2007年 02月 03日
F1:2/2 バレンシアテスト4日目 各車順調にマイレージを稼ぐ
c0101167_1452269.jpg

1. ルイス・ハミルトン - マクラーレン・メルセデスMP4-22 - 1:11.119(+0.000) - 112周
2. キミ・ライコネン - フェラーリF2007 - 1:11.855(+0.736) - 112周
3. ロバート・クビサ - BMWザウバーF1.07 - 1:12.242(+1.123) - 57周
4. ペドロ・デ・ラ・ロサ - マクラーレン・メルセデスMP4-22 - 1:12.455(+1.336) - 64周
5. ジャンカルロ・フィジケラ - ルノーR27 - 1:12.572(+1.453) - 96周
6. セバスチャン・ベッテル - BMWザウバーF1.07 - 1:12.675(+1.556) - 73周
7. ヘイッキ・コバライネンn - ルノーR27 - 1:12.679(+1.560) - 98周
8. マーク・ウェバー - レッドブル・ルノーRB3 - 1:12.776(+1.657) - 23周
9. ジェンソン・バトン - Honda RA107 - 1:12.995(+1.876) - 89周

* タイムリザルトはバレンシア・サーキットより。
(文中の写真やタイムは、F1-Live.comより引用)


 天候不良でテストプログラムが進まず、予定より1日延長したチームが多かったバレンシアテスト最終日。この日も天候に恵まれ、レッドブルを除くチームの多くがマイレージを順調に稼いだ。

 トップタイムは、前回のテストで新車をクラッシュさせたマクラーレンのハミルトン。4日間のトータルベストとなる1分11秒119を叩き出した。
 マクラーレンは空力パーツのテストとセットアップ中心のテストが行われ。ハミルトンにはレースディスタンス走破のテストも実施した。4日間を通じてエンジントラブルは最後の最後にデ・ラ・ロサに起こった程度でマイレージ的には今年のレギュレーションを充分に満たす距離を走破したと言うことで、メルセデスエンジンの信頼性を確認することが出来た。
 BMWも空力パーツとセットアップ中心のテストを試した。午後にハイドロリック系のトラブルでテストが早めに打ち切られたが4日間ともそこそこの好タイムを出しており、マシンの素性は良さそうな印象を受けた。
 ルノーは耐久性のテストを中心に行い午後からはセットアップのテストも行った。3日目と共にロングランテストではラップタイムも安定し、トラブルも殆ど出なかったか事から、信頼性に関しては昨年同様非常に高そうなことが伺える。
 レッドブルは次のヘレステストの準備、と称して早々にテストを切り上げた。機関を通して、新車のシステムチェックを中心にテストを行った模様で、正直まだろくに走れていないというのが本当のところだろう。

 全体を通じて最速タイムを出したチームを1勝とすると、マクラーレン3勝、トヨタ1勝となるが、印象としてはルノーは素性が良さそうで常に上位のタイムを出していたこと。BMWがなかなかやってくれそうな気がすること。ライコネンはフェラーリのマシンを問題なく乗りこなせていそうな気がすること、が、バレンシアテストを4日間見てきて感じられた。
 
 次回は2月6日からスペインのヘレスでテストが行われる。
 また2月5日には予定ではあるがスパイカーが新車を発表予定だ。
 今後もテストスケジュールから目が離せない!!
[PR]

by R-130 | 2007-02-03 15:14 | ∟F1 2007 Test


<< News:東国原知事に期待したい      F1:ウイリアムズ・トヨタ 新... >>