2007年 03月 07日
【速報】:「アウェーゴールの重み」 UEFAチャンピオンズリーグ Best16 2ndleg
 4試合中、3試合がアウェーゴールが物を言った試合になり、残りの1試合もアウェーゴールに苦しめられた展開となった。

● リバプール 0 --- 1 バルセロナ ○
AGG 2-2だが、アウェーゴールでリバプールがベスト8進出 

 リバプールの本拠地アンフィールドで行われた2ndlegは、バルセロナが1-0で勝利するもアウェーゴール差でリバプールに軍配が挙がった。
 3-4-3というなれないシステムを採用したライカールトと、1stlegから一切メンバー・システムをいじらなかったベニテス。中盤に入ったマルケスとイニエスタが消えてしまい、3-4-3としてのシステムが機能していなかったバルサと、1stlegより中盤でのプレッシャーを強め高いテンションで守備をしたリバプールの差は歴然だった。
 リバプールは攻撃でもバルサを圧倒、決定的なシーンはバルセロナは数えるほどしかなかったのに対し(グジョンセンのゴール以外では、後半のロナウヂーニョの右ポストに当たったシュートくらい)、リバプールはバーに阻まれたシューが2本、決定的なシーンは両手で数えるほどあり、運でバルセロナは可能性を残すような展開だった。
 用兵にも差が出た。ライカールトは結局3-4-3を捨てられなかった。別に3-4-3でもいい。しかし最後の1枚の交代は、オレゲール→ザンブロッタに当ててほしかった。この辺の采配の拙さもあり、バルサは敗退が決定。早過ぎる敗退と言っていいだろう。
 コパ・デル・レイとCLでの敗退が決まり、ややもすれば無冠に終わる可能性も出てきたバルサ。このような結果をシーズン前に誰が予想しただろうか…
 試合の展開などについては、後日観戦記で考察したい。



△ バレンシア 0 --- 0 インテル △
AGG 2-2だが、アウェーゴールでバレンシアがベスト8進出

 メスタージャで行われた2ndleg。非常に激しいぶつかり合いで試合は進んでいく。
 アルベルダのサンペンションと入れ替わるように復帰したルーベン・バラハが前半途中に負傷交代するというアクシデントに見舞われ、窮地に追い込まれていくバレンシアだが最後の最後でインテルの攻撃を食い止める。
 後半、点が取りきれないインテルはダクールに代えてフィーゴ、マクスウェルに代えてグロッソを入れて全員攻撃モードに突入するも、ここでフローレスが絶妙のタイミングでホアキンを投入して、インテルの前がかりモードに釘を刺し、見事な采配でインテルの攻撃を交わした。ここで評価したいのはバレンシアはビタビタに引いて守りきったわけではない、と言うこと。しっかりカウンターを仕掛け、インテルの守備陣に釘を刺して守りきったことは、流石フローレス、と言った感じだった。
 後半ロスタイムには、ブルディッソとマルチェナが揉め合い、これが乱闘に発展。両軍のサブや首脳陣までピッチになだれ込む大荒れの展開のまま試合は終了。後味の悪さを残してしまった。
 しかしセリエAで爆走するインテルもCLでは昨年より悪いベスト16での敗退。やはり欧州の壁、CLの壁はインテルには果てしなく高いようだ。


○ チェルシー 2 --- 1 ポルト ●
AGG 3-2でチェルシーがベスト8進出

 クアレスマを2列目の真ん中に置くと言う奇襲作戦が見事にハマりアウェーのポルトが先制すると言ういきなりの波乱で目の離せない展開に。
 その後はホームチェルシーが怒涛の攻めを仕掛けるも最後がかみ合わずに前半は0-1と言う予想外の折り返しに。
 後半最初に出来の悪かったマケレレに代えてミケウとかなりギャンブルチックで不安を感じたが、安定したボール捌きとアンカーとしての役目を見事に務め上げてこの交代は結果的に吉と出る。モウリーニョは前半左でプレーさせていたロッベンを右に変更したらその采配が見事に当たりロッベンのゴール(キーパーのファンブルと言うのもあったが)で同点に。
 そして攻めに攻め続けるチェルシーはバラックが逆転ゴールを突き刺して勝負あり。前半1点を取ったポルトはその後劣勢にまわり、試合を通じてシュートは3本。うち後半は1本しか打てないほど受けに回っていた。これでは逆転は難しい。
 しかし、モウリーニョを最後まで苦しめたポルトの戦い方は賞賛に値するだろう。



