2007年 02月 09日
F1:2/8 ヘレステスト3日目 降雨で各チームテスト切り上げ
c0101167_22494231.jpg

1. ニック・ハイドフェルド - BMWザウバー F1.07 - 1:29.486(+0.000) - 36周
2. アレキサンダー・ブルツ - ウィリアムズ トヨタ FW29 - 1:30.061(+0.575) - 69周
3. ティモ・グロック - BMWザウバー F1.07 - 1:30.213(+0.727) - 27周
4. キミ・ライコネン - フェラーリ F2007 - 1:30.628(+1.142) - 89周
5. ニコ・ロズベルグ - ウィリアムズ トヨタ FW29 - 1:30.684(+1.198) - 64周
6. ルーベンス・バリチェロ - Honda RA107 - 1:30.684(+1.198) - 47周
7. フェリペ・マッサ - フェラーリ 248 F1 - 1:30.746(+1.260) - 44周
8. ヤルノ・トゥルーリ - トヨタ TF107 - 1:30.981(+1.495) - 89周
9. フランク・モンタニー - トヨタ TF107 - 1:31.027(+1.541) - 75周
10. デビッド・クルサード - レッドブル ルノー RB3 - 1:31.166(+1.680) - 66周
11. マーク・ウェバー - レッドブル ルノー RB3 - 1:31.405(+1.919) - 68周
12. ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン メルセデス MP4-22 - 1:31.479(+1.993) - 71周
13. フェルナンド・アロンソ - マクラーレン メルセデス MP4-22 - 1:31.573(+2.087) - 9周
14. マルコ・アンドレッティ - Honda RA106 - 1:32.387(+2.901) - 62周

* タイムリザルトはヘレス・サーキットより
(文中のタイムや写真はF1-Live.comを参照)


 タイムチャートの1番上にハイドフェルドがきたのを見て、おおっ!!ついにBMWが来たかっ!!と思ったら、何と何と昨日からの雨で、コンディションはウエットだったみたいで…このタイムはあんまり当てにはならないだろう。ドライバーの周回数にもかなりのバラつきが見られるし…
 今年はテストの走行距離が制限されているのもあり、ウエットコンディションでの走行を控えて距離を温存するチームが続出。ヘレスでのテストを早めに切り上げるチームが相次いだ。

 新車がほぼ出揃ったバレンシアのテストから見ている限り、マクラーレンが速そうな感じはひしひしと伝わってくる。連日好タイムをマークしており、誰が乗ってもそれなりにいいタイムが出るのは好印象だ。
 フェラーリもそこそこいいタイムを出している。若干トラブルもでているが、初期トラブルは早めに出尽くしたほうが良い。
 ルノーはテストをほぼノートラブルで走りきっている。信頼性の高さは早くも折り紙つきだ。タイムは模様眺めなのか本気で走っているのかわからないようなぼけたタイム。去年もそんなに最初から飛ばしていなかったので、ポテンシャルはそこそこあるといっていいだろう。
 後、期待したいのがBMW。随所に光る走りを見せてくれている。今年は4強をも切り崩すのか?サーキットによってはトップに肉薄するタイムも出せそうだ。

 次回は2/12からバルセロナでの合同テストとなる。
 あらゆる要素が揃ったこのサーキットでのタイムは一つの基準となることは間違いない。ここで各チームのある程度の実力が見えてくるものと思われる。
 今回目立たなかった、HONDA、TOYOTA、レッドブルもどのようなタイムを叩いてくるのかに注目したい。



■ トロ・ロッソ、新車発表日程を公表

■ ベルガー、法廷闘争も辞さず 2007年のマシンは合法と主張


 STRの新車は13日にバルセロナで発表するということが公式にアナウンスされた。
 まだ、ドライバーの起用については明言されておらず、合わせて発表される見込みだ。
 どうやら憶測されたよりも早期の発表と言うことで、RB3もどきの新車が見られる公算が高くなってきた。しかもFIAのOKのお墨付きをもらった可能性も高い。
 STRのオーナーの一人、ベルガーも「彼らが訴えたければ、それでもいいさ。判決を聞いてやろうじゃないか」と、あくまで強気だ。ここで言う彼らとはスパイカーとウイリアムズで、特にスパイカーのコリン・コレスは似通った部分が確認されれば、メルボルンで法的手段に訴えると鼻息が荒い。

 今年はまだカスタマーシャーシは認められていない。
 あと1年の辛抱なのでオリジナルシャーシで参戦してもらいたいものだ。
 もし、法廷闘争になって、参戦が禁止でもされようものならそれこそ興醒めである。
 同じことはSuperAguriにも言える。

 カタロニアでは、赤牛にペイントされた"RB3"を見ることになるのだろうか…
 
[PR]

by R-130 | 2007-02-09 23:10 | ∟F1 2007 Test


<< サッカー:UEFAチャンピオン...      F1:2/7 ヘレステスト2日... >>