いぶりが楽しみですね。


■ 長谷部(浦和)はシエナ、今野(FC東京)はジェノアからオファー
 
 最後に、イタリアのチームから日本人選手にオファーの話題。
 長谷部は、セリエAのシエナからオファーが来ているようです。ただ、浦和側は、前向きに検討するとしながらも実際何色を示しているようで…今年はACLとの掛け持ちも余儀なくされているだけに選手層は落としたくないチームの側の思惑と、挑戦したい長谷部の思惑は埋まるでしょうか???
 今野は、ジェノアから過去にもオファーがありました。
 しかしその時は、セリエBでの八百長疑惑がジェノアに発覚し、ジェノアはCに降格。オファーもご破算になりました。
 ところが今回、ジェノアはAに昇格出来るかどうか微妙な立場です。取り敢えずは次節に勝ってしっかりプレーオフ以上をつかみたいですね。
 今野は、DMFやDFが出来て、上背は無いながらも守備力はそこそこあるのでイタリア向きじゃないでしょうか。是非イタリアで揉まれて強くなって帰って来て欲しいものです。
[PR]

by R-130 | 2007-06-06 08:31 | ∟Football otherissue


<< 日々の雑記:これが判ればあなた...      F1:チームオーダー疑惑につい... >>