2007年 03月 25日
サッカー:嗚呼、やってもうたイングランド…3/24ユーロ予選の結果 
 3月24日、ヨーロッパではユーロ08の予選が再開された。
 崖っぷちのイングランド、スペインは、それぞれイスラエル、デンマークという難敵とあたるだけに注目度は激高だったが果たして…

【ユーロ08予選 3/24の結果 左側がホーム国】
ポーランド 5 - 0 アゼルバイジャン
ポルトガル 4 - 0 ベルギー
カザフスタン 2 - 1 セルビア(カザフスタンはUEFA加入後、公式戦初勝利)
サンマリノ 1 - 2 アイスランド
スコットランド 2 - 1 グルジア
チェコ 1 - 2 ドイツ
アイルランド 1 - 0 ウェールズ
キプロス 1 - 3 スロバキア
イスラエル 0 - 0 イングランド
エストニア 0 - 2 ロシア
クロアチア 2 - 1 マケドニア
フェロー諸島 0 - 2 ウクライナ
リトアニア 0 - 1 フランス
ギリシャ 1 - 4 トルコ
ノルウェー 1 - 2 ボスニア・ヘルツェゴビナ
モルドバ 1 - 1 マルタ
スペイン 2 - 1 デンマーク
リヒテンシュタイン 1 - 4 北アイルランド
オランダ 0 - 0 ルーマニア
ルクセンブルク 1 - 2 ベラルーシ
アルバニア 0 - 0 スロベニア

 スペインは、ホームにデンマークを迎えて2-1で何とか退けた。スペインも本線出場になんとか首の皮1枚つながっている感じ。
 イングランドは、戦前の予想が不吉にも当たってしまい、イスラエルに粘られて0-0のスコアレスドロー。負けという最悪の展開は免れたが、本線出場がまた一歩遠のいた。
 フランスはリトアニアに辛勝。各クラブの監督から非難轟々のドメネクはFWにアネルカを復帰させ、そのアネルカの1ゴールで何とか勝利。確か、ドメネクはアネルカを嫌っていたはずだが…もうそんなことは言ってられないと言ったところか。
 ドイツはアウェーでチェコの勝利。ドイツの世代交代が上手く行っているのに対し、継続路線のチェコはやはり、世代交代を進めるべきか、と言う論争が再び巻き起こりそう。
 オランダは、ホームで好調ルーマニアにスコアレスドロー。あれだけの攻撃的なタレントを擁しながらホームでスコアレスドロー…ユーロ08を最大目標に掲げいるファン・バステン監督にとっては…ニステルと和解した方がいいのではないだろうか。
 ポルトガルは、ロナウドの2得点などで快勝。頼れるFWがいなくとも、攻撃的MFに得点能力が備わっている選手が多く問題点を隠すだけの力がある。間違いなくユーロ08の優勝候補になりそう。

 この日試合のなかったイタリアも、28日の予選では登場。24日ほど試合数は多くないが、28日も予選が各地で繰り広げられる。

 個人的に気になっているのはロシア代表の監督を勤めているヒディングの動向。
 ヒディングはこのままロシアの代表監督というポストにとどまり続けるのだろうか。
 噂では、アブラモビッチがロシア代表監督兼チェルシー監督(あっ、仕事の比率で言えばチェルシーの方が間違いなく先に来ますかね)に就任させる絨毯を敷いているとか、脱税の追徴金は全部アブラモビッチが支払ったとか、相変わらずこの辺の噂がくすぶっております。ヒディングにとっても、統制の取れないロシア代表監督はあまり美味しいポジションとは思えないんだけど…この辺の噂はどうなるか?
 全ては、今年のモウリーニョの結果次第というところだろうか???

 最終的な順位のおさらいは28日の結果が出てから。
 でも現在でもなかなか面白い順位になっていて、興味は尽きないなぁ…
[PR]

by R-130 | 2007-03-25 22:39 | ∟UEFA Euro 2008


<< 日々の雑記:地震と原発      サッカー:キリンチャレンジカッ... >>