2007年 01月 03日
野菜と果物:1月7日は「春の七草」。では1月3日は…?
 年末・年始も無事乗り切り、ちょっとホッとしている八百屋です。ただ、何を間違えたのかみかんが山のように残っており、これを今からどう叩き売ろうかと思うと憂鬱になります…ということで仕事の話はこれくらいにしましょう(^^ゞ

 1月7日が「春の七草」の日であることは世間でも有名ですよね。
 せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな(=かぶ)・すずしろ(=だいこん)
 これらをおかゆに入れて、1月7日の朝に食べる習慣が昔からあります。
 祭神に備えてから食べることで万病を防ぐという慣わしもあれば、正月でご馳走を沢山食べて弱った胃を一休みさせるという意味合いもあるそうです。
 八百屋の店では、生の7種が入った298円のパックから、七草を乾燥させて、おかゆに入れるだけの乾燥七草セット、果てはレトルトおかゆもセットになってこれ一つを電子レンジでチンすれば出来上がりのレトルト七草セットの3種類を品揃えしています。
 今日から本格的に展開したんですが、レトルトや乾燥品を中心によく売れていました。
 ちなみに本来は7日の朝に食べるんですが、7日中はよく売れます。夕方や夜買っている人は夜に食べるんでしょうか…(^^ゞ

 さて、春の七草は有名なんですが、実は1月3日も八百屋に関係あるある日がありました。
 それは…
 「三日とろろ(みっかとろろ)」です。
 1月3日に、長いも等をすりおろしたとろろを食べると、風邪をひかいないと言う言い伝えがあります。また、これも正月でご馳走を食べて疲れている胃を一休みさせる意味合いも持っているそうです。
 三日とろろは全国的にも知名度は殆ど無く、知っている人のほうが珍しいんですが、今や「食育」と言う言葉も出来るほど、食に関する知識を 大切にしていこうと言う動きが政府や民間団体を通じても起こってきています(地産地消はその一環ですね)。八百屋の前のブログのハンドルネーム「5aday」もささやかながら食育にからめたハンドルネームでした。
 
 このエントリーを読まれた方は、ふーん、そんな日もあるんだー♪と、知っていただければ幸いです(^^ゞ
 
[PR]

by R-130 | 2007-01-03 22:09 | 野菜と果物(蘊蓄諸々)


<< F1:2007年、チャンピオン...      サッカー:八百屋的2006年の... >>