2007年 04月 23日
サッカー:欧州サッカーリーグ、続々優勝が決まる
 さて、終盤戦を迎えて欧州各国のリーグ戦。今週続々優勝が決まった。

 まずは、先週ローマに勝ち損ねて優勝を花道で飾れなかったインテルは、今節アウェーでシエナと戦い、マテラッツィ2ゴールの活躍で勝利して、予定通りスクデットを飾った。ちなみに残り5試合を残してのスクデット決定はタイ記録らしく、今シーズン、予想はされていたが予想通りのインテル独走と相成った。
 前節見事にインテルの優勝を阻止したローマは、次節のローマダービーを見据えてメンバーを大きく落としたため、アタランタに2-1で敗北。アタランタ戦は後半を見ていたがなんとなんと、"ボボ"ことヴィエリがザンパーニャに替わって前線でプレー!!惜しいヘディングも放つなどなかなか存在感を見せ付けていた。
 ACミランはロナウドの2発でカリアリに快勝。5位エンポリとの勝ち点差を6とし、CL出場権の足場を固めつつある。
 フィオレンティーナはアウェーで難敵ラツィオを0-1で下し、何とかUEFA圏が見える7位に留まっている。

 フランスリーグアンでは、こちらも予定通りリヨンが6連覇と言う偉業を達成。ちなみに欧州の5大リーグ(プレミア・リーガエスパニョーラ・セリエA・ブンデスリーガ・リーグアン)で6連覇をなしえたチームは存在しないと言うことで、ひとつの偉大な記録を打ち立てたこととなった。
 しかし、記録とは裏腹にCLはベスト16で敗退と失意の多かった1年でもある。主力がこぞってメガクラブに移籍しそうなリヨン。チームの再編成をするなら今かもしれないが、果たして去年までの完成度の高いチームが作れこなせるかどうか、ウリエ監督の手腕が問われそうだ。

 中村俊輔が所属するセルティックは、キルマーノック戦での後半ロスタイム。俊輔の値千金のFK弾が決まって劇的な勝利を決め、優勝に花を添えた。今年は派遣奪回に燃えるレンジャースが序盤に混迷を極めたため、セルティックが独走で優勝。俊輔もセルティック残留に前向きと言う報道だが、彼自身の次のステップを見据えた場合、セルティックでコンスタントにプレーし続けるのがいいのか、本人が望むリーガエスパニョーラでレギュラーは確約されないチームでプレーするのがいいのかは、本人も含めて誰もわからないだろう。

 優勝は決まっていないが、プレミアの話題を少し。
 マンUがボロに敗れると言う波乱で、チェルシーが勝ち点を「1」まで縮める大きなチャンスがやってきたのだが、チェルシーは、セントジェームスパークでニューカッスルと対戦。こちらも、ジンクスを打ち破れず0-0のスコアレスドロー。マンUとの差を縮める絶好のチャンスを逃してしまった。チェルシーにとってはイタイイタイ引き分けだっただろう。
[PR]

by R-130 | 2007-04-23 11:55 | ∟Serie A 06-07


<< サッカー:UEFAチャンピオン...      サッカー:Jリーグ7節 浦和&... >>