2007年 02月 08日
F1:2/7 ヘレステスト2日目 午後から降雨に
c0101167_16144679.jpg

1. フェリペ・マッサ - フェラーリF2007 - 1:19.746 (+0.000) - 46周
2. ルイス・ハミルトン - マクラーレン・メルセデスMP4/22 - 1:19.821 (+0.075) - 109周
3. ロバート・クビサ - BMWザウバーF1.07 - 1:19.839 (+0.093) - 96周
4. フェルナンド・アロンソ - マクラーレン・メルセデスMP4/22 - 1:20.046 (+0.300) - 101周
5. キミ・ライコネン - フェラーリF2007 - 1:20.068 (+0.322) - 46周
6. ネルソン・ピケJr. - ルノーR27 - 1:20.070 (+0.324) - 76周
7. アレキサンダー・ブルツ - ウィリアムズ・トヨタFW29 - 1:20.132 (+0.386) - 78周
8. ニコ・ロズベルグ - ウィリアムズ・トヨタFW29 - 1:20.143 (+0.397) - 66周
9. ラルフ・シューマッハ - トヨタTF107 - 1:20.604 (+0.858) - 59周
10. マーク・ウェバー - レッドブル・ルノーRB3 -1:20.629 (+0.883) - 36周
11. デビッド・クルサード - レッドブル・ルノーRB3 - 1:20.702 (+0.956) - 70周
12. ニック・ハイドフェルド - BMWザウバーF1.07 - 1:20.710 (+0.964) - 80周
13. ジェンソン・バトン - Honda RA107 - 1:20.751 (+1.005) - 100周
14. リカルド・ゾンタ - ルノーR27 - 1:20.767 (+1.021) - 86周
15. ヤルノ・トゥルーリ - トヨタTF107 - 1:20.898 (+1.152) - 80周
16. マリオ・アンドレッティ - Honda RA106 - 1:22.151 (+2.405) - 74周
(文中のタイムと写真についてはF1-Live.comより引用)


 風邪でダウンのマッサが2日目にステアリングを握っていきなり1分19秒764のトップタイムを記録。周囲を驚かせた。
 同僚のライコネンは電気系統にトラブルが発生してマイレージを稼げず5番手に留まる。
 しかし、今回はHONDAのマルコ・アンドレッティを例外として15台のタイムが約1秒の間にひしめき合い、昨日より更に大混戦に!!今年のF1は面白くなる?だろうか。

 新車を出してそれなりにマイレージが稼げている各チームだが、タイムの出方を見ると、マクラーレン、フェラーリ、ルノーの3強は今年も揺るぎなさそう。それに、BMWが続きそうな気配がしている。
 逆にHONDA、TOYOTA、レッドブルはどうなの?と言う感じ。HONDAとレッドブルはまだ新車発表して間もないのでなんとも言えないがTOYOTAは???って感じがする。ひょっとすれば、本家がウイリアムズに負けて、ワークス解体か?そんな悲惨な噂も聞こえるくらいだ。早くもTOYOTAは崖っぷち?今年は優勝できるのだろうか…

 
[PR]

by R-130 | 2007-02-08 16:11 | ∟F1 2007 Test


<< F1:2/8 ヘレステスト3日...      サッカー:セリエA 再発防止策... >>