2007年 02月 25日
F1:2/24 バーレーンテスト3日目
c0101167_2320190.jpg

1. フェルナンド・アロンソ - マクラーレン・メルセデスMP4-22 - 1:30.994(+0.000) - 73周
2. ルイス・ハミルトン - マクラーレン・メルセデスMP4-22 - 1:31.094(+0.100) - 53周
3. フェリペ・マッサ - フェラーリF2007 - 1:31.718(+0.724) - 52周
4. キミ・ライコネン - フェラーリF2007 - 1:31.867(+0.873) - 100周
5. ヘイッキ・コバライネン - ルノーR27 - 1:32.032(+1.038) - 86周
6. ルーベンス・バリチェロ - Honda RA107 - 1:32.115(+1.121) - 129周
7. ジェンソン・バトン - Honda RA107 - 1:32.137(+1.143) - 78周
8. デビッド・クルサード - レッドブル・ルノーRB3 - 1:32.220(+1.226) - 73周
9. ネルソン・ピケJr. - ルノーR27 - 1:32.334(+1.340) - 102周
10. ニック・ハイドフェルド - BMWザウバーF1.07 - 1:32.451(+1.457) - 65周
11. ロバート・クビサ - BMWザウバーF1.07 - 1:32.475(+1.481) - 95周
12. アンソニー・デビッドソン - SUPER AGURI Honda RA106 - 1:32.553(+1.559) - 126周
13. フランク・モンタニー - トヨタTF107 - 1:32.917(+1.923) - 110周
14. マーク・ウェバー - レッドブル・ルノーRB3 - 1:33.034(+2.040) - 73周
15. ヤルノ・トゥルーリ - トヨタTF107 - 1:33.062(+2.068) - 104周
16. スコット・スピード - トロ・ロッソ・フェラーリSTR2 - 1:33.255(+2.261) - 60周
17. ビタントニオ・リウッツィ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR2 - 1:35.868(+4.874) - 7周

* タイムリザルトはルノーより。

(文中のタイムや写真はF1-Live.comを参照)


 バーレーンテスト第1弾の最終日は、マクラーレンが1-2と速さを見せた。次いでフェラーリが3-4、ルノーのコバライネンが5番手と順当に落ち着いている。
 昨日のベストタイムのBMWは本日はおとなしく。ただ、持ち込んだ新しい空力パーツは非常に効果的であったことがテストで証明された。

 マクラーレンはこれで今年行われたテストに参加した全てのサーキットで最速タイムをマークした。正直、開幕戦で優勝に一番近いところにいるのがマクラーレンかもしれない。マクラーレンのMP4-22の空力処理は見た目以上に斬新なもので、今後の空力トレンドになるだろうという評価もあるほどだ。
 HONDAはバーレーンでようやくタイムが上向いてきた。二人ともセットアップに走行を費やしており、RA107の更なる熟成を進めているようだ。尚HONDAは26日に新しいカラーリングの発表が行われる模様だが、ここに来て新しいスポンサーの獲得は出来なかったのではないかと言う憶測が流れ始めている。また、カラーリングも既存の噂であるグリーンのほかに、グーグル・アース仕様になるのではと言う噂も出てきた。それだけは勘弁していただきたいが…それならせめてグリーンの方向でお願いします。
 SuperAguriは結局新車のSA07がテストに間に合わ無い模様だ。下手したら昨年同様ぶっつけ本番でのレースになる可能性もあるかもしれない。出来てもシステムチェックのための走行ぐらいで、現在各チームが行っているようなセットアップや空力評価は出来ないままサーキット入りする可能性が濃厚だ。



■ 伸び悩むレッドブルとトーロ・ロッソ
c0101167_23144890.jpg

 今年の台風の目になるであろうと言われたレッドブルのRB3。残念ながら台風の目候補は、BMWのF1.07に持っていかれてしまった様相だ。
 新車お披露目後、バルセロナの最終日にクルサードがトップタイムをマークしたものの、その後目立ったパフォーマンスは見られないままトラブル続きの模様。特にウェバーが乗りこなせてない印象で、本人も「グリップ力が無さ過ぎる」と嘆いている。クルサードはその辺、ベテランらしさを見せてタイムのまとめ方がうまい。しかしウェバーは最終日も、STRのスピードにコンマ2秒差まで迫られており、このまま開幕以降も結果が出ないと早くもドライバー選定に疑問の声が上がるかもしれない。
 ちなみにトーロ・ロッソはスピードのシートが確定。予想通り、リウッツィ、スピード残留と言う形で落ち着いた。

 バーレーンでは、週明けの27日(火)より再びテストが行われる。
 多くのチームがここに残りテストを継続する予定だ。
  
 
[PR]

by R-130 | 2007-02-25 23:20 | ∟F1 2007 Test


<< F1:HONDA、今季のカラー...      サッカー:ゼロックススーパーカ... >>