2007年 03月 09日
サッカー:UEFAチャンピオンズリーグ ベスト8の組み合わせ決定
<準々決勝 4月3日/4日、4月10日/11日>

1 ACミラン vs バイエルン・ミュンヘン

2 PSV対リバプール

3 ローマ対マンチェスター・ユナイテッド

4 チェルシー対バレンシア


<準決勝 4月24日/25日、5月1日/2日>

4の勝者対2の勝者

3の勝者対1の勝者


<決勝 5月23日>

(ちなみに左側が1stlegをホームで戦うチーム)


 CLのベスト8の組み合わせが発表された。
 正直、この中にバルサとインテルとアーセナルの名前がないのが信じられない。特にバルサとアーセナルは昨年のファイナリストである。如何にCLが一発勝負の恐ろしい舞台であるかを垣間見ることが出来る事実であろう。
 さて八百屋が危惧していた、プレミア勢が1/4Finalまでに潰し合うと言う最悪のシナリオは避けられたみたいで、どうやら決勝はプレミア勢同士の争いになる可能性も出てきたような気がする。って言うか、プレミア勢の決勝戦なんていつ以来なんだろうか?もし、仮にそうなったとすれば少なくともここ20年はない取り合わせなはずだ。

 1/8Finalの目玉は、間違いなくチェルシーvsバレンシアになるだろう。特にインテルを下して勝ち上がってきたバレンシアの勢いと、2ndlegをホームで戦える優位性は見逃せない材料だ。
 簡単に4試合の展望を。


1 ACミラン vs バイエルン・ミュンヘン
 これまた、調子の悪いチーム同士の組み合わせ。中盤の構成力は強いがFWの決定力を欠くミランと、特にこれといったインパクトを持たないがFWの決定力だけで言えばミランの比ではないバイエルン。なかなか予想が難しいが、実はこの取り合わせ。昨年の1/16Finalでバイエルンがサン・シーロでぼこぼこに叩きのめされ(1-5)た苦い思い出のある試合なだけにバイエルンのモチベーションは高そう。目指すはW杯の奇跡を再び?バイエルンの意地に期待したい。


2 PSV対リバプール
 こちらは堅守を売りにするチーム同士の争い。0-0、1-0みたいな展開になる可能性もある。ベニテスとクーマンという知将同士の争いなだけに、用兵やベンチワークを楽しむにはもってこいかもしれないが、プレーはがちがちな可能性も否定できず。ただ、リバプールにはカイトやベラミー、PSVにはコネやファルファンといった素晴らしいFWも在籍しているのでチャンスは逃さずゴールに結び付けてくれるかも。カイトがエールディヴィジ経験者なのと、PSVはまたしてもプレミア勢との戦い。この辺もポイントになるか?


3 ローマ対マンチェスター・ユナイテッド
 両者とも4-2-3-1を軸にフォーメーションを組むチーム。実力・実績ともマンU上位だが、マンUの怪我人の多さがどのように響くか。また、CLに照準を絞れるローマと依然3冠の可能性を残すマンUとでは選手のやりくり方も違うだろうからこの辺の差もどう現れるのか注目したい。

4 チェルシー対バレンシア
 間違いなく1/8Finalの注目カード。チェルシーはプレミア勢の次に引きたくないカードを引いてしまったという気がする。ポルト相手に予想外の苦戦を強いられ、未だ本調子ではないことを裏付けたチェルシー。バレンシアは復帰早々のバラハがまたも戦線離脱し、しかもマルチェナとダビド・ナバーロには処分が下り出場できない可能性もあるだけにボランチが心配だ。アルベルダとウーゴ・ヴィアーナになるのだろうか。
 スカッドを見る限りでは、チェルシー有利だが、インテルを倒してきた勢いと2ndlegホームの地の利を得たバレンシアも侮れないだろう。


 さて、最後にこのところ入ってきたニュースを少し取り上げたい。


■ ロベルト・カルロス、レアルと契約更新を断念 
 マルセロの加入に、ミゲウ・トーレスの成長もありLSBの後進も順調に育つ中、ロベカルがレアルとの契約を更新しない方針を明らかにした。その後も欧州でプレーするか、ブラジルに戻るかは今のところ未定。しかし、ロベカル程の実力者なら、ドバイを始めとするサウジアラビアのクラブからオファーが殺到すると思うのだがその辺はどう考えているのだろうか。日本には…来ないだろうなぁ。来てほしいけど。

■ マケレレ、移籍の可能性
 今シーズン限り契約が切れるチェルシーのマケレレ・本人はチェルシーでユニフォームを脱ぎたいと公言しており、2年契約を望んでいるようだが、なんとチーム側が提示した契約は1年限りのものだったことにショックを隠せなかったとのことだ。モウリーニョは、将来中盤の底に、若きナイジェリア代表、ジョン・オビ・ミケウを据える方針で実際、モウリーニョの今シーズンの我慢の起用がここに来て花を開きつつある。CLポルト戦での後半マケレレに交代して入ったミケウは守備だけでなく、精力的に動き回りパスも正確で中盤にダイナミズムをもたらしていた。これは間違いなくモウリーニョがアンカーに要求する意図を酌んでおり、今後アンカーがマケレレに代わりミケウが先発する算段が整った上での、マケレレの提示であることが予想される。
 果たしてマケレレは残留を選ぶのか、それとも再度移籍市場に身を投じるのか?
[PR]

by R-130 | 2007-03-09 23:07 | ∟UEFA CL 06-07


<< 日々の雑記:八百屋、インフルエ...      サッカー:UEFAチャンピオン... >>