● リヨン 0 --- 2 ローマ ○
AGG 2-0 でローマがベスト8進出

 この試合は全く見ていないので明言を避けたいが、ローマがトッティとマンシーニの前半の2ゴールで逃げ切りに成功。スタッド・ドゥ・ジェルランでのリヨンのCL不敗神話は崩壊した。ローマ不利の前評判を覆す前半の2得点はすばらしく、リヨンは後半、シェルストレームと病み上がりのヴィルトールを投入するも1点も取ることができなかった。
 もっともローマが2点を取った時点でこの勝負はついていたかもしれない。ここからリヨンがひっくり返すには3点が必要だった。アウェーで2得点と言うローマのアドバンテージは計り知れなく大きなものだった。
 リヨンはピークがシーズン前半に来てしまい、その後調子の下降すると同時に故障者が続出。トップチームでは、シーズン中に調子落ちすることは珍しい話ではないが、リヨンの場合は故障者を多数抱えてしまい、ようやく故障者が戻り始めて調子が上がる前にCLから敗退を余儀なくされた。まさか、ベスト16でリヨンが消えるとは…首脳陣は頭を抱えていることだろう。



 AGGでタイスコアながら、アウェーゴールに泣いたバルセロナとインテル。この2チームは優勝候補の筆頭でもあった。
 またアウェーで2ゴールを上げ、試合を有利に進めたローマ。
 アウェーポルトにアウェーゴールを緩し、じりじりする展開に苦しめられたモウリーニョ・チェルシー。
 アウェーゴールルールの妙が、明暗をくっきり分けたベスト162ndlegの最初の4試合だったと八百屋は思う。しかし実に見ごたえのある試合であった。今晩の試合にも期待したい。

 
 4試合中、3試合がアウェーゴールが物を言った試合になり、残りの1試合もアウェーゴールに苦しめられた展開となった。

● リバプール 0 --- 1 バルセロナ ○
AGG 2-2だが、アウェーゴールでリバプールがベスト8進出 

 リバプールの本拠地アンフィールドで行われた2ndlegは、バルセロナが1-0で勝利するもアウェーゴール差でリバプールに軍配が挙がった。
 3-4-3というなれないシステムを採用したライカールトと、1stlegから一切メンバー・システムをいじらなかったベニテス。中盤に入ったマルケスとイニエスタが消えてしまい、3-4-3としてのシステムが機能していなかったバルサと、1stlegより中盤でのプレッシャーを強め高いテンションで守備をしたリバプールの差は歴然だった。
 リバプールは攻撃でもバルサを圧倒、決定的なシーンはバルセロナは数えるほどしかなかったのに対し(グジョンセンのゴール以外では、後半のロナウヂーニョの右ポストに当たったシュートくらい)、リバプールはバーに阻まれたシューが2本、決定的なシーンは両手で数えるほどあり、運でバルセロナは可能性を残すような展開だった。
 用兵にも差が出た。ライカールトは結局3-4-3を捨てられなかった。別に3-4-3でもいい。しかし最後の1枚の交代は、オレゲール→ザンブロッタに当ててほしかった。この辺の采配の拙さもあり、バルサは敗退が決定。早過ぎる敗退と言っていいだろう。
 コパ・デル・レイとCLでの敗退が決まり、ややもすれば無冠に終わる可能性も出てきたバルサ。このような結果をシーズン前に誰が予想しただろうか…
 試合の展開などについては、後日観戦記で考察したい。



△ バレンシア 0 --- 0 インテル △
AGG 2-2だが、アウェーゴールでバレンシアがベスト8進出

 メスタージャで行われた2ndleg。非常に激しいぶつかり合いで試合は進んでいく。
 アルベルダのサンペンションと入れ替わるように復帰したルーベン・バラハが前半途中に負傷交代するというアクシデントに見舞われ、窮地に追い込まれていくバレンシアだが最後の最後でインテルの攻撃を食い止める。
 後半、点が取りきれないインテルはダクールに代えてフィーゴ、マクスウェルに代えてグロッソを入れて全員攻撃モードに突入するも、ここでフローレスが絶妙のタイミングでホアキンを投入して、インテルの前がかりモードに釘を刺し、見事な采配でインテルの攻撃を交わした。ここで評価したいのはバレンシアはビタビタに引いて守りきったわけではない、と言うこと。しっかりカウンターを仕掛け、インテルの守備陣に釘を刺して守りきったことは、流石フローレス、と言った感じだった。
 後半ロスタイムには、ブルディッソとバレンシアの中盤の選手が揉め合い、これが乱闘に発展。両軍のサブや首脳陣までピッチになだれ込む大荒れの展開のまま試合は終了。後味の悪さを残してしまった。
 しかしセリエAで爆走するインテルもCLでは昨年より悪いベスト16での敗退。やはり欧州の壁、CLの壁はインテルには果てしなく高いようだ。


○ チェルシー 2 --- 1 ポルト ●
AGG 3-2でチェルシーがベスト8進出

 クアレスマを2列目の真ん中に置くと言う奇襲作戦が見事にハマりアウェーのポルトが先制すると言ういきなりの波乱で目の離せない展開に。
 その後はホームチェルシーが怒涛の攻めを仕掛けるも最後がかみ合わずに前半は0-1と言う予想外の折り返しに。
 後半最初にマケレレが負傷交代で代役がミケウとかなり不安を感じたが、安定したボール捌きとアンカーとしての役目を見事に務め上げてこの交代は結果的に吉と出る。モウリーニョは前半左でプレーさせていたロッベンを右に変更したらその采配が見事に当たりロッベンのゴールで同点に。
 そして攻めに攻め続けるチェルシーはバラックが逆転ゴールを突き刺して勝負あり。前半1点を取ったポルトはその後劣勢にまわり、試合を通じてシュートは3本。うち後半は1本しか打てないほど受けに回っていた。これでは逆転は難しい。
 しかし、モウリーニョを最後まで苦しめたポルトの戦い方は賞賛に値するだろう。



● リヨン 0 --- 2 ローマ ○
AGG 2-0 でローマがベスト8進出

 この試合は全く見ていないので明言を避けたいが、ローマがトッティとマンシーニの前半の2ゴールで逃げ切りに成功。スタッド・ドゥ・ジェルランでのリヨンのCL不敗神話は崩壊した。ローマ不利の前評判を覆す前半の2得点はすばらしく、リヨンは後半、シェルストレームと病み上がりのヴィルトールを投入するも1点も取ることができなかった。
 もっともローマが2点を取った時点でこの勝負はついていたかもしれない。ここからリヨンがひっくり返すには3点が必要だった。アウェーで2得点と言うローマのアドバンテージは計り知れなく大きなものだった。
 リヨンはピークがシーズン前半に来てしまい、その後調子の下降すると同時に故障者が続出。トップチームでは、シーズン中に調子落ちすることは珍しい話ではないが、リヨンの場合は故障者を多数抱えてしまい、ようやく故障者が戻り始めて調子が上がる前にCLから敗退を余儀なくされた。まさか、ベスト16でリヨンが消えるとは…首脳陣は頭を抱えていることだろう。



 AGGでタイスコアながら、アウェーゴールに泣いたバルセロナとインテル。この2チームは優勝候補の筆頭でもあった。
 またアウェーで2ゴールを上げ、試合を有利に進めたローマ。
 アウェーポルトにアウェーゴールを緩し、じりじりする展開に苦しめられたモウリーニョ・チェルシー。
 アウェーゴールルールの妙が、明暗をくっきり分けたベスト162ndlegの最初の4試合だったと八百屋は思う。しかし実に見ごたえのある試合であった。今晩の試合にも期待したい。

 
[PR]

by R-130 | 2007-03-07 07:33 | ∟UEFA CL 06-07


<< サッカー:UEFAチャンピオン...      サッカー:チャンピオンズリーグ... >>