2007年 04月 12日
F1:第3戦 バーレーンGPプレビュー
c0101167_1701372.jpg

■ ウエブサイト  http:www.bahraingp.com
■ アドレス  PO Box 26381 Manama Kingdom of Bahrain
■ コース全長  5.412km
■ 周回数(レース距離)  57周(308.238km)
■ コースレコード  1'29"527/2005年 M・ウェバー(ウイリアムズ)
■ 決勝ベストラップ  1'30"252/2004年 M・シューマッハ(フェラーリ)
■ 2006年 リザルト
  ・ポールポジション  M・シューマッハ(フェラーリ)/1'31"413
  ・優勝  F・アロンソ(ルノー)/1h29'46"205
  ・ファステストラップ  N・ロズベルグ(ウイリアムズ)/1'32"408

 
 
 今週末は連戦で第3戦バーレーンGPです。
 ちなみにこの後の第4戦スペインでは、テストを挟んで4週間のインターバルがあります。長い…
 昨年はシャキールが開幕戦の地として開催されました。レースは、予選フェラーリ、決勝ルノー、みたいな結果でしたね。コスワースV8エンジンを積んだウイリアムズ勢のレース後半の光る走りも印象的でした。そのウイリアムズ。コースレコードも持っています。ひょっとすると、ウイリアムズはこのサーキットに関する非常に有益なデータを所持しているかもしれません。今年のウイリアムズにプチ注目しようと思っています。
 BSは今回持ち込むタイヤは前回同様、ミディアム、ハードと言うことを発表しています。セパン同様に、ミディアムとハードとの間での混乱はあるでしょうか?
 また開幕前のテストでは、連日フェラーリが好タイムをマークしているが、この2戦を経てその勢力図がどのように変化しているのかにも注目です。
c0101167_17012.jpg

 バーレーンのサーキットに立てられている看板をアップ。
 なんか、こう微妙に何と言うか、違和感を感じますね。単純に八百屋の感覚がバーレーンのこの看板を作った人の感覚と違うだけでしょうか。何でクルサード真ん中?とか、何でライコネンの隣がマクラーレンの車なの?とか…
どーでもいいですね(^^ゞ


■ ロス・ブラウン、復帰先は"フェラーリではない"?

 現在1年間の休暇を取って、世界を周遊中と言われている元フェラーリ在職のロス・ブラウン。彼の復帰先が今色々な憶測を読んでいる。元ネタは、ブラウンのインタビューでのひと言。

"復帰するなら、新しい刺激を受けるところでやりたい"

なんて言っちゃった物だから、真剣に獲得を検討しているチームがあると言う。
そのリストに上がってるのが、マクラーレン・TOYOTA・HONDA(噂の古い順から)。
 マクラーレンは、ロン・デニスの引退準備としてブラウンを招聘する、言うシナリオがあるらしいが、どこまで本気で検討しているのか疑問。特にメルセデスはどうかんがえているのだろうか。
 TOYOTA・HONDAに関しては、まあある話かなぁ、と。と言うかそれくらいやんないとトップコンペティターにはなれないような気がしてきた。もしこの話が現実味を帯びてくれば、この2チームは真剣にお金を積むでしょう。

 しかし、ブラウンはインタビューの中で
"復帰するならまずはフェラーリと交渉のテーブルにつく、それが長年仕事をさせてもらったチームへの礼儀と言うものだろう"
 とも述べており、なんとも含みを残しまくるコメント。こうして、彼は自分の市場価値を上昇させる術も持っている、何とも策士である。
[PR]

by R-130 | 2007-04-12 17:09 | ∟F1 2007 GP Preview


<< F1:第3戦 バーレーンGP ...      サッカー:UEFAチャンピオン... >>