2007年 02月 01日
News:柳沢厚生労働大臣の発言
 大臣としての手腕があるないとか、政治力が強い弱いとか、そう言った類の問題ではなく、国民に配慮も出来ない大臣など、即辞任すべきである。
 何がどうあれ、国民の為の政治をやる人間の言葉ではない。まあ、自分や1部の利権の絡む人間のために政治やってるからあんな物言いになるんだろうけど。
 何故あそこまで馬鹿丸だしな発言をするのか理解に苦しむ。自分の立場を考えれば言って良い事と悪い事の分別くらいつきそうな物だが…本当にお粗末としか言いようが無い。これでは留任しても求心力はゼロ。身内からも辞任を要求する声が上がるくらいだから、最早1秒でも早く辞任すべきだろう。

 これで国会も紛糾。野党は辞任するまで審議拒否。検討しなければならない法案は山積みなのに初っ端からこれでは話にならない。まあ、こんな感じだから討議したところで期待できるものは微塵にも無いが…
 柳沢厚生労働大臣が辞めたらこれで辞任者は2人目になる。そうすると安部総理の任命責任問題にも発展しかねないから、自民党としては辞任だけは避けたいつもりらしい。安部総理就任当初は、組閣についてなかなかバランスの取れたいい組閣だなんて評価があったが、とんでもない話だった。もうこうなったら退陣でも総辞職でもなんでもやって、新しくしたほうがいいんじゃないかって思う。誰がやっても変わり映えしないだろうし、そもそも総理をやる器がある人も不在だけど…

 いっその事、あの呆れて笑いも出ないCMを作っている民主党に政治のイニシアチブを握らせてあげたらどうだろうか。自民党に負けす劣らずひどいことになるのは間違いないけど、万年野党であるのをいいことに言いたい放題になっているから、ここらでパッと後退してやって、彼らの公約を果たせるかどうかその手腕を見てみたい気もしなくもない。それぐらい投げやりになるほど最近の政治は話にならない。

 もう少しどうにかならないものか…もっと高尚な話題で論戦が白熱すべきである。
[PR]

by R-130 | 2007-02-01 22:36 | News


<< F1:2/1 バレンシアテスト...      F1:1/31 バレンシアテス... >>