2007年 04月 23日
サッカー:Jリーグ7節 浦和"ホーム不敗神話"崩壊…G大阪が首位へ
 Jリーグは7節が終了した。
 上位陣では、名古屋は神戸を下して連敗を2でストップ。勝ち点を15に伸ばした。後半、3トップで挑む神戸を4バックで受け止めるなど、戦術的にもなかなか見ごたえのある1戦だった。
 G大阪は磐田を5-2で退けた。一時は3-2と1点差まで詰め寄られ、いやなムードが漂ったが最後は2点を奪い突き放した。

 今節の目玉は、ACLという2足の草鞋に苦しむ、浦和と川崎の1戦。浦和としては、不敗神話の続くホームで川崎を叩いて、首位を固めたいところだったが…
 前半は浦和ペース。これまでどうにか勝ち点を拾ってきた戦いぶりから一転、有機的な動きを重ねて川崎陣内に何度も詰め寄る。小野も復調してきており、チームにアクセントを添えていた。これだと得点は時間の問題…かと思われた後半。川崎は数少ないチャンスをものにする。
 FW登録の黒津がこの試合はLSHで先発し、左からの折り返しのクロスに、病み上がりの我那覇がゴールし、川崎が先制!!阿部のややまずい守備も悔やまれる。
 更には、ジュニーニョの意表をついた正確なクロスをマギヌンがヘッド合わせて川崎が追加点。あらら、という間に川崎が2点を挙げて、追う浦和も苦しい展開に。
 浦和もトゥーリオの代役で出場したDF堀之内がワシントンのパスに見事に答えて1点を返すがそこまで。後は川崎がまんまと逃げ切り1-2で川崎勝利。浦和は1年以上続いた不敗神話は「25」で途切れることとなった。

 "記録は記録。それほど気にしてはいない。"
 オジェック監督の言葉である。言葉の意味はそのとおりだと思う。記録なんて未来永劫続くわけではない。いつかどこかで途切れるもの。それがたまたま4月21日だった、ということだ。
 しかし、怪我人に悩まされているとは言えオジェックの用兵や資質には疑問を呈してしまう。例えば小野の交代は必要だったのか。あそこで小野を替える事がチームの起爆となりえたのか。確かに拙い内容なりにも勝ち点を積み重ねてきている浦和だが、今シーズンは失点も多くこの辺の不安定さにオジェックの資質に疑問を感じる。勝ち点も、選手個々の能力で積み重ねているようなもので、そこに監督の光る采配が見え隠れしているわけでもない。
 まあ、7節の時点で監督批判をするのもどうかと思うのでこれくらいでとどめておくが、シーズンが進むにつれ、どのように転がっていくのかを注視したい。

 順位表を見れば面白いことになっている。
 1位に勝ち点16でG大阪。伏兵の名古屋が勝ち点15で2位。3位タイで、浦和と川崎が勝ち点14。序盤にサプライズを見せた柏が勝ち点13で5位。清水・新潟・磐田が勝ち点12で続く。どこも星の取りこぼしなどで抜け出せず、序盤はこのままだんごが続きそうな気配である。

 スカッドで言えば、浦和とG大阪が抜けている感があるので、ACLとの2足のわらじを履く浦和が今後どのようなゲームを続けていくのかに注目したい。
[PR]

by R-130 | 2007-04-23 11:33 | ∟J League


<< サッカー:欧州サッカーリーグ、...      サッカー:オシム監督「メンバー... >>