2007年 02月 23日
日々の雑記:電車に乗るときのマナー?常識?
 今日は労働組合の業務(巷で春闘とか言っているああいうやつです…)で博多までちょい遠出。
 いつもなら電車大嫌いの八百屋は、どこにでも車で行くというスタンスを貫いているのだが、今回の委員会は博多駅博多口から徒歩1分と言う駅から激近のロケーションだったため、久しぶりにJRを利用することに。
 一部の市内を除けば、九州なんて車社会。と言うか、クルマがないと生きていけない。最近は路線バスも経営状態が思わしくないようで、ダイヤの改正に伴い本数の減少が相次ぎ、いよいよ車がないと厳しい状況を迎えつつある。
 そんな中家から駅まで徒歩20分、本当に久々(九州でJR使うのは3年ぶり?)にJRに乗ってみた。
 
 行きはよかった。時間にして約30分程度と短いのもあったが、スポーツ誌のNumberを読みふけっているとあっという間に博多駅へ。うーん、本が読めるって結構良いかも、電車に乗って久々にそんなことを思ったりもした。
 委員会の帰りは本屋に立ち寄って文庫本を1冊購入。30分で読める量ではとても無いが、たまには新聞以外ご無沙汰の活字に触れてみるのも良いだろうと思い駅のホームで電車を待っているときから早速読み始める。

 電車到着。時間帯的にも夕方のラッシュの30分前と言うことで乗客もそれほど多くなく、通路側の席を確保できた(注:東京を始めとする都会の電車は、窓に並行に椅子がついており、立ち乗りのスペースを広く確保していますが、田舎の電車は2人がけのシートが2列ずらーっと並んでいる仕様です、簡単に言えばJRの特急や新幹線のシートが2席と言うのを想像してもらえれば良いと思います(^^ゞ)。
 更に読みふけっていると、とある駅でブレザーを着た高校生と思しきヤロー集団が大挙して乗ってきた。その数8名。それまで静かだった車両が、いっきに騒がしくなる。
 ブレザー集団は、座席を一瞥して座れるスペースが僅かしかないと判断すると、躊躇無く車両の地べたに座り始める。

 …いやいやこれについて書きたい訳じゃない。これも常識の範囲を超えた暴挙だと思うが、それについては注意しようと言う気持ちになれなかった。だって8人だし…違うか(^^ゞ
 しかし、しかしである。8名の内6名は地べたに座ったのだが座ることの出来なかった2名は、予想だにしない驚くべき行動に出たのである。

 それは…、八百屋は昇降口からすぐの席の通路側に座っていた。通路側の席には肘掛があり、その肘掛は通路の空間と隣接している。説明が下手で申し訳ないが、お解かりいただけるであろうか。
 なんとなんと、そのうちの1名が八百屋の肘掛に腰を落ち着けたのである。しかも何食わぬ顔で仲間と喋りながら。

 八百屋が本を支える右腕に触れるように見ず知らずのブレザー高校生の尻と腰がある…

 流石にこれには考える間もなくブチぎれて、

八:「お前、何しとんのじゃこらぁ」
と、言ってしまった!!
ブレザーの高校生は、待ってましたとばかりに
高:「あ!?なんや、すわったらいかんのか?」
と言い出す始末。あーあ、まずいことになってしまった。

いや、何がまずいって一応これって勤務中(正確には組合活動は公休時に行うものなので、勤務、では無いが会社の封筒や何やら一式持っているから、大事になった場合が非常にまずい)だから、大事起こした場合は会社や家族に迷惑かけて自分の処遇にも問題が…嗚呼ーッ!!

これが私服なら次の駅でこいつを引き摺り下ろして、ボコボコにする(気持ちはあるけど、8人もいるので逆にボコボコにされること間違いなし(^^ゞ)のもいいんだけど、この状況はまずい。正しいことを言っているとはいえ、因縁めいたことを言い出したのは自分だし…どうするべか?

そんなことを約2秒の中で瞬間的な考えて八百屋が言った次の言葉は、

八:「お前、ここは座るとこやないし、お前もここに座られたらものすごい迷惑やろが、ちょっとは人の事考えんかい」

と言う、最初トーンとはうって変わって偉く大人しめに、嗚呼ーッ情けない…
なんか最強伝説、黒岩みたい、俺…
しかし、この発言にブレザー軍団は「チョーしこきやがって」とか「ふざけんなよ」とか口にはするものの八百屋の肘掛からは撤退。もう1人の輩も他の座席の肘掛に座っていたが撤退して行った。


…拍子抜けしたけど、何とか事なきを得た(^^ゞ


今の電車の事情ってこんな感じなんだろうか。
八百屋は正直愕然としてしまった。地べたに座るのも最初見たときはビビッたけど、肘掛に座るなんてそんな発想誰が思いついたんだよっ!!流石に開いた口がふさがらず、ブログに書かずにはいられない八百屋だった(^^ゞ
 
[PR]

by R-130 | 2007-02-23 23:22 | 日々の雑記


<< F1:2/23 バーレーンテス...      F1:2/22 バーレーンテス... >